Joy さん プロフィール

  •  
Joyさん: 元気に生きよう!
ハンドル名Joy さん
ブログタイトル元気に生きよう!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/claphandswithjoy
サイト紹介文いろんな失敗をしながら半世紀も生きて、ある日「神はいるんだ!」と知ったので〜す。
自由文若いときは好き勝手に生きていて、子供だって私が母親は大変だったのです。私の心にはいつも空しい穴が開いていて、何かでその穴を埋めようと走り回っていたからです。走り回って神様の愛にぶつかり癒されました。
子育てで悩んでいたり、以前の私のように「ああ・・また朝が来た・・」と、思っている人に「あなたのすべてを知っていて、愛してくださる方がいる」と、伝えられたらうれしい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2009/05/01 22:15

Joy さんのブログ記事

  • 歯を抜いた〜歯医者さんは、へんてこりん
  • 昨日、1年以上毎週治療してきた歯をついに抜いたでも今回は、ちょっとの痛みで終わった前回、歯が割れていて抜く時、何度やっても麻酔がきかずついに・・・効かないまま・・うなりながらちょうど使徒行伝のパウロの迫害のところを教える準備していたので「ああ。。。。。痛いでも、きっとパウロの鞭うちはこんな、どころじゃなかったんだ」そうやって、どうにか耐えた汗びっしょりかいてこの歯医者さんえらく、歯医者さんらしくな [続きを読む]
  • 子供キャンプ
  • 教会の子供のキャンプ今年のキャンプのテーマ「感情をコントロールする」子供たちは、元気キャンプの「しおり」の中に一枚の白紙の紙聖書を学び感情のコントロールの意味を学び自分の捨てたい自分が支配されている感情をそこに書く「すぐ怒ること」「プライド」「ずる〜い!ってすぐいう事」いっぱい出てきたそして〜〜その紙をびりびり破いて先生の持つポリ袋に捨てに行く「すてたぞ!もう取り戻さないぞ!」いっぱい食べたぞ!! [続きを読む]
  • マルタとマリヤ①
  • 人物を通して聖書を見ていく 聖書には、アブラハム ヤコブ ヨセフ モーセ 旧約パウロ ペテロ 新約 男性が多く登場し女性が後ろに追いやられているようだがしっかり彼女たちに存在感がある マグダラのマリヤ イエスの復活の最初にあった者十字架の処刑の時も女たちは側にいて逃げなかったそして、イエスのミニストリーにも金銭的なバックアップをしてきた ラザロの姉妹マルタとマリヤ典型的な、二人の違いから学んでいきた [続きを読む]
  • 目って・・
  • 今日は白内障の手術説明を聞きに行った「ご家族同伴」が、決まりらしいが娘は、神戸息子は、シンガポール「ご両親は?」「天国です。」「ご主人は?」「天国です。」と、いうことで手術の承諾書も、説明を聞くのも「ご家族」は、免除市立病院、2泊3日の入院網膜のゆがみあり 視野少し欠損だから、視力の回復はあまり期待しないでほしいと言われた手術の工程聞くと、、、いい気はしないね〜全身麻酔で、やってほしいね40年近く前に [続きを読む]
  • 正直に生きるって・・
  • 教会のメンバーが人間関係で悩んでいた「職場で、リーダーになったけど自分より能力のある人が下にいて、自分が気が引ける不満を持たれている。仕事に行くのが気が重い」その時に聖書の言葉と励ましを送ったミカ 6:8 主はあなたに告げられた。人よ。何が良いことなのか。【主】は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公義を行い、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。人の思いを憶測してっも [続きを読む]
  • 人生を変える出会い
  • 刑務所伝道シリーズ(21)浮気を疑って殴った妻が帰らぬ人にクリスチャンつデイという新聞があります。人がお手上げになった時真剣に、真理を求める時人生が180度変化するのですね!覗いてみてください💛http://www.christiantoday.co.jp/articles/24240/20170805/tatsuya-shindo-prison-ministry-tsumitomo.htm [続きを読む]
  • 不穏な動きの中で・・
  • 北朝鮮の不穏な動き日本など、簡単に焦土にできると言い放った。原爆が投下された国日本確かに、広島を忘れてはいけない原爆の悲惨さを世界に伝え抑制に・・・でも本当に知らしめたい国はどこ?北朝鮮には空を打つむなしいことに思える生きると言うことがこの地で、肉体が滅びるまでそう思う人が日本では大半なのだろうそうすると、死は一番の恐怖になる行先も分からない消えてなくなるのか・・この地で死んだらもうおしまい聖書は [続きを読む]
  • 気づき
  • 祈りの中私は、主に心で訴えた。 「わだかまりを心に持ちました。それが、あるのが嫌です。気になっていることがあり・・それが、邪魔になります。」イエス様が、私の思いの中に答えて言われた。「その問題が、わたしより大事か?わたしはすべての上にいる。」 すぐに、(その問題などイエス様より大事なわけもないその問題の、はるか上にイエス様が居られる) と、心で気が付いたそのとたんそのことは、私を悩ませなくなった。問 [続きを読む]
  • いつもの日曜日
  • 日曜の朝お弁当を作ることから始まります。お弁当を、同居のパートナーひろみさんの分と二つ彼女は、どんなに”おそまつ”でも喜んで食べてくれます今日は、茄子とピーマンのシソみそ炒めイワシのピリ辛佃煮明太 ゆで卵 梅干そして、ジャーサラダトマトとシソは、自家栽培教会では、礼拝そして、みなでお昼を食べて午後からは、希望者は2年コースでの聖書の学び又はパペットの練習又は、学んでいる人たちの子供と、遊ぶそして、 [続きを読む]
  • デスクトップの写真
  • トーストマスターというグループ(アメリカ発のスピーチクラブ)そこで知り合った多くの人とフェイスブックでつながっている地域のグループで知り合った方(まだあったことがないフェイスブックのみ)「いいね」を、しているうちにお友達リクエストが来るまた、お友達が増える。マメではないので頻繁に応答はしていないでも、そこで知り合った人たちの中に写真のプロまた、アマチュアとも言えない素敵な写真を載せる人がいるまだお [続きを読む]
  • 優先順位
  • ルカ10:38 さて、彼らが旅(場所から場所へ・町から町へ)を続けているうち、イエスがある村に入られると、マルタという女が喜んで家にお迎えした。10:39 彼女にマリヤという妹がいたが、主の足もとにすわって、みことばに聞き入っていた。10:40 ところが、マルタは、いろいろともてなしのために気が落ち着かず(思い煩う)、みもとに来て言った。「主よ。妹が私だけにおもてなしをさせているのを、何ともお思いにならないのでしょ [続きを読む]
  • 祈りあう
  • ヤコブ5:13 あなたがたのうちに苦しんでいる人がいますか。その人は祈りなさい。喜んでいる人がいますか。その人は賛美しなさい。 神を信じて変化するイエス様の十字架の御業であなたは健康なものあなたの罪から解放されている罪のために前に進めないように見えることがあっても、立ちあがることができる。神に許されているから苦しんでいても、祈り 神のみ前に行き、喜んで賛美するまた、喜んでうまくいっているとき、「バイバイ [続きを読む]
  • 庭からの収穫物と、散歩と、のらちゃん
  • 本日の朝取り オクラ1っと、トマト小さな庭には、ゴウヤ・トマト・シソ・みょうが・オクラ・三つ葉・ミントのハーブ・イチジク・杏・春菊びっくりの敷地だけど、ベランダも入れて収穫が毎日楽しめます!庭に水やりして、お山に散歩駐車場に、猫 猫 猫 餌は持っていないのに、博美さんがしゃがむとなぜてほしくて、すぐに小さめの猫(毛がボロボロ)それを見て、遠巻きに他の子が、様子を見に来る二匹の猫が、なぜてもらって究 [続きを読む]
  • 色々な人との出会い
  • 今日は、トーストマスターズ(アメリカ発の、スピーチクラブ)世界中に、色々なクラブがある私たちのクラブは、例会を持ち始めて107回まだ若いクラブです。年に二回役員研修があり今日は、その日神奈川のクラブが集まったのでいろんな人に再会私は、トーストマスター歴14年いままで、この活動を通じて多くの人と知り合った私の日常では、決して知り合う事のない年齢層様々な職業ITの技術者経理の専門家教師海洋研究者様々な趣味日 [続きを読む]
  • 希望
  • 希望がないと生きていくのはとても辛い同じ状況の中でも真っ暗にしか見えないときでもまだ見えないものに希望を持つ人がいる見えないけど真実があると信じる人は生きられる聖書は全世界で3880億部売れていますず〜とベストセラーそれは聖書の中に希望を抱けるものがあり問題の答えがありそれを信じたら力を得られるからですその希望が実態になることを味わうことができます今日は日曜日全国の教会で礼拝が行われています私たちの教 [続きを読む]
