ripple さん プロフィール

  •  
rippleさん: きょうの発見
ハンドル名ripple さん
ブログタイトルきょうの発見
ブログURLhttp://yokido.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文趣味の五行歌、バードウォッチング、写真などの記事を載せています。
自由文はり治療を
やりながら
五行歌をうたい
自然を
たのしんでいます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供386回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2009/04/28 14:50

ripple さんのブログ記事

  • 転んでひざを打った
  • 2,3日前に転んで、ひざを打ったという女性が治療に来た。正座ができなくなったという。両膝に軽い擦り傷があるがたいしたことはない。右ひざが曲がらないというが、どうもその傷のせいではないらしい。曲がりたがらないひざは伸ばせばいい、というのがうちでやっているカウンターストレインという手技療法である。ひざの動きを調べると、深く曲げると痛いが、そうっと伸ばすと痛くない。そこで、右ひざを伸ばした状態で、足首の [続きを読む]
  • ファミリーコンサート
  • 日曜日の午後は多摩市民館で、多摩川吹奏楽団のファミリーコンサートを聴いた。子供たちも来るので、観客を飽きさせないようにプログラムがよく工夫されている。知らない曲もいくつかあったが、Nightflightのように軽快な曲や、「哀愁のセントラルパーク」のような味わいの深いものもあった。「ぞうさんのひるね」ではチューバのソロがあったり、楽器を紹介したりして楽しかった。舞台の左手にスクリーンがあり、そこにプロジェク [続きを読む]
  • 漏水の修理
  • 水道局の人が来て、漏水があるから修理の工事をしたいという。うちの水道メーターには出ない部分の漏水で、本管からメーターまでの間らしい。古い鉛管が腐食して漏水しているそうだ。別のところに水道管を付け替える必要があるという。敷地の中は2mまでは無料だが、それを越えた部分はこちらが負担しなければならない。仕方がない。昔は、冬に水道管が破裂することがあった。最近は凍結防止をしているし、温暖化のせいもあってか、 [続きを読む]
  • 都電荒川線
  • 日曜日、妻は午後から初午講に出かけた。初午は、伏見稲荷に神様が降りたのが起源らしい。立春のあとの午の日に、お稲荷様のお祭りをして、いろんな情報を交換したりするのだが、農家も激減して参加者はだいぶ少なくなった。私は巣鴨のほうに用事があり、寒い中を出かけた。山手線の大塚駅から都電荒川線に乗る。その都電がカラフルなので驚いた。車両もだいぶ近代的になっている。写真は、大塚駅で撮った早稲田行きである。都電の [続きを読む]
  • 第六天神祭
  • 枝垂れ梅建国記念日はうちの第六天神感謝祭の日に決めている。晴れてはいるが空気が冷たい。祝詞をあげていると、背中が日差しでぽかぽかする。天神社の前の枝垂れ梅も満開だ。暮れに暖かい日がつづいたので、ことしは花が早いような気がする。お神酒をいただいて気分がいい。ふだん飲まないので、頬がほてる。髪がボサボサになったので、夕方、床屋に行った。白髪ぼかしをやめて一年あまりになるが、鏡を見ても白髪頭にだいぶ慣れ [続きを読む]
  • バッテリーあがる
  • 8月から自転車通勤をしているので、車にはほとんど乗ることがなくなった。雨の日や重い荷物のあるときだけ、一日1000円とか800円とかの有料駐車場を使う。しかし、電車とバスでじゅうぶんだ。だから、車は元日のお墓参りに使っただけだった。きのう出かけようとして車のキーボタンを押したら、ちゃんとドアが開く。ところがセルモーターがカラカラいうだけで回らない。時計などの表示灯はつくがエンジンがかからないのである。バッ [続きを読む]
  • 五反田神社の豆まき
  • 日曜日、午後1時から生田駅そばの五反田神社で豆まきが行われた。五行歌の仲間がスタッフになっている。節分はおとといだったが、やはり日曜日だとファミリーが参加できる。少し小雨がぱらついたが、フードをかぶればだいじょうぶ。後ろのほうにはあまり飛んでこないが、二つほど小袋をキャッチした。神社の境内に鬼はいないからと、ここでもやはり「福は内」だけ叫んでいた。成田山でもそうだったらしい。優しい時代である。ここ [続きを読む]
  • 五行歌誌・投稿歌(2月号)
  • 君が置き忘れたマスクのふくらみを眺めている待ち合わせた友に大きく手を振ったら人違いだったもうそっぽを向くしかない紙コップを手にトイレに向かう検尿のわびしさといったらない マフラーコートミニ素足女子高生は突き進む落ち葉が積もった道はやわらかく温かい死んでも生きている野鳥観察まずは足を運ぼうだいじょうぶみんな教えたくてうずうずしているから [続きを読む]
  • エスカレータは二列で
  • 小田急線、登戸駅のエスカレータ乗り場のサインエスカレータは左側1列に乗り、右側を追い越し車線のように開ける習慣がある。2列に並べば1列の倍の人数が運べるのだから、2列に並ぶほうが効率がいい。だから会社側も「2列でご利用ください」と呼びかけているのだ。急ぐ人は右側を駆け抜けたりするが、あれは危険である。荷物に引っ掛けて転倒させる恐れがある。だから、絶えず「駆けないでください」というアナウンスもしてい [続きを読む]
  • しんゆり五行歌会(2月)
  • 欲深な私が            京子(一席)まいた小松菜お雑煮の上で笑ってる冬の早朝の            冨樫(二席)沁み入るような香りは学校へ向かう香り会社へ向かう香り新しい一日が動き出す香り裸にされる木々          有水(三席)雨風もないのに「もういいよ」と落ちていく様人の命と同じに感じる病は医者が            茗水気は自分が担当すべてプラス志向で自分を助ける雪が降る・・ [続きを読む]
  • 中野島神社の豆まき
  • 29日、日曜日午後3時から中野島神社で豆まきが行われるというので行ってきた。町会長と国会議員が簡単な挨拶を行い、神主のお祓いがあった。「祓い給え、清め給え、さきわい給え」と、ていねいに清める。その後、赤い裃をつけた年男、年女が紹介され、豆まきがはじまった。掛け声は、鬼はいないからということで、「福は内、福は内」と唱えるだけ。災害や病気も邪気だろうが、とにかく鬼はいないということだ。運動会の駆けっこで [続きを読む]
  • 中学生の餃子作り
  • 中学生の職業体験中野島郵便局前の中華料理店「香華飯店」では、毎年、市内数校の中学生を受け入れて、職業体験に協力している。ラーメンをつくったり、餃子を握ったり、中学生も真剣だ。生徒はレポートを書くらしい。今回は生徒がつくった餃子を、あとから先生が食べにくると言っていた。どうなったやら。スーパーや量販店ばかり増え、個人のお店がどんどん減っていくので職業体験を受け入れる店が少なくなっているそうだ。香華飯 [続きを読む]