ウロ さん プロフィール

  •  
ウロさん: ウロ
ハンドル名ウロ さん
ブログタイトルウロ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sirukku
サイト紹介文マンガと昼寝が心の友の主婦のぐたぐた日記です。愚痴 時々 考察。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2009/04/30 10:48

ウロ さんのブログ記事

  • 息子とフレンチランチす
  • ちょっと遠出して温泉行こうかと言っていたのだが生憎の雨。明日の予定の実家を今日にしようかと言っているところに息子が来る。パソコンとプリンターを借りに。パソコンは即ち私のパソコンで。すごすごと椅子を譲り渡す。「私ら今から あっち(実家)に行くけど」「その後は」「天気次第で 昼か 温泉寄る。暇なら迎えに来てやるが」以前は都合がつけば優先的に実家に行くように仕向けていた。しかしもう孫の顔を見ても喜ばない [続きを読む]
  • サンダル買ったよ!
  • 優待券をもってチケットショップへ。ついでにショッピング。サンダルが欲しい。ぐるぐる回って振り出しに戻る。サイズを頼んでから改めて値札を見て絶句する。そう1の数字を見落としていたのである。これを買うとなれば靴として最高記録更新である。でもとりあえず試すぐらいはいいじゃないか。で履いたら思ったよりヒールが響く。そうぼやいたら その横の別のサンダルに手が伸びた。同じ棚だから似たような価格である。でも履い [続きを読む]
  • かわいいって歳じゃないだろ
  • 先日書類のプリントに来た息子が何か話したげにむずむず傍に寄って来る。「ナガシマに行って来たんだけどさ」息子は絶叫系全く駄目なのでナガシマといったらアウトレットである。「むっちゃ可愛い服があってさ」「あんな A子じゃないんだからな あんま可愛い言うな」(無視)「あまりの可愛さに衝動買いしてさ」はあ。「あんだけ一目で惚れるの俺 珍しいんだよな」そうですか。昨日肉屋に行く前に「行くけど 何か要るもんある [続きを読む]
  • まだ五月なんだってば
  • ああ 暑い。よくよく鏡を見たらば男の子みたいな髪型になっていた。「いつもより余計に切っております」私がいきなり「まるがりーた!」と叫んだからだろうか。それくらい暑いんだよ。勘弁してくれよ。早くも水浴びしちゃったよ。土曜日美容院でカフェの話をしたらば日曜日娘が「カフェに行きたい」と言い出した。夜は二次会だが昼はうちである。病院に行くほど口内炎が痛いから食欲ないかと思っていたらそれはそれ これはこれ  [続きを読む]
  • 5月の真夏日
  • いやいやいや いかんだろ。今からこんなに暑くちゃいかんだろ。金曜日午前中旦那は名駅へ。用事をひとつ片づけて ついでに献血。今回は以前から狙っていた「どらやき」を貰って帰る。ポイントが貯まったとやらでハンドソープも貰って来る。土曜日は実家。娘が口内炎を悪化させ病院へ行くというので「帰る頃私らおらんで 鍵もってきゃあよ」とちゃんと言っておいたのに実家に行く前に寄った薬局で、店内に入ろうとした時電話が鳴 [続きを読む]
  • 息子とランチす
  • フレンチランチに行こうと旦那が言ったのでならば息子を誘ってやろうと提案した。その店に娘は行った事はあるが息子はない。コースは二時間以上かかるから駄目だけれどランチなら1時間ちょい。予定はあるかと訊いたら午後からだと言う。フレンチに行くかと訊いたら行くと言う。前に「フレンチでフランスパンを食べたい」と言っていた。その店は自家製パンでとても美味しい。ワインが呑めるパン(呑まないが)。でいそいそと電話し [続きを読む]
  • 餃子とアイス センター試験と結婚
  • 餃子である。娘は頑張って採点を終わらせ6時半に帰宅。息子にメールするも返信がなく「起きてる?」と訊いたら「今起きた」と慌てて来る。息子に「押入れ最上段にある黄色い箱 持って来て。毛布の箱」とメールしておいたのだが寝起きにそれを読んだ息子は押し入れ上段の衣装ケースを持って来た(黄色だけれど)。ちょっと考えれば分かる筈。「俺の寝起きを舐めんな」母の日はスルーだと思っていたら娘がゴティバのアイスを買って [続きを読む]
  • 昨日は母の日でしたねえ……
  • サプライズがいいなあと言いながらスルーされたらされたで物足りない母の日であった。だからこそサプライズがいいと言うんだ。何年か続くと心のどこかで期待してしまうではないか。ベビースターラーメン一袋でいいんだ。確かに母の日ギフトは山のように届いたけどな。米と茶と冷凍食品とジャムとドレッシングと なんだっけ。土曜日に実家に行ったので日曜日の朝はうだうだ。モーニングに行こうかと旦那は行ったけど娘が何時に起き [続きを読む]
  • 海部郡 ぎょうざ 株の話
  • 尾張温泉は蟹江町にある。海部郡蟹江の筈である。ナビに住所で入れようとしたが「海部郡」の選択が見つからない。「あま市」のみである。統廃合が続いたから海部郡→あま市になったんだろうとあま市で蟹江を探したが、ない。同じ県内であるがどの町村がどうくっつたり離れたりしているのか知らないものだと我ながら呆れる。清須市と北名古屋市の中味も知らない。家に帰って「海部郡」を調べてみる。読んでびっくり。かつて20以上 [続きを読む]
  • 真面目が肝心?
