NOIRNEMO さん プロフィール

  •  
NOIRNEMOさん: マイペースに本を読んで思うこと・・・
ハンドル名NOIRNEMO さん
ブログタイトルマイペースに本を読んで思うこと・・・
ブログURLhttp://noirnemo.blog81.fc2.com/
サイト紹介文初めまして。人より本を読むのは遅いし、内容忘れやすいけど・・・、本を読むのが好きな人による感想です。
自由文はじめまして。
高校の電車通学以来、読書が1つの趣味となってます!
読む範囲は推理・ミステリー系か、ファンタジー系(ライトノベル)系が多いけど、その他もぼちぼち。
一番の特徴は1年もたつと、読んだ内容をほとんど覚えておらず、再度読んで前気づかなかった点について思いを馳せること・・・かな。
好きな作者は、桜庭一樹、有川浩、橋本紡など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/05/01 18:50

NOIRNEMO さんのブログ記事

  • 天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex、知念実希人著)
  • 天医会総合病院その10階にある統括診断部各科で診断困難な患者を中心に、超人的な知能を持つ若き副院長・天久鷹央が診断を行っていた・メールの捜査依頼の中にあった「カッパ見た」情報 真意を確かめに現場の池に赴くが…・新人看護師が夜間に遭遇した"人魂"の正体は?・人工妊娠中絶手術を受けた女性の胎内にまだ"胎児"がいる? ストレスによる"想像妊娠"なのか?それとも真実か?・以前、診断した子供への誤診で訴えるという母 [続きを読む]
  • 何様ですか?(宝島社文庫、 枝松蛍著)
  • ある高校3年の話最近、高校がある青年実業家に買収され、学校の体制が変化しつつあるとある高校周囲となじまず、孤高のヒロイン的に存在する美和彼女はある作戦を長い間考えていたいかに人に印象を与えて死ぬことができるか、その舞台として文化祭を選び、さらに最近接近してきた友達をうまく使いいよいよ本番へ…一方でそんな美和を気にするある男女がいた男は異性として気になり、女は1人でいる美和を心配し、友達になろうと接 [続きを読む]
  • 白銀のソードブレイカーⅢ ―剣の遺志― (電撃文庫、松山剛著)
  • エリザの復帰した矢先、5人目の剣聖殺しにより、鍛冶屋も軍に取り囲まれてしますヴァリエガータと別れて、行動するエリザたちだが、その矢先に現れた剣聖ユキノシタの娘サツキに聖剣を奪取されるある街でのヴァリエガータとの合流、そして、聖剣の回収を計画するが、3人ではなかなか前に進めず…そんな頃、3人の前に現れたのは、またもや剣聖、ルピナスとその子供だった剣聖デュランダルに脅されて、もう1人の子供を人質と聖剣を人 [続きを読む]
  • 名前のない星の物語 (メディアワークス文庫、藍沢李著)
  • として各地を回る少年にニコル名付け補助の人工道具セッタと共にいろんな人と出会う・夜であることをよしとしない街 名付け対象の娘は夜に何かをしているようで…・女性と別れるたびに何度も名前を変える宝石商 せっかくつけた名前が変えられることにとまどうニコルは…・解明宣告立ち合いの命を受けたニコル 初めての経験&解明という事実に悩むが…・次のまちへ移動途中に出会った少年 貧乏な環境でも一人で頑張る姿に自分の [続きを読む]
  • 葵くんとシュレーディンガーの彼女たち (電撃文庫、渡来ななみ著)
  • 小さいころから、寝ると並行世界へ移動する性質を持つ葵周囲に告げることもせず、周囲とできるだけ関わらずに淡々と過ごす彼だが…主に隣に住む幼馴染が、友達の多く行動派の演劇部長の真宝のマホ界とほえっとしたおっとり系の演劇副部長の微笑のホエ界の往復が多かったが、文化祭を頑張ろうとする二人を応援しようとした葵の行動が世界の破滅に!?初めて会う隣に住む舞花という少女彼女は葵の秘密を知っているどころか、他の並行世 [続きを読む]
  • ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫、川原礫著)
  • 長きの戦いを経て平和が訪れたアンダーワールド人界と暗黒界側双方での人事交流も進みつつある中、キリトだけはまた世界大戦が起こると危惧していたそんな中、人界で起こるはずがない殺人事件が発生対応のために、至急、暗黒界代表イスカーンに会いに行くキリトたち訪れたイスカーンたちのところでまた不可解な事件が発生突然消えた誘拐犯、さらわれた赤子、そして、開かずの扉事件の背後にいるのは暗黒術士一派の一部か?それとも [続きを読む]
  • サマーサイダー(文春文庫、壁井ユカコ著)
  • 夏休み、3月に閉校になった中学で片づけの手伝いをする3人幼馴染の3人ではあるが、それゆえに微妙な距離感で…スポーツ推薦で外の学校に行ったはずに地元に戻ってきた悠どんどん周囲から孤立していく誉そんな2人の間でいろいろ悩む唯一の女子ミズ彼ら3人しか手伝いに来ない理由に昨年の不思議な担任の存在があった中3の担任だった青春は蝉に執着し、"幼虫"と自負する不思議なやつで…周囲の大人と違うアプローチで誉との距離 [続きを読む]
  • いなくなれ、群青 (新潮文庫nex、河野裕著)
