aiaia さん プロフィール

  •  
aiaiaさん: 源氏物語イラスト訳で古文の偏差値20UPする方法
ハンドル名aiaia さん
ブログタイトル源氏物語イラスト訳で古文の偏差値20UPする方法
ブログURLhttps://ameblo.jp/aiaia18/
サイト紹介文「源氏物語」の原文と口語訳の照らし合わせで、大学受験に必要な古文センスを身につけていきましょう
自由文あいの部屋「国語力で自己の力を最大限に引き出す方法」というサイトを運営しています。国語力を高め、納得のいくかたちで古典を学習するために、「源氏物語」に焦点をしぼったブログを立ち上げました!受験対策として、ぜひご利用くださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供528回 / 365日(平均10.1回/週) - 参加 2009/05/01 16:16

aiaia さんのブログ記事

  • 【夕顔94-2】知ってて得する☆謙譲動詞☆
  • 源氏物語イラスト解釈です 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として生まれ、才能・容姿ともにすぐれ、帝の寵も厚かった光源氏。母(桐壺更衣)亡き後、後見の薄さを心配した帝は、光源氏を臣籍(源氏姓)に降下し、左大臣の娘葵の上を娶らせました。ただ今、「4.夕顔(ゆうがお)」の巻。現恋人の六条御息所(ろくじょうのみやすんどころ)のもとで一夜を過ごした光源氏は、明るくなってから帰ろうとした時、六条邸の [続きを読む]
  • 源氏イラスト訳【夕顔94】まして
  • まして、さりぬべきついでの御言の葉も、なつかしき御気色を見たてまつる人の、すこし物の心思ひ知るは、いかがはおろかに思ひきこえむ。ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 まして、さりぬべきついでの御言の葉も、訳)まして、ふさわしい折のお言葉も、 なつかしき御気色を見たてまつる人の、すこし物の心思ひ知るは、訳)親しみ深いご様子を拝見する人で、少しでも物の情趣を解する人は、 いかがはおろ [続きを読む]
  • 【夕顔93-3】古文単語「もし(は)」
  • 源氏物語イラスト訳の重要古語です  【古文単語の主なパターン】1.古典特有語   …現代にない古語。2.古今異義語   …現代と意味の異なる古語。3.死語的現代ワード   …高校生がほぼ使わない死語? 【今回の源氏物語】もしは、口惜しからずと思ふ妹など持たる人は、卑しきにても、なほ、この御あたりにさぶらはせむと、思ひ寄らぬはなかりけり。   今回のイラスト訳はこちら ――――――――――今回出てきた [続きを読む]
  • 【夕顔93-2】適当に活用させよ?(`・д´・ ;)
  • 源氏物語イラスト解釈です 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として生まれ、才能・容姿ともにすぐれ、帝の寵も厚かった光源氏。母(桐壺更衣)亡き後、後見の薄さを心配した帝は、光源氏を臣籍(源氏姓)に降下し、左大臣の娘葵の上を娶らせました。ただ今、「4.夕顔(ゆうがお)」の巻。現恋人の六条御息所(ろくじょうのみやすんどころ)のもとで一夜を過ごした光源氏は、明るくなってから帰ろうとした時、六条邸の [続きを読む]
  • 源氏イラスト訳【夕顔93】もしは
  • もしは、口惜しからずと思ふ妹など持たる人は、卑しきにても、なほ、この御あたりにさぶらはせむと、思ひ寄らぬはなかりけり。ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 もしは、口惜しからずと思ふ妹など持たる人は、訳)もしくは、残念でないと思う姉妹などを持っておられる人は、 卑しきにても、なほ、訳)いやしい身分であっても、やはり、 この御あたりにさぶらはせむと、思ひ寄らぬはなかりけり。訳)この [続きを読む]
