りゅうひ さん プロフィール

  •  
りゅうひさん: 虫の棲む星
ハンドル名りゅうひ さん
ブログタイトル虫の棲む星
ブログURLhttp://musiearth.exblog.jp/
サイト紹介文栃木県発、日々出会う虫たちについて徒然なるままに書いてみてます。
自由文職業は虫やです。
様々な虫・クモ・その他生物など幅広く相手にしています。いろいろな視点で日々出会う虫について語っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/05/09 06:48

りゅうひ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • トゲアリ
  • 栃木県内のとあるところにある時鳥庵にまた訪問させていただいた。詳しくは↓http://jichouan.exblog.jp/しかし採集で訪れたのははじめて。O先生に案内していただくと、やはりとてもよい環境。私自身隣町の里山によく訪れるのだが、かなりよく似ている。最近めっきり少なくなっているトゲアリもここでは健在。巣も見つけることができた。この環境であればトゲアリに寄生するケンランアリノスアブもいるだろう。今度訪れたときに見 [続きを読む]
  • エゾホソルリミズアブかな?
  • 久しぶりの投稿ですみません。。。春爛漫。自宅のサンショウの様子を見にきたら、、、なんと、キラキラかがやく双翅が。最初、アシナガバエかなんかかと思ったらどうも飛び方が違う。止まったのをよくよく見たら、ミズアブではないか。群飛するなんて聞いたことない。まだ、同定してないので確実ではありませんが、エゾホソルリミズアブあたりかな?標本ができたら同定します(この辺は確実にやらないとわからないことが多いので) [続きを読む]
  • カミキリと湿地の虫
  • 今日は県北の調査でした。主にため池を中心に、いろいろ回ってみました。それらで見た虫たちを・・・なんと、オオルリハムシがここで見つかるとは思いませんでした。久しぶりに虫採りした〜という感覚になりました。誘ってくださった、Tさん(men)とTさん(women)に感謝。 [続きを読む]
  • アトコブゴミムシダマシ
  • 日光が初めてだという虫屋の先輩方を奥日光にご案内。だが・・・雨が・・・と思っているうちに雨がふいにやむ。そして、私のご神木で発見。アトコブゴミムシダマシ。本当に久しぶりに見た。フォルムがかっこいい。先輩方にはご満足いただけたようだ(でも少し連れまわしすぎて疲れさせてしまったかもと反省)。奥日光はこれからがよいシーズンです。 [続きを読む]
  • 奥鬼怒
  • 高校生の息子と奥鬼怒に行った。奥鬼怒温泉郷の温泉に行きたいと珍しく言うので、しめしめと思い、連れて行った。というか父がどんな仕事っぷりをしているのかわからせるいい機会だなとも思いまして。朝7:30に奥鬼怒温泉郷へのスタートラインにつく。女夫渕温泉があった跡がとても悲しい。いまでは何もない。いつもよりもゆっくりと歩いていくと・・・ん?あんまり虫がいない・・・どういうことだろう。種数がいつもよりも格段に [続きを読む]
  • 里山の初夏
  • 今日は里山に行った。初夏ということもあり、熱気がだいぶあがっていて、湿度も高い。これは虫も期待できる・・・と思いきや、そうでもなかった。何かがよくなかったかなあ・・・そんな中見た虫の一部を。ヒメトラハナムグリ。けっこう素早く飛んでいってしまうので、なかなかじっくり観察できない。オオミドリシジミ。最近ではけっこう貴重な種になってしまった。安定のナミマガリケムシヒキ。たくさんいた。さあ、夏本番です。体 [続きを読む]
  • カエルキンバエ再び
  • 所用で渡良瀬遊水地に行った。せっかくなので、1か所気になっていたオオルリハムシの生息ポイントへ。この場所は4〜5年前だったろうか増水により大打撃を受けた場所である。その時期はおろか次の年でもオオルリハムシが見られなかった。シロネをまず探していく。あった。しかもけっこうある。これは期待できると思い、シロネをひとつひとつ見ていく。先端付近や葉の付け根に彼らはいることが多い。しかしまったく見当たらない。ハ [続きを読む]
  • ビロウドサシガメ
  • 今年最初の投稿となってしまいました。半年もさぼっていたとは・・・スミマセン。仕事でオオハリアリが必要なので、自宅で石起こしをして探していたら、ビロウドサシガメが。素敵なフォルムのカメムシです。うちにもいたんだねえ。知りませんでした。また1種追加です。肝心のオオハリアリは、引っ越ししていましたが、見つけることができました。 [続きを読む]
  • 増水2ヶ月後の里山
  • 栃木県では9月に大増水がありました。人間を含む生き物にとっては予想を超える雨の量に為す術もない、というか対策の仕様がない、というのが本当のところでしょうか。歴史的にもこのような増水は繰り返され、そのたびに生物は生き様を変えてみたり、それなりの生き方を余儀なくされ、それが続いてきたわけです。この場所でも少なからずその跡がみられました。これがどのようになっていくのかな。私の視点は一般の人と少し違うかも [続きを読む]
  • アオスジハナバチ2015
  • お盆が終り、ご先祖様をお送りした後、いつもこの時期に自宅に集まるアオスジハナバチを撮影した。アオスジハナバチは北限が栃木県(おそらく現在のところ大田原市)にあり、栃木県のレッドリスト種(要注目)に指定されている。腹部の青い筋が真夏の太陽光に照らされてとても美しい。あまりよい写真ではなかったのですが、記録として載せたいと思います。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …