BAJA さん プロフィール

  •  
BAJAさん: Mountain Forever
ハンドル名BAJA さん
ブログタイトルMountain Forever
ブログURLhttp://takehisa.blogspot.jp/
サイト紹介文山歩きを中心に、野宿しながら写真を撮って、時々美味しいお蕎麦を食べることを楽しみにしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/05/11 23:05

BAJA さんのブログ記事

  • 猛暑、くる
  • 7月2回目の三連休は、とうとう最終日となりました。明日から3営業日の仕事の後、ふたたび三連休です。もう仕事の疲れを休みで癒やすのか、休みの疲れを仕事でとるのか、わからない状況です。もっとも、私は週末の撮影疲れを5日間で癒しているのですけど...梅雨明けしたのにパッとしない天気で、予定した撮影は殆どできませんでした。今日も早朝は曇りということで遅い朝となり、朝食後に蓮の撮影に行きました。曇りなので条件が [続きを読む]
  • 長嶋厚樹 写真展: 星のある風景 Vol.2
  • 写団薬師多摩教室の写友Ya氏から、星景撮影に興味がある人はぜひ、という強いお勧めがあり、観覧に出かけました。お話を伺うと、4×5は1点、6×7やディジタルの作品で構成されていました。ポジによる作品は素晴らしく、丁寧に作り込まれている印象があります。長嶋さんともお話し、貴重な意見交換ができました。来月の星撮りに活かせれば、と思っています。そのためにも、晴れてもらわねば...会期: 2017年7月21日(金)〜7月27日( [続きを読む]
  • 梅雨明けのお花畑〜扇風機を使わなかった車中泊〜
  • 7月2回目の三連休も天候が悪く、お山に行っても狙った撮影はできないことから撮影地候補を探していました。ある高名な風景写真家の方がSNSにアップした百日草の作品を観ていたら、急に撮影しに行きたくなり車中泊で行ってきました。ちょうど百日草が見頃で、富士山も絡めて撮影できる人気撮影スポットです。写友のNa氏が昨年撮影した作品をアップしていたので、助言をもらって出発です。帰宅渋滞に遭うこともなく、ほぼ予定通りに [続きを読む]
  • 猛暑の予感
  • なかなか、関東は梅雨明け一歩手前で足踏み状態です。三連休 (私にとっては1回目) も日中は晴れても、早朝や夜中に空が抜けることは少なく、あまりチャンスに恵まれませんでした。今日も、もしかしたら朝日が顔を出してくれるかな、と期待したのですが、どんよりとした雲が晴れることはありませんでした。そのぶん、花曇りとなり緑や花の撮影には良い条件となりました。そろそろ合歓の花も終わりに近づいています。梅雨明け前他に [続きを読む]
  • 写真展観覧: PENTAX KPの世界 & Team Around Fifty
  • 暑いですねぇ〜。数日前からの腰痛と撮影候補地の天候が芳しくない、ということから出発30分前に予定を変更して三連休は地元でノンビリです。とはいうものの、昨日は車中泊で撮影、今晩も車中泊にするか翌未明に出発するか悩んでいます。さて今日は撮影はお休みで、ほとんど出番のないフラッシュ(スピードライト)のデュフューザーの購入ついでに、2つの写真展を観に行きました。一つは、「PENTAX KPの世界」と題したプロ写真家によ [続きを読む]
  • 真夏の賛歌
  • そろそろ関東も、梅雨明けが近くなってきた気がします。三連休は久しぶりに山へビバーク撮影に行こうと予定していたのですが、出発直前の確認で天候が悪くなる予報に変わったため、全体の雲の動きから撮影は難しいと判断して急遽予定を変更しました。数日前から腰が痛くなり、登れるか微妙な感じ、ということもありました。関東地方は天気が良さそうなので、いつもの場所へ車中泊です。わかりにくい所に停めたのですが、さすがお巡 [続きを読む]
  • 渓谷の彩り
  • 撮影懇親の後、汗を流してさっぱりしてグビグビといきたいところをぐっと我慢して、夕食後に車中泊で撮影に出かけました。本当は、撮影懇親の前に撮影に行く予定だったのですが、完全に寝過ごしてしまったのです。今回は寝過ごさないよう、車中泊しました。少し涼しくなるのかな、と思ったのですが、全然そんなことはなくて暑く暑くて扇風機は全開、ドアも全開での一人宴会となりました。今度は寝過ごさず、ちゃんと起きて撮影し帰 [続きを読む]
  • 真夏の撮影懇親
