hoshiyan さん プロフィール

  •  
hoshiyanさん: 俊平の雑学研究所
ハンドル名hoshiyan さん
ブログタイトル俊平の雑学研究所
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hoshiyandajp
サイト紹介文雑多な知識を取り止めもなく集めてみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供422回 / 365日(平均8.1回/週) - 参加 2009/05/01 17:20

hoshiyan さんのブログ記事

  • テロ等準備罪反対する人達は日本をテロ対策後進国にしようというのか
  • 現在、国際テロを防止する条約である国際組織犯罪防止条約を締結している国は、187か国・地域にもなり、未締結国は我が国を含め11か国のみとなっている。あの無法者国家である北朝鮮だって締結している。この条約は国際組織犯罪対策上、共謀罪などの犯罪化を条約加入の条件としているが、日本の現行法上の罰則には組織的な犯罪集団が関与する重大な犯罪の共謀行為を処罰する罪がない。3年後のラクビーワールドカップや、4年 [続きを読む]
  • ふたつのデビュー戦
  • 昨日は陸釣友のNさんの沖釣り(船釣り)デビューであった。横浜の船宿でマゴチを狙うプランだった。本来なら数が釣れるアジやキスなどの釣りの方がデビュー戦には向いているような気もしたが、陸から私たちと一緒に大物狙っているNさんが数釣りは納得しなかったのだ。ならば私がNさんのフォローしなけばならないところだが、実は私も船釣りでマゴチを狙うのは初めなのである。私は陸からマゴチを釣る方法は知っているし、船でた [続きを読む]
  • 【韓国軍】風船に機関銃100発
  • 韓国軍は今月23日、北朝鮮から軍事境界線沿いの非武装地帯を越えて領空に侵入してきた飛翔体に向け、軍が飛翔体に向けて100発以上の機関銃掃射を実施した。これにより飛翔体が撃ち落とされたかどうか、もしくは軍事境界線を越えて引き返したのかなどについても軍当局は明らかにせず、「韓国軍は引き続き、北朝鮮への厳しい監視と厳重な警戒を行う」と発表していた。韓国軍は2014年3月31にも北朝鮮無人偵察機の侵入を許 [続きを読む]
  • 社民党化する民進党
  • 愛媛県今治市の加計学園大学獣医学部の新設に関して、民進党をはじめとする野党が騒いでいるが、実に馬鹿げたことである。今治市は若者を集めることで町を活性化することを目的とし、国家戦略特区で誘致を長年にわたり進めてきた。50年ぶりの獣医学部新設である。これは既存の既得権益に風穴を開けるアベノミクスの一環であり、何らの問題もない。それを首相と経営者が親しいというだけで、さも問題があるように国会で取り上げる [続きを読む]
  • 名古屋城のアリゲーターガー
  • 今月17日、名古屋城のお堀でアリゲーターガーが捕獲された。アリゲーターガーを捕獲したのはボランティアなどで、午後5時半ごろ、網を使用したようだ。アリゲーターガーは肉食の外来魚で、生態系を壊す恐れがあるとされ、名古屋城のお堀ではたびたび目撃されていることが報道されていた。そうした報道に触れるたび私の好奇心は揺り動かされ、アリゲーターガーを釣る作戦を勝手に立てた。報道によれば、アリゲーターガーがフィッ [続きを読む]
  • 中国は北朝鮮の核問題を解決しない
  • 米国のトランプ政権が北朝鮮問題解決に関して中国の役割に期待し、中国の北朝鮮に対する影響力に世界が注目している。北朝鮮は国連安保理の非難決議など、まるで聞こえていないように弾道ミサイルや核実験を繰り返し、米国や周辺国に挑発、恫喝を続けている。果ては国営メディアを通して後ろ楯である中国をも口を極めて罵っている。ならば中国は国際社会が期待するような働きをするのか。その答えは「否」である。中国にとって、北 [続きを読む]
  • セクシーな放送事故
  • 今日は福島に出張です。これから出発します。水着を着てないのですねえ(笑)放送事故とは、ラジオ・テレビなどの放送において、予定された放送を正常に行えない事態のこと。 広義には、予定された放送時間内において放送の媒体の技術的基準に加え、放送の形・内容を含む「品質」を満たさない状態を示す。 [続きを読む]
  • 家康が遭遇した未確認生物
