kokoanton さん プロフィール

  •  
kokoantonさん: ここあそこいってつくってのんびりと
ハンドル名kokoanton さん
ブログタイトルここあそこいってつくってのんびりと
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tontoo54
サイト紹介文 ここあそこへ行って活動し、いろいろな物作りに挑戦し、人生をのんびりと過ごして行きたいと思います。
自由文 登山、おもしろ散歩、竹や団栗の工作・笹や棕櫚の葉の籠作り、地域のニュース、旅行などの記事をUPします。
 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2009/05/14 17:54

kokoanton さんのブログ記事

  • 知ってる?珍しい花と実だよ!
  • 知らないのは、お前だけだよって言われてもいい!結構長く生きて来てしまっても、知らないことや知らない物はあるもんだね!珍しい物達!あんたらホントに日本でずうーと生き続けて来たのー?知ってる?珍しい花と実だよ!これ、知らなかった! 見た事なかたよ−!でも、どこかで名前だけは、聞いた事があるような気がするんだけど・・・。ナンバンギセルと言う植物だそうです。南蛮でしょうね。キセル(昔、刻みたばこを吸うため [続きを読む]
  • 見ーつけた!お面だ!!
  • たまたまお店に入ったら飾ってありました。木彫りの面は、何回かあちこちで見かけたけた事があります。でもこれは違いました。 紙なんですよ! 和紙ですよ!軽そうだし、それに表情も柔らかい感じがいいです。大人向き、民芸品って感じかな。ほかで見たの、能面風なのか、かなり恐そうなのもあったものね?見ーつけた!お面だ!!ひょっとこだ。大天狗だぞー!優しいおじいさん?おばけだぞー?!ヒゲのおじさん? ほんとの名前 [続きを読む]
  • 見ーつけた!お面だ!!
  • たまたまお店に入ったら飾ってありました。木彫りの面は、何回かあちこちで見かけたけた事があります。でもこれは違いました。 紙なんですよ! 和紙ですよ!軽そうだし、それに表情も柔らかい感じがいいです。大人向き、民芸品って感じかな。ほかで見たの、能面風なのか、かなり恐そうなのもあったものね?見ーつけた!お面だ!!ひょっとこだ。大天狗だぞー!優しいおじいさん?おばけだぞー?!ヒゲのおじさん? ほんとの名前 [続きを読む]
  • 遅れてやって来た夏の花と期待の青い実
  • 夏の終わりにやっと開く花があります。観賞用の唐辛子やナスは、色づき始めました。秋を待つ青い実、これから熟して行くのです。日々わくわくしながら、膨らんで行くのを待ってます。裏庭も季節が移ろっていってるんですね。遅れてやって来た夏の花と期待の青い実咲き始めました。カクトラノオです。紫の小花が、穂のように下から上へ向かって咲いて行きます。名の通り茎が四角です。今年領地をやけに広げて、群落を作りました。種 [続きを読む]
  • 幽霊花ってわけではありません?!
  • こんなにしっかり、この花最高の状態で見たのは、初めてです。幽霊なんて言うのは、失礼ですね。秋に真っ赤な実にになるのが、不思議なようです。咲くのは、夜なんですね!珍しいですね!幽霊花ってわけではありません?!夕方から夜になって咲き、朝にはしぼんでしまうと言います。山野で木に伝い登る、カラスウリの花です。暗闇で見たとき、ちょっとドキッとしました。で あわてて、シャッターを押しました。次には、フラッシュ [続きを読む]
  • 焼石岳登山 2
  • ここは花の山です。今は花が少ない時季です。でもこんなにいろいろ見られました。春や秋ならもっともっと期待できるそうです。そんな時にも来られるといいな! でも無理かなー!ちょっとそこまでって距離ではないものね。焼石岳登山 2可愛いドウダンツツジに似た花発見。ウラジロヨウラクって花のようです。キンポウゲ科のウマノアシガタだと思います。緑ツヤツヤの葉と綺麗な対比で冴えていました。これも鮮やか、でもこれも? [続きを読む]
  • 焼石岳登山 1
  • 中沼登山道を登りました。道の脇に多いのが、水芭蕉です。雪解け水が、木道脇だけでなく、あちこちで音を立てて流れています。中沼は大きく、山並みを水面に映してきれいでした。上沼は水草や花々で、だいぶ範囲を狭められて来ているようです。焼石岳・東焼石岳・横岳などの連山一帯は、端境期で少なめとは言え、花の山でした。焼石岳登山 1木道を登り始めてまず目にしたのが、大きな葉の植物です。行けども行けども水の流れる所 [続きを読む]
  • 急な雨のち虹 二重のアーチ出現だ!
