wagtail さん プロフィール

  •  
wagtailさん: 野鳥との語らい
ハンドル名wagtail さん
ブログタイトル野鳥との語らい
ブログURLhttp://sikisaiki2.blog.fc2.com/
サイト紹介文偶然見掛けた可愛い野鳥たちの姿。そんな馴染みの鳥たちとの出会いを気軽に写真で楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 107日(平均3.7回/週) - 参加 2009/05/13 09:51

wagtail さんのブログ記事

  • シジュウカラの 羽繕い
  •  各地に大きな爪痕を残して北上していった台風18号。 幸いなことにわたしの「散歩道」周辺では、松枯れ病の枯れたアカマツが数本で、大したこともなく件北方の日本海を通過していきました。 「台風一過」という言葉がありますが、すっきりと晴れ渡り、朝から青空が広がりました。(今日の散歩道)   ヒヨドリ、キジバト、イカル、シジュウカラ、スズメ、ガビチョウ、ハシボソガラス、モズ、トビ、エナガ、コゲラ [続きを読む]
  • 電柱にたたずむ キジバト
  •  毎朝必ず聞こえてくる鳴き声。 今朝も目覚め一番聞こえてきたのはこのキジバトの鳴き声でした。 野鳥の姿が少ない時の絶好の被写体になっています。(今日の散歩道)   キジバト、ヒヨドリ、トビ、ハシボソガラス、イカル、シジュウカラ、モズ、スズメ、ガビチョウ [続きを読む]
  • 菜園の スズメ
  •  ここは、同好の士達が気軽に作業し合う市民菜園だろうか。 用事でちょっと出掛けた日の昼近く、強い陽射しがサンサンと照りつけていました。 小さく区画された菜園では、野菜を作る人もあれば、花を咲かせて楽しむ人もいるようです。 花の咲いた畑の手前に野菜が倒れないように立てられた支柱で、スズメたちが羽根を休めていました。 長閑な菜園風景です。(今日の散歩道)    キジバト、ヒヨドリ、モズ、イカル、シジュ [続きを読む]
  • 餌を探す シジュウカラ
  •  厚い雲が立ちこめ、今にも雨が落ちてきそうな朝でした。 晴れ渡った日に比べると、こんな重苦しい雰囲気の朝は、鳥たちも余り活動的でないことが多いものです。 「きょうも空振りだろうか…。」 そんなことを思いながらアカマツの林を重い足取りで歩きました。 出現した鳥たちは予想通り少なかったのですが、シジュウカラがコゲラと混群をなし、餌を探しながらゆっくりと木から木へと移動していきました。(今日の散歩道)  [続きを読む]
  • 茂みから顔を出した ガビチョウ
  •  さきほどから、低く濁った声で、ビュッ、グルッといった余り聞き慣れない声が、雑木林の低層の藪から聞こえてきます。 何の鳴き声か分からず姿を捜しますが、なかなか見付かりません。 すぐ目の前の茂みの枝が微妙に動いているのが分かるのですが…。 動く枝付近をジーッと見ていると、茂みの中から突然ガビチョウが姿を見せました。 いつもはクロツグミに似た大きな声でなくガビチョウが、まさかこんな近くで姿を見せるとは [続きを読む]
  • 松の枯れ枝にとまる シジュウカラ
  •  歩けど歩けど、今朝もなかなか鳥たちの姿を見ることができません。 例え姿が見られたとしても、葉の密生した雑木の陰だったり、高木の梢近くで撮影ができなかったりすることが多いのです。 ちょっとひらけた小鳥の姿が見られる場所となると、以前も姿を見せたあの松枯れにかかったアカマツの小枝あたりなのです。 まだ若いシジュウカラでしょうか…。(今日の散歩道)   モズ、キジバト、スズメ、ヒヨドリ、ハシボソガラス [続きを読む]
  • 口笛のように囀る イカル
  •  雑木林の梢から、キョッキョッという地鳴きと共に、キヨコキーという口笛のような澄んだ囀り声が聞こえてきます。 葉の間からようやくその主を見付けることができました。  (今日の散歩道)   ヒヨドリ、モズ、キジバト、スズメ、ハシボソガラス、シジュウカラ、イカル、コゲラ、エナガ、トビ、アカゲラ、コゲラ、イワツバメ、カワラヒワ、メジロ、カケス、モズ [続きを読む]
  • ヒヨドリの 羽繕い