  • 途中でお昼を食べて温泉に行こうと話していたら電話。宅配業者から。荷物がたくさんあるので在宅の確認。なにがそんなに?考えるまでもない。アレだ。息子の勤務先で強制的に買わされた母の日ギフト。注文時点で既に息子は退職を決めていた。だから断っても何の不都合もなかった筈だし上には意向を伝えてあるのだから買え!とも言えなかった筈なのにいいように押しつけられてしまった。息子としてはこれが最後と思ったんだろうが。 [続きを読む]
  • やっかいな株
  • 昨日朝実家へ行き株を整理するという話をした。前々から伝えてあったのだが株価を持ち直して来たので、決行する事にした。「何か金の要る事があるのか」ああ 忘れていた。私の親は何かというとすぐこれを言う。母もだった。確認のために保険証書や通帳の場所を訊くとたとえそれが母本人のためであり第三者からの依頼であったとしても請求した私に「お金が欲しいのか」と言う。株を売っても、そのお金が私たちのものになるわけじゃ [続きを読む]
  • これも一種快感初体験
  • 昨日思い立ってショッピングに行った。往きは旦那に送って貰い、帰りは自力。時間を気にせず買い物出来る。目当ては半袖Tシャツ。の筈だったのだがスカートとブラウスを買ってしまう。ブラウスは春から秋にかけてカーディガン代わりに黒。スカートはくすんだ緑。どちらも値引きなし! 合わせて18000円!値段も値段だが、値引きされていない夏物なんて買った事ないんじゃないか。「どうせすぐ下がる」とな。でも当然の事なが [続きを読む]
  • 食べ物あれこれ
  • 金曜日 トルコ料理の後に息子の買い物につきあった。買い物といってもスーパーの食料品である。白菜が安いとカゴに入れていた。「ふたつも?」「八宝菜と すき焼き用」 おお。その後肉売り場で牛肉を見ているから「この前の肉でよかったら 月曜日に買って来てあげるけど」と言う。最近通い始めたお肉屋さん。そこで買った肉ですき焼き(風)を作って食べさせたことがある。で昨日肉屋に行こうと家を出た。ついでにパン屋でパン [続きを読む]
  • トルコ料理
  • 昨日午後旦那を映画に見送り のんびりブログを書いていたらば息子から「夕飯行きますか」とメールが来た。「お父さんに訊きなさい」と投げる。夕方旦那が帰宅する直前に息子が来る。別行動とは知らなかったらしい。さてどこへ行くかという話になりあそこは駄目 ここもなあと言っている時娘から聞いていたトルコ&イタリア料理の店を思い出す。ピザもあるから大丈夫だろうとは思ってたけどさ。旦那は「俺 腹減ってない」とぶうた [続きを読む]
  • パン!
