長住哲雄 さん プロフィール

  •  
長住哲雄さん: 不純愛講座 by 長住哲雄
ハンドル名長住哲雄 さん
ブログタイトル不純愛講座 by 長住哲雄
ブログURLhttp://fujunaikouza.blog23.fc2.com/
サイト紹介文エッセイスト長住哲雄が「愛とは何か」を科学的・文学的に、ときには叙情的に語るユーモラスなブログです。
自由文人間関係に関する数々の著作を刊行してきた管理人・長住哲雄が、恋愛の本質を面白おかしく、しかし、しっかりアカデミックに語る内容。主な記事カテゴリーは、以下の通り。
1・不純愛トーク〜哲雄とAKIが、心理学、動物学などの知識をベースにトークの形で展開する恋愛論。
2・マリアたちへ(短編集)〜女性たちに捧げる「ありがとう」の短編小説集です。
3・「モテ男の愛し方」「モテ子の愛し方」…他。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/05/14 16:49

長住哲雄 さんのブログ記事

  • 西暦2072年の結婚〈9〉 聖なる乳首
  •  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。事前にふたりのSEXの相性を確かめる「フィッティング」というシステム。麻衣が見せる反応は、彼女の答えが「YES」であることを示していた。2人の子どもとその父親に吸わせた彼女の乳首を、真弓は愛した――。 連載   西暦2072年の結婚  第9章  聖なる乳首【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載9回目です。 [続きを読む]
  • 人の不幸を「笑う男」と「同情する女」
  • よく知っている人間が何か不幸な目に遭った。「バカだねぇ」と笑おうとするのは男。「かわいそう」と同情したがるのは女。この違いはどこから生まれる? そして、その解決法は? 愛の会話力レッスン   レッスン89 【リンク・キーワード】 エロ 官能小説 コミュニケーション 不倫  たとえば、あなたと彼女、ふたりがよく知る人間が、不幸な目に遭ったとします。 その「不幸な目」というのが、親が亡くなったとか、不治 [続きを読む]
  • 恋の炎に火を点ける「三角の法則」
  • 知らなきゃよかった「恋愛法則」  法則12  恋の情熱は「三角」に燃える1対1の完結した関係よりも、そこに点が1つ加わって「三角」になった関係のほうが、恋は燃え上がる――という説があります。今回は「三角の法則」について。【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活  「三角関係」という言葉をよく耳にすると思います。 おしゃれに言うと、「トライアングル」……ですか? 実 [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈8〉 彼女は美しく服を脱ぐ
  • フィッテイングの夜、麻衣は、胸に大きなリボンをあしらったブラウス姿でフィッティング・ルームに入った。テーブルに用意されたシャンパン。乾杯して脱ぐか、脱いでから乾杯するか?麻衣はゆっくりと、胸元のリボンを解いた。その脱ぎ方を「美しい」と真弓は感じた。 連載   西暦2072年の結婚  第8章  彼女は美しく服を脱ぐ 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載8回目です。この小 [続きを読む]
  • 男が自分の妻を、「愚妻」だの「ブス」だのとけなす理由
  •  不純愛トーク   第388夜 男も、女も、おたがいの伴侶を比べ合います。しかし、その比べ方が違う、と言う話を前回はしました。男は、「全体」をけなしながら「部分」をホメる。女は、「部分」をけなすくせに、「全体」はホメる。実は、それには理由がある――という話を、今回はしてみようかと思います。 Talker 哲雄 自ら著作を手がけるエッセイスト。当ブログの管理人です。AKI 出張エステ嬢として働きながら [続きを読む]
  • その人があなたに怒っている「人に言えない理由」
  •  男の本心・女の本心〜56《改訂版》 人からいわれのない「怒り」を向けられた。そんなときには、「怒りの理由」を疑ってみる必要があります。実は、怒りの「ほんとうの理由」は、隠されていることが多いのです――。 【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛小説 オーガズム 不倫  あなたが人から差し向けられて、もっとも困るのは、どういう感情でしょう? たぶん、「怒り」ではないでしょうか? 「怒っている人」が怖いの [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈7〉 SEXを「試着」する
  • 吉高ファミリーとの顔合わせの結果、先方はおおむね好感を抱いたようだ、と直美コンシェルジュは言う。「それでですが」と直美が切り出したのは、「フィッティング」の提案だった。フィッティングとは、SEXの相性のテスト。麻衣がそれを希望しているというのだ。 連載   西暦2072年の結婚  第7章  SEXを「試着」する 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載7回目です。この小説 [続きを読む]
  • 「ジョン」が悦ぶ「頭のなで方」
  • 男には「正直者のジョン」と呼ばれる、敏感な器官が備わっています。そのジョンを上手にナデてあげられる女性はモテる――という話。 性とエッチの《雑学》file.55 改訂版   R15 このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。【今回のキーワード】 スペルマ サオ 裏スジ  【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫  本日は、あなたの大切な「ジョ [続きを読む]
  • 「相談したいことがあるの」という殺し文句
  • 男と女のモテ技  W-05  女に「相談したいことがあるの」と言われると、男たちはつい、「相談って何だろう?」と、彼女を気にし始めます。しかし、実はこれ、江戸時代以来、使われてきた女たちの古典的な手法で――。 【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 モテ  不倫 M  は「男からのモテ技」、 W  は「女からのモテ技」、 N  は「男女共通のモテ技」です。 かつて、私の後輩に、Mという男がいました [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈6〉 おじさんもママと寝るの?
