南 歳三 さん プロフィール

  •  
南 歳三さん: 外国株・外国債券のノーロード投信で稼ごう
ハンドル名南 歳三 さん
ブログタイトル外国株・外国債券のノーロード投信で稼ごう
ブログURLhttp://aburemon-no-load.seesaa.net/
サイト紹介文外国株、外国債券のノーロード投信だけで好パフォーマンスを目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2009/04/26 11:40

南 歳三 さんのブログ記事

  • ひふみを買うのは情弱
  • 今週の楽天証券のトータルリターン上位にはブル型と日本の小型株に投資をするファンドが並んでいます。インデックスブロガーに人気のひふみは全然見当たりません。ひふみを買うくらいなら、他の小型株に投資をするファンドを買った方がいいという結果です。ひふみは小型株に投資をするから成績が良いと言われてきましたが、むしろ小型株に投資をしてこの程度と評価を変えた方がいいです。ひふみを推奨する人たちが、なぜひふみと他 [続きを読む]
  • 今日明日はお休みになりそう
  • 昨日は買いだけで1回も利確無しです。それでもスワップで少しは稼げています。今日はポジを減らそうと待ち構えているけど、上げが弱くてまだ利確できていません。安いときに買えていれば利確だったけど買い付けを停止中だから買えませんでした。買いも利確もできなくて、今日明日はお休みになりそうです。 [続きを読む]
  • 「元本防衛型」の仕組みですが
  • 三井住友銀行が新しく「元本防衛型」の投資信託を販売ということで、どうやって元本を防衛するかを簡単に解説します。まずプロテクトラインとして最初に9000円をラインとして、基準価額が9000円を下回らないように運用をします。基準価額が上昇するごとにプロテクトラインを上げていき、ラインを基準価額の最高値の90%までに引き上げていきます。このプロテクトラインを下回ったら、プロテクトラインの価格で繰り上げ償還をすると [続きを読む]
  • <br />米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)を買います
  • 前にカバードコールの良さを説明しながら、自分自身は買わないのはおかしいと思い、米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)を買うことにしました。別にアメリカ経済がこれからも好調だと予測をしたわけでは無く、ただ単にオプション売却によるプレミアム収入目当てです。プレミアム収入目当てですから、タイミングとか考えていなくて、とりあえず買っておこうと買うだけです。それと同じくタイミングを考えなくて鉄道も同じ理由で [続きを読む]
  • ハイイールド債のファンドの買い注文を出しました
  • ライターの稼ぎが振り込まれたので、やっと投資信託の買いができます。今回買い注文を出したのは米国ハイイールド債で、ドルが買われて間に合わなかったと思ったら、予想外のドル急落で円高の内に買えそうです。株式型の方はまだ検討中で銘柄が決まっていません。別に急いで買う必要もなく、じっくり考えて選びます。今回買うファンドですがいつものJPM米国高利回り社債ファンドです。スイッチングができるブラックロックのも考 [続きを読む]
  • インデックス投資しているライターには仕事を譲れない
  • やどかりおばさんが、相変わらずライターの仕事が取れなくて困っていたので、コメント欄にアドバイスでも書こうかと思いましたがやめました。だって書いたら嫌味に映るから。投資専門に記事を書いていて直接依頼しか引き受けないから、投資だけだと依頼が無いけど、それでも継続2件に新規が1件入ってます。仕事を取れる理由ですが、ランサーズで投資で検索すると自分のハンネが上位に出て、そこで投資の執筆の依頼をほぼ取ってしま [続きを読む]
  • 資産配分は気にしなくていい
  • 前回その場その場のタイミングでいいものを買っていってゴミの山を築きましょうと言いました。このとき資産配分はどうすべきかと言われれば、そんなの気にしなくていいと答えます。理由は正解がわからないからです。よくポートフォリオの資産配分にこだわる人が居ますが、その人たちは考えて最適な資産配分になっているかどころか近づいているかもわかりません。ただの思い込みで決まっているだけです。時価総額も均等も最適とは限 [続きを読む]
