案内人 さん プロフィール

  •  
案内人さん: 花のたより☆山のふみ これぞ農高!
ハンドル名案内人 さん
ブログタイトル花のたより☆山のふみ これぞ農高!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/baru3k2000/
サイト紹介文青森の珠玉の自然に囲まれた小さな高校「名久井農業高校」を紹介!農業高校ってすごい!
自由文農業高校生ってこんな贅沢な学習をしているんだ!おそらく、みなさんの思っているイメージとは良い意味で違っているはず!毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供752回 / 365日(平均14.4回/週) - 参加 2009/05/06 12:33

案内人 さんのブログ記事

  • 青色に包まれて!!
  • チームの本拠地である馴化温室が美しいブルーモーメントに包まれています。これは5月中旬の夕暮れ。日没が遅くなっているので青い空が広がるブルーモーメント現象も始まるのが遅くなっています。さぞかし秋に比べてブルーモーメントが長くなっているかと簡易... [続きを読む]
  • 酸っぱいイチゴ?
  • 環境システム科の温室ではイチゴを栽培しています。もちろん水耕栽培ですが、この装置の形、面白くないですか?白いパイプが立体的に組まれているのです。このパイプの中を養液が流れ、イチゴが育つという仕組みですがなぜこのように装置が立ち立ち上がる必要が... [続きを読む]
  • 2年生もプロジェクトに合流!!
  • 法光寺に再びハスの花を咲かせる白華山復活プロジェクト。3年生が昨年から取り組んできましたが今年、2年生が仲間に入りました。そう簡単にいかない手強いプロジェクトだからです。2年生は法光寺のハスの生育観察や永平寺の種子による育苗はもちろんですが学... [続きを読む]
  • 永平寺!!
  • 法光寺に再びハスの花を咲かせようというプロジェクト。現在は、白い花を咲かせるハス苗を育てていますがもうひとつの作戦も考えています。それはハスを種子から育てる方法。種子から育てると花を咲かせるまで数年もかかるので適さないように思った方もいると思... [続きを読む]
  • 環境緑化の日?
  • 今日は名久井農業高校の「環境緑化の日」。全校生徒で校地の清掃を行い、その後、地元に飛び出して出身地区の駅などの施設に花を飾るという名物イベントです。これはかつて環境緑化に取り組んだ名農がその功労が認められ総理大臣賞を受賞したことをきっかけに始... [続きを読む]
  • 白いりんご
  • チームフローラフォトニクスは今年で結成9年目。さまざまな研究に取り組んできましたがなんといっても最も有名になったのは一番最初に成果をあげた「白いりんご」ではないでしょうか。当時、アップルガールズと名乗るりんご農家の女生徒たちが取組み真っ白のり... [続きを読む]
  • センターコート!
  • ここがどこかわかりますか。名久井農業高校の中庭です。最近の卒業生ならともかく、昔、名農で学んだ先輩方が芝になっている中庭を見たらきっと驚かれるでしょう。というのは何十年も前はこの中庭はソフトテニスのコートでした。毎日、放課後はテニスをする生徒... [続きを読む]
  • 光は人も育てる!
  • さてチームがここ数年取り組んでいるフローラジュニアプロジェクト。希望する1年生に課題研究の面白さを伝えようと学科を超えて行う人材育成プロジェクトです。今年も純粋に研究好きなだったり、将来大学を目指している1年生5名が2組に分かれ参加しています。... [続きを読む]
  • サラダふき again!
  • 今春卒業されたチームの先輩が完成させたサラダふき。昨年、京都大学で開催されたコンテストでグランプリを受賞したとてもユニークな研究です。それもそのはず、山菜のふきを生食しようというアイデア。今までありそうでなかった食べ方なのです。ポイントは茎だ... [続きを読む]