  •  間もなく日の出を迎えようかという散歩道、灰色の空をバックにしたニセアカシヤの梢で、いつもは賑やかに鳴き声をたてるヒヨドリが珍しく静かに羽根を休めていました。 やがて、ゆっくりと羽繕いを始めました。 重苦しい空気感が漂い、小鳥の声さえ聞こえてこない、静まりかえった朝でした。(今日の散歩道)   ハシボソガラス、スズメ、ヒヨドリ、モズ、カワラヒワ、ホオジロ、シジュウカラ、イカル、イワツバメ、キジバト [続きを読む]
  • 初秋を迎えた モズ
  •  9月を迎えて、二日目。 日中はまだまだ暑さが厳しいとは言うものの、朝夕は随分涼しさが感じられるようになり、時には半袖からでた腕がひんやりと感じられる日さえあります。 秋の気配があちこちから忍び寄ってきます。 秋といえば「モズの高鳴き」も秋の風物詩の一つといってもいいでしょうか。 少しずつ木の梢などのひらけた場所でモズの姿が目立つようになってきました。(今日の散歩道)   キジバト、ヒヨドリ、スズ [続きを読む]
  • 葉陰から覗き込む ヒヨドリ
  •  ヤマザクラの梢の枝先から、一羽のヒヨドリがこちらを覗き込むように見つめています。 この時期は、これだけ体が見えたらオーケーとする位、小鳥の姿を観察できる少ないチャンスに恵まれたとしても、葉の陰になって全身が見えないことが多いのです。 時には一時間ほどの朝の散歩中、一度もシャッターを押すチャンスが巡ってこない朝もあります。 それでも、健康保持も兼ねている朝の散歩には雨が降らない限り出掛けるわたしで [続きを読む]
  • フェンス上を歩く キジバト
  •  ここはとある高等学校のテニスコートです。 テニス場の周囲を囲むフェンスはすっかり赤くさびて、蔓植物が絡まって最上部まで伸びてきています。 この暑さ続きですから、夏の間はテニスをする高校生の姿もなく、雑草も大分はびこってきています。 人気もなく、草が伸び放題となると、野鳥が見逃すはずがありません。 今朝は、キジバトがやってきて、フェンス上を右に左にと歩いていました。(今日の散歩道)   キジバト、 [続きを読む]
  • 雨上がりの朝の モズ
  •  大分本格的に雨が降った翌日の朝、まだ草木はしっとりと雨に濡れており、たくさんの雨粒が宿っていました。 家を出てすぐのおくまった所に竹藪がありますが、そこで時々モズの姿を見掛けます。 この朝も、横に伸びた細い幼竹に雌のモズが姿を見せていました。(今日の散歩道)   ガビチョウ、キジバト、ハシボソガラス、スズメ、ヒヨドリ、イワツバメ、イカル、シジュウカラ、サンショウクイ、ホオジロ、カワラヒワ、ホオジ [続きを読む]
  • 精彩を欠く ヒヨドリ
  •  昨日はこれでもかというほどの厳しい残暑。 西日がさす夕暮れ時、その暑さはピークに達しました。 一転、今朝は朝から暑い灰色の雲が垂れ込め、いつ降り出してもおかしくないような重い雰囲気の朝となりました。 そんなドンヨリとした曇り空を背景に、枯れかかったサクラの枝にとまったヒヨドリの姿もまた精彩に欠けて見えたのは、気のせいでしょうか。(今日の散歩道)   ヒヨドリ、キジバト、スズメ、カワラヒワ、ホオジ [続きを読む]
  • 羽繕いする カワラヒワ
  •  電線止まりの鳥ばかりで、風情に欠ける景色です。 気の毒にでも思ったか、羽根を休めていたカワラヒワがゆっくりと羽繕いをして見せました。(今日の散歩道)   ハシボソガラス、ツバメ、モズ、カワラヒワ、ホオジロ、イカル、コゲラ、ガビチョウ、シジュウカラ、サンショウクイ、ヒヨドリ、ヤマガラ、キジバト [続きを読む]
  • 草の茂みで見付けた ホオジロ
  •  草いきれでムンムンとする草藪の中で、草の葉が小刻みに動いているのを見付けました。 草の茂みに目をこらすと、藪の中にいました、ホオジロです。 草の葉に被らない角度を模索し、ようやくファインダーの中にホオジロの姿を入れることができましたが、残念なことにピントがいっていません。 夏場の野鳥撮影は、常に草木の葉と鳥が被らないように撮影する苦労が伴います。(今日の散歩道)   キジバト、ガビチョウ、ヒヨド [続きを読む]
  • 賑やかな ヒヨドリ
  •  夏から秋にかけては、様々な草木が次の世代を残すために実を結ぶ時期です。 まだ野鳥たちが餌にするにはちょっと時期が早いのですが、実を結んだばかりの木の梢でヒヨドリが鳴いていました。 相変わらず、甲高い賑やかな声です。(今日の散歩道)   キジバト、ガビチョウ、イカル、セグロセキレイ、スズメ、キセキレイ、ヒヨドリ、イワツバメ、ハシボソガラス、ホオジロ、カワラヒワ、シジュウカラ [続きを読む]
