hoshiyan さん プロフィール

  •  
hoshiyanさん: 俊平の雑学研究所
ハンドル名hoshiyan さん
ブログタイトル俊平の雑学研究所
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hoshiyandajp
サイト紹介文雑多な知識を取り止めもなく集めてみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供423回 / 365日(平均8.1回/週) - 参加 2009/05/01 17:20

hoshiyan さんのブログ記事

  • 日本人の命を人質にした嫌がらせ
  • 心配された北朝鮮の人民軍創設85年目にあたる昨日4月25日に6回目の核実験を行われなかった。実験場周辺の住民を避難させてまで準備が整えられていたのだが、その真意を測り知ることはできない。だが、北朝鮮が核開発を放棄することはあり得ないので、タイミングは別としても、いずれ核実験は実行されることになり、米国との間で再び緊張が極限まで高まることだろう。事実、中国の人民解放軍は中朝の国境沿いに10万人もの大 [続きを読む]
  • 日本人にとって北京は危険な街になった
  • 今月10日、中国の北京市国家安全局はスパイ行為に関する新たな規則を制定し、施行した。スパイとみられる人物を通報した市民に1万〜50万元(約16万円〜800万円)の報奨金を与えるのだという。だが、これには大きな疑問を感じる。スパイ活動は特別な訓練を受けたプロがスパイであると気付かれないように行うもので、素人の市民が「あいつはスパイだ」と見破ることなどできるわけがない。当局の狙いは不明だ。では中国がい [続きを読む]
  • 厳しい環境で育った子どもは賢い傾向
  • 子供の頃に親に厳しく育てられた人や恵まれない環境で育った人は恵まれた環境で優しい親に育てられた人よりも賢い傾向にあるとの研究結果が発表された。厳しく辛い環境は、高ストレス環境に対応する強さと能力を育むらしい。米ユタ大学のブルース・エリス博士は、トラウマのある人を対象にそれが思考能力を促進するかどうかを調査した。「パースペクティブズ・オン・サイコロジカル・サイエンス」誌で発表された論文によると、トラ [続きを読む]
  • 無責任な志位和夫
  • 日本共産党の志位和夫委員長は2015年11月、テレビ番組に出演し、「北朝鮮にリアルの危険があるのではなく、実際の危険は中東・アフリカにまで自衛隊が出て行き一緒に戦争をやることだ」と述べた。実兄を毒殺するような男が君臨する危険な独裁国が存在しているにもかかわらず、その国が「危険ではない」と強弁、あるいは虚偽を申し立て、あたかも安倍政権が危険であるかのような詭弁を弄する。だが、志位は2016年9月、北 [続きを読む]
  • お尻を見せるジーンズ
  • ファッションショーでは、普段着として着られないような斬新過ぎるデザインが発表されることがある。今年、「ヴェトモン(Vetements)」が発表したデザインが正にそれで、熱い注目を集めている。そのデザインは何とお尻を丸見えにするジーンズなのだ。その革命的なデザインが物議を醸しそうなほどのレベルなのでご紹介しよう。デムナ・ヴァサリアがチーフデザイナーを務めるフランス発のヴェトモンは、スタイリッシュなラ [続きを読む]
  • ペンキをぶちまけたような「張掖丹霞地貌」
  • マルコ・ポーロの東方見聞録でも知られるシルクロード河西回廊の町、張掖より約50kmほど離れた場所に、張掖丹霞地貌という赤い堆積岩で形成された美しい縞模様の地層が見られる広大なカルスト地形があります。中国語で「丹」は赤・朱色を意味し「霞」は夕焼けなどで空が紅色に染まる現象、または雲が鮮やかな色に染まる「彩雲」のことを表します。その名の通り、夕陽を受けて大地が徐々に紅く染まっていく様はまるで異空間にいる [続きを読む]
  • 朝鮮半島が本当にヤバイ
  • 下世話な言い方をすれば「朝鮮半島がヤバイ」のである。実は北朝鮮の金日成生誕105年にあたる今月「15日の核実験は、もはや避けられないのではないか」と日本政府は半ば覚悟を決めていた。つまり米軍の先制攻撃という事態やその後の北朝鮮の反応も折り込んでいたことになる。世界が固唾を飲んで見守るなか、北朝鮮は「6回目の核実験」は行わなかった。政府関係者は「中国の圧力で、北朝鮮は核実験の先送りを余儀なくされたの [続きを読む]
  • ユナイテッド航空事件、報じられていることは本当か
