nmtr220 さん プロフィール

  •  
nmtr220さん: 気楽にバイクライフ
ハンドル名nmtr220 さん
ブログタイトル気楽にバイクライフ
ブログURLhttp://nmtr220.blog66.fc2.com/
サイト紹介文セロー250に跨り自由気ままに 画像と映像でレポートする備忘録ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/05/05 15:12

nmtr220 さんのブログ記事

  • 【SUZUKI HUSTLER】お花見ドライブ@奈良・月ヶ瀬
  • 月ヶ瀬は梅もいいけど桜もネ〜申し訳程度の家内同伴プチドライブ〜爆弾を抱えてしまった黄金の利き足ふくらはぎ治ってはまた痛めてを繰り返してしまい、再びセローに乗れず・・・そんな時はハスラーにお世話になろう!さて先週のこと、残り桜を見ようと家内を乗せて月ヶ瀬へプチドライブへご存じ月ヶ瀬は、奈良方面のツーリングスポットとして有名どころ桜は建前、ツーリングライダーさんを見るのが本音・・・おなじみの休憩ポイン [続きを読む]
  • 【お散歩ハスラー】奈良・高円山そして狭い道へ
  • 嫁さん用ハスラーを借りたお散歩ネタ〜今回もセローは全く関係無いのであしからず!〜既に卒業シーズン、若手の皆さんは新年度を向かえる準備は整いましたか?心配はご無用・・・何とかなるもんです!逆に、引退の近い世代のお方はいかがでしょう?昨今の世情と人手不足、急に雇用延長などの話題があったり・・・どうなるんでしょうね?そんなことはぜ〜んぜん気にせず久々のレポ、しかしセロー氏の出番はありません(泣;さて、ま [続きを読む]
  • 【My New Toy!?】セローとハスラーで6輪ライフ?
  • 我が家におもちゃが仲間入り〜これが最後のファミリーカーとなってしまうのか?〜今回はセロー関連の話題ではありませんそもそも、足のケガもあって乗れません(サブイし)現在インフルA型、絶賛自宅隔離中!さて、昨年末スズキの新型V-Strom250の発表があって以降、国内での販売予定が気になって次期候補のひとつとして、同社のHPをちょくちょくチェックしていた。なかなか販売予定が発表されないのは、例の事案">例の事案への取 [続きを読む]
  • 【強制冬眠中】嗚呼、非運の幕開け【+散財日記】
  • バチが当たって強制冬眠中〜踏んだり蹴ったりな2017年の幕開け〜多くのライダーの皆さんは、新年早々から寒風もものともせず徘徊を楽しんでおられることでしょう。見習いたいところですが、もう無理みたい年末年始の徘徊ネタも無いので初老のお笑いネタで2017年を開始します。しばしお付き合いの程を!まずは閲覧注意!骨には異常は無かったようですが・・・人生お初、松葉杖をしばらく愛用それは年始早々、寒い朝の出来事でした走 [続きを読む]
  • 2016年の記憶 - Looking back on 2016 -【YAMAHA SEROW】
  • セローに乗って東奔西走、と言いたいところが出動はたったの10回〜少ないながら、2016年を映像で振り返ります〜ライダーの皆さんは例年通り、忙しい年末をお過ごしでしょうかいぇいぇ、まだまだ稼いでおられる皆さん、お疲れ様でございます!自称ライダーのわたくし、墓掃除で風邪悪化(手を抜いたからか?)寝ながら薬漬けでTV鑑賞の年末となってしまいました!2012年より続けた徘徊映像の総集編まとめようとした所、セローエンジ [続きを読む]
  • 【プチハイク】榛原鳥見山公園の見晴台161207