  • 昨年撮影に行った神代植物公園へ、写団薬師多摩教室のメンバー数人と撮影懇親に行きました。たまたま新しい方が集まり、教室ではお話する時間が少ないので良い機会となりました。朝から陽射しが強く昨年と同じパターンとなりました。それでも雑木林は日陰で涼しく、楽しく撮影ができました。心地よい木陰 (ヤブミョウガ)空覆う (たぶんクヌギ)ニョキニョキ (不明)お昼のあとは、木陰から日向に出たので、一気にバテました。爽やか [続きを読む]
  • 山岳写真同人四季 創立50周年記念写真展
  • 終わってしまっていたと、開催期間を勘違いしていた写真展を観に行きました。50周年ということで、50年も続いているということも凄いですね。八ヶ岳を中心とした作品が集められ、見ごたえがあります。3月にヘタレ山行撮影に行っただけで、しばらくちゃんと登っていないので忘れていたところも多く、久しぶりにじっくり登ってみたくなりました。会期: 2017年6月22日(木)〜7月4日(火)会場: ヒルトピア アートスクエア (ヒルトン東京B [続きを読む]
  • 梅雨の合間に
  • 3週続けて、ホタル撮影に出かけました。おそらく今週末が (私が撮影に行ける) ラストチャンスと考え、再度3台体制で臨みました。まだ明るい夕方に現地入りし、3時間近く待つことになりました。もちろん何もしないで待つのは馬鹿らしいので、紫陽花を撮影してみました。ここは開花が遅いので、ちょうど見頃になっています。梅雨の合間にむしっとした空気で、ホタルが飛ぶ1時間半前にコンポジット撮影の準備をしました。ここは放置と [続きを読む]
  • あじさいの楽園を訪ねて
  • 写団薬師多摩教室のホープUさんが撮影し、評判が良かった紫陽花を撮影に行ってみました。午後からの雨を期待したのですが全く雨は降りませんでした(地震はありました)が、あじさいだけでなく探せば色々とありそうです。ふたりの時間私は、一人孤独に撮影を続けます。少しあじさいから離れると、新緑や紅葉の時に良さそうな林が続きます。森人の梯子やっぱりあじさいが気になるので、再びあじさいを撮りに戻りました。梅雨の彩り探 [続きを読む]
  • 夏の夜の乱舞
  • 所用ついでに、ちょっとだけ休みをとって先週に続いてホタルの撮影に行ってみました。平日にも関わらず、既に5〜6名はスタンバイな状態でした。考えていた構図の場所で、何か違うなぁと悩んでいたら、「入るから場所を変えてほしい」とのことで、素直に応じました。先客の方に入らない場所を確認して、その辺りで考えていた構図になる場所を探しセッティングしていると、ホタル撮影のエキスパートだと言わんばかりの方が、「君は私 [続きを読む]
  • 夏の予感
  • 紫陽花が気になり、いつもの公園へ撮影に行きました。そのまま今日はホタルの撮影をロケハンし、車中泊してハイキングを予定しました。5月末に撮影した府中郷土の森では、そろそろ見頃になる頃だろうと撮影に行ってみました。日中は日差しが強かったので、午後の雲も出て陽射しが柔らかくなる頃を狙ったのですが、変わらず日差しも風も強い状態で、何ともしようがない状態での撮影となりました。切り上げる前に、静かに撮影できる [続きを読む]
  • 写真展観覧:山本学写真展「Jpanesque」/ 写団「群峰」第34回群峰展
  • 所用があり、午後は休みをとりました。所用のついでというわけではありませんが、2つの写真展を観に行きました。一つは、山本学氏の個展「Japanesque (ジャパネスク)」です。前評判通り素晴らしく、極紙という和紙を使った作品は1点1点が丁寧に絵作りされていてました。照明も暗めのセッティングで作品にマッチして良かったのですが、正面に立つと反射がきつくなる事が多かったのが残念でした。水 (だけではないのですが) が苦手な [続きを読む]
  • 初夏の歓び
  • ちょっとした狙いもあって、ゆっくりしたかった日曜の早朝から出かけてみました。もしかしたらと光芒狙いだったのですが、なんと移動してから光がさしはじめて「おい、おい、おい」という感じです。ちょうど、端境期というのでしょうか、ポイントとなるものがありません。こんな時こそ、色々なものに目を向けての被写体探しも楽しいものです。苦手な太陽キラ〜ンに、挑戦してみました。初夏の陽射し(ガクウツギ)少し前まで、ハナネ [続きを読む]
  • Strawberry Moon
  • 6月の満月だそうです。調べればわかることですが、アメリカでは6月が苺の収穫時期で月も苺の様に色づくんですね。理由は、月の高さにあります。6月の月は太陽とは逆に地上から見ると低い位置を通過するため、空気中を通過する距離が長くなります。つまり、朝日や夕日の様に赤い色の周波数だけが目に届きやすくなるため、赤っぽく見えるというわけです。おそらく12月頃の月と比べると、高度が半分くらいではないかと思います。もっ [続きを読む]