  • 【夕顔92-3】古文単語「女」と書いて…
  • 源氏物語イラスト訳の重要古語です  【古文単語の主なパターン】1.古典特有語   …現代にない古語。2.古今異義語   …現代と意味の異なる古語。3.死語的現代ワード   …高校生がほぼ使わない死語? 【今回の源氏物語】物の情け知らぬ山がつも、花の蔭には、なほやすらはまほしきにや、この御光を見たてまつるあたりは、ほどほどにつけて、我がかなしと思ふ女を、仕うまつらせばやと願ひ、   今回のイラスト訳は [続きを読む]
  • 【夕顔92-2】願望の文法問題は…この形式☆
  • 源氏物語イラスト解釈です 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として生まれ、才能・容姿ともにすぐれ、帝の寵も厚かった光源氏。母(桐壺更衣)亡き後、後見の薄さを心配した帝は、光源氏を臣籍(源氏姓)に降下し、左大臣の娘葵の上を娶らせました。ただ今、「4.夕顔(ゆうがお)」の巻。現恋人の六条御息所(ろくじょうのみやすんどころ)のもとで一夜を過ごした光源氏は、明るくなってから帰ろうとした時、六条邸の [続きを読む]
  • 源氏イラスト訳【夕顔92】物の情け
  • 物の情け知らぬ山がつも、花の蔭には、なほやすらはまほしきにや、この御光を見たてまつるあたりは、ほどほどにつけて、我がかなしと思ふ女を、仕うまつらせばやと願ひ、ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 物の情け知らぬ山がつも、訳)物の情趣を解さない山のきこりも、 花の蔭には、なほやすらはまほしきにや、訳)花のもとでは、やはり休息したいのだろうか、 この御光を見たてまつるあたりは、ほどほ [続きを読む]
  • 【夕顔91-3】古文単語「大方なり」
  • 源氏物語イラスト訳の重要古語です  古文単語でよく出題されるのは、1.古典特有語   …現代にない古語。2.古今異義語   …現代と意味の異なる古語。3.死語的現代ワード   …受験生世代はほぼほぼ使わない語。…ですが、今回の古語は、陳述の副詞でもおなじみの形容動詞☆ はい、ではいってみましょぉ〜♪?(???∇???)? 夕顔91のイラスト訳はこちら 【今回の源氏物語】大方に、うち見たてまつる人だに、心 [続きを読む]
  • 【夕顔91-2】受験生が勘違いで間違える敬語☆
  • 源氏物語イラスト解釈です では今日も行ってみましょう〜♪ヽ(○・▽・○)ノ゙ ――――――――今回の源氏物語――――――――大方に、うち見たてまつる人だに、心とめたてまつらぬはなし。   訳と内容の理解は、まずイラスト訳からどうぞ☆夕顔91のイラスト訳はこちら これまでのあらすじ天皇(桐壺帝)の御子として生まれ、才能・容姿ともにすぐれ、帝の寵も厚かった光源氏。母(桐壺更衣)亡き後、後見の薄さを心配した帝 [続きを読む]
  • 源氏イラスト訳【夕顔91】大方に
  • 大方に、うち見たてまつる人だに、心とめたてまつらぬはなし。ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 大方に、うち見たてまつる人だに、訳)通り一遍に、ちょっと拝見する人でさえ、 心とめたてまつらぬはなし。訳)関心を抱き申し上げない者はない。 【古文】大方に、うち見たてまつる人だに、心とめたてまつらぬはなし。 【訳】通り一遍に、ちょっと拝見する人でさえ、関心を抱き申し上げない者はない。 ◆ [続きを読む]
  • 【夕顔90-3】古文単語「露けげなり」
  • 源氏物語イラスト訳の重要古語です  古文単語でよく出題されるのは、1.古典特有語   …現代にない古語。2.古今異義語   …現代と意味の異なる古語。3.死語的現代ワード   …受験生世代はほぼほぼ使わない語。…ですが、今回の古語は、辞書に載ってなくても重要古語☆ はい、ではいってみましょぉ〜♪?(???∇???)? 夕顔90のイラスト訳はこちら 【今回の源氏物語】をかしげなる侍童の、姿このましう、こと [続きを読む]
  • 【夕顔90-2】同格は英語でいうと…☆
  • 源氏物語イラスト解釈です では今日も行ってみましょう〜♪ヽ(○・▽・○)ノ゙ ――――――――今回の源氏物語――――――――をかしげなる侍童の、姿このましう、ことさらめきたる、指貫の裾、露けげに、花の中に混りて、朝顔折りて参るほどなど、絵に描かまほしげなり。   訳と内容の理解は、まずイラスト訳からどうぞ☆夕顔90のイラスト訳はこちら これまでのあらすじ天皇(桐壺帝)の御子として生まれ、才能・容姿ともに [続きを読む]
  • 源氏イラスト訳【夕顔90】をかしげなる
  • をかしげなる侍童の、姿このましう、ことさらめきたる、指貫の裾、露けげに、花の中に混りて、朝顔折りて参るほどなど、絵に描かまほしげなり。ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 をかしげなる侍童の、姿このましう、ことさらめきたる、訳)かわいらしいお付きの男童で、姿が感じよく、特別の改まった格好をしているのが、 指貫の裾、露けげに、訳)指貫の裾を、露に濡れてしめっぽくし、 花の中に混りて [続きを読む]
  • 【夕顔89-3】古文単語「馴る」
  • 源氏物語イラスト訳の重要古語です  古文単語でよく出題されるのは、1.古典特有語   …現代にない古語。2.古今異義語   …現代と意味の異なる古語。3.死語的現代ワード   …受験生世代はほぼほぼ使わない語。…ですが、今回の古語は、現代と終止形が異なる動詞☆ はい、ではいってみましょぉ〜♪?(???∇???)? 夕顔89のイラスト訳はこちら 【今回の源氏物語】いと馴れてとく、 「朝霧の晴れ間も待たぬ気 [続きを読む]
  • 【夕顔89-2】和歌解釈はFacebookで②
  • 源氏物語イラスト解釈です では今日も行ってみましょう〜♪ヽ(○・▽・○)ノ゙ ――――――――今回の源氏物語――――――――いと馴れてとく、「朝霧の晴れ間も待たぬ気色にて花に心を止めぬとぞ見る」と、おほやけごとにぞ聞こえなす。   訳と内容が不明確の人は、まずイラスト訳からどうぞ☆夕顔89のイラスト訳はこちら これまでのあらすじ天皇(桐壺帝)の御子として生まれ、才能・容姿ともにすぐれ、帝の寵も厚かった光 [続きを読む]
  • 源氏イラスト訳【夕顔89】いと馴れて
  • いと馴れてとく、 「朝霧の晴れ間も待たぬ気色にて  花に心を止めぬとぞ見る」と、おほやけごとにぞ聞こえなす。ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 いと馴れてとく、訳)とても慣れた感じで素早く、  「朝霧の晴れ間も待たぬ気色にて訳)「朝霧の晴れる間も待たない(でお帰りになる)様子なので   花に心を止めぬとぞ見る」訳)朝顔の花に心を止めていないものと理解しますわ」 と、おほやけごと [続きを読む]
  • 【夕顔88-3】古文単語「てふ」
  • 源氏物語イラスト訳の重要古語です  古文単語でよく出題されるのは、1.古典特有語   …現代にない古語。2.古今異義語   …現代と意味の異なる古語。3.死語的現代ワード   …受験生世代はほぼほぼ使わない語。…ですが、今回の古語は、和歌にもよく出る連語☆ はい、ではいってみましょぉ〜♪?(???∇???)? 夕顔88のイラスト訳はこちら 【今回の源氏物語】「咲く花に移るてふ名はつつめども 折らで過ぎ憂 [続きを読む]
  • 【夕顔88-2】和歌解釈はFacebookで☆