  • 尾張藩の絵師である牧墨僊が書いた「一宵話・巻之二」と言う随筆集に徳川家康が「妖怪」(あるいは未確認生物)と遭遇したという記録が残っている。その記録によると、将軍職を秀忠に譲って「大御所」と呼ばれるようになった慶長十四年(1609)4月4日、家康が自らの居城である駿府城に滞在しているときにその事件は起きた。駿府城の中庭に背丈が子供ほどの異様な姿をしたものが侵入した。それは手足があるものの指はなく、い [続きを読む]
  • 初めての船釣りひとり釣行
  • 昨日は陸釣友のNさんを誘って船釣りの予定だったが、Nさんが気乗りしないようなので、ひとりで遊漁船に乗ることにした。実は、恥ずかしいことに私はひとりで遊漁船に乗ったことがない。いつも沖釣りの師匠Tさんらが一緒なのだ。ひとりというのは、やや不安である。ネットで今までに行ったことのある船宿の釣りプランを検索していると、金沢八景の釣宿が「夕方根魚五目」なるプラン出していた。このプランは15時30分に出船し [続きを読む]
  • 驚く
  • 「驚く」とは、突然のことに衝撃を感じ、あわてるさま風船をワニの口に入れようとしていた人が驚くのは分かるけど、周りの人が、なにゆえあんなにも驚くのかな? [続きを読む]
  • 文在寅の未来
  • 韓国メディアが報じるところによると、現在の文在寅新政権の支持率が87%に達するらしい。過去、同時期の政権支持率としては、李明博元大統領(2008年当時)の79%、朴槿恵前大統領(12年当時)の71%をも上回った。同じ民族とはいえ、自国の首都を火の海にしてやると叫ぶ狂人が率いる国を支援すると公言する人物が大統領になり、この支持率である。日本人には理解しがたいが、理由は簡単である。韓国では、過酷な受験 [続きを読む]
  • 文在寅政権で起こること(3)
  • 文在寅政権がこれから衰退する韓国の基本的な外交政策をどうするか、注視しておく必要がある。再び中国と米国の間を行き来するコウモリ外交に戻るのか、反米・反日・従北で中国に傾斜するのか。あるいは、あり得ないと思いうが、日・米・韓の結束を重視した外交を展開するのか。だが、文在寅は北朝鮮との協力事業である開城工業団地の再稼働や金剛山観光も再開すると述べていることから中国に接近する可能性が高い。韓国の将来は韓 [続きを読む]
  • 恐ろしい熊の襲撃
  • ぬいぐるみのクマは子供達や女性に愛され続ける存在だ。だが、これが本物のクマとなると「カワイイ〜」と、ばかりもいっていられない。時に人間に危害を加える野獣となることもある。そんな恐ろしいクマを捉えた動画が再生回数980万回超えて、ネットで話題を集めている。クマが全力でサイクリストを追っかけ回す動画が本当に衝撃的だ。サイクリストがクマに追いかけ回される恐ろしい動画が撮影されたのは、東欧のスロバキアの山 [続きを読む]
  • 文在寅政権誕生で起こること(2)
  • 韓国の政党は集合と離散を繰り返してきた。リベラル色の強い民主系政党は1995年に金大中大統領が新政治国民会議を結成したのが始まりだ。その後、分裂と合併を繰り返し、その度に党の名称変更が行われてきた。新大統領に就任した文在寅の出身党である「共に民主党」にはで主流派の親盧武鉉派(親盧派)と非盧武鉉派(非盧派)が存在している。文在寅自身は親盧派であ。「反日」「嫌米」「従北」路線であった盧武鉉は訪米した際 [続きを読む]
  • セクシーな「あさチャン!」放送事故
  • 「あさチャン」は、TBS系列で2014年(平成26)3月31日より平日(月曜日から金曜日)に生放送されている朝の情報番組・報道番組である。9年間にわたって放送されてきた「みのもんたの朝ズバッ!→朝ズバッ!」の後継番組として、「家族がつながる情報番組」というコンセプトで放送を開始。報道色の強かった「朝ズバッ!」から一転して、エンタテイメントやスポーツなどに関する情報も幅広く扱う。また、公式サイトでは [続きを読む]
  • 国連拷問防止委員会、日韓合意見直し勧告
  • 今年5月12日、国連人権高等弁務官事務所傘下の国連拷問防止委員会が2015年末交わされた日韓政府による慰安婦合意の内容を見直すよう勧告した。国連拷問防止委員会は「拷問防止条約14条履行に関連し、慰安婦被害者に対する補償と名誉回復、真実究明、再発防止などの合意が不十分」と述べている。また「まだ38人の被害者が生存している」とし、彼女らのために合意内容を見直すよう促した。国連拷問防止委員会が今頃になっ [続きを読む]
  • 朝鮮半島有事に備えよ
  • 朝鮮日報は「朝鮮半島危機に乗じて、(日本は)軍事活動活発化」と批判的なトーンで日本を論じている。元々、朝鮮日報に限らず韓国のメディアは日本が朝鮮有事に対して警戒することを「騒ぎすぎ」と批判してきた。例えば、稲田朋美防衛大臣の「自衛隊が韓国内の日本人を救出することもありうる」や、石破茂元幹事長の「ソウルは火の海になるかもしれない」という発言を批判している。韓国メディアは「20万人の自国民が韓国に居住 [続きを読む]