  • このところの天候不順には驚かされます。冷気と暖気がぶつかり合って、黒雲が急にできて、大雨を降らせるんだとか!あちこちで大災害まで起こしてしまっています。この辺りは、少し激しい降りが30分ほどあったのが2〜3回だけです。この虹の時は、少し前にぱらぱらと来て、後は雲間から陽が射して来ていました。急な雨のち虹 二重のアーチ出現だ!端から端まで全てが見えていました。はっきり虹の上に、うっすら虹があるんです [続きを読む]
  • 裏庭の夏の花・第3弾じゃー!!
  • 毎年、同じようには咲きません!裏庭の、花々のことです。春から世話をし続けて、やっとここまで来たものがあります。ほっぽらかしなのに、今年も変わらず咲く花もあります。花も今年の天候を受けて、成長途中で適合したものが成果(盛花)を見せているんだね!裏庭の夏の花・第3弾じゃー!!ヒマワリは、夏の王様と言ってもいいですよね。もともと赤ヒマワリの種でしたので、すこし赤味がかっています。手を掛けたので、よけい可 [続きを読む]
  • 天空の楽校(がっこう)だー!
  • そうなんです!学校が楽校(がっこう)になったんです。存在する場所は、皆野町立沢です。んんん! そんな所知らないって?!埼玉県の西の端に秩父地域あり、さらに皆野町の西の端にあります。秩父市吉田地区から登るのと、皆野町満願の湯方面から登るのと2通りあります。2方向からの最高地点の峠から、5mほど入ります天空の楽校(がっこう)だー!中に入ると、こんな建物があります。奥が昔の学校の校舎です。左に新設された [続きを読む]
  • 裏庭に夏が来た!第2弾です。
  • うれしいですね! 夏を感じさせる花々が次々に花を開きます。花を目当てに飛んで来る蝶や虫たちも可愛いです。花は目立たないけれど、実が熟して目と口を癒してくれるものもあります。裏庭バンザイ! 荒れ庭こそ我が庭、何でも生えて植えて、楽しめてます。裏庭に夏が来た!第2弾です。黄色の花に蝶が来た。タチアオイが、山と背比べをしています。今年も足下を、シックに引き締めて咲くストケシア。ここに根付いて3年目です。 [続きを読む]
  • 秩父札所旧番付を歩く! 結願寺33番(現34番)
  • 室町時代の長享2年(1488)の秩父札所番付が、現32番に残っています。西国札所設置などに続き、この時代に秩父にも成立したのだそうです。江戸時代、江戸からの巡礼者が増え、その便を図って現在の番付に変更されたようです。また、100観音とするため、秩父に現在の2番を加えたのだそうです。今回の目的地は、旧33番(現34番)です。結願寺であったのは変わらなかったようです。秩父札所旧番付を歩く! 結願寺33番(現34番)集合は [続きを読む]
  • 裏庭に初夏がやって来た!!