  • 源氏物語イラスト解釈です では今日も行ってみましょう〜♪ヽ(○・▽・○)ノ゙ ――――――――今回の源氏物語――――――――「咲く花に移るてふ名はつつめども折らで過ぎ憂き今朝の朝顔 いかがすべき」とて、手をとらへたまへれば、   訳と内容が不明確の人は、まずイラスト訳からどうぞ☆夕顔88のイラスト訳はこちら これまでのあらすじ天皇(桐壺帝)の御子として生まれ、才能・容姿ともにすぐれ、帝の寵も厚かった光源 [続きを読む]
  • 源氏イラスト訳【夕顔88】咲く花に
  • 「咲く花に移るてふ名はつつめども 折らで過ぎ憂き今朝の朝顔 いかがすべき」とて、手をとらへたまへれば、ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 「咲く花に移るてふ名はつつめども訳)「咲いている花に心が移るという噂ははばかられるけれど、  折らで過ぎ憂き今朝の朝顔訳)折らないで通り過ぎるのがつらい、今朝の朝顔のような君だ。  いかがすべき」とて、手をとらへたまへれば、訳)どうしたらよい [続きを読む]
  • 【夕顔87-3】古文単語「引き据う」
  • 源氏物語イラスト訳の重要古語です  古文単語でよく出題されるのは、1.古典特有語   …現代にない古語。2.古今異義語   …現代と意味の異なる古語。3.死語的現代ワード   …受験生世代はほぼほぼ使わない語。…ですが、今回の古語は、活用の行に注意すべき動詞☆ はい、ではいってみましょぉ〜♪?(???∇???)? 夕顔87のイラスト訳はこちら 【今回の源氏物語】見返りたまひて、隅の間の高欄に、しばし、ひ [続きを読む]
  • 【夕顔87-2】光源氏の目線で…☆
  • 源氏物語イラスト解釈です では今日も行ってみましょう〜♪ヽ(○・▽・○)ノ゙ ――――――――今回の源氏物語――――――――見返りたまひて、隅の間の高欄に、しばし、ひき据ゑたまへり。うちとけたらぬもてなし、髪の下がりば、めざましくも、と見たまふ。   訳と内容が不明確の人は、まずイラスト訳からどうぞ☆夕顔87のイラスト訳はこちら これまでのあらすじ天皇(桐壺帝)の御子として生まれ、才能・容姿ともにすぐれ [続きを読む]
  • 源氏イラスト訳【夕顔87】見返りたまひて
  • 見返りたまひて、隅の間の高欄に、しばし、ひき据ゑたまへり。うちとけたらぬもてなし、髪の下がりば、めざましくも、と見たまふ。ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 見返りたまひて、訳)振り返りなさって、 隅の間の高欄に、しばし、ひき据ゑたまへり。訳)隅の間の欄干に、少しの間、座らせなさった。 うちとけたらぬもてなし、訳)気を許していない態度、 髪の下がりば、めざましくも、と見たまふ。 [続きを読む]
  • 【夕顔86-3】古文単語「たをやかなり」
  • 源氏物語イラスト訳の重要古語です  古文単語でよく出題されるのは、1.古典特有語   …現代にない古語。2.古今異義語   …現代と意味の異なる古語。3.死語的現代ワード   …受験生世代はほぼほぼ使わない語。…ですが、今回の古語は、今でも用いる…はずの死語的古語☆ はい、ではいってみましょぉ〜♪?(???∇???)? 夕顔86のイラスト訳はこちら 【今回の源氏物語】廊の方へおはするに、中将の君、御供に [続きを読む]
  • 【夕顔86-2】古文常識〜「裳」とは?
  • 源氏物語イラスト解釈です では今日も行ってみましょう〜♪ヽ(○・▽・○)ノ゙ ――――――――今回の源氏物語――――――――廊の方へおはするに、中将の君、御供に参る。紫苑色の折にあひたる、羅の裳、鮮やかに引き結ひたる腰つき、たをやかになまめきたり。   訳と内容が不明確の人は、まずイラスト訳からどうぞ☆夕顔86のイラスト訳はこちら これまでのあらすじ天皇(桐壺帝)の御子として生まれ、才能・容姿ともにすぐ [続きを読む]