  • 米国南部で目撃された不気味な物体
  • 今年4月29日、米国南部のルイジアナ州とテキサス州の上空で不気味な現象が目撃・記録された。異様に長い軌跡を残しつつ、ふたつの州の空を横切る謎物体を見た人々の間では、さまざまな憶測が飛び交った。ネット上では「煙を上げて燃えながら落下する巨大な火の玉」だとか、「これは世界が終わるサイン、アポカリプス(黙示録)の到来だ」とかいうコメントが相次いだという。上の写真はルイジアナ州で撮影されたもの。炎に包まれ [続きを読む]
  • 韓国が広めようとする稲作朝鮮半島発祥説
  • 小魯里から出土したとされる種もみ韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報は5月7日、「稲作の起源は中国ではなく、韓国だ」と主張した。稲作の起源には諸説あったが、2012年現在、考古学的な調査と野生稲の約350系統のDNA解析が行われ、約1万年前の中国長江流域の湖南省周辺地域が稲作の起源と推定されると結論つけられている。そこに韓国が突然、「中国ではなく、自分たち韓国こそ稲作の起源」と主張し始めたわけだ。 韓 [続きを読む]
  • マハタ釣り
  • 40cmのマハタ昨日は仕事をさぼり、2月19日のマハタ釣りのリベンジに出かけた。今回の船宿は前回と同様に千葉県にある。釣果情報をネットで検索すると、この船宿は釣れるマハタの形は大きいが、数は釣れていない。元々、マハタ釣りはボウズの確率が高い魚種なのだが、さらにデンジャラスな賭けに打って出たわけだ。出船は午前6時、釣人は4人と少ない。やはりマハタはオーソドックスな釣り物ではないようだ。 現状の私 [続きを読む]
  • 犬を独りぽっちで留守させると、犬の身に起こること
  • 犬は夜、飼い主の夢を見るほど飼い主に深い愛情を抱く。だから犬にとって独りの時間はつらい。ちょっと飼い主の姿が見えなくなるだけで悲しい。ましてや飼い主が1日中外出するとき、彼らは永遠の別れのように飼い主の後ろ姿を見つめる。悲しそうな目をし、クンクンと鳴く。もう飼い主に会えないと思っているようだ。その悲しみが消えるのは余りに長いと彼らが感じる時間が過ぎ、飼い主が帰宅したときだ。英のバタシー・ドッグズ& [続きを読む]
  • 文在寅政権で起こること(1)
  • 予想通り韓国の愚民は大統領に文在寅を選んだ。他国が国民が指導者に誰を選ぼうが勝手なのだが、生憎なことに韓国は隣国であるため日本も無関心ではいられない。今後、韓国がどうなって行くのか、「当たらない」という批判を覚悟のうえで、予想してみよう。先ず文在寅は政策的には大したことはできまい。彼が所属する「共に民主党」は議会では4割の議席しか持っていないからだ。韓国の国会では、6割の賛成を得られなかった法案は [続きを読む]
  • 安部首相が憲法9条に取り組むわけ
  • 安倍首相は今月3日に開かれた改憲推進派団体の集会に寄せたメッセージで、憲法9条の1と2項を残し、自衛隊の存在を加える案を初めて打ち出した。9日には、参院予算委員会で、憲法改正に関し「今、やるべきことは自衛隊についてで、残念ながら憲法学者の多くが違憲と言っている。そういう状況を変えるのは私たちの世代の責任だ」と述べ、9条を改正し自衛隊の根拠規定を置く必要性を訴えた。安倍首相が国会で9条改正に言及した [続きを読む]
  • 前科者が首相になる国、韓国
  • 洪錫ヒョン韓国では、今日5月9日は朴槿恵前大統領罷免にともなう大統領選挙の投票日である。事前の世論調査が的確であるなら支持率トップの筋金入りの左巻き文在寅が大統領にするだろう。文在寅は「反米」「反日」&「従北」「盲従中」の人物であるから朝鮮半島情勢は混沌してくるが、日本には慰安問題や徴工問題で、より強行に賠償と謝罪を求めてくるだろう。韓国は、まともな人物が大統領に就いた例しがない。さて、朴槿恵に対 [続きを読む]
  • 嫌いな求愛者を避けるために死んだふりをするトンボ
  • ルリボシヤンマという種類のトンボのメスは交尾したくないオスに対して奇抜な技を使うようだ。それは突然、空中から墜落して、死んだふりをするのだ。ルリボシヤンマのこの行動は、スイス、チューリッヒ大学のラシム・ハリーファ氏によって目撃された。彼はスイスのアルプスでヤゴを採取していたところ、オスに追われるメスが墜落する瞬間に遭遇したという。死んだふりをしたメスは地面で仰向けに横たわったままピクリとも動かない [続きを読む]