  • 紅葉の残り物を求めてエッチラコッチラ・・・〜登ってみれば、今年いち押しの展望ポイントでした〜前回レポに続き・・・初瀬ダム付近、桜井市の舗装林道から向かった榛原鳥見山公園駐車場から見る限りは紅葉の時期は終了した感じですがココには見晴台があるらしく、高い所からの見下ろし好きにとっては外せないハァハァヒィヒィ言いながら、てくてく登って来ました。まずはコース脇に添えられた記念樹のサインからおめでたい事ばか [続きを読む]
  • 【舗装林道】林道萱森線(真偽不明)+【コンビニ24時間自賠責】161207
  • 去年年末の宿題ツーリング〜榛原鳥見山公園へ向かう林道へ〜2016年もいよいよ深けて参りまして、わたくしもますます老けてマイリマシタ!毎年暮れには同じ言葉を発していますが・・・思い起こせば去年の年末、確か15/12/29のこと奈良県宇陀市榛原山中にある榛原鳥見山公園を目指して山中を徘徊分岐だらけで降参したことへの宿題ツーリング予習は万全、すんなり とうちゃこ〜人影ひとつ無くちょっと寂しぃ〜12月も上旬、広い駐車場 [続きを読む]
  • 【残秋を求めて】晩秋の香落渓ツーリング161128
  • 残秋を求めた出遅れツーリング〜萌える紅葉鑑賞、叶わず・・・〜晩秋と呼ぶには終盤を向かえた過ぎた11月の末この時期の定番、また見てしまいました「忠臣蔵」昔の映像ですが、ストーリーが判っていてもついついウルウルさせられて・・・さて何かと冠婚葬祭に忙しく、なかなか自由時間が得られなかったが落ち着いたところで紅葉の残りものを求めて。この日、向かったのは香落渓(かおちだに)三重県側の名張川から青蓮寺川に沿う県 [続きを読む]
  • 【今年も応援】奈良マラソン2016(Nara Marathon)161211
  • 今年も応援、師走の奈良の大イベント〜元気な皆さんをいっぱい見てきました!〜Nara Marathon 2016今年も良かった!!!可愛い応援団長の声援が響いていました周囲もつられて 「ガンバレ〜!」まずはラストスパートの直前、約37.5km地点上位通過のランナーの皆さんを応援やはり、メタボな方は居られません昨年は運悪く応援に行けなかったので今年はお仕事に大穴あけても見に行こうと・・・過去4回のレポはこちら【今年も応援】 [続きを読む]
  • 【散財日記】&【晩秋ダート】林道 竜口夫婦川線を逝く 161201
  • 残秋を求めて出かけた帰路の久々ダート〜無駄遣い迷人の散財も付け加えて〜(仮称)散財迷人の惨状は後半へ後回しまずは久々、竜口夫婦川林道を走ってきました長らく人馬すら通った形跡も無し本来の目的は今回散財のひとつ、これを試すためのお出かけ果たして・・・前日は雨、序盤はジュクジュク路面微妙にシブいあの木造小屋も健在、立ち止まって覗いたりは出来ない(怖;川底のようにゴツゴツした路面は落ち葉のじゅうたんで隠れ [続きを読む]
  • 【街道紀行】和銅の道〜伊賀・島ヶ原の古刹 正月堂〜161030
  • 三重県の歴史街道をぶらりバイク徘徊〜夕枯れの古刹とファンキーな阿形(あぎょう)さん〜旧大和街道を離れ和銅の道へ長々と引っ張りましたが、ラストはあの金剛力士像のお姿を見に・・・石仏さんで心落ち着いた後、Oh Yeah!してる阿形(あぎょう)さんを見に集落の中を抜けて向かいました。10/30、紅葉にはちょっと早かった!観菩提寺・正月堂お水取りと言えば、3月(旧暦2月)に行わる東大寺の二月堂ですがここ正月堂のお水取り・ [続きを読む]
  • 【街道紀行】和銅の道〜伊賀・島ヶ原の石仏〜161030