  • 「ユナイテッド航空が自社の都合で、乗客を強引に降ろしたとして世界中から批判を浴びている」と日本国内では報じられている。しかし、中国や北朝鮮じゃあるまいし、先進国である米国の大手航空会社が本当にそんな対応をするのだろうか。私は、はなはだ疑問に思う。「ユナイテッド航空事件」は日本で報じられている概要は、おおよそ以下のようなものだ。日本時間2017年4月11日、シカゴ発ルイビル行きのユナイテッド航空にて [続きを読む]
  • 民進党終わりの始まり
  • 自衛隊最高幹部が「40年間自衛官をやっているが、現在が一番緊張している」と話すほど、北朝鮮の核やミサイル開発をめぐって米朝が緊張を高めるなか、民進党は党利党略に励んでいる。今月12日の衆院厚生労働委員会では、質問内容を介護保険法改正案に限定することを条件に安倍首相が出席し、野党のみの質疑に応じたにもかかわらず、民進党議員が「森友学園問題」を取り上げた。民進党は党がバラバラだからとしてまとまって動け [続きを読む]
  • 北朝鮮情勢、今月25日に動くか
  • 北朝鮮の核やミサイル開発をめぐって、朝鮮半島が緊張している。米軍は空母・「カールビンソン」を中心とする打撃群を朝鮮半島近海に派遣している。空母打撃群にはトマホーク約30発を搭載した駆逐艦や巡洋艦が少なくとも5隻が含まれている。トマホーク150発以上を搭載できる原子力潜水艦も随行しているとの情報や、新たに西太平洋に展開中の駆逐艦も合流すると話す米軍関係者もいる。また、横須賀には原子力空母・「ロナルド [続きを読む]
  • カーナビを盲信するとこうなる
  • GPSを利用して道を案内をしてくれるカーナビによっての運転範囲を格段に広げたドライバーも大勢いるだろう。ドライブを楽しむには非常に優れたツールといえる。目的地をセットするだけで、地図をいちいちチェックするために止まる必要も無くなり、初めて行く場所までの道順や渋滞を考慮してドライブをサポートしてくれる。とはいえ、そんなカーナビにも頭をひねりたくなるような案内をされることもままあるので、無条件に信じて [続きを読む]
  • 朝鮮半島当面の危機は去っても潜在的な脅威は残る
  • 米太平洋軍や韓国軍合同参謀本部の発表によると、北朝鮮は16日午前6時21分ごろ、東部咸鏡南道新浦付近から中距離弾道ミサイル1発を発射したが、数秒後に爆発した。ミサイル発射は失敗と見られる。おそらく北朝鮮の意図は米国が開戦を決意してしまう米国本土を射程にいれる大陸間弾道(ICBM)ミサイルの発射はできないが、金日成主席の誕生日前後の国内外の注目が集まる時期に米国に屈したように見られたくないといったと [続きを読む]
  • セクシーな夏目三久
  • 夏目三久は1984年8月6日生まれ。大阪府箕面市出身。同志社女子中学校、同志社女子高等学校、東京外国語大学外国語学部卒業後、2007年4月、日本テレビに入社。現在はフリーアナウンサー。所属事務所は田辺エージェンシー。2008年7月12日公開のアニメ映画『それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ』で声優デビュー。2013年4月より、日本テレビの「真相報道 バンキシャ!」のMCに産休の為、番組を降板 [続きを読む]
  • 釣人に警告する!
  • 釣りに用いられる餌は数々あるが、一番ポピュラーな餌はアオイソメ、チロリなどのイソメ類やイワゴカイ、イシゴカイなどのゴカイ類のムシ餌だろう。彼らは生きていて、ヌラヌラしているうえにグニョグニョ動く。そして、餌箱にいる時は集団でヌラヌラした体を互いに絡み合わせている。実にグロテスクである。さらにいうなら、こいつらはあろうことか、カマようなものを出して指を咬むのである。釣りの初心者は大概、これらの餌を「 [続きを読む]
  • 金アジ釣りと大物釣り
  • 昨日は私が監査役を務める会社の社長が「(あるお歳を召された)顧問の釣り接待をしよう」というので、千葉県の金谷に向かった。船は仕立(貸し切り)なので、私の従兄弟も誘った。釣り物はアジだが、金アジとか、黄金アジと呼ばれているやつらしい。回遊性ではなく、浅場の根(海底にある大きな岩など)に居着いているとのことだ。外見の特徴は体高があって金色がかっている。食味は脂が乗っていて美味しく、普通のアジの数倍の値 [続きを読む]
  • 朝鮮半島有事回避に向けた動きと北朝鮮のアホボン
  • 今月6日に行われた米中首脳会談の歓迎の夕食会の最中にトランプ大統領率いる米国は北朝鮮の友好国であるシリアに巡航ミサイルを約60発撃ち込んだ。北朝鮮の後ろ楯を自任する中国の習近平国家主席は、さぞ度肝を抜かれたことだろう。そして、「中国が責任を果たさないなら我々がやる」と述べたうえで、原子力空母カールビンソンを中心とする打撃群が北朝鮮近海に派遣された。これにより、習近平は米国の本気を思い知っただろう。 [続きを読む]