  • タイミングを選んで集中投資の方がいいよね
  • 楽天証券なら100円で投資信託を買えるから、積立設定をすれば貧乏人でも複数のファンドを買えることができます。これなら複数のファンドを買いたいと思っていても、注文の手間が面倒という理由で、利用しなかった自分でも大丈夫だと思いました。しかしタイミングを考えて最善の選択をした方がパフォーマンスが良くなるので、分散積立てよりも月ごとにその時に適したファンドに資金を集中して、買うことにしました。今月ならドル安 [続きを読む]
  • 通貨選択型が好調です
  • FXで南アフリカランドでかせげまして、投資信託の方も楽天証券のトータルリターン上位には通貨選択型の南アフリカランドが多く入っています。他にもブラジルレアルやロシアルーブルのタイプが入っていて、通貨選択型の運用成績が好調です。通貨選択型はリスクが高いと非難されがちですが、それはタイミングが悪いからでして、タイミングさえ合えば効果的な資産運用です。ただタイミングがわからない人には、通貨選択型のメリットを [続きを読む]
  • 分配金で投資信託を買うことに
  • 前まで投資信託の分配金を生活費に回す考えでしたが、FXの稼ぎが増えたので余裕ができて。分配金まで生活費に回す必要が無くなりました。それで分配金は投資信託の購入に当てます。それで何を買うか考えて、分配金をさらに増やそうと保有する毎月分配型のファンドを買うことを考えましたが、それなら最初から毎月分配で無いファンドの方が良いということで、株式型の鉄道の方を買い増しすることにしました。ついでに楽天銀行に残っ [続きを読む]
  • 鉄道の方が成績がいいなんて
  • 楽天証券から送られてくる投信基準価額メールですが、JPM世界鉄道関連株投信がeMAXIS NYダウインデックスより週間や年間のリターンを上回っていてびっくりです。鉄道なんて成長力が無いところがダウインデックスを上回るなんて、相場がおかしいのじゃないかと思えてきます。新興国なら鉄道の敷設がいっぱいあって成長力があるけど、JPM世界鉄道関連株投信の組み入れ上位は先進国か香港ですから、成長が期待できない [続きを読む]
  • パッシブ運用はギャンブル
  • 競艇の3連単で、異なる3艇の組み合わせ120種類すべてを買うやり方があります。控除があるから確実に赤字になると思えますが、プラスになる場合があります。それは万舟券を当てた時です。払い戻しが1万2千円を超えればプラスになります。だから荒れるレースだと使える買い方です。パッシブ運用も回収率でプラスになればいいという考えで、予測しないで銘柄を選びます。儲かる儲からないは運任せのギャンブルです。ギャンブル [続きを読む]
  • 楽天証券での積立を止めました
  • 楽天証券での投資信託の積立を止めました。理由は単純で、スポットで買った方がいいのと、毎回積立の入金期限を知らせるメールが来るのがウザかったからです。入金してあるのにメールを送ってくるから、いつも迷惑で止めて欲しいと思っていました。積立の方が毎回買い注文の手続きをしなくて済む分楽ですが、少しでもタイミングよく買いたいから、今回の制度変更を有効活用です。ただ買った後値下がりして、読者に笑われるリスクが [続きを読む]
  • 楽天ポイントで投資信託を買いません
  • 巷で話題の楽天証券で、楽天ポイントで投資信託が買えるようになる話ですが、期間限定ポイントが駄目で通常ポイントしか使えないということで、個人的にはいきなり終了です。失効する前に期間限定ポイントを使えると喜んだけど、使えないなら意味ないし。失効しないうちに期間限定ポイントを使う場合、足りない分を通常ポイントと現金で支払います。通常ポイントを投資信託購入で使えば、その分買い物で現金を多く払うだけで、実質 [続きを読む]
  • 高配当株投資の是非