  • いつのまにか、6月です。梅雨入りしたのに、よく晴れた日が続きます。裏庭にも6月らしい花が咲き始めました。数年ぶりに咲いた花もあるし、切りそびれた枝で咲く花もあります。なんだかんだ言わずに、見てやるのが花への恩返しかもね。裏庭に初夏がやって来た!!クジャクサボテンが、咲きました。やったね!! 数年も、あまり手入れをしてないんですよ。褒めてあげたい!アブチロンです。冬に屋外に出しっぱなしにしてました。 [続きを読む]
  • 秩父札所旧番付を歩く!29〜32番(現9・6・8・7番)
  • 旧28番(現11番)を出発、かなりの雨が降り出しました。でも30分で青空が出ました。これも御利益? 参加者がいい人だから? 旧29番(現9番)で昼食を摂りました。現6・8・7の巡り方は、ちょっと道筋が交差するような奇妙な感じがあります。秩父札所旧番付を歩く!29〜32番(現9・6・8・7番)旧29番(現9番)に到着しました。場所は、西武秩父線・横瀬駅近くにあります。武甲山の真っ正面、セメント工場も間近です。六角形の [続きを読む]
  • 秩父札所旧番付を歩く!26・27・28番(現5・10・11番)
  • 旧26番語歌堂、現在の5番語歌堂に集合です。駐車場から20分の準備歩き?をしました。皆さんの集合は、9時50分。今回も20名ほど集まりました。語歌堂の納経所である長興寺から、普通の札所巡りでは通らない語歌橋を渡ります。10番から古道である尾根道に登り、山頂の稲荷社を経由し、11番に下りました。本日は、実は7ヶ寺を踏破する予定です。まだ先は長いのです。秩父札所旧番付を歩く!26・27・28番(現5・10・11番)語歌堂で [続きを読む]
  • 神庭から昔の表参道を三峯神社へ登る!
  • 奥秩父の三峰神社は、白い「気のお守り」で人気沸騰中です。これは、月の最初、○月1日にしか授与されません。超混雑超渋滞の月もありました。他の日でも、他の色の気のお守りや他の事を守護するお守りは、いくらでもあります。本日は、麓の神庭から昔の表参道を三峯神社へ登るのが目的です。登山口の道標に4km余と書いてありましたが、道は歩きやすく、2時間半で登れました。神庭から昔の表参道を三峯神社へ登る!これが目的地 [続きを読む]
  • 秩父市吉田小川の民家の芝桜見事です!!
  • 小川は、百八灯で名を知られる所です。ん?? 知らないの・・・ じゃあ農民ロケット龍勢は?あの谷奥なんですけど・・。ここの段々畑一面に、芝桜が咲き誇っています。上に見える家のおじいさんおばあさんが、もう畑はきついから植えたらしいです!日当たりはよし、石垣が保温するのか、地味がいいのか、自力でも増えてるみたいです。秩父市吉田小川の民家の芝桜見事です!!こんな感じです。おー! 思わず声がでます!もっと下 [続きを読む]
  • 塚越の花まつり初めて見いちゃったー!!
