komatsucraftspace さん プロフィール

  •  
komatsucraftspaceさん: Asian Syndrome
ハンドル名komatsucraftspace さん
ブログタイトルAsian Syndrome
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kazukuti/
サイト紹介文秋田市にあるアートクラフトギャラリー・小松クラフトスペース店主のブログです。
自由文店での展示会の模様や海外買い付けにまつわる話など、マイペースで更新中です。
お店のHPはこちら
http://www.komatsucraft.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/04/22 17:37

komatsucraftspace さんのブログ記事

  • 『アマゾン民族館の至宝展』開催中です
  •  当店2Fギャラリーで好評開催中の『アマゾン民族館の至宝展』スタートから一週間、たくさんのお客様に足を運んでいただいております。インカの土器やタラベラ焼、ニューギニアの仮面などの古美術品から蝶や昆虫、ワニなどの動物標本、リーズナブルな雑貨やアクセサリーまで、ヴァライティ豊かな内容です。中でも人気はグアテマラのスペイン植民地時代の鐙やボリビアの三葉虫の化石、ニューギニアのタパ絵など。当店ではここ数年 [続きを読む]
  • 『アマゾン民族館の至宝展』が開催されます
  •  4月14日(金)から当店2Fギャラリーにて『アマゾン民族館の至宝展』が開催されます。この展示会は『アマゾン民族館』(2014年閉館)の元館長・山口吉彦さんが貴重なアマゾン資料を保存するために立ち上げた「アマゾンコレクション保護・夢基金」を支援する目的で開催いたします。山口さんが永年収集した美術工芸品や動植物標本の中からアマゾン以外の中南米と南太平洋のものに厳選して出品いたします。(一部、アマゾン [続きを読む]
  • 『ニッポンの春展』開催中です
  •  3月10日から当店では『ニッポンの春展』を開催しております。茨城県の手すき和紙「西ノ内和紙」をはじめ、陶器や染織工芸など日本各地の工芸品を展示。11日に行われた遊廓の講演会にあわせて関連書籍や粋を感じさせるアンティークの商品も集めました。 西ノ内和紙は江戸時代に水戸藩によって庇護され、徳川光圀が編纂を始めた「大日本史」にも使用されたという歴史を持つ伝統工芸。その担い手で無形文化財保持者である菊池正氣 [続きを読む]
  • トークイベント『遊廓と地域文化』開催されました
  •  3月11日(土)に開催されたトークイベント『遊廓と地域文化』、昼の部、夜の部ともにほぼ満員となり、たくさんのお客様にお話を聞いていただいたことは嬉しい限りです。誠にありがとうございました! 渡辺豪さんをお招きしてイベントを開催するのはちょうど2年ぶりでしたが、社会的な認知度は前回とは比べものにならないくらい広がりました(昨日の朝日新聞全国版にもカストリ出版と渡辺さんの特集記事が掲載されていました [続きを読む]
  • 『秋田県の遊廓跡を歩く』刊行記念イベント開催いたします
  •  昨年秋に発売された私と渡辺豪さん(カストリ出版)による共著『秋田県の遊廓跡を歩く』の刊行記念スライド&トークイベントを3月11日(土)当店2Fギャラリーにて開催いたします。この刊行記念イベントは昨年12月に東京吉原の割烹料亭でも行いましたが、いよいよ地元秋田での開催となります。詳細はこちらに。 東京でのトークイベントでは私が調子に乗ってしゃべり過ぎてしまい、渡辺さんのお話をもっと聞きたかったとい [続きを読む]
  • 『フェルトとカシミア展』始まりました
  •  2月3日(金)から当店2Fギャラリーで『フェルトとカシミア展』が始まりました。フェルト工芸の第一人者・ジョリー・ジョンソンさんの新作展をモンゴルのカシミア山羊の産毛を使ったニットブランド・カシミヤプラスと共に開催しております。ジョリーさんの作品展は当店では3年ぶり。帽子やアクセサリー、敷物といった人気のアイテムから昨年から制作されている花器シリーズなど、いずれも一目見ただけでジョリーさんのだと分 [続きを読む]
  • ホームページをリニューアルしました
  •  当店のホームページを立ち上げたのは1999年。その後、数度リニューアルをしたことがあった(ような記憶がある)のですが、ここ10年位はずっと同じデザインでした。「さすがにそろそろ変えなければ」と先日一念発起し、久々にリニューアルいたしました。こちらです。 と言っても大枠のデザインが変わっただけで内容はほぼ以前のまま。これから少しずつ変えていこうかと思っています。ウェブショップもまだ仮オープン中です [続きを読む]
  • 2017年『吉例初市』
