nanayo307 さん プロフィール

  •  
nanayo307さん: 一級・二級ボイラー試験合格-最新過去問.com
ハンドル名nanayo307 さん
ブログタイトル一級・二級ボイラー試験合格-最新過去問.com
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nanayo307/
サイト紹介文最新・過去問題の解答・解説を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
自由文ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。 (by nanayo)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/04/28 19:26

nanayo307 さんのブログ記事

  • ボイラーの取扱いー5 ボイラー水の間欠吹出しについて(2B)
  • 二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問1 5 ボイラー水の間欠吹出しについて、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )炉筒煙管ボイラーの吹出しは、ボイラーを運転する前、運転を停止したとき又は燃焼が軽く負荷が低いときに行う。( 2 )鋳鉄製蒸気ボイラーのボイラー水の一部を入れ替える場合は、燃焼をしばらく停止しているときに吹出しを行う。( 3 )水冷壁の吹出しは、運転中に行ってはならない。( 4 )吹出し弁を操作する [続きを読む]
  • ボイラーの取扱い−6 ボイラーのスートブローについて(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問1 6 ボイラーのスートブローに関し、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )スートブローは、主としてボイラーの水管外面などに付着する すすの除去を目的として行う。( 2 )スートブローの蒸気は、ドレンを含んだものを用いる。( 3 )スートブローは、最大負荷よりやや低い負荷のところで行う。( 4 )スートブローは、一箇所に長く吹き付けないようにして行う。( 5 )スートブロワが複数 [続きを読む]
  • ボイラーの取扱い−5 ばね安全弁の調整及び試験(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問1 5 ボイラーのばね安全弁の調整及び試験に関し、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )安全弁の吹出し圧力が設定圧力よりも低い場合は、いったんボイラーの圧力を設定圧力の80 % 程度まで下げ、調整ボルトを締めて、再度、試験をする。( 2 )ボイラー本体に安全弁が2個ある場合は、1個を最高使用圧力以下で先に作動するように調整し、他の1個を最高使用圧力の3 % 増以下で作動するよ [続きを読む]
  • ボイラーの取扱い−4 水面計及び圧力計の取扱い(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問1 4 ボイラーの水面計及び圧力計の取扱いに関し、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )運転開始時の水面計の機能試験は、残圧がある場合は圧力が上がり始めたときに行い、残圧がない場合は点火直前に行う。( 2 )水面計を取り付ける水柱管の水側連絡管は、ボイラー本体から水柱管に向かって下がり勾配となる配管を避ける。( 3 )水面計が水柱管に取り付けられている場合、連絡管の途 [続きを読む]
  • ボイラーの取扱い−3 燃焼の異常について(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問1 3 ボイラーの燃焼の異常に関し、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )不完全燃焼による未燃のすす が、燃焼室以外の燃焼ガス通路で燃焼することがあり、これを「スートファイヤ」という。( 2 )燃焼中に、燃焼室又は煙道内で連続的な低周波のうなりを発する現象を「かまなり」という。( 3 )「かまなり」の原因としては、燃焼によるもの、ガスの偏流によるもの、渦によるものなどが [続きを読む]
  • ボイラーの取扱い−2 キャリオーバ について(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問1 2 ボイラーにおけるキャリオーバに関し、誤っている ものは次のうちどれか。( 1 )キャリオーバは、蒸気室負荷が大きいと生じやすい。( 2 )シリカは、蒸気圧力が高いほど、また、ボイラー水中のシリカ濃度が高いほど飽和蒸気に溶解しやすい。( 3 )プライミングやホーミングが急激に生じると、水位が上がったものと水位制御装置が認識し、低水位事故を起こすおそれがある。( 4 )キャ [続きを読む]
  • ボイラーの取扱い−1 運転中の取扱いについて(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)〔ボイラーの取扱いに関する知識〕 問1 1 ボイラーの運転中の取扱いに関し、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )二組の水面計の水位を対比し、差異を認めたときは、水面計の機能試験を行う。( 2 )水面計の水位に全く動きがないときは、元弁が閉 まっているか又は水側連絡管に詰まりが生じている可能性があるので、直ちに水面計の機能試験を行う。( 3 )燃焼量を増すときは、空気量を [続きを読む]
  • ボイラーの構造-10 自動制御について (2B)
  • 二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問1 0ボイラーの自動制御について、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )オンオフ動作による蒸気圧力制御は、蒸気圧力の変動によって、燃焼又は燃焼停止のいずれかの状態をとる。( 2 )ハイ・ロー・オフ動作による蒸気圧力制御は、蒸気圧力の変動によって、高燃焼、低燃焼又は燃焼停止のいずれかの状態をとる。( 3 )比例動作による制御は、オフセットが現れた場合にオフセットがなくな [続きを読む]
  • ボイラーの構造-10 ドラム水位制御について(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問1 0 ボイラーのドラム水位制御に関し、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )水位制御の目的は、負荷が変動しても、ドラム水位をできるだけ一定に保つことにある。( 2 )ドラム水位の逆応答とは、蒸気流量が増えるとドラム水位が一時的に下がる特性のことをいう。( 3 )単要素式は、ドラム水位だけを検出し、これに応じて給水量を調節する方式である。( 4 )二要素式は、ドラム水位及び [続きを読む]