  • 吉高麻衣が2人の夫、2人の子どもと暮らすクラウド・ハウス。訪ねた立花に1人目の夫・山辺の子ども・努が、訊いた。「おじさんもママと寝るの?」思ったことを口にせずにはいられないこの子が、一家の意思を大きく左右しているらしい――と、立花は直観した。 連載   西暦2072年の結婚  第6章  おじさんもママと寝るの? 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載6回目です。この小説 [続きを読む]
  • 人がその恋をあきらめる「障害」の程度について
  • 知らなきゃよかった「恋愛法則」  法則11  人が障害のある恋に挑む程度は「得られる報酬」に比例する人はどの程度の障害があれば、その恋をあきらめる?そこにはたらくのは、得られる報酬が大きいほど、支払う労力も高くなるという「費用対効果」の法則です。【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活  前回は、「障害のある恋」にのめり込む人たちがいる、それはなぜか――という話を [続きを読む]
  • もしも野良猫が部屋に居ついてしまったら〈下〉
  •  性的な人々−10  部屋にやって来たその野良猫は、朝になっても起きようとしなかった。仕方なく鍵を渡して、「起きたらカギをかけて帰れよ」と出かけた。しかし、仕事から帰った私が目にしたのは――。 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 オーガズム 不倫  登場する人名、店名などはすべて仮名。実在の人物・店舗にはいっさい [続きを読む]
  • もしも野良猫が部屋に居ついてしまったら〈中〉
  •  性的な人々−10  宅配で部屋にやって来た女が、「この部屋に戻って来たい」と言う。明け方近くになって電話が鳴った。駅まで迎えに行くと、その顔が腫れている。理由も言わず、女は死んだように眠り込んだ――。 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 オーガズム 不倫  登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・ [続きを読む]
  • もしも野良猫が部屋に居ついてしまったら〈上〉
  •  性的な人々−10  彼女は、部屋に呼んだ「宅配の女」だった。「ハーイ!」とやって来た女は、いきなり、ハイテンションで体をくねらせ始めた。私と彼女の奇妙な72時間のそれが始まりだった。 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 オーガズム 不倫  登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗には、いっさい関 [続きを読む]
  • 男が「ひとの妻」にホレてしまう理由〈2〉 慈母願望
  •  不純愛トーク   第387夜 男は、なぜ、「人の妻」にホレしまうのか? 前回、男には「救い主本能」があり、女性を「不幸な結婚」から救い出そうとして、それが「ホレる」につながる場合がある、という話をしました。今回は、その逆。「救い出してほしい」と願う男もいる、という話をご紹介します――。 Talker 哲雄 自ら著作を手がけるエッセイスト。当ブログの管理人です。AKI 出張エステ嬢として働きながら、 [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈5〉 かりそめの「兄弟盃」
  • 吉高麻衣が夫2人、子ども2人と暮らしているのは、「放置住宅」をリフォームした複婚家族向け住宅だった。訪問した立花を全員が出迎えた。中で、ひときわガッシリした体つきの山辺が、立花にビールを勧めながら言うのだった。「とりあえず、義兄弟の盃ってことで」。 連載   西暦2072年の結婚  第5章  かりそめの「兄弟盃」 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載5回目です。この小 [続きを読む]
  • 彼女を「ボクの1番」にする方法
  • 男と女のモテ技  M-05  「ナンバーワン」には手を出さない――をポリシーとする男がいます。その男がネラうのは、常に「ナンバー2」や「ナンバー3」。そして、その耳にささやきかけるのです。「キミの〇〇が1番だよ」と――。 【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 モテ  不倫 M  は「男からのモテ技」、 W  は「女からのモテ技」、 N  は「男女共通のモテ技」です。 子どもの頃から、わたくし長住が [続きを読む]
  • 「大丈夫です」という「NO」をどう受け止める?