  •  あけましておめでとうございます。今年の大晦日、元旦は例年に比べて暖かく、穏やかなお正月を迎えることができました。 昨年は「着物ことはじめ」、『インド古典音楽ライヴ』やギャラリーコンサート、『秋田県の遊廓跡を歩く』の刊行、博物館や東京の料亭での講演会など、展示会の企画、販売という本来の仕事以外の活動も充実した年でした。マイナーな企画でしたが『縄文と手仕事展』にように、手探りながら縄文時代をテーマに [続きを読む]
  • 2016年も残すところ3日
  •  今日は年内最後の営業日。最近ブログの更新を怠っていたので、12月中旬から最近までの出来事を総ざらいいたします。 12月18日に東京吉原の料亭にて「秋田県の遊廓跡を歩く」刊行記念トークイベントが開催されました。登壇者は私と渡辺豪さん。午後の部、夕方の部共に満員札止、東京だけでなく京都や北陸から足を運ばれた方もいて、皆さん熱心に耳を傾けられている姿が印象的でした。終演後に何人ものお客様から「話を聞いて秋 [続きを読む]
  • 『冬を楽しむ展』始まりました
  •  12月2日(金)からは年内最後の催事、『冬を楽しむ』。初日からRocojuliの渡邊ひろこさんも在廊し、クリスマスシーズンらしい華やかなイベントがスタート。2日間たくさんのお客様で賑わいました。 今回Rocojuliは山形の佐藤繊維の糸を使ったニットウェアやシルクドレスの他、インドでセレクトした様々な素材のショールも出品。今年私がインドに行けなかった代わりにたくさんの魅力的なショールを揃えて頂きました。さすがは [続きを読む]
  • 「小松クラフトスペースのあゆみ」を更新しました
  •  10年以上も放置していた弊店の歴史を紹介する(?)サイトを更新しました。こちらです。 実は昨年遊廓のイベントを開催したあたりから文化勲章を受章された民俗学者の「小松和彦」先生と混同される方がTwitter等で散見され(嘘のような本当の話です)、「『秋田県の遊廓跡を歩く』を小松先生の著作と勘違いして買われる方がいたら大変だ」と思っていました。たしかに呪術と遊廓は遠からず近からずのイメージですが。。。 そ [続きを読む]
  • 秋に寄す後期『本間幸夫漆芸展』始まりました
  •  さる10月30日、五城目の福禄寿酒造さんにてAkibi Plusさん主催のレクチャー「朝市と地政学」が開催され、渡邉康衛(福禄寿代表)さんと一緒に講師として参加いたしました。福禄寿酒造さんとは昔から家族ぐるみでお付き合いをさせていただいており、会場のお座敷も物心が付くか付かないかの頃から遊んでいた場所。思い出深いこの場所で幼馴染の康衛さんと一緒にトークするのは感慨深いものがありました(今回企画していただい [続きを読む]
  • 『秋田県の遊廓跡を歩く』が発売になりました!
  •  この度、私の初めての著作となる『秋田県の遊廓跡を歩く』が正式にリリースされました。版元のカストリ出版さんの特別な計らいで発行日は私の40歳の誕生日。完成した本を手に取ってみると本当に感慨深いです。『色街調査紀行・秋田県の遊廓跡を歩く』・著者:小松和彦(文)/渡辺豪(写真)・発行:カストリ出版・発行日:平成28年10月23日・B6 203ページ  全ページ・フルカラー・特典:矢島町の酌婦のブロマイド(復刻)■ [続きを読む]
  • 『群言堂秋冬展』開催中です
  •  10月も半ば近くなり、今日は肌寒い一日になりました。突然の寒さが堪えるのかご隠居は「秋田には夏と冬しかないのか」とボヤいておりました。 さて、先週の10月7日から『群言堂秋冬展』が2Fギャラリーでスタートいたしました。まさに深まる秋にぴったりのウールやコットン素材のウェアが揃いました。 今回はオーガニックコットンのブランド・プリスティンの作品展も同時開催しております。ネットでは手に入らないオーダー [続きを読む]
  • 講演会『秋田・遊廓の文化史』
  • 早いものでもう10月に入りました。今月は私の誕生月、いよいよ40代に突入です。30歳になったのがついこの前のようにも感じますが、その当時のブログの記事を読むと(恥ずかしいのでリンクは貼りません)ずいぶん若かったんだなと思います。 奇しくも30代最後の日に秋田県立博物館にて講演会を開催させていただく運びとなりました。実は昨年の秋から数回にわたり、カストリ出版の渡辺豪さんと県内各地に残る遊廓跡や妓楼建築を調 [続きを読む]
  • 『着物のいろは&宮井の風呂敷展』
  •  昨夜の中秋の名月を境に秋の気配がしてきました。涼しくなってきたところで9月恒例の和服の催事『着物のいろは展』が今日からスタートしました。 6月から定期的に「着物ことはじめ」という講座を開催してきました。最近では定着して毎回定員がすぐ埋まるほどになりましたが、特に若い女性に人気で皆さん熱心に受講していただいております。「浴衣から一歩進んで着物も楽しみたい」という声も聞かれたので、着物の初心者から上 [続きを読む]