  • ワン株で買っていた丸紅ですがマイナスで売却しました。しかし配当金でプラスです。高配当株投資ですが、配当金分株価が下がれば、配当金を貰ってもあまりうれしくなく、配当再投資戦略は手数料や税金分損というお笑いレベルになります。ただ実際配当落ち日の次の日に配当分株価が下がるわけでもなく、結論は出せません。それでも高配当株は成長力が低いから、長期投資的には損でしょう。それでも配当利回りと収益の安定度は魅力的 [続きを読む]
  • 投資信託の数が少な過ぎて困る
  • 投資信託の数が少な過ぎて、選びにくくて困っています。投資信託の数が多過ぎると言っている人は、多種多様な運用ができない無能だと自ら言ってるようなものです。少ない証明として、楽天証券で「鉄道」で検索したら2件しか出なくて、両方とも全世界が対象でした。日本の鉄道関連株に投資をしたくてもできないくらい少ないです。ソーシャルレンディングに投資をする投資信託があってもいいかと思えるけど、それも当然無いし、どう [続きを読む]
  • 引き続きカバードコール型の勝利
  • 前にカバードコール型の勝利という記事を書いたけど、その後の結果もカバードコール型が好成績で、成績は楽天証券のトータルリターンで確認できます。今回は米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)だけでなく 日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)も上位です。インデックスファンドはブラジルが上位に浮上してきましたが、両者に及びません。インデックスファンドを買うくらいなら、アルファ・カルテットを買った方がいい [続きを読む]
  • 積立先を三つに減らします
  • 前回の財政難で保有ファンドの一部解約の件ですが、積立も減らします。せっかく積み立ててもまた資金不足で解約するのも馬鹿馬鹿しいから、購入額も減らして現金として残していくことにしました。それで積立もJPM世界鉄道関連株投信、JPM米国高利回り社債ファンド、Jリートアクティブファンド(1年決算型)の三つになります。ブログ的に国内リートは不要ですが、不動産株購入用として積立を継続します。積立を増やす可能性は否定 [続きを読む]
  • 金融庁の判断がいかにおかしいか
  • コストが低ければどんな商品でもよいのか!と金融庁に批判的な記事を書きたかったけど、ジャーナリストの才能が無いので、全然書けないです。ライターとしてもこれと言って才能があるわけでなく、投資の専門家として専門的なことを書いているに過ぎません。とりあえず専門家として、インデックスファンドがなぜ問題かというと、まず指数に完全連動を目指すという、おかしなテーマがあります。投資信託は利益を出すのが目的でして、 [続きを読む]
  • 資産の取り崩しの恐怖
  • ライティングのお仕事を受注しました。他にも受注見込みが1件あるから、貧困問題は何とか緩和されそうです。出口戦略を簡単に考えている人たちは、資産取り崩しをしたことが無いから、楽天的でいられるのでしょう。資産を取り崩すということは、せっかく増やした資産が減るわけで、このまま取り崩していけば資産が無くなってしまう不安があります。さらに資産が減れば収入が減りますから、資産の減少スピードがさらに速まるという [続きを読む]
  • 貧困はつらい
  • 急な出費により保有する投資信託の一部を解約することにしました。いつもならFXの資金から充当しますが、稼いでくれるところからお金を引っ張ったら、稼ぎが減るということで、投資信託からも資金を拠出することになりました。生活防衛資金があればそこから充当しますが、その金は投資信託で運用していて、その為投資信託を解約することになりました。ライター稼業で稼げれば問題なかったのですが、やどかりおばさんでさえ仕事が無 [続きを読む]
  • 積立はそのまま継続します
  • 前回、個別株投資の資金確保で投資信託の積立を減らすかもしれないと考えていた件ですが、積立はそのまま継続になりました。理由として、FXのデイトレードのレベルが上がって稼ぎが増えたから、個別株に手を広げる必要が無くなり、資金調達の必要も無くなりました。個別株をやらないわけでは無く、無理してやる必要が無くなったということです。早期リタイア実現には多種多様な収入源を確保するのが重要でして、個別株投資も大事な [続きを読む]