  • こう答えられると、YESなのかNOなのか、さっぱりわからないという返事=「大丈夫です」。こんな返事が「恋愛」の場面で飛び出すと――。 愛の会話力レッスン   レッスン88 【リンク・キーワード】 エロ 官能小説 コミュニケーション 不倫   ポイント・カード、お持ちでしょうか?  あ、大丈夫です。 最近、コンビニでレジのアルバイトを始めたという友人の娘が、嘆いてみせるのです。 この「大丈夫」の意味が、 [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈4〉 「ロボット力」vs「天然力」
  • 2人の夫を持ち、2人の子どもを育てる31歳の職業的主婦。「I&You」のオフィスで会った吉高麻衣は、頭のいい天然系キャラだった。その彼女が、突然、言い出した。「一度、家に来て、みんなと会ってみませんか?」。自分との相性より、家族との相性が重要だ――と言うのだ。 連載   西暦2072年の結婚  第4章  「ロボット力」vs「天然力」 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載4 [続きを読む]
  • 燃える女は、「3本目の手」を識別できない…!?
  •  性的な人々−09  「哲ちゃん、見てみなよ」と勧められて双眼鏡に目を当てると、そこに映し出されていたのは、公園のベンチでイチャつくカップルの姿だった。夜ごとその痴態をのぞくのが趣味になった彼は…。 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 オーガズム 不倫  登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗 [続きを読む]
  • 「汚い言葉」であなたを責める人間の「劣等感」
  •  男の本心・女の本心〜55 人を口汚い言葉で攻撃したがる人たちがいます。その「攻撃性」を生み出しているのは「劣等感」。目的は、相手を自分より「下位に置きたい」です。 【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛小説 オーガズム 不倫  最近、世の中を飛び交う言葉が汚くなったなぁ――と、長住は感じています。 浮気を「ゲス不倫」などとなじる某週刊誌、薄毛を「ハゲ〜!」と罵倒する国会議員、「在日外国人」の排撃を訴 [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈3〉 「夫業」に「就職」する…!?
  • 時給1000円そこそこのパートのために、家庭と育児を犠牲にする生活よりも、自分はプロとして「専業主婦」になる。そのためには、夫が複数必要だ。そう考えて、吉高麻衣は「複婚」コースを選んだという。「会ってみたい」と、立花真弓は思った。そして――。 連載   西暦2072年の結婚  第3章  「夫業」に「就職」する…!? 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載3回目です。この小説を [続きを読む]
  • 自信のある人間ほど、「障害のある恋」に燃える
  • 知らなきゃよかった「恋愛法則」  法則10  自信のある人間ほど、「障害のある恋」に燃える世の中には、障害のある恋に挑む人たちがいます。その原動力は「征服欲」だったり「庇護欲」だったり。そして、そういう人間は、ほとんどが自信家なのです。【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活  高い山があったら登りたくなる。 深い海があったら潜りたくなる。 隣の柿の実は盗りたくな [続きを読む]
  • 「潮吹き」の「シオ」の成分って何?
  • 女も男のように射精することがある。それを「潮吹き」と呼んでいるのですが、その「シオ」の正体は? 世の中の誤解を解いてみます。 性とエッチの《雑学》file.54   R15 このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。【今回のキーワード】 潮吹き スキーン腺 失禁  【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫  たぶん、多くの女性が知りたい疑問だ [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈2〉 2人の夫を持つ女
  • 「I&You」のコンシェルジュ、直美仁美が立花真弓にすすめたのは、ダブルやトリプルといった「複婚」だった。「たとえばこの人」と直美が取り出した女性のプロファイルに立花は息を?んだ。かわいいッ! しかし、彼女にはすでに2人の夫と2人の子どもがいた――。 連載   西暦2072年の結婚  第2章  2人の夫を持つ女 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載2回目です。この小説 [続きを読む]