電験3種傾向と対策研究会 さん プロフィール

  •  
電験3種傾向と対策研究会さん: 電験3種過去問の傾向と対策研究会のブログ
ハンドル名電験3種傾向と対策研究会 さん
ブログタイトル電験3種過去問の傾向と対策研究会のブログ
ブログURLhttp://denken-3shu.seesaa.net/
サイト紹介文電験3種の過去の問題の解法を解説する学習サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/04/28 21:32

電験3種傾向と対策研究会 さんのブログ記事

  • 徹底解説電動機発電機の理論
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電験は電気技術に関する知識が問われる試験です。理論、電力、機械、法規の4つの分野について出題がされます。このうち、機械は理論と並んで合格率が低い。これは、計算を求められる上に、機械動作のイメージが分かりにくい事が原因の一つです。この分かりにくい機械動作を、力学と電磁気学の基本から解説しているのが[改訂版]徹底解説 電動機・発電機の理論の理論です。この [続きを読む]
  • 北爪先生が教える電験三種計算問題が一番解ける本
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電験は電気技術に関する知識が問われる試験です。理論、電力、機会、法規の4つの分野について出題がされます。このうち、例年では理論と機会の合格率が低い。これは、計算問題が多い事が原因のひとつです。一科目1時間半の制限時間内に17問(理論の場合)の問題を解かなくてはなりません。必然的に、要領よく、すばやく、そして正確な計算が求められます。交流電気理論では複素 [続きを読む]
  • スマートエネルギーWEEK2017
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。来る3月1−3日に東京ビッグサイトでスマートエネルギーWEEK2017が開催されます。ここで、新しい技術が紹介されます。世界31カ国から1570社が出展をします。太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、2次電池など、電気技術は日進月歩です。燃料電池、スマートグリッド、電力自由化にも注目が集まります。4月からはガスの小売りが自由化されます。エネルギー業界の情報を入手す [続きを読む]
  • 水力発電が日本を救う
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。自然エネルギーとしては、太陽光や風力があります。しかし、これらのエネルギーは密度が低いので大量の電力を発生させる事が難しい。そのような中で、水力発電は水の位置エネルギーを利用した発電であり、安定して大量の電力を供給出来ます。しかしながら、既に大量のダムが建設されており、追加のダム建設は難しい。ところが「水力発電が日本を救う」によると、多目的ダムの [続きを読む]
  • 平成29年電験三種勉強計画
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。2016年の電験合格発表から1か月が過ぎました。そこで、来年の合格へ向けて、電験三種の勉強計画について書いてみます。電験三種を勉強するにあたって必要な知識は、小学校・中学・高校の算数と数学、高校の物理、高校の化学の内容です。電験は、電気工学に関する国家試験です。電気の「ふるまい」についての試験です。そして、その「ふるまい」は「電気の性質」だけではな [続きを読む]
  • 2016年電験3種合格者発表
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。2016年電験3種試験合格者が10月21日に発表されました。今年の受験者数は46552人、合格者数は3980人、合格率は8.5%でした。最近3年間は8%前後の合格率です。地方別で見ると、東京都が10.1%の合格率で頑張っています。これは、電験受験予備校である東京電気学院が寄与しているのでしょう。北海道は6.3%、岩手が5.2%と北部地方は合格率が低い。勉強する環境が厳しいのかも知れま [続きを読む]
  • 2016年電験3種解答速報
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。2016年電験3種試験が去る9月4日(日曜日)に実施されました。その解答速報と解説が電気計算 2016年 10 月号 [雑誌]に掲載されました。エネルギー管理士と電験2種1次試験の解説も掲載されています。試験結果の自己採点をしてみましょう。もし、60点以上だったら科目合格です。理論、電力、機械、法規の4科目ともに60点以上ならば「合格」です。ただし、理論と機械は合格基準点が [続きを読む]
  • 関西スマートエネルギーウイーク2016
