factory652 さん プロフィール

  •  
factory652さん: ガレージキット製作工房factory652
ハンドル名factory652 さん
ブログタイトルガレージキット製作工房factory652
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/factory652/
サイト紹介文市販のガレージキット、プラモデルを「自由、気まま」に製作しています。   
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/05/08 22:46

factory652 さんのブログ記事

  • 光天国「マッキー2号、3号」の製作(その3)
  •                            各パーツの接着  各パーツの接着を行います。接着には2液混合のエポキシ系の接着剤と瞬間接着剤を併用します。はみ出した接着剤を除去し、ポリエステルパテ(黄色い部分)とラッカーパテを併用します。 このキットは、上下分離型となっていますので、うまく接続できるように微妙な調整が必要です。上下の接続部に、板状のマグネットを貼り付けるギミックですが、パ [続きを読む]
  • まじかるひよりんの製作(完成)
  •                        まじかるひよりんの製作(完成) 長らくかかりましたが、ようやく完成となりまにした。完成品は大きく、ボリュームのあるものとなりました。コスチュームも光沢等のメリハリを施したため、他の缶製品とは違う目を引くものとなりました。完成までお付き合いいただいた皆様、ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 光天国「マッキー2号、3号」の製作(その2)
  •           マッキー2号の下地処理  カッター、ニッパーを使いパーティングラインと湯口を除去します。表面は800、1000番の耐水ペパーを使用し均します。パーツの接着部には補強を兼ねて真鍮線とプラ棒を使用し軸打ちを施します(準備)。スジ彫りも表現されていますが、一部に曖昧(失礼)な部分もありますので、若干ですが彫りなおします。 A機のウェポン発射口など、表現されていない部分もありますが、その [続きを読む]
  • まじかるひよりんの製作(その15)
  •                         頭部の製作  頭部のリボンを製作します。薄いので細心の注意をはらいます。また、髪の毛はピンクにホワイトなどを混色し、凹凸の表現を表し塗装します。顔面は右目の塗装だけなので助かります。 [続きを読む]
  • まじかるひよりんの製作(その12)
  •                           スカートの塗装(模様) 山形のホワイトを残し塗装した後、中心のレッドラインを塗装します。これも同じく、マスキングを駆使して、エアブラシで丁寧に塗装します。ペチコート部分のフリルには立体感を強調するため、薄く、ブルーを吹き付けました。 [続きを読む]
  • まじかるひよりんの製作(その11)
  •                         スカートの塗装  スカートの塗装を行います。下地のホワイトの上から濃いピンク、少々のホワイトを混ぜたピンクを陰影が着くようにエアブラシで丁寧に吹きます。乾燥後、スカート部分の白いラインを施すためにマスキングを施します。 [続きを読む]
  • まじかるひよりんの製作(その10)
  •   「魔法のハンマー」の製作 ステッキ部分はアルミ棒と真鍮線で差し込み式となっています。先端のハンマー部分はキャスト、ステッキ部分の「輪」などは透明キャストですが、薄くみどり色を吹き付けました。歪みのないように正確にピンバイスで開口し、瞬間接着剤とエポキシ系の接着剤で丁寧に接着。先端は光沢仕上げとしました。 [続きを読む]
  • まじかるひよりんの製作(その9)
  •                            両腕の塗装  両腕の塗装を施します。下半身の塗装と同じ要領で、フレッシュの後グローブ等をエアブラシで塗装。ブーツと同じく、質感の表現に光沢クリアを一部に施しました。爪にはほのかに、エナメルピンクを筆で塗りました。 [続きを読む]
  • まじかるひよりんの製作(その6)
  •                          コスチュームの塗装  ウエストのリボンの下に付くパーツを塗します。バイオレットに少々のブルーを混ぜ、陰影を施しながらエアブラシで塗装します。縁の凸部分はマスキングを施した後、エアブラシでゴールドを吹き付けます。乾燥後、光沢クリアでコートします。 [続きを読む]