ぴよきち さん プロフィール

  •  
ぴよきちさん: だらだらPiyauchen Heute
ハンドル名ぴよきち さん
ブログタイトルだらだらPiyauchen Heute
ブログURLhttp://piyaux.seesaa.net/
サイト紹介文メゾソプラノの歌手です。オペラやコンサートで歌っています。たいていはイヤなヤツの役です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/05/09 23:24

ぴよきち さんのブログ記事

  • マーラー交響曲第3番
  • 11日は京都コンサートホールでマーラーの交響曲第3番の本番でした。2012年に歌ってから2回目。デア・フェルネ・クラングという、プロアマ混成のオーケストラで、指揮は角田鋼亮さん。角田さんとは、回数は多くないけど、私にとって大きくて思い出に残る仕事の副指揮でご一緒していたので、彼の指揮で歌うのがとても楽しみでした。長大なマーラーのほかに、前プロとして30分ぐらいあるチェロのコンチェルトつき。当日の朝のリハー [続きを読む]
  • ラインの黄金
  • あっという間に5月も終わりです。早いな〜。そして、梅雨はいずこ?すっかり夏な感じですね。暑いけど、エアコンかけると寒いし、切ると暑いし…体調管理の難しい季節です。そんな中、先週はラインの黄金@日本フィルでした。2日間のオケ合わせ、ホールでの通し稽古からの2回本番。通常のオペラの稽古よりずっと凝縮された日程でしたが、とても和やかなチームとして乗り切れた気がします。私は3月のびわ湖から引き続いてのエルダ [続きを読む]
  • Misa Tango
  • 今年はいろいろ初体験がありますが(NHKニューイヤーとか!)、ラフォルジュルネにも初出演いたしました。ルイス・バカロフ作曲「ミサ・タンゴ」です。バカロフさんは、主にイタリア映画の音楽で有名な方なようで、「続・荒野の用心棒」とか「イル・ポスティーノ」の音楽を書いた方。アルゼンチンタンゴとクラシックを融合させたクラシカルな作品もお書きになってます。「ミサ・タンゴ」は典礼文(お祈りの言葉)のスペイン語版が [続きを読む]
  • 関西フィルでミサソレムニス
  • 関西フィルでのミサソレムニス、とても幸せに終演。疲れていたら…と念のためにとっておいたもう一泊もキャンセルし、早めの新幹線で帰宅しました。帰りの道中、明日オケ合わせのバカロフのおさらいをしようと思っていたのですが、頭の中のベートーヴェンが鳴りやまず。お勉強は諦めて余韻に浸っていました。以前にも書いたのですが(こちら)、なんか気の合うベートーヴェン(笑)。柔らかく繊細なところと、激情というか、抑えき [続きを読む]
  • 大阪でミサソレ
  • 今週末のミサソレのために大阪に来ています。ソリストだけのリハーサルが既に二回ありまして、明日からはオケと合唱団と合流です。ちなみに大阪でミサソレやるの2回目なのですが、東京では「ミサソレムニス」大阪では「荘厳ミサ」とチラシに書かれてることが多い気がします。サンクトゥス(神様を讃えてて普通は景気良かったりする)が渋かったり、アニュス・デイが若干逆ギレ気味だったり、なかなかドラマティックで素敵な曲。揺 [続きを読む]
  • 仕込み中
  • ちょっとTwitterにも書きましたが、お勉強には遠慮なく人の手を借りることにしています(笑。自分の角度からだけでは見えないことが見えたりします。ありがたや!初めてではないものは、2ヶ月ぐらい前から練習を始めますが、初めてやるものは半年とか、分量によってはもっと早くからとりあえず読みます。楽譜を見てしっかり歌えるようになるまでが第一段階。ここから少し寝かせる場合と、すぐに次の段階に持っていくものがあった [続きを読む]
  • 台所
  • 春っぽいけど、まだ寒い…。今日は気分だけでも春っぽく!と、カバンと襟巻きをピンクにしてみました。こういうのは男の人は気がつかないけど、劇場出るときに合唱のお友だちに会って「寒くても冬物じゃなくて春な感じにしたいよねー」と気づいてもらえてよかった(笑)。秋からのシーズンの譜読み(時間かかるんで…)をやりつつ、夏までの本番のものも練習とか覚えるとか…仕込みなうな生活なので、家にいる時間が長いです。うち [続きを読む]
  • エルダ!
  • ワーグナーの作品から、オペラアリアとして歌える「ほどよく1人で歌い続ける」場面はあまり多くありません。特にメゾ・アルトとなると、ヴァルトラウテの語りとかオルトルートの呪い、そしてこのエルダぐらいじゃないかな。あとは、アリア集に無理やりヴォータン部分を割愛したワルキューレのフリッカなんかも入ってますけど(笑)。エルダさんは、ヴォータンが「指輪を手放したくないない」とごねてるところに「緊急事態なので私 [続きを読む]
  • びわ湖!!