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。関西スマートエネルギーウイーク2016が2016年9月7〜9日にインテックス大阪で開催されます。太陽電池展、スマートグリッド、二次電池展、太陽光発電システム施行展、電力自由化展、バイオマス発電展、水素燃料電池展が含まれています。これからの電力業界の動向を勉強するのには、こういった展示会が参考になります。大変に大規模な展示会です。狙いを絞って、今後の業務に関連 [続きを読む]
  • 演算増幅器(オペアンプ)の解説について
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。昨年(2015年)の「理論」で演算増幅器(オペアンプ)が出題されました。問題は電気技術者試験センターのWEBで閲覧できます。実教出版が問題と答えを掲載しています。しかし、この短い解説ではちんぷんかんぷんだろうと思います。雑誌電気計算の2016年8月号では基本的な演算増幅器の解説がされています。演算増幅器を考えるときの基本は次の5つです。1.入力インピーダンスが無限 [続きを読む]
  • 大人のための中学数学勉強法
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電気工学の理論の内容は数学を使って記述されています。そこで、電気理論を理解するためには数学の勉強が不可欠です。数学は中学校から勉強を始めます。小学校では「算数」です。中学校から「数学」になります。「算数」と「数学」は似ていますが異なります。数学は「論理的に考える事」を学ぶ学問です。数学は、計算テクニックを学ぶ学問ではありません。計算の裏側にある「 [続きを読む]
  • 大人のための数学勉強法
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電気工学の理論の内容は数学を使って記述されています。そこで、電気理論を理解するためには数学の勉強が不可欠です。数学の勉強と言うと「公式を暗記する事」だと思っている人がいます。数学とは「公式に数値を代入して計算する事」だと思っている人がいます。しかし、数学とは「覚える事」ではありません。数学とは「論理的に考える事」です。数学とは「ひとつづつ、段階を [続きを読む]
  • 根っからの文系のための数学発想術
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電気工学の理論の内容は数学を使って記述されています。そこで、電気理論を理解するためには数学の勉強が不可欠です。ところが、数学が苦手な人がおおいのが実情です。多くの場合、「数学が苦手だから」という人は「数学とは公式を暗記する」学問だと思っています。しかし、実際に重要な事は、「公式の根底にある数学的な考え方」を理解する事です。そして、「数学的発想字術 [続きを読む]
  • 平成28年度電験3種受験案内
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。平成28年度電験3種の受験申し込み期間は5月23日から6月8日までです。すでに科目合格している場合は受験案内の葉書が郵送されます。初めて受験される方は、受験要項を入手してください。電力会社の窓口や大規模書店などで配布されています。忘れないように、早めに申し込みをしましょう。電気技術者試験センター無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を配信中です。有料 [続きを読む]
  • 東京電気技術教育センター
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に電験3種を勉強する時には、参考書と問題集を使います。参考書と問題集を使い、独学で勉強をします。このとき、参考書の内容が理解できないと、勉強が進みません。学校や職場で教えてくれる相手がいれば良いのですが、そのような機会は少ないのが現状です。東京には、電験を教えてくれる、電験予備校があります。東京電気技術教育センターでは、電験1種、電験2種、電験 [続きを読む]
  • 中学3年間の数学を8時間でやり直す本の紹介
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電気主任技術者試験では、計算問題が多く出題されます。これは、電気の振る舞いを定量的に表現するためには数学が適しているからです。数学は積み重ねの学問です。小学校や中学校で習った、算数や数学の基礎がおろそかになっていると、電験の問題を解く事が出来ません。「中学3年間の数学を8時間でやり直す本」間地秀三著は、中学校で習う数学の内容を、分かりやすく解説して [続きを読む]
  • 2016年電設工業展の案内
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電気主任技術者の仕事は、電気設備の保守管理です。電気設備に関する技術は日進月歩で新しくなっています。従って、電気主任技術者は常に新しい技術の習得を心がける必要があります。来る2016年5月25日〜27日にインテックス大阪において第64回電設工業展が開催されます。新しい技術に触れる良い機会です。参考書の解説だけでは良く分からないところを、現場の技術者に質問す [続きを読む]
  • 小学校6年間の算数が6時間でわかる本
