Votune さん プロフィール

  •  
Votuneさん: リアル女帝 秋霜烈日
ハンドル名Votune さん
ブログタイトルリアル女帝 秋霜烈日
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/votunez/
サイト紹介文時事論評・ネット株
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/05/07 16:31

Votune さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 道理引っ込む 菅義偉話法(東京新聞)
  • 2017年6月3日 東京新聞朝刊特報面「全く問題がない」「承知していない」菅義偉・官房長官の常套句だ。 森友学園、加計学園を舞台とした政権の疑惑が晴れぬ中、使用頻度も増えている。 表情を変えない応答は一見「鉄壁」に映るが、論理の破綻が透けて見える。 政府は国民から適正な行政の執行を委ねられている。 官房長官は国民への説明責任を負っているが、「無理が通れば、道理が引っ込む」言葉が繰り返されている。責任の放 [続きを読む]
  • 白杖の男性に思う
  • 愚痴、というか懺悔。出勤後、午前10時過ぎに、社用で外出。某JR駅前のロータリーで信号待ち。ふと横を見ると、若い男性が白杖を持っていた。半盲の人と全盲の人といるから、どうしよう?と見ていると、信号が青に変わっても動かない。「青ですよ〜!」と声をかけると、ようやく渡り始めた。カツカツと白杖の音を立てて、かなりのんびりペース。バスやらタクシーやら交通量が多いので、ロータリーを渡り終えるまで黙って見守った。 [続きを読む]
  • 辻元清美議員バッシング 安倍がデマに便乗(東京新聞)
  • 2017年3月30日 東京新聞朝刊特報面 何度も中傷やデマの被害に遭ってきた民進党の辻元清美・衆院議員が、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題でもネット右翼(ネトウヨ)や右派メディアからバッシングされている。 学園の籠池泰典の「100万円寄付」証言などで野党に攻められている安倍晋三も、「辻元氏にも同じことが起きている」などと言及した。 安倍や妻・昭恵の政治的関与の有無とは次元の異なる話を持ち出す [続きを読む]
  • 森友学園 国有地売却問題の闇を追う(東京新聞)
  • 2017年2月18日 東京新聞特報面 大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」(大阪市)に格安で払い下げられ、国会でも取り上げられた。同学園は小学校建設のために土地を購入したが、名誉校長は安倍晋三首相の妻昭恵さん、校長を務める同学園理事長の籠池泰典は「日本会議大阪」の運営委員だ。 さらに当初は「安倍晋三記念小学校」の名目で寄付を募っていた。 同学園が経営する幼稚園が、ヘイトスピーチまがいの文書を保護者 [続きを読む]
  • DELLの苦情窓口 クレーム対応
  • PCメーカー・DELL。ネット上でも悪評ばかりなのだが、一応、価格は低め。私は反対したものの、上司の意向で勤務先で購入することに。WEBで注文、入金確認も取れ、後はオーダーステータス。予想よりは早く配送予定日が表示。念のためメールで確認。するとDELL担当者・唐琳より、配送予定日当日に驚愕のメール。「X日(配送予定日の6日後)に配送予定です」は? オーダーステータスの配送予定日は、現在も本日のまま。当然怒りのメ [続きを読む]
  • 政権がTV支配?低調参院選報道(東京新聞)
  • 2016年7月2日 東京新聞朝刊特報面 やはりというべきか、TVの参院選報道が低調だ。 党首討論番組は6月22日の公示前後に放映されたのを最後に予定がなく、東京都の舛添要一・前知事の追及に血道を上げたワイドショーも、参院選はほぼ取り上げない。 その傍らでNHKのニュースでは、安倍晋三・首相(自民党総裁)の露出時間が長いとの声もある。 高市早苗・総務相が電波停止をちらつかせる中、放送現場には萎縮・自粛ムードが蔓延 [続きを読む]