  • その後無事にお稽古にも呼ばれ(笑)、ラインの黄金いよいよ劇場入りになります!私は一足お先に昨夜やってまいりました。今日と明日でオケ合わせと場当たりを組み替えで交互に。わくわくします!先週末には、毎年行っている生徒のバレンタインコンサートもありました。今年は昼と夜の二回に分け、門下外の方にも出演いただいて、幅広いプログラムでお届け。そして毎回お願いしている「花束や差し入れの代わりに募金を!」もお客様 [続きを読む]
  • 地底
  • 春〜は名のみ〜の〜 風が冷たい日も多いですね。花粉やら他のものやら、いろいろ飛んでいて、ちょっと鼻タレな今日この頃です。びわ湖ホールの「ラインの黄金」立ち稽古が始まっておりますが、エルダはまだ登場しておらず、自宅待機の日々。うちのスタジオは地下なので、エルダのように地下で待機、なんつて。去年は出ていないので、2年ぶりの大津。オペラなので滞在日数も多め。一昨年帰ってきた時に大型のスーツケースが壊れち [続きを読む]
  • 春の気配
  • 普段は宅配で食品も買っているのですが、今日は出かけたついでにスーパーに寄ってみました。おいしそうな苺と菜の花を購入!今週はぐっと冷え込んできてますが、春の気配ですね〜。ニューイヤーオペラコンサート、生放送の時は直前に身の回りの方にお知らせするのを忘れていて、あちこちから「知ってたら見たのに!!!」とのコメントをいただいてしまいました…。ごめんなさい!というわけで、再放送があります。〓?1月14日(土 [続きを読む]
  • ニューイヤーオペラコンサート!
  • NHKのニューイヤーオペラコンサートに出演いたしました。終わってすぐに続々とメール。スマホの画面を見るたびに、facebookのおしらせが50とか60とかなっていて、全国放送の威力!遠くにお住いの方や、子どもの頃以来の懐かしい知人からの連絡もあったりして、広く伝わるって嬉しいことだなと思いました。オペラとは手順が違うため、当日は割と早い時間にホール入りし、メイクも衣装もすべてつけたリハーサルをした後に長めの休憩 [続きを読む]
  • 来年の予定など
  • 気圧のアップダウンが激しいですね。体調管理の難しさを感じる季節ですが、ありがたいことに風邪もひかず、年内の本番すべて歌い終えました。最後の本番は、群馬交響楽団さんとの佐野での第九。素直な声の合唱団に気心の知れたソリストチームで、ベートーヴェンにも喜んでいただける演奏になったかな?鹿鳴館ぶりの飯森マエストロ、男声はおなじみの村上くんと大沼くん、ソプラノは以前島根で復活をご一緒した馬原さん。安心なチー [続きを読む]
  • 名古屋に行きました!
  • 12月も半ば過ぎましたね。名古屋フィルの第九を終えて、あとは佐野の第九とニューイヤーのリハーサルで年内は終わりです。名古屋フィルには久しぶりに伺いましたが、11年ぶりにご一緒したモーシェ・アツモンさんの現役引退公演とのことで、なかなか思い出深いコンサートとなりました。ソリストチームは柔軟にマエストロのご要望に応えられたのではないかな(自画自賛?!)。古典らしくスタイリッシュで、優しさと強さのある音楽づ [続きを読む]
  • 遺伝
  • 昨日は今シーズン初の第九でした。主人の入っている会社オケのイベントで、お客様もたくさんいらして盛り上がりました。テノールになった今尾滋さん、佐藤亜希子さん、わたし、牧野正人さん。いつも写真撮り忘れちゃうので、出の前に撮っていただきました。なので暗くてごめんなさい!髪を短くしてから初の本番でしたが、ドレス姿をイメージして少しクラシカル(昭和風味?)につくってもらったので、まあ割といい感じ?でも毛先が [続きを読む]
  • 年末へ向けて!
  • 気がつけば1ヶ月近くのご無沙汰になってしまいました。11月は演奏のお仕事がなかったので、なんとなく書きそびれていました。12月は第九とともに、ニューイヤーのお稽古も始まりますよ!先日発表になりましたが、私は《トリスタンとイゾルデ》の”愛の死”を歌います。またイゾルデを歌えるなんて嬉しい!!1月3日夜にご自宅にいらっしゃる方は、ぜひテレビでご覧下さい。フィナーレの《ファルスタッフ》も楽しみ!20年ぶりなので [続きを読む]
  • Stabat Mater
  • 新日本フィルStabat Mater、大変良い感じのコンサートになったのではないでしょうか。残念ながら2日とも少なめのお客さまだったのですが、終演後かみしめるような沈黙の後の拍手は熱く長く、大変嬉しく終えることができました。マエストロ・ヘンヒェンとは3回目でしたが、物腰柔らかく、的確で職人然としたリハーサルでしっかり骨組みを作り、本番は熱く。私は初めて演奏する曲でしたが、安心して音楽することができました。とはい [続きを読む]
  • 年末年始!