  • 初めてのパン屋さんに行った。美容院の雑誌で見つけて前から気にはなっていた。昨日その付近を通りかかったので目を凝らしていたらあった。買い物をしてから寄る。車を置く場所がなかったのでひとりで行った。入った瞬間に「あたり!」と思った。どれもこれも試してみたくて10個買ってしまった。いやもう。昨日のおやつと夕食と、今日の朝食で殆どなくなった。どれも美味しかった。どれも変わってて。創意と手間を惜しんでなくて [続きを読む]
  • 今年の連休は長く感じる
  • くだんのティーンズ小説は一冊を斜め読みしてみたものの気持ち悪さに耐えきれず 断念。きっと書いている当人も気持ち悪かったに違いない。引き受けた仕事だから頑張ったに違いない。と思いたい。でもって新聞の連載小説は「女装させて女房子供と三人での旅を目論んだ男に嫌気がさして出奔」(嘘です)という展開になった。息子と娘と三人の焼肉は一時間で終わった。それも息子参加は30分である(遅れた)。息子が来る前に注文し [続きを読む]
  • 腐ってます
  • 日曜日朝刊の書評ページを見て 図書館に予約を入れたのさ。紹介文の「荒野(人名)が想いを寄せていた○○が義理の兄となる事になり」に妄想を掻き立てられ予約したのさ。タイトルに「ボク」とあったし荒野ってどう見ても男の子の名前だし。ええ 腐ってますわさ。滑り込みで間にあって早々に確保されたので昨日自転車かっとばして受け取りに行ったんだ。で?本を開くまでもなかった。裏表紙にはっきりと「彼女」「少女」と書かれ [続きを読む]
  • 今年も焼肉
  • 今年の連休も 娘と息子 すれ違い。息子の休みは娘は仕事か一日留守。これじゃ仕方ないと息子に「4人揃う日はない」と送ったら「7時まで待ってくれるなら仕事のある日でも可能だよ」と来た。うーん。それですらも候補になるのは一日しかない。しかも息子が確実に7時までに帰る保証もないから歩いて行ける焼肉屋 しかない。それなら現地集合でいいし 遅れても構わない。問題は予約がとれるかどうかだがそれもなんとかなった。 [続きを読む]
  • ああくそ 民生委員(固有名詞)
  • theのつかない民生委員さんたちごめんなさい。3月に電話があった事は書いた。「地域包括センターにご相談なさっては」ってやつである。余計なお世話であるが余計なお世話を焼かれないために通う回数を増やした。結果父はますます何もやらなくなり事態は悪化した。ああもう放っておいて欲しいわ。旦那は「(訪問を)断れないのか」と言うが第三者の介入を嫌がれば虐待を疑われもし父が自宅で事故死しようものなら警察にその点を突 [続きを読む]
  • 旦那考
  • 先日娘の結婚観で「餃子が5個あったら 三個目を譲ってくれる人がいい」と述べたと書いた。昨夕散歩がてら前から気になっていた中華飯店に行った。期待外れだった が それはおいといて餃子を頼んだ。全部で幾つか数えなかったけれど多分7個か8個。小さいやつね。でまず一個食べたわけさ。ラーメン食べるのに集中しててそれきり食べなかったわけさ。で二個残ってた。旦那「お前一個喰え」ああ こいつ最初に何個あったか自分が [続きを読む]
  • ああ 君の名は
  • 東野圭吾の小説を古い順から読んでいて「ああ この頃まだ携帯なかったんだ」と気づく。昭和以前のものを読む時は最初からそのつもりで読むので 手回し電話でも気にしない。だが東野圭吾は自分の中で「超現代」作家であるからして携帯がないゆえのすれ違いなどに触れるとちょっと違和感なんである。でもって私。スマホを持っていない。だからしてラインとか 他の新しい通信手段も分からない。娘にライン画面を見せられて「おお」 [続きを読む]
  • 食べものにこそ理想
  • 昨夜息子が来た。冷凍庫の鶏肉を解凍してチキンかつを作り、空っぽの冷蔵庫を掻き回し、茶わん蒸しを作る。チキンかつは好物だが昨日「ああ 美味しい」と言ったのは茶碗蒸しだった。食べながらまず「美味しい」と呟き、食べ終わった後にまた「茶碗蒸しが美味しかった」としみじみ言った。「なんかすっげえ美味しく感じた」すると娘が「そういう年になったのね」と言った。「違うわ 私の腕が上がったんだわ」衣をつけて揚げるだけ [続きを読む]
  • 図書館とコンビニと
  • 今朝の新聞の投書欄。どしゃぶりの雨に遭って図書館に辿りついたらこちらの顔も見もせずに図書館員が本を拭きながら「濡らさないで下さい」と言った。帰り際別の館員が「弁償になるかも知れませんよ」と言った。対してその帰り道に寄ったコンビニでは濡らした床を拭きながら店員が笑ってくれた。接客業をするからにはかくあるべし。おいおい。本を濡らしておいて自分で拭きもせず返したのか。いくら急な雨だと言っても予報は出てな [続きを読む]
  • 男の料理
  • 「きょうの料理」テキストを買って来てビデオで予習して作っている旦那だがそりゃまあ確かにその姿勢は評価すべきだが「鶏肉をグリルで焼いてフライパンでタレを絡める」のも「タンドリーチキン」も私のレパートリーに入ってますぜ?でもあんた鶏肉が嫌いだと言うから わざわざあんただけ別メニュー作って来たんですぜ?それを何ですか自分で作ったのは「旨い!」んですか。男は褒めなきゃ!ってのは分かっているけれどさすがに「 [続きを読む]
  • 天ぷら 眼鏡 市長選
  • 鬼岩公園の帰りに道の駅でたけのこを買った。あくぬきの後冷蔵庫にて保管。半分は筑前煮に。のこりはてんぷらで食べたいと言う。私は天ぷらが得意ではない(天ぷらも であるが)。「粉の分量とか調べてやって下さい」薄力粉100 冷水150 玉子揚げ油 米油ごま油それだけの事でとても美味しく揚げあがりました。家庭用だからして 油は少しです。それでもお店の天ぷらみたいな衣になりました。そうか。ちゃんと量れば家でも [続きを読む]