  • 東京五輪招致疑惑に名 電通の実力(東京新聞)
  • 2016年5月19日 東京新聞朝刊・特報面 2020年東京五輪招致の不正疑惑では、広告代理店最大手・電通の名前が取り沙汰されている。 電通側は疑惑を全面否定するものの、マーケティング専任代理店としての説明責任は十分に果たされているのか。 日本社会の世論形成やメディアに大きな影響を及ぼしている割には、その仕事内容は意外と知られていない。 電通の実力を探った。専任代理店 際立つ存在招致委のコンサル契約 関与を否 [続きを読む]
  • 待機児童問題 夢も希望も持てぬ(東京新聞)
  • 2016年3月18日 東京新聞朝刊特報面 「保育園落ちた日本死ね」と題した匿名のブログを国会で初めて取り上げたのは、民主党衆議院議員の山尾志桜里さん(41)である。 舌鋒鋭く安倍晋三首相を追い詰める姿から「総理の天敵」などとささやかれる。 なぜここまでブログに共感する声が広がったのか。 保育園の待機児童問題をどう解決するのか。 山尾さんと一緒に考えた。 山尾さんが「保育園落ちた」ブログを俎上に載せたのは2月 [続きを読む]
  • 批判報道への圧力強化(東京新聞)
  • 2016年2月16日 東京新聞朝刊特報面 総務相・高市早苗の「電波停止」発言が波紋を広げる中、右派論客らが名を連ねる任意団体「放送法遵守を求める視聴者の会」(視聴者の会)が、安倍政権に批判的な報道番組を非難する意見広告を読売新聞に掲載した。 同会の広告は昨年11月に続いて2度目。政権と右派勢力が連動するかのような報道圧力は強まるばかりだ。 読売新聞13日朝刊の1ページ全面を使った意見広告には、「ストップ! TV [続きを読む]
  • 上村遼太さんは、少年法で2度殺された
  • 上村遼太さん殺害事件。9年以上13年以下の不定期刑。なんとまぁ。軽い量刑であることよ。いくらなんでも軽すぎる。人ひとりの命が、たったのこれだけ?上村さんの父君が言う通り、可哀想でならない。マスゴミは「少年法の理念がぁ〜!」と繰り返す。加害少年の更生のほうが優先?殺された上村さんは、もう生き返らないのだから仕方ない?これは「やったもの勝ち、やられ損」そのもの。青年期の9年は大きいと言うが、たったの9年。 [続きを読む]
  • SMAP騒動 労働問題として考える(東京新聞)
  • 【2016年1月21日 東京新聞朝刊特報面】古い体質変わらず独立強行すれば「みそぎ」/断れば干され・・・・ 大半のメンバーが所属するジャニーズ事務所からの独立を検討したものの、元の鞘に収まって存続が決まった人気アイドルグループ「SMAP」。 改めて浮かび上がったのは、日本の芸能界の古い体質である。 TVの生出演で謝罪する姿には、ネット上や夕刊紙で「公開処刑」などと物騒な言葉が飛び交った。 ブラック企業のパワハ [続きを読む]
  • 報ステ古舘伊知郎 NEWS23岸井成格 ダブル降板
  • 【東京新聞 2015年12月26日 朝刊特報面】政権批判がTVから消える日報ステ、クロ現・・・・相次ぎ介入「圧力」で反対意見封じ テレビ朝日系の報道番組・報道ステーションのメーンキャスター・古舘伊知郎さんが、来年3月で降板する。 番組では、コメンテーターとして出演した元経産省官僚の古賀茂明さんが安倍政権を批判したところ、局幹部が自民党に呼びつけられ、事情聴取を受ける一幕があった。 TBS系の報道番組・NEWS23でも [続きを読む]
  • 第3次アーミテージ・ナイ報告書(東京新聞)
  • 【東京新聞 2015年8月26日 朝刊特報面】 米国のアーミテージ元国務副長官やナイ元国防次官補ら超党派の日本専門家が3年前に発表した報告書がにわかに脚光を浴びている。集団的自衛権の行使容認に原発再稼働、TPP交渉参加・・・。 「二流国に転じてもいいのか」と恫喝交じりで突き付けた「提言」が、安倍政権の主要政策と酷似しているのだ。アーミテージ氏ら「ジャパンハンドラーズ」の跋扈は今に始まった話ではないが、中国の [続きを読む]
  • 過去の記事 …