  • ボイラーの構造-9 圧力制御機器について (2B)
  • 二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問 9 ボイラーの圧力制御機器について、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )比例式蒸気圧力調節器は、一般にコントロールモータとの組合せにより、比例動作によって蒸気圧力の調節を行う。( 2 )比例式蒸気圧力調節器では、比例帯の設定を行う。( 3 )オンオフ式蒸気圧力調節器(電気式)は、蒸気圧力によって伸縮するべローズがスイッチを開閉し燃焼を制御する装置で、ボイラー本体に直 [続きを読む]
  • ボイラーの構造-9 温度検出器について(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問9 温度検出器に関し、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )バイメタル式温度検出器は、熱膨張率の異なる2 種類の薄い金属板を張り合わせたバイメタルにより、接点をオンオフするもので、振動により誤差が出ることがあるが、直動式のため応答速度が速い。( 2 )溶液密封式温度検出器は、感温体内の揮発性液体の温度変化による膨張・収縮を利用して、べローズなどにより接点をオンオフ [続きを読む]
  • ボイラーの構造-8 給水系統装置について (2B)
  • 二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問 8 ボイラーの給水系統装置について、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )ボイラーに給水する遠心ボンプは、多数の羽根を有する羽根車をケーシング内で回転させ、遠心作用により水に水圧及び速度エネルギーを与える。( 2 )渦巻ボンプは、羽根車の周辺に案内羽根のない遠心ボンプで、一般に低圧のボイラーに用いられる。( 3 )ディフューザボンプは、羽根車の周辺に案内羽根のある遠 [続きを読む]
  • ボイラーの構造-8 附属品及び附属装置について(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問 8 ボイラーの附属品及び附属装置に関し、誤っているものは次のうちどれか。( 1 )沸水防止管は、大径のパイプの上面の多数の穴から蒸気を取り入れ、蒸気流の方向を変えることによって水滴を分離する装置である。( 2 )バケット式蒸気トラップは、ドレンの存在が直接トラップ弁を駆動するので、作動が迅速・確実で信頼性が高い。( 3 )主蒸気管の配置に当たっては、曲がり部に十分な半径 [続きを読む]
  • ボイラーの構造-7  空気予熱器の利点について(2B)
  • 二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問 7 ボイラーに空気予熱器を設置した場合の利点に、該当しないものは次のうちどれか。( 1 )ボイラー効率が上昇する。( 2 )燃焼状態が良好になる。( 3 )炉内伝熱管の熱吸収量が多くなる。( 4 )水分の多い低品位燃料の燃焼効率が上昇する。( 5 )通風抵抗が増加する。★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」良かったら、 をお願いします ⇒ [続きを読む]
  • ボイラーの構造-7 過熱蒸気温度の調節法(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問 7 過熱蒸気温度の調節法として、誤っているものは次のうちどれか。 ( 1 )給水の一部を過熱低減器に注入し、過熱蒸気を減温して、温度を調節する。( 2 )過熱器に入る蒸気の乾き度を変えて、蒸気温度を調節する。( 3 )過熱蒸気の一部を、ボイラー水中に配置された熱交換器に通して減温し、温度を調節する。( 4 )過熱器を通過する燃焼ガス量を変えて、蒸気温度を調節する。( 5 )バ [続きを読む]
  • ボイラーの構造-6 ボイラー各部の構造及び強さ(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問 6 ボイラー各部の構造及び強さに関し、誤っているものは次のうちどれか。 ( 1 )胴板を薄肉円筒として取り扱う場合、長手方向の断面に生じる周方向の応力は、周方向の断面に生じる長手方向の応力の2倍となる。( 2 )皿形鏡板は、球面殻、環状殻及び円筒殻から成っており、環状殻の部分には内圧により曲げ応力が生じる。( 3 )皿形鏡板は、同材質、同径、同厚の場合、全半球形鏡板 [続きを読む]
  • ボイラーの構造-6  水面測定装置について(2B)
  • 二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問 6 ボイラーの水面測定装置について、誤っているものは次のうちどれか。 ( 1 )貫流ボイラーを除く蒸気ボイラーには、原則として、2個以上のガラス水面計を見やすい位置に取り付ける。( 2 )ガラス水面計は、可視範囲の最下部がボイラーの安全低水面と同じ高さになるように取り付ける。( 3 )丸形ガラス水面計は、主として最高使用圧力 以下の丸ボイラーなどに用いられる。( 4 )平 [続きを読む]
  • ボイラーの構造-5 鋳鉄製ボイラーについて(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問 5 鋳鉄製ボイラーに関し、誤っているものは次のうちどれか。 ( 1 )鋼製ボイラーに比べ、強度は弱いが腐食には強い。( 2 )燃焼室の底面は、ほとんどがウェットボトム式の構造となっている。( 3 )重力式蒸気暖房返り管では、低水位事故を防止するために、ハートフォード式連結法がよく用いられる。( 4 )側二重柱構造のセクションでは、ボイラー水の循環において、燃焼室側側柱が [続きを読む]
  • ボイラーの構造-5  ボイラー各部の構造及び強さ(2B)
  • 二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問 5 ボイラー各部の構造及び強さについて、誤っているものは次のうちどれか。 ( 1 )胴板には、内部の圧力によって引張応力が生じる。( 2 )胴と鏡板の厚さが同じ場合、圧力によって生じる応力に対して、周継手は長手継手より2倍強い。( 3 )だ円形のマンホールを胴に設ける場合には、長径部を胴の軸方向に配置する。( 4 )ガセットステーを取り付ける場合には、鏡板への取付部の下端 [続きを読む]
  • ボイラーの構造-4 貫流ボイラーについて(1B)
  • 一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)問 4 貫流ボイラーに関し、誤っているものは次のうちどれか。 ( 1 )一連の長い管系で構成され、給水ボンプによって 一端から押し込まれた水が順次、予熱、蒸発、過熱され、他端から過熱蒸気となって取り出される。( 2 )細い管内で給水のほとんどが蒸発するので、十分な処理を行った水を使用しなければならない。( 3 )給水量と燃料量の比が大きく変化しても、ボイラー出口の蒸気温 [続きを読む]