  • 山本一写真展: 故郷かさねいろ〜日本の美意識〜
  • 高橋清氏のパーティでお近づきになれた山本氏の個展を、仕事帰りに観に行きました。何とも言えない、落ち着いていて、それでいてグッとくるものを感じました。山本氏の優しいお人柄が、色合いにも出ていて、とても刺激を受けました。今週末は、どこへ撮影に行こうか思案しながらの帰宅となりました。都会に暮らす人も心奪われる「いろ」との出会い山本一写真展「故郷かさねいろ」〜日本の美意識〜http://fujifilmsquare.jp/photosa [続きを読む]
  • 第30回 里ほっとワークショップ
  • 長野での撮影が芳しくなく、睡蓮の撮影でやや持ち直したところで、見沼への大移動です。途中、経路を見誤り渋滞にはまり夕景の時間には間に合いませんでした。やっぱりT市の通過は良くないなぁ...里ほっとメンバーから教えてもらったホタルの撮影には十分間に合ったので、買い物を済ませてから現地へ向かいました。案内の人に誘導されて、ポイントを探しますが良くわかりません。それでも、ポツポツと光るホタルを確認でき、ピ [続きを読む]
  • 初夏の避暑撮影
  • 6月2日金曜日は、会社のゴルフ休暇ということで三連休となりました。木曜夜は、野暮用があり夜から出かけられなかったので、金曜朝の出発となりました。暑くなるようなので、標高のある場所で夕景から星景、朝と撮影する予定だったのですが...現地について、三脚三台、カメラ三台とフル装備でポイントへ向かうと...なんと!ポイントへ入れないではありませんか!なんとか侵入を試みますが、ムリなものはムリ。まさに、『ガラ [続きを読む]
  • プロフェッショナル: より高みを目指す
  • もう、かれこれ写真撮影をはじめて10年になります。コンテストにも応募していますが、なかなか選ばれません。コンテストの入選常連の方に伺うと「コンスタントに出し続けていれば、そのうち拾われる様になる」ということですが、一向に拾われる様子もなく毎回大手を振って返ってきます。(私からすればコンテスト入選の常連者を含む) プロフェッショナルと、アマチュアとは何が違うのか、ちょうどSNSで紹介されたブログが気になった [続きを読む]
  • 初夏の薫り
  • 車が使えないので、週末はおとなしく地元の郷土の森へ行ってみました。そろそろ、初夏の花の便りが聞こえてきそうです。午後の方が雲が出て花を撮るには良さそうと思い、久しぶりにノンビリと撮影できました。先週は、まだまだと思っていた紫陽花が咲き始めていて、葉も綺麗で色もよく撮影するには最高な条件でした。The Summer Crown暑い夏の予感地元の武蔵国府太鼓の保存会の方々の演奏会が、行われていました。太鼓の響きを聞き [続きを読む]
  • 真夏な春の渓流
  • 今日は某大学研究室の研究会総会で学位を取った修了生の集まりがあったのですが、所用があり欠席しました。その所用まで時間があるので、日の出前に自宅を出て撮影に行ってきました。真夏日となる予報だったので、少しでも涼しいところでの撮影と考えました。気になっていた初めての場所へ、行ってみることにしました。とはいうものの、車をおいて20分も歩くかどうかの場所です。風景写真家のSさんがヒメレンゲの作品を投稿してい [続きを読む]
  • 雨あがり
  • 昨日、雨の中の撮影となった郷土の森に、再び行ってみました。帰り際に撮影した落花がどうなっているか、あの木は何なのか、というのが気になっていました。開門直ぐに訪れたのですが、既に入場している方がいますが、まだまだ数は少ないようで園内は作業している方ばかりです。ポイントへ移動してみると、昨日よりも落花の数は増えて白い絨毯のようです。座り込んだり寝そべったりして撮影してたら、スタッフの人から笑顔 (苦笑い [続きを読む]
  • 春、冷たい雨
  • 黄金週間の撮影旅は、準備を含め予算オーバとなってしまったため、これからしばらくは近所での撮影となりそうです。今週は車が使えないので、チャリでの移動です。例年、ムサシノキスゲが自生している標高80mの浅間山や近くの公園に撮影に行きます。ムサシノキスゲはニッコウキスゲの変種で、東京近郊の低地の乾いた土地で自生しています。絶滅危惧種で、浅間山は唯一の自生地だそうです。ちょうど黄金週間明けに見頃になり、他に [続きを読む]