アカデミー学院長 さん プロフィール

  •  
アカデミー学院長さん: ジョージ学院長  元気の出るブログ
ハンドル名アカデミー学院長 さん
ブログタイトルジョージ学院長 元気の出るブログ
ブログURLhttp://www.academygakuin.com/blog/
サイト紹介文日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。読む人に元気を注入します。
自由文TVタレント、ガソリンスタンド、工場、花屋、衣料品の梱包、ダンボール加工、行楽地でのホットドッグ販売、大手塾の電話アポ取り、コンサート会場のガードマン、家庭用品の訪問販売、土産物屋のセールス、引越し屋、ビルの清掃、家庭教師、塾講師、大学講師、語学学校講師、通訳、翻訳、カウンセラー、セミナー講師、サラリーマン、キリスト教会牧師、アメリカ留学生活7年等、経験豊富な一塾長が綴る日々の随想ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供312回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2009/05/15 23:33

アカデミー学院長 さんのブログ記事

  • 詐欺にあいませんでした
  • 4日前、「サギにあいました」。ウォーキングしていて暗くなってきたとき、ふと目の前に現れた無数の「幸福の白いハンカチ」。目を凝らしてよく見ると、シラサギでした。昨日はいつもより少し早めにウォーキングに出かけました。辺りはまだ明るく、気持ちよく歩いていたのですが、同じところにさしかかるとまた眼前にサギの群れが。その数はまだ少なかったのですが、空を見上げるとあちらこちらから4〜5羽がグループになって飛んで [続きを読む]
  • 統合型リゾート(IR)設置案に物申す
  • カジノ解禁を含む統合型リゾート(IR)設置に向けた政府の説明・公聴会が各地で始まり、世論の賛否が割れている現状が改めて浮き彫りになっている。根強い反発から、誘致を目指す自治体にも戸惑いが生じているほか、安倍内閣の支持率低下でIRの早期実現を疑問視する声も出始めた。(中略) 「観光の核となるIRで、新たな基幹産業が生まれる」「本質はばくち場。客の蓄えを奪い、ギャンブル依存症を増やす」 出席者の意見表 [続きを読む]
  • こんなに元気になりました!
  • "It is not how much we do, but how much love we put in the doing. It is not how much we give, but how much love we put in the giving."--Mother Teresa「どれだけ多くのことをしたかではなく、どれだけ多くの愛をこめたてしたか。どれだけ多くのものを与えたかではなく、どれだけ多くの愛をこめて与えたか。それが大切なのです」--マザー・テレサ(訳 舟田譲二)知り合いの方に会うたびに、あるいはメールや電話をいただ [続きを読む]
  • 私もそのような者でありたい
  • "Those who bring sunshine into the lives of others, cannot keep it from themselves."--Sir James M. Barrie ? 1860-1937, Novelist「人の人生に光をもたらす者は、自分の内に光を留めておくことができない」--サー・ジェームズ・M・バリー、小説家(訳 舟田譲二)美味しいレストランを発見したり、素晴らしい小説を読んだり、映画を観たり、素敵な人に出会ったりすると、人はそのことを友人や知人、家族などに言わずにはい [続きを読む]
  • サギにあいました
  • 最近、銀行や郵便局などでよく見かける「息子はサギ!?」のポスター。昨日の夕方、辺りが暗くなってからウォーキングに出かけました。途中、サギにあいました。いつものコース、川沿いのサイクリングロードを歩いていると、対岸の中の島の緑がうっそうと茂る中に、突如「幸福の黄色いハンカチ」ならぬ「白いハンカチ」が眼前いっぱいに広がっているのです。一瞬何だろうと思って、目を凝らして見ると、なんとサギの大群。思わずスマ [続きを読む]
  • 天に宝を積もう!
  • "The most valuable things in life are not measured in monetary terms. The really important things are not houses and lands, s
    tocks and bonds, automobiles and real estate, but friendships, trust, confidence, empathy, mercy, love, and faith."--Bertrand
    Russell ? 1872-1970, Philosopher and Writer「人生で最も価値あるものは金銭では測れない。本当に大切な
    ものとは、家や土地、株や債券、車や不動産などでは [続きを読む]
  • 夢を見ることができるかどうか
  • "What you want to do, and what you can do, is limited only by what you can dream."--Mike Melville - Astronaut「あなたがしたいと思っていること、そしてあなたにできることは、夢を見ることができるかどうかにかかっているだけだ」--マイク・メルヴィル、宇宙飛行士(訳 舟田譲二)私の生徒で、将来化学者になりたいと言っている中3女子がいます。(「夢が現実を打ち砕く」)中1の終わりごろに入塾してきて、初めの頃は勉 [続きを読む]
  • 成功者になってください