  • 秩父に住んでいながら、まだ見ていないまつりがたくさんある。秩父地域は、一年に400近い大小のお祭りがあるそうです。つまり毎日どこかで、伝統の珍しいまつりが今でも行われているって事なんですね。このまつりは子供が主で、春の花を空高く撒きながら、高台の薬師様にお参りします。子供は前日麓の神社にお籠もりし、花御堂を花で飾り、翌日7時には花撒きを始めます。塚越の花まつり初めて見いちゃったー!!米山薬師の境内で [続きを読む]
  • 秩父札所旧番付を歩く!23・24・25番(現3・1・4番)
  • 秩父札所は、昔33ヶ寺だったそうです。以後現在の2番が加わって、34ヶ寺になりました。西国・板東・秩父霊場は計99ヶ寺だったのが、意味深い100霊場になったのです。今回は旧番付歩きなので、現2番は入っていません。と言う事で、現在番付1・3・4を、3・1・4と歩く事になりました。秩父札所旧番付を歩く!23・24・25番(現3・1・4番)聖地公園から坂を下ると、10分ほどで旧23番常泉寺到着です。この寺の向拝の海老虹梁の龍の彫刻は [続きを読む]
  • 秩父札所旧番付を歩く!21・22番(現19・18番)と聖地公園まで
  • 集合は、秩父第一中学校近くの現在番付19番札所龍石寺です。9:30の集合に大勢集まりました。中心メンバー2〜3名の方が、ご都合で不参加になったのは残念でした。今回は、秩父市の中心に入って来ましたので、5ヶ寺くらい廻れそうです。普通の巡礼では通過しない聖地公園越えもします。秩父札所旧番付を歩く!21・22番(現19・18番)と聖地公園まで旧21番(現在番付19番札所)龍石寺です。左脇には、小堂があります。三途婆堂 [続きを読む]
  • 我が家の荒れ庭花園?!の春
  • 我が家の裏庭に春が来ました。いろいろな花が、咲いています。たいした物はないけれど、季節ごとに入れ替わり立ち替わり、咲いてくれます。ほとんど、苗や種を貰ったり、自分で挿し木したりしたものです。お金をかけずに、増やしたり育てたりするのが好きです。今は春なんですね。忘れずに土から出て来たり、花芽を膨らませたり、しています。我が家の荒れ庭花園?!の春まずは、枝垂れ花モモ。今年少し咲き遅れてるレンギョウ。こ [続きを読む]
  • 長瀞通り抜けの桜と岩畳近くの桜通り
  • 長瀞宝登山ロープウェー駅近くに、不動寺があります。ここが通り抜けの桜の入口です。不動寺は、長瀞七草寺の1つナデシコの寺でもあり、以前秋にお参りしました。ここから桜の間を野土山・権田山・権田山桜園と越し、上長瀞駅へハイキングできます。上長瀞駅と長瀞駅間と長瀞駅から金石水管橋まで、南北の桜通りも歩きました。桜通りのソメイヨシノは満開状態、でも古木で枯れた部分の切り後が痛々しいですね。長瀞通り抜けの桜と [続きを読む]
  • 猪狩山神社へ講中散歩です!
  • 今年も猪狩山神社から、春祭り講中祈願の知らせをもらいました。猪狩山神社は、秩父市荒川贄川字古池にあります。この日、20戸ほどの小さな集落の神社ながら、関東一円から講中の参詣があります。我らは、散歩を兼ねて徒歩で旧道を行きました。今年は、いろいろな花がこの日集まって咲いたようです。花の里講中散歩になりました。猪狩山神社へ講中散歩です!まずは石垣上の花たちの競演に感動じゃー!贄川字柿平から、山中の旧道を [続きを読む]
  • 白砂公園のカタクリ見学です!
  • カタクリの群落があると聞いて、場所は分かっているのですぐ行ってみました。駐車場もあるし、白砂の由来と珍しい岩も見られました。不思議なお社もありました。カタクリは少し早めでした。それに藪に覆われそうな所もあり、残念な気もします上の方にあったブランコや鉄棒など遊具が見捨てられたようになっていました。一度はかなり整備されたのでしょうが、綺麗に維持するのは大変なようです。白砂公園のカタクリ見学です!競い合 [続きを読む]
  • 秩父札所旧番付を歩く!18番(現22番)から20番(現20番)まで
  • 秩父札所旧番付を歩く!18番(現22番)から20番(現20番)まで現在地の旧18番(現22番)の山門です。童子堂の名の通り、童子顔の仁王様が迎えてくれます。観音堂です。いつも変わらぬ、風格あるお堂です。庫裡の方が建て直され、きれいになりました。今回も、観音堂の扉の貴重な浮き彫りをじっくり見させてもらいました。まずは向かって左の扉の風神・雷神です。続いて右の扉の韋駄天・迦楼羅です。これらの彫刻、素晴らしいです。 [続きを読む]