  • 名農の花壇苗2017
  • 野菜苗販売が生物科学科の春のビッグイベントだとすると園芸科学科はこの花壇苗の販売が重要なイベント。とはいっても販売期間は1ヶ月ぐらいあり、随時電話などで注文を受けているようです。どの市町村にも花壇に花を植える活動はあります。自治体だったり学校... [続きを読む]
  • 空き地の利用!!
  • 名久井農業高校の農場には大きな太陽光発電のパネルがあります。そこにチームの2年生がやってきて、除草や整地をしています。いったい何をするのでしょうか?昨年の活動をご存知の方はおわかりだと思いますがチームはこのパネルとパネルの間の空き地を使って農... [続きを読む]
  • 名久井岳の標高は?
  • 名久井農業高校から臨む名久井岳。5月も中旬となり新緑が増えてきました。名久井岳は麗岳ともいわれる標高615mの山。それほど高い山ではありませんが周辺の市町村からよく見えることからこの地域のシンボル的な存在となっています。チームはこの名久井岳の麓に... [続きを読む]
  • 3回目の花見始まる!
  • 名農には花見が3回あります。ひとつは本家本元である4月中〜下旬の桜。もうひとつは5月上旬のリンゴなどの果樹の花。そして3回目は今真っ盛りのツツジの花です。ご覧下さい。日に日にツツジが校舎を赤く染めていきます。ところで右端に見える変わった形をし... [続きを読む]
  • 人工受粉? 人工授粉?
  • 先日、果樹班が行ったドローンによるリンゴの人工授粉は大きな反響を呼びました。ご覧のとおり、地元2紙はなんとトップ記事で掲載しました。さらに共同通信社が取材したことで、翌日には東北はもちろん、四国や京都、東京など全国で紹介されています。いかに期... [続きを読む]
  • ドローンで人工受粉!!
  • 園芸科学科で今年から取り組んでいるドローン研究。なんとドローンで果樹の人工受粉をしようというのですから驚きです。人工受粉といえば梵天と呼ばれる耳かきのようなふわふわの毛に花粉をつけて、一花一花雌しべにつけてあるくのが一般的です。しかし彼らが考... [続きを読む]
  • 農場にたくさんの報道陣?
  • ご覧下さい。カメラなどを抱えたたくさんの報道陣が果樹園である第1農場に集まっています。実はこの日は名農でドローンが飛ぶことになっておりその様子を取材しようと地元のテレビ局3社、新聞社も4社集まりました!こんなにたくさんの報道陣が来るのは京都... [続きを読む]
  • 桜吹雪の中で?
  • 法光寺は名久井岳のふもとにある高台にあるためか桜の開花は名農よりはずっと遅いようです。というのもメンバーの入っている池に浮かんでいるのはなんと桜の花。この日は5月上旬でしたが、ちょうど散っているのです!冷たい水、ぬかるんだ足元。本来はたった... [続きを読む]
  • 体を張ったチャレンジ!!
  • 南部町にある法光寺に再びハスの花を咲かせるプロジェクトに挑んでいるチームの3年生!昨年は湧き水の冷たい水温で芽も出しませんでした。そこで今回は鉢ごと、池に埋めてしまう作戦に出ました。これなら鉢に冷たい水が入り込むことはなく鉢の水も太陽で温めら... [続きを読む]
  • 安心してください?
  • これはチームの3年生のスニーカーに間違いありません。なぜかきれいに脱ぎそろえています。でも安心してください。ちゃんと別の靴に履き替えているのです。ここは南部町の古刹「白華山法光寺」。彼らはこの名所で昨年からプロジェクトを始めています。それは... [続きを読む]
  • Cool Beauty!!
  • 同じ群落の端っこの方に長花柱花がありました。穴の中から雌しべが顔を出しているのがわかるはずです。このようにサクラソウは人間でいえば男の女のように2つのタイプが必要なのです。他県では片方のタイプの花しかなく自力で種子ができない自生地も増えている... [続きを読む]