  • 娘が大学に入学
  • 4月5日は娘の大学に入学式でした。娘は小・中学時代は柔道をやり、高校ではバンドでドラムを担当し、大学ではデザインを学ぶことになりました。振り返って考えてみると、娘は体育(柔道)、音楽(バンド)、美術(デザイン)と小学生の時に好きだったことをやってきたことになり、これからもそうなります。細やかですが、それは私にとって誇らしいことです。なぜなら「柔道を続けろ」とか、「バンドみたいな軟弱なものは止めろ」 [続きを読む]
  • 浅田真央選手、現役引退
  • フィギュアスケート女子の元世界女王で2010年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央選手が10日夜11時頃、自身のブログで「フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」として現役引退を発表した。2大会連続出場したオリンピックで、14年ソチ大会では6位に終わり、1年の休養を経て昨季に復帰したが、昨年12月の全日本選手権で自己最低の12位に終わるなど、今季は奮わなかった。引退を伝えたブログには [続きを読む]
  • 日本史、ちょっといい話(安達峰一郎)
  • 1931年、東洋人として、初めて常設国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)所長に就任した安達峰一郎は欧州では「世界の良心」と称賛された。どういう訳か日本では、あまり知られていないが、世界が認めた日本人の偉人である。安達が死去するとオランダは「国葬」、国際法廷は「常設国際司法裁判所葬」をもって彼の死を悼み、偉業を称えている。 安達は1869年、山形で生まれた。幼い頃からその英才ぶりが際立っていたと [続きを読む]
  • 北朝鮮から目が離せない
  • 米国は7日、中国の習近平国家主席とトランプ大統領との会談中にも関わらず、シリアでアサド政権が化学兵器による攻撃を行った対抗措置だとして、シリア国内の空軍基地に向けて巡航ミサイルを発射した。米国の念頭にあるのは北朝鮮。アメリカ政府関係者は周辺に、北朝鮮の後ろ盾である中国に対して「シリアと同じように北朝鮮にも強硬な姿勢で臨む」とプレッシャーを掛ける意味もあったとみられる。シリアが米軍からミサイル攻撃を [続きを読む]
  • 日本史、ちょっといい話(立花宗茂)
  • 立花宗茂は、筑後柳河藩の初代藩主。関ヶ原の戦いで改易後、大名として復帰した武将はいるが、旧領を回復した武将は宗茂ただ一人である。慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いでは、その直前に徳川家康から法外な恩賞を約束に東軍に付くように誘われ、重臣も西軍に勝ち目なしと進言したが宗茂は「秀吉公の恩義を忘れて東軍側に付くのなら、命を絶った方が良い」と言い拒絶した。西軍に味方し関ヶ原の戦後、改易領地を没収され浪人と [続きを読む]
  • そんなタトゥーをマジで入れたいの!?
  • 一度入れたら完全に消すことが不可能なタトゥーを入れるならば、やはり後悔がないデザインや納得いく理由をもって肌に刻みたい。(海外の)彫り師たちが掲示板サイト”Reddit”で「そんなタトゥーをマジで入れたいの!?」と思った体験談を明かしている。1.一度も会ったことがない刑務所にいる彼氏の名前を彫った少女18歳の少女が、「刑務所にお勤め中の彼氏の名前を腰に彫りたい」との理由でタトゥースタジオを訪れたの [続きを読む]
  • 犬がズボンを履くとしたらどんな風に履くべきなのか?
  • 「犬がズボンを履くとしたらどんな風に履くべきなのか?」が海外掲示板で激論になりテレビで紹介されている。雑誌「Maxim」の編集長「Jared Keller(@jaredbkeller)」氏が犬にズボンを履かせる時の素朴な疑問をTwitterに投稿し、世界中で大議論に発展している。Keller氏の質問はこちら。二足歩行の人間と違って犬が四足歩行なのが、この疑問が生まれた原因だ。もしも、ズボンは「脚を隠すように履くもの」と考えるのならば左のイ [続きを読む]
  • 米中首脳会談始まる
  • トランプ大統領と習国家主席の米中首脳会談が初めて米国フロリダで行われている。主要な議題は貿易の不均衡是正と最優先課題である北朝鮮問題だ。貿易問題では、習近平が英国訪問時に実行するつもりもない6兆円に及ぶ投資の空手形を切ったように米国でも同じように巨額の投資の空手形を切って、米中の首脳の面子を立て、合意することだろう。問題は北朝鮮問題だ。結論からいえば、トランプがいくら習近平を責め立ても米国の望む解 [続きを読む]