  • 加藤九祚先生のこと
  • 極東、中央アジアの民族学、考古学の第一人者・加藤九祚(きゅうぞう)先生がウズベキスタンの仏教遺跡の発掘調査中に逝去されました。94歳、心よりご冥福をお祈りいたします。加藤先生とは2年前に石巻でお会いする機会がありました。講演の後、一緒にお酒を飲みながら夜が更けるまでお話させていただくことができました。とても90代とは思えないお酒の強さと饒舌さに、「間違いなく100歳になっても元気でいらっしゃる」と [続きを読む]
  • 『荒川尚也・ガラス展』
  •  お盆明けの16日から当店2Fギャラリーにて『荒川尚也・ガラス展』がスタート。台風の影響でむし暑い天気の中で始まった爽やかな展示会、まさに夏にぴったりのイベントになりました。3年ぶりの作品展とあって、楽しみにされていたお客様が初日からたくさんお出でいただいております。 冷酒やワインにぴったりのグラスや器など日常使いのアイテムの他、照明やオブジェなども出品されております。今回初めてお目見えしたのが、重 [続きを読む]
  • 明日からはお盆休みです
  •  8月に入り竿灯が始まって、オリンピックと高校野球が始まって気が付いたらもうお盆休みです。目下お祭りムードのリオオリンピック、私が特に興味があるのは柔道やレスリングなどの格闘技なのですが、夜更かし観戦は「睡魔との戦い」で負けてばかりいます。芭瑠はおじいちゃんの膝の上で萩野選手の金メダルを取ったレースを観て以来、水泳に関心を示しているよう。 もう半月前のことになってしまいましたが、7月31日「旅する [続きを読む]
  • 駐車場変更のお知らせ
  •  いよいよ夏真っ盛り。『バーンロムサイ展&旅するマーケット』好評開催中です。暑いこの時期、バーンロムサイのリネンやガーゼのウェアやアジアの雑貨がぴったりです。今週末の7月30日の「旅カフェ」ではグルメストアフクシマさんのコロッケとmogunezuさんのパンという夢のコラボが実現。売り切れ必至なのでお早目に♪ 8月1日より当店の指定駐車場が変更となります。 8月から契約駐車場となるリパークワイド秋田中通4丁 [続きを読む]
  • 『バーンロムサイ展&旅するマーケット』
  •  7月15日から『バーンロムサイ展&旅するマーケット』が2Fギャラリーで始まりました。年に一度の恒例となったこのイベントを楽しみにしていらっしゃる方は多く、連日たくさんのお客様にお越しいただいております。今回も天然素材のウェアや少数民族の古布や裂織の布を使った小物などが人気です。 同時開催の旅するマーケットはいつもと違ったランナップで開催。ASSOBOOさんやMAKUMOさんなど人気のハンドメイドを揃えました [続きを読む]
  • 永六輔さん
  •  私が10代の頃、年に一度ほど突然ウチに来てはご飯を食べていき、お酒も飲まないのに本当によくしゃべるおじさんがいました。テレビやラジオでも、いつもと同じあの独特の話し方で、その声を聞く度に「次はいつ現われるのかな」と思いました。それが永六輔さんです。 ある時、永さんがいつものように家でご飯を食べながら「内戦で傷ついたカンボジアの女性を支援するチャリティーバザーを小松でやろう」と提案されました。それ [続きを読む]
  • 『布をめぐる旅展』会期延長して開催中です
  •  6月はあっという間に終わり、気が付いたらブログも一度しか更新しておりませんでした。先日娘から夏風邪を移され、久々に病院のお世話になりました。血液検査の結果、肝機能も血糖値も内臓脂肪も正常でお酒を控える必要はなしとのこと。しばらくは安心して美味しいビールが飲めます♪ 6月10日から2Fギャラリーで開催していた『布をめぐる旅展』一週間会期を延長して7月9日まで開催する運びとなりました。展示している商 [続きを読む]
  • 『布をめぐる旅展』始まりました
  •  今日から2Fギャラリーで『布をめぐる旅展』がスタートしました。おなじみ、仙台の人気ブランドロコジュリィは夏にぴったりの鮮やかな色彩のドレスやインドでセレクトした様々な服飾雑貨を出展しております。デザイナーの渡邊ひろこさんは12日(日)まで在廊。おしゃれ女子の皆さん、是非会いにいらして下さい☆ ゴールデンウィーク中、能代で開催した『異国の手仕事展Ⅱ』でもご好評いただいたプティット・アフリケーヌさんは [続きを読む]
  • 『藍染と型染展』最終週となりました
  •  まだ5月なのに本格的な夏日が続いております。5月13日からスタートした『藍染と型染展』はいよいよ最終週。暑い日には梅崎由起子さんの藍染作品がより涼やかに目に映ります。 武村小平さんの型染作品の出展は今日30日が最終日。人気の日傘は残すところ2本となりました。帯や着尺も茶道を嗜まれるお客様を中心に人気です。 梅崎由起子さんが掲載されている書籍(『七緒2013夏号』、『かわいい布ものデザイン』)も会 [続きを読む]