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電気主任技術者試験では、計算問題が多く出題されます。これは、電気の振る舞いを定量的に表現するためには数学が適しているからです。数学は積み重ねの学問です。小学校や中学校で習った、算数や数学の基礎がおろそかになっていると、電験の問題を解く事が出来ません。「小学校6年間の算数が6時間でわかる本」間地秀三著は、小学校で習う算数の内容を、分かりやすく解説し [続きを読む]
  • HySUTの紹介
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。10年前には「未来の技術」とされた燃料電池の普及が進んでいます。家庭用燃料電池「エネファーム」は、新築住宅を中心に設置されています。トヨタが燃料電池車「MIRAI」の一般販売を始めました。ホンダも燃料電池車「Clarity」の販売を2016年3月に予定しています。燃料電池車が普及するためには、水素ステーションの普及が欠かせません。 その水素ステーションの普及を促進さ [続きを読む]
  • 2016年FCEXPOのお知らせ
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。昨年、トヨタが燃料電池車「MIRAI」の一般販売を始めました。 700万円を超える高価格にもかかわらず、人気が集まっています。3月2−4日に東京ビッグサイトで開催されるFCEXPO2016では、このMIRAIの試乗会があります。燃料電池は、水の電気分解とは逆の反応です。つまり、水素と酸素を反応させて、電気を取り出します。このときに使用する電解質によって、固体高分子型、リン [続きを読む]
  • 物理の美を体験しよう
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。田原の電験3種で御馴染みの田原真人先生は、物理学の講師です。高校生や社会人向けに「田原の物理」を運営されています。その「田原の物理」では、今、「物理の美を体験しよう」を無料で配信しています。電験3種は電気工学に関する資格試験です。電気工学は物理の一部分です。そして、物理の力学が理解出来ないと、電気工学の基本が理解出来ません。現代の力学はニュートン [続きを読む]
  • 電気主任技術者とは、その3
  • みなさん こんにちは。 電験3種傾向と対策研究会です。電気設備は、あらゆる建築物に付属しています。従って、電験免状保持者の勤務先企業も多岐に渡ります。例として、工場、ショッピングセンターなどの商業施設、病院を紹介します。最初に工場の電気設備について紹介します。工場の電気設備もさまざまな形態があります。最初に大きさの違いを比べてみましょう。一般的に、需用電力が2000kw以下の場合では6600v受電です。それ以 [続きを読む]
  • 電気主任技術者とは、その2
  • みなさん こんにちは。電験3種傾向と対策研究会です。前回は、電験が業務独占資格であり、必置資格であることを説明しました。今回は、実務経験を積む方法を説明します。現在、日本国内の公称電圧は、6.6kv、22kv、33kv、66kv、77kv、110kv、154kv、187kv、220kv、275kv、500kvとなっています。各電力会社によって、使用する電圧が微妙に違います。たとえば沼津市内(東京電力管内)では66kv送電線ですが、静岡市内(中部電力管内)で [続きを読む]
  • 電気主任技術者とは、その1
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。今回からは電験3種に合格された方へのアドバイスを送ります。電験3種を受験するに当たっては、いろいろな理由が考えられます。「職場の上司から命令された」「友人が受験するので、自分も受けてみることにした」「電気知識の向上を目指している」などなど。受験生でありながら、電験資格についての十分な知識を持っている方は少ないと思われます。そこで、今週から数回に分け [続きを読む]
  • 2015年センター試験対策
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。田原の電験3種で御馴染みの田原真人先生は、物理学の講師です。高校生や社会人向けに「田原の物理」を運営されています。その「田原の物理」では、12月からセンター試験対策を配信します。電気工学の基本は、高校で習う物理、化学、数学です。電験参考書だけでは、深い理解ができない電験受験生は、高校物理から勉強をはじめてはいかがでしょうか。詳しくは物理ネット予備校 [続きを読む]
  • 平成27年度電験3種合格発表
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。去る23日に平成27年第3種電気主任技術者試験の合格発表がありました。合格基準点は全科目ともに55点でした。今年の合格率は7.7%、合格者数は3502人でした。理論、電力、法規の合格者数は6千人台ですが、機械は3千人台です。機械が鬼門だったようです。機械は、以前は電気機器・材料と電気応用の2つの科目に分かれていました。従って、勉強範囲が広い科目です。試験結果が残 [続きを読む]