  • 三重県の歴史街道をぶらりバイク徘徊〜遠い昔から大事に守られた石仏を訪ねます〜旧大和街道を離れ和銅の道へその島ヶ原の駅前から、ありがたい石仏まで長閑な山村の素朴なお地蔵さん六体のお顔は皆、笑っているように見える!ゆったりとした幅員の道をのんびり進む駅からほんの2〜3分のところこの石碑が目印です六地蔵信仰などの詳細はこちらで・・・毎度毎度、簡単省略の案内で申し訳ない!それでは、てくてくお参りする映像でも [続きを読む]
  • 【街道紀行】旧大和街道 その③〜伊賀・島ヶ原宿場町〜161030
  • 三重県の歴史街道をぶらりバイク徘徊〜宿場町のメインストリートを歩くような速度で〜旧大和街道を山城国(京都府)から伊賀国(三重県)へその玄関口・島ヶ原の宿場町から「和銅の道」沿いにある史跡を訪ねます。道案内に従い、島ヶ原の宿場町へ街道紀行 その③かつての宿場町の街並み平入りの玄関口、わずかに参宮道の面影が残る徘徊ルート木津川に沿う宿場町、水運を通じて下流の京都・大坂と交わる付け替えられた国道163号(現 [続きを読む]
  • 【街道紀行】旧大和街道 その②〜伊賀・島ヶ原の行者堂〜161030
  • 三重県の歴史街道をぶらりバイク徘徊〜渓谷沿いの水音が響くお堂へ〜旧大和街道を山城国(京都府)から伊賀国(三重県)へその玄関口・島ヶ原の宿場町から「和銅の道」沿いにある史跡を訪ねます。道案内に従い、國境から島ヶ原の行者堂へ街道紀行 その②判りにくい場所でしたが、ココから徒歩で行者堂の詳細はこちらでココを左に進むと阿弥陀磨崖仏があるようですが時間帯なのか季節なのか、独りでは心細くて行きませんでした(笑 [続きを読む]
  • 【街道紀行】旧大和街道 その①〜伊賀國−山城國境〜161030
  • 三重県の歴史街道をぶらりバイク徘徊〜元禄の世の國境争い、その決着の場所でした〜旧大和街道を山城国(京都府)から伊賀国(三重県)へその玄関口・島ヶ原の宿場町から「和銅の道」沿いにある史跡を訪ねます。ルートミスの後、スタート地点まで復帰してからその①國境を示す「二本杭」と「藤堂藩の関所跡」へ今回のコースはこちら道を間違えて突っ込んでいった道、現在では荒れていますがこちらの方が新道とのこと。山城国(京都 [続きを読む]
  • 【街道紀行番外】旧大和街道〜伊賀國−山城國境探索編〜161030
  • 2ヶ月ぶりのプチ徘徊は三重県の歴史街道へ〜この時期の寒暖差・・・身にしみます〜旧大和街道を山城国(京都府)から伊賀国(三重県)へその玄関口・島ヶ原の宿場町から「和銅の道」沿いにある史跡を訪ねます。この大和街道、古くは「壬申の乱」の際、はたまた、あの義経も駆け抜けたとされるところどころ拡張されて分断されてはいますが、現存する街道の道しるべや史跡を辿りながらブラブラ流しました。まずは番外編、出だしから [続きを読む]
  • 【いいトコ紹介】入野峠から見る出会いの風景 160824
  • 今だに業務多忙、サラリーマンの悲哀もう少し続く〜広告消し目的の古ネタでお付き合いの程を〜バイクのことなど忘れるくらいに業務多忙9月にはあの「こころ旅」が奈良からスタートするのは気になっていた訪問先をあれこれ予想して一目みたいと思った事もあったが、あきらめた!4ヶ所の訪問先、予想は大ハズレでしたが・・・さて古ネタは3年前の「こころ旅」の訪問地吉野町窪垣内の入野峠3年前の記事はこちらこころ旅トレース2013〜 [続きを読む]
  • 【展望林道】林道橡谷西ノ谷線〜大峰山脈展望ラインを往く〜160824
  • 「ワァー来て良かったなー」と、のんびりし過ぎて〜山の天候をナメていたのかも知れない〜前回、朝ラーツー時の舗装林道のプチネタカラッと晴れていたら良い道なんですよ〜起点なのか終点なのか・・・、ココからスタート湿り気十分ながら、ほんの少し寒かったかもMAPなどはこちらを!">MAPなどはこちらを!登りの途中、ビューポイントが・・・大台ケ原はコッチ?落石を避けながら、やがて登りのピーク視界がパーンと広がると「ヤッ [続きを読む]
