内野志織 さん プロフィール

  •  
内野志織さん: 写真家内野志織の撮影日記
ハンドル名内野志織 さん
ブログタイトル写真家内野志織の撮影日記
ブログURLhttp://aurorainfo.blog85.fc2.com
サイト紹介文オーロラ写真家内野志織の撮影日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/04/23 09:53

内野志織 さんのブログ記事

  • ヘッドライト レッドレンザー7R(Headlamp LED LENSER 7R)
  • ヘッドライト レッドレンザー7RHeadlamp LED LENSER 7R本日すごいいいものを見つけました!!その名もレッドレンザー!ドイツのメーカーで、明るさなんと220lm(ルーメン。今まで使っていたヘッドライトの明るさが80lmなので、非常に明るい。もちろん明るさの調節も可能で、20lmから調節が可能。照射範囲もスポットから広角まで自由に調節ができ、何よりも光が非常にクリアで中心から外側まで明暗のムラがほとんどない!!バッテリ [続きを読む]
  • 【ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶) 学名_Hestina persimilis japonica】
  • 【ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶)】仕事中に見つけたゴマダラチョウです。あまり珍しい蝶というわけではないようですが、初めて目にする蝶です。外来種のアカボシゴマダラの春型かと思いましたが、アカボシゴマダラの春型は翅の裏は筋が黒いだけで他は真っ白なのと、翅の表面がアカボシゴマダラの春型より黒い部分が多いので、ゴマダラチョウと断定しました。間違っていたらすみません。ゴマダラチョウの幼虫の食草はエノキ、成虫は花の [続きを読む]
  • ムラサキシジミ(紫小灰蝶)
  • 【ムラサキシジミ(紫小灰蝶)】翅の色が青紫色をしたとても美しいシジミチョウです。今までに2回程度しか見たことがなく、一度も撮影に成功していない蝶でした。絶対逃すまいと、静かに少しずつ近づき撮影に挑みました。結局この日は一日中同じ場所で張込みを続け、ようやく産卵シーンと翅を広げた姿を撮ることができました。内野志織のオーロラ写真館 [続きを読む]
  • Butterfly Garden Panorama
  • 写真を撮ったのは去年の10月なのですが、今頃サイトにアップです。パノラマ写真は撮影後にいろいろ作業があるので、ついつい先延ばしにしがち。。。頑張らなくては。。。〜(^_^;写真を するとパノラマになりますよ〜。パソコン内でのバーチャルをお楽しみいただけると嬉しいです。内野志織のオーロラ写真館 [続きを読む]
  • 月と金星、火星
  • 1月31日、2月1日は月と金星、火星が近づいて見える日でしたので、夕方早速取りに行きました。星空の撮影なんて2年以上していません。かなり久々の撮影でした。比較的暖かい日ではありましたが、それでも少々風が吹いていたので、しばらく外に立っていると肌寒さを感じます。昨日は途中から雲が出てきて隠れてしまいましたが、今日は綺麗に見えていました。下の写真は2014年10月4日に撮影した皆既月食です。この撮影以降、星空を全 [続きを読む]
  • 【東京都 稲城市 マンホール -イチョウ-】
  • 【東京都 稲城市 マンホール -イチョウ-】15日は稲城市で仕事でしたので、いつものように帰り道のマンホールを撮影して来ました。中央には稲城市の市章が有り、その周りには市の木に指定されているイチョウの葉がデザインされたカラーマンホールです。イチョウの葉の色が何種類か有るようですが、こちらは濃い黄色とオレンジ色。 汚水管マンホール蓋です。内野志織のオーロラ写真館 [続きを読む]
  • 【長野県 原村 マンホール -ミヤマシロチョウ-】
  • 【長野県 原村 マンホール -ミヤマシロチョウ-】こちらも7月に撮影したマンホールで長野県原村のマンホールです。「ミヤマシロチョウ」がデザインされています。ミヤマシロチョウは標高1,400〜2,000mの範囲のみに分布し、北アルプス、八ヶ岳、浅間山系など、ごく限られた場所に生息しているシロチョウ科の蝶です。生息地の開発などによる環境の変化、植樹の衰退などで個体数を急激に減らしており、生息地でもごく限られた区域で [続きを読む]
  • 【東京都 足立区 マンホール -黒鳥-】
  • 【東京都 足立区 マンホール -黒鳥-】こちらも7月に撮影したマンホールで、先のやせ蛙や昭和の風景のマンホールと同じ日に同じ場所で撮影しました。オーストラリアの「BELMONT(ベルモント)」と姉妹都市の記念の蓋です。ADACHIとBELMONTの文字と、西オーストラリアの州鳥であるブラックスワン(黒鳥)が描かれています。黒鳥は、ベルモント近くのスワン川にも 多く生息しているそうです。ベルモントとの姉妹都市の記念の蓋はこの [続きを読む]
  • 【東京都 足立区 マンホール -やせ蛙-】
  • 【東京都 足立区 マンホール -やせ蛙-】「やせ蛙まけるな一茶これにあり」小林一茶の俳句で、カエルのオス同士が一匹のメスを巡ってお互いを押しのけ合うのを見物し、弱いやせガエルを応援して作った詩です。足立区のマンホールになぜ小林一茶なのかと言うと、このマンホールを撮影した足立区竹の塚には小林一茶にゆかりのある炎天寺と言う寺が有ります。一茶の句集の前書に「武蔵の国、竹の塚といふに蛙たたかいありけるに見にま [続きを読む]