  • 体育の日あたりから急に気温が下がりましたね!子供の頃からアレルギー持ちの私は、寒暖の差が激しいとちょっと苦しい…。冬なら冬で落ち着いてください!といった感じです。そんなわけで、少し低調な先週でしたが、まあ夏の疲れも出たのでしょう。少しのんびりするよう心がけてここ数日過ごしました。いよいよ今週末はドヴォルザークの本番ですし!お久しぶりのマエストロ・ヘンヒェンとご一緒するのも、名曲Stabat Materを歌える [続きを読む]
  • 虫の知らせ
  • 虫の知らせといいますか、なーんかこうした方が良い気がするなぁ、と感じることがあります。昨日はオフだったので、家でゴロゴロダラダラしていたのですが、夕飯を作るのが面倒になり、駅まで食べに行くことにしたのでした。夫はオケのハシゴで留守。最近ちょっと考えることとかあって気分がすっきりしないこともあり、誰か軽く飲んだりしたくないかしら…とか思いつつ。そして、駅前でラーメン(お気に入りの店!)食べるだけなん [続きを読む]
  • フィードバック
  • もう1週間以上たってしまい、舞台の上で過ごしていた時間が少し遠く感じられるようになりました。今までになく、終わってからもいろいろな反応が多数寄せられ、大きなプロジェクトであり、大きな舞台だったのだなあと感じています。長時間のオペラですので、普段あまりクラシックは聞かないという方にお勧めするのはどうかなとも思ったのですが、終わってみると「長く感じなかった」「最後は泣いてしまった」などのお声を多数いた [続きを読む]
  • 《トリスタンとイゾルデ》終了
  • タイトルを打ち込んだだけで、寂しい気持ちがしますが、《トリスタンとイゾルデ》公演が終了いたしました。生身の楽器で勝負するオペラ歌手にとって、自分の適性にあった役を適切な時期に歌う機会に恵まれるというのは、本当にまれなことだと思います。歌をお仕事にして23年。今まで悔しい思い、もどかしい思いも多々ありましたが、このような機会を得られ、辞めなくてよかったなと心から思っています。大きなプロダクションでの主 [続きを読む]
  • エネルギー
  • いよいよ舞台でのお稽古になりました。昨日は場当たりとよばれる、実際の舞台と稽古場との違いを確かめ、モニターなどの位置関係、距離感などを確認する作業の後、ピアノでの幕通し→ダメだし という手順でした。衣装が大きくて重いものが多い為、大急ぎで衣装の直しを進めていただき、昨日から9割がた衣装をつけてのお稽古。私のはすべて揃ってました。ありがたい!!今まで稽古場でやってきたことのほかに、指揮モニターの見え [続きを読む]
  • 嵐の日も
  • たくさん台風が来ますね。雨にも風にも困難な交通事情にも負けず、チームトリスタンはお稽古頑張ってます。今日は、マエストロ合流前の最後の立ち稽古。久しぶりに1幕をやりました。1幕はいろいろ芝居の手数が多く多く、ちゃんとやらないとそのあと困ってしまいます(笑)。段取りとか得意なメゾの体質で、なんとか上手くいってますが…出ずっぱりはやはり大変ですね。そんなメゾルデなわたくし、たまーにオクターブ下げて歌ったり [続きを読む]
  • 奉仕
  • 前回のポストでお知らせした「ハンナ」が発売になりましたね!「わ」の会レビューのほかに、別組イゾルデ横山恵子さん、そして私のトリスタン福井敬さんのインタビューが掲載されているようですよ!!私も早速注文しました♪さて、そのトリスタンのお稽古も始まっておりまして、1〜2幕は出ずっぱりのイゾルデさんは7日間連続出勤。体は疲れますが、集中が切れないので、連勤はわりと好きです(笑。おかげさまで2幕までの段取りが [続きを読む]
  • 嵐の前
  • 週明けには大きな台風が来るとか?来週はとうとうアンサンブル稽古の総集編(全員で通す)があり、いよいよ立ち稽古に入るのですが…。IM歌劇団風に、私もだんだん嵐を呼ぶ能力を身につけつつあるのでしょうか?(笑そういえば、イゾルデは1幕で自分の一族に授かっ(てい)た能力について語ります。今は薬酒を醸すことしかできないが、かつては海や嵐を思うままに操ることができたのだそうです!!いま暗譜をがんばっていて、「わ [続きを読む]