  • 「英語」日々奮闘
  • 英語が、好きなわけではないけれどずっと必然に迫られている特に、15年前に教師であり牧師だったJohnに巡り合って聖書を学ぶようになってから彼の奥さんは、今一緒に私と暮らしている日本人の博美彼女が通訳してくれるのだが彼と話すことが多くなりまた、アメリカのバイブル学習のシステムで教えてもらったからみな英語彼の友達は、私の友達となり英語・英語そして、今最大の教師であり我が牧師が天国に行ってしまったから彼の尊敬 [続きを読む]
  • 捨て猫さん
  • あの、やっせっぽちになってしまった子に家のニャーの餌を、博美さんがちょっと袋に入れ私は、煮干しを数匹もって山に行った「あの子に会えるかな〜」同じ場所に居た呼ぶとすぐに来て、まつわりついたのでなぜてから餌を手に載せたらがつがつ食べると思ったら・・・急に警戒してそっけなくなり離れる今度は煮干しを前においてあげる匂いをちょっと嗅いで離れる餌でおびき寄せて、いじめるものが居たのかな去年あって(捨てられた直 [続きを読む]
  • 心の中
  • 心の中弱点や過ちを人に注意され気分を害する人と認めて改善する人がいる人は、だれでもまずいところを知られたくない知りたくない触れられたくないでもそんな大事に取っておくものか?小さなポリープを、育てたらポリープは、体全体を支配するようになるちょっと痛くてもよーく知っておられる神にゆだねてお手上げして取り除いたらもっと元気もっとピースダビデの祈りのように神との交わり信頼の中腹の底まで、自分の気が付かぬ部 [続きを読む]
  • 久々の散歩
  • 朝6時に、博美さんと散歩湘南平まで車で5分下の方の駐車場に車をおいて上まで登る今日は曇り空だったけど曇り空の海もいい「泳ぎたい」今度行こう・・で夏が終わりそう湘南平湘南平は捨て猫だらけ昨年初めて会った、茶色の丸模様の子に1年ぶりに会った冬は越せたらしいこの子は、初めて会ったときににじり寄ってきてゴロゴロいう2.、3日たってから見たら目に傷があって痛々しかったそして、人を怖がるようになっていたそれから1年 [続きを読む]
  • あっという間に日が過ぎる
  • 今日は日曜日5時起床教会で食べるお弁当を作る博美さんのは、ブルーのお弁当箱に私のはピンク おそろいで色違い真空にできるように空気を抜くポンプが付いているいんげんと茄子の煮物チーズハムのオムレツ鮭 クロマイ入りご飯とボトルに詰めたシーチキン・トマトキュウリに紫玉ねぎのサラダ家を出るまでヤコブ書5章8-12節金曜日に教えるところを準備9時に教会に向け出発教会の帰りに4匹の野良の子猫を見てしまった見てしまったの [続きを読む]
  • 娘に教わり
  • 土曜日は、同じ副牧師の朋子さんのクラスが朋子さんの自宅であるので今日も、平塚から藤沢の彼女の家に10時からバイブルクラス83歳の、彼女のお母さんも出席しています。Skypeで2人直接行くのは、私も入れて5人 小さいグループだけど今日も神の恵みを再確認私の前に座っているお母さん何やら、聖書にマーカーであちこち線を引いている真面目な、面持ちで娘の、話に耳を傾けている高齢になって神を受け入れ2年ぐらい前から教会へそ [続きを読む]
  • 日野原先生 100歳現役の生涯
  • 日野原重明さんが、天に召されました。105歳 今日、古本屋さんに、日野原先生の「生き方上手」が、売っていたので200円で購入90歳のころの本その本の冒頭に記者が一日同行というのがあった当時 朝8時半に出勤終わりは夜の8時過ぎ現役・・凄い!まず心が元気「50歳からが、中年」という75歳から新老人の始まりだと言い現役で前向きな「新老人」1970年ハイジャック事件に巻き込まれ無事解放されてから残された人生を「人のために生 [続きを読む]
  • 変化する
  • 今日も、3食与えられた着るものも着ている木々は緑の葉を揺らせ夏の花々は色鮮やか私は、日々元気です!神に在って年を重ねるほど神様の日々の守り恵み神の計り知れない大きさを味わっています20代のころは空も、本当に見ていない木々も、道端のは何も気が付かない自分自分・・その自分も誰なのかどこに向かって歩んでいるのかもわからなかった40代になり蒔いた種の結果その実、「むなしさ」を徹底的に味わった「ああ。。。また生 [続きを読む]