  • 【早朝ラーツー】大峯奥駈道を遠景で望む展望台にて 160824
  • 大峯奥駈道の稜線が一望できる展望東屋で朝ラー〜天候にさえ恵まれていたら・・・〜一年ぶりにオイル交換も済ませ、空っぽの収納塩ビパイプを引っさげて久しぶりに紀伊半島南下残りわずかなヤル気を出して向かったのは上北山村の林道 橡谷西ノ谷線にある展望東屋無駄にLED補助ライトを点灯させて早朝5時半の出発です。"2"の手書き字体が気に入った!上北山村HPよりグーグル先生によれば、大峯奥駈展望との記載小さな落石を右へ左へ [続きを読む]
  • 【セロー積載力UP】途上の収納塩ビ管 160825
  • セローのツールボックスの定番カスタムにチャレンジ〜簡単仕上げ、まだまだ発展途上です〜セローオーナーのみならず、多くの方が採用する塩ビ管収納ホムセンに立ち寄ったついでに買い揃えておいたそれはもう1年以上前のこと・・・出掛ける気力を失ったお盆休み、ようやく取付してみましたニセものジェラルミンリアBOXに中途半端タンクバッグまだ足りないのか?例のごとく、やってみたかっただけのこと。確かトータル2.000円強だっ [続きを読む]
  • 【お盆My SEROW】セロー洗車&1年ぶりのオイル交換へGO!160815
  • 今年のお盆、早朝からの暑さに負けて乗る気ナシ〜夜な夜な繰り広げられるRioのせいでもある!〜50の大台にさしかかる頃から異様なほど後頭部に大汗をかくようになって今に至りますが今年は特に・・・これは老化現象のせいだけでは無いような気がします。さて、今年のお盆休みピチピチギャル(死語らしい・・・)を間近で拝見することも無く終わりましてセローでの徘徊も、この暑さでは全く乗る気ナシそれならばと久しぶりに洗車へGO! [続きを読む]
  • 【名瀑再訪】龍王の滝@万灯呂山(大峰山)160724 & 【奈良紀行】
  • 暑い日は涼しげなところへ向かう〜まるでキンキンに冷えた電車に乗った時みたい・・・〜今回も軽い徘徊レポですので2本立て・・・(日活の2本立てとか・・・ではありません)真夏の万灯呂山周回林道(正式名称:町道35-00号線〜片原山林道)を走る際出来れば立ち寄っておきたい名瀑があります。走行経験のある方なら存在はご存じでしょう!龍王の滝案内では50mですが、恐らく直線距離案内板に誰かが250mと書き加えていましたが正しい [続きを読む]
  • 【久々の未舗装路】なごみの湖付近のフラットダート[再訪]160724
  • 真夏のフラットダートはギブアップも早い!〜久方ぶりの未舗装路は私レベル向きコースへ〜およそ小中学生のお子さんをお持ちの奥様方にはチト面倒な季節夏休みに突入してしまいましたね(笑)そんな時代はとっくに過ぎた我が家ですが今度は初盆が続きます・・・さて、真夏の炎天下にバイク徘徊など命取りですので早朝近場徘徊もおよそ1ヶ月ぶり久しぶりにココへ湯船森林公園フィッシングエリア付近の完抜け林道作業道なのか管理用 [続きを読む]
  • 【奈良紀行】若草山〜鹿のいる公園〜160706
  • 真夏の徘徊は近場でないと身が持たない!?〜昭和の名紀行「新日本紀行」を観ての再訪です〜NHKの紀行番組に「新日本紀行」があったあの冨田勲さん作のテーマ曲は多くの方が耳にした記憶があるのでは?先日、1975年(昭和50年)放送の「鹿のいる公園―奈良―」を観たもちろんタイムリーに観ていたわけではないしそもそも当時は奈良県民では無かった。背景に見える商店街や駅前の様子が現在と大きく変わっていないのは古都独特の風致 [続きを読む]