  • 細枝に留まる ヒヨドリ
  •  葉が落ちたヤマザクラの細枝に一羽のヒヨドリ。 朝陽の中に、何かぽつんとした、もの淋しさを感じさせます。(今日の散歩道)   キジバト、ヒヨドリ、スズメ、ツバメ、イワツバメ、ホオジロ、イカル、カワラヒワ、コゲラ、ヤマガラ、ウグイス、ガビチョウ、ハシボソガラス、シジュウカラ、メジロ、サンショウクイ [続きを読む]
  • 伸びをする カワラヒワ
  •  くっきりと晴れ渡った青空が広がった朝、さほど傾斜があるわけではありませんが、山道をゆっくり登って行くだけで、息が弾んでくるのを感じます。 こんな朝は、やはり電線に止まる鳥ばかりが目に入ってきます。 多分林の中には鳥たちがいるに違いないのでしょうが…。 カワラヒワが、ゆっくりと羽を開き、足でしごくように伸びをし、やがて、羽繕いへと移行していきます。(今日の散歩道)   カワラヒワ、モズ、ウグイス、 [続きを読む]
  • 赤松林の ヒヨドリ
  •  太いアカマツの横枝に一羽のヒヨドリ。 周囲を見回す林は赤松林ですが、ご多分に漏れず松枯れ病の枯れた松です。(今日の散歩道)   ウグイス、キジバト、イカル、スズメ、ハシボソガラス、ヒヨドリ、モズ、ホオジロ、シジュウカラ、ツバメ、カワラヒワ、トビ、イワツバメ、ドバト [続きを読む]
  • 草の種子をついばむ カワラヒワ
  •  ゆっくりゆっくりと山の坂道を登るのですが、わずか20分ばかり歩いただけなのに体全体からあ汗がにじみ出るのが分かるような蒸し暑い朝です。 「真夏日」続きの夏、空き地の雑草だけは元気よく草丈を伸ばし、生長しきった草は次の世代のために、しっかりとした種子を結んでいます。 むんむんするような草だらけの空き地はフィンチ類の鳥達にとっては、格好の食卓になっています。 草むらの中をよく観察してみると、盛んに種 [続きを読む]
  • モズの 幼鳥?
  •  斜めに貼られた電柱を支える太いワイヤーに一羽の鳥が止まり、盛んに尾をを回すような感じで振っています。 その動きから、すぐにモズであろうと分かりましたが、随分とくたびれた感じです。 この時期には、幼鳥がよく見掛けられますので、これもモズの幼鳥の可能性が高いです。 それにしても、羽根に張りが見られませんねぇ。(今日の散歩道)   ウグイス、スズメ、ヒヨドリ、イカル、カワラヒワ、ツバメ、ホオジロ、ハシ [続きを読む]
  • 時には スズメも…
  •  今朝も朝から暑い日となりました。 相変わらずこの暑い中、歩いても歩いてもなかなか鳥の撮影チャンスはやって来ません。 もっとも身近な鳥でありながら、なかなかここには登場して来ないこの鳥。 在庫の写真切れに脅かされるこうした時期には、救いの神になりそうです。(今日の散歩道)   イカル、ハシボソガラス、ヒヨドリ、スズメ、ウグイス、ホオジロ、カワラヒワ、シジュウカラ、キセキレイ、ツバメ、トビ、コゲラ、 [続きを読む]
  • 高木の梢から見渡す ヒヨドリ
  •  平坦な道を歩いている間は良いのですが、雑木の坂道に差しかかるととたんに汗がにじんできます。 朝早くから晴れ渡り、林の木々の梢の先には、雲一つない空が広がります。 真っ青な空を背景にしたカラマツの梢で、ヒヨドリが鋭い声で鳴いています。 今日も真夏日の暑い一日になりそうです。(今日の散歩道)   キジバト、ヒヨドリ、ツバメ、ハシボソガラス、スズメ、モズ、ウグイス、ホオジロ、イカル、ガビチョウ、カワラ [続きを読む]
  • 鳥ガレの時期の ムクドリ
  •  連日「真夏日」の暑い日々が続いています。 7月下旬から8月にかけ、朝の散歩中に観察される野鳥の数は激減しています。 この頃は、観察できる野鳥数は、春季の半分から三分の二位でしょうか。 林の中には潜んでいるのでしょうが、深緑の陰でその姿を認めることができません。 電線上の鳥ばかりが目立ち、むなしい日々です。(今日の散歩道)   キジバト、ヒヨドリ、キセキレイ、ツバメ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、 [続きを読む]