  • 世界から捨てられた人が住む「階段島」高校生の七草はある日、由宇と再会する幼馴染で中学の時に、由宇の引っ越しにより分かれた2人初めて会った時から憧れの存在でもあり、苦手でもある由宇彼女がなぜ、この島に来たのか?ちょうど由宇が来た夜、島では見ない小学生・大地を保護する2人見捨てられた大地を救うため、島から脱出する手段を模索する由宇その由宇に振り回される感じで調査を開始する七草だが…鍵がかかっている遺失 [続きを読む]
  • 砕け散るところを見せてあげる(新潮文庫nex、竹内ゆゆこ著)
  • 実はヒーローに憧れている高3の受験生清澄ある日、全校集会でいじめられている高1女子を助ける、が逆に威嚇されてしまい…彼女が学年でも"変人"的な扱いを受けていることを知った清澄彼女の手助けをしていくうちにやがて2人は打ち解ける清澄の行動で彼女のクラスの雰囲気も変わり始めるが、そんな折、彼女がある秘密、悩みを抱えていることのに気付く彼女が恐れるUFOとは?家族の秘密とは?竹内さんの作品はラノベしか知らな [続きを読む]
  • 時限病棟 (実業之日本社文庫、知念実希人著)
  • 窓が塞がれた廃病院に閉じ込められた5人犯人と思われるピエロの指示に従い、謎を解きながら脱出を試みる:まさにリアル脱出ゲーム「腹を割って真実を探せ」その先にたどり着いた部屋にはピエロの仮面をかぶった男性が…彼はある事件について記事を書き、一躍有名になった人物だったそして、集められた5人はその記事により被害を受けた人物と仲がよく…タイムリミットの中、少しずつ明らかになる人間関係、果たして、彼らは病院か [続きを読む]
  • 黄昏街の殺さない暗殺者 (電撃文庫、寺田海月著)
  • 二人組の殺し屋・ペアオブジャックスある依頼の際、けがを負った殺し屋の片割れレヴンを救ったのは、街で有名なお菓子屋の少女カミーリアだった殺しとは無縁そうなカミーリアからある依頼を受けたレヴンクッキー屋の人気が出ることで古豪の貴族等から恨みを買い、最近、知り合いが殺されたカミーリア復讐ではなく、殺し屋に対する抑止力としてレヴンを使おうとするが…初めての学校通いに戸惑いつつ、徐々に慣れてきたころ、学校に [続きを読む]
  • 世界の終わりの世界録<アンコール> 1 再来の騎士(MF文庫J、細音啓著)
  • 300年前の大戦を治めた剣帝エルラインとそのパーティーそのエルラインと姿がそっくり少年"偽英雄"レン騎士となるための学校に通う彼だが、どの能力も人並みで…ある日、先輩のお使いで町に出た彼はドラゴンの襲撃に出くわす待ちの人を守るために立ち上がるレンだが,その窮地を助けてくれたのはある女性だった封印から目覚めたばかりというその女性は竜姫キリシェと名乗り、かつての仲間とエルラインの遺した"世界録"探索を目指すと [続きを読む]
  • ひとつ海のパラスアテナ(電撃文庫、鳩見すた著)
  • 少年に扮してパラス号に乗り、メッセンジャーの仕事をするアキある日、"白い嵐"に巻き込まれ、どうにか浮島で嵐をしのぐが、結果、パラス号を失い、さらに、キーちゃんもいなくなるアキは知識と経験からどうにか生き延びようとするが…死の窮地を助けてくれたのは、偶然近くを通り過ぎた別の船その船には若い女性タカが一人で乗っており、彼女と共に過ごしながら、アキはいろんなことを学んでいくメッセンジャーとして託された仕事 [続きを読む]
  • ただ、それだけでよかったんです(電撃文庫、松村涼哉著)
  • 優等生の少年の自殺その背景にはある少年による4人のクラスメイトのいじめがあった自殺の背景を調べる少年の姉はまず、少年の通っていた学校に導入された"人間力テスト"に注目する学力だけでは測れない、他人による評価によるランキングだった調査を進めるうちに浮かんできたのは、"人間力テスト"の結果に影響される中学生たち、そして、主犯と目される少年が"いじめられていた"という事実主犯の少年が起こそうとしている"革命"と [続きを読む]
  • 一千兆円の身代金(宝島社文庫、八木圭一著)
  • 元副総理の孫が誘拐され、犯人から身代金の要求その額は、1085兆円、日本の財政赤字の総額と同じだった!犯人からの政府による巨額な借金に対する謝罪の要求に対し、政府の対応は…一方で、誘拐犯を追うため警視庁の特殊班が秘密裏に動くその過程で、浮かんできたネットのある小説それは犯人の主張と似ているもので…サイト開設者ナオトの正体を追ううちに、誘拐事件の裏に隠された、別の事件が浮かび上がる思った以上に面白い作品 [続きを読む]
  • 神曲奏界ポリフォニカ エイフォニック・ソングバード4 (GA文庫、榊一郎著)
  • 入部拒否した学生による嫌がらせが発端で、学院の不正がマスコミにも取り上げられ、いよいよ行動がとりづらくなったラグナスたち楽部団そんな折、暴走した精霊が学院に追いやられてくる危険を承知で精霊を落ち着かせようとする楽部団だが…楽部団が目指した新しい可能性、その結果が生む、ある別れと新しい道…果たしてラグナスたちはどこへ向かうのか?このシリーズは、表題になるまでの過程の作品だったのですね赤ポリのキャラク [続きを読む]
  • 保健室の先生は迷探偵!? (宝島社文庫、篠原昌裕著)
  • 朝の学校で発見されたある先生が殺された絵保健医の遥は変人な美術教師の椎名と協力してその調査に当たる「殺人画」を描いた人は美術に精通している人…元部員を呼び出して調査をするが、そこから得られた真実は意外なもので…そして、再び第二の「殺人画」が描かれる!様々な人の思惑が明らかになりつつなる中…なんと椎名から犯人についての呼び出しがある集められた「殺人画」に描かれた先生たちこの中に犯人がいるのか?そして [続きを読む]