  • "If you want to be successful, it's just this simple. Know what you are doing. Love what you are doing. And believe in w
    hat you are doing."--Will Rogers ? 1879-1935, Actor「もし成功したかったら、自分がやっていることをよ
    く知り、やっていることに惚れ込み、やっていることを信じること。たったそれだけのことだ」-
    -ウィル・ロジャーズ、俳優私自身は決して世にいうところの「成功者」ではありませんし、自分
    でも成 [続きを読む]
  • 他人を変える
  • "Consider how hard it is to change yourself and you’ll understand what little chance you have in trying to change others."--Jacob M. Braude ? 1896-1970, Author「自分自身を変えることがどれほど困難なことか考えてみるとよい。そうすれば、他人を変えようとすることなんて、ほとんど不可能だということがわかるだろう」--ジェイコブ・M・ブロード、作家私たちは毎日のように、それこそ朝から晩まで、夫や妻や子どもた [続きを読む]
  • 幸せな人生を送れるかどうかは…
  • "Life itself is a privilege, but to live life to the fullest ? well, that is a choice."--Andy Andrews ? Author「人生はそれ自体が恩恵だ。しかし、人生を心ゆくまで享受できるかどうかということになると、それはその人の選択の問題だ」--アンディ・アンドリュース、作家(訳 舟田譲二)自分の人生を「恩恵」と受け止めている人は少ないのではないでしょうか?2年前の記事、「『ありがとう』と『サンキュー』の反対語」 [続きを読む]
  • 自分の人生に責任を持つ
  • "Your future depends on many things, but mostly yourself."--Frank Tyger (1929-2011) Editorial Cartoonist and humorist「あなたの将来は多くの要素にかかっている。しかし、一番大きな要素はあなた自身だ」--フランク・タイガー、風刺漫画家・ユーモア作家(訳 舟田譲二)私たちの人生は生まれた境遇(親や家庭環境、社会環境等々)に大きな影響を受けています。今、NHKで放映されている朝ドラ『ひよっこ』に登場する主人公 [続きを読む]
  • ハッピー・バースデイ!!!
  • 「ハッピー・バースデイ」言語は違っても全世界共通の嬉しい言葉。これを音楽で表現すると、子どもも知ってる例の "HAPPY BIRTHDAY TO YOU!" です。今日は、ちょっと味わいのある、楽しい "HAPPY BIRTHDAY TO YOU!" を動画でお送りします。これをベートーベンだったらどのように弾くのでしょうか?ショパン、ブラームス、バッハ、モーツァルトだったら?どうぞ心ゆくまでお楽しみください。毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛 [続きを読む]
  • スパムにご注意!
  • まだほんの少し前にスパムにやられて懲りていたばかりなのに、また引っかかってしまいました。Facebookの友人の名前でメッセージを送ってくるので、つい油断してファイルを すると感染してしまいます。そして、どうやら乗っ取られたのか、それがどんどんまるで細胞分裂のようにして広がっていきます。皆さん、くれぐれもお気をつけください。このような行為を働く人の目的は、ただ単に人を困らせて喜んでいるだけと思われま [続きを読む]
  • 遂に出版された!
  • ちょうど2か月前に「カウンセリングの良書」でご紹介しました、長男直人の嫁、舟田恵利紗の訳による『互いに助け合うために』が出版され、昨日恵利紗さんのお父さんから送られてきました。英語版 INSTRUMENTS IN THE REDEEMER'S HANDSという原題を『互いに助け合うために』 とうまく訳し替えていますし、本文を見てもよくこなれた分かりやすい日本語で、難しい内容が読者に理解されやすいようよく工夫して訳されています。監訳を依 [続きを読む]
  • 2012年5月19日、午後6時に突然起こった出来事
  • スペイン・カタルーニャ州の小さな町、サンバデル(サンバデイ)。時は2012年5月19日、午後6時。市民が夕涼みを楽しむサン・ロック広場で突然起こった出来事。ダブルベースを持って立っているひとりのストリート・ミュージシャンの前に置かれた帽子に小さな女の子が小銭を入れました。すると、...続きは下の動画を観てのお楽しみ。そう、ベートーベンの交響曲第九「歓喜の歌」。集まってきた市民の驚きと感動の表情。子どもたち [続きを読む]
  • そう、私もできる! そして、あなたにも!
  • "Yes, I can !"「そう、私にもできる!」1年前の今日、アップした動画を見直して、感動しています。とても励まされ、勇気づけられます。そう、私もできる! そして、あなたにも!毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」を して、メルマガ登録を行ってください。ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。↓ブログランキン [続きを読む]
  • No pain, no gain.
  • 現在患っている身体全身の痛みの原因と思われる「繊維筋痛症」について書かれた本、The Fatigue and Fibromyalgia Solutionは読んでいて思い当たる節が多々あり、教えられることがとても多い良書です。この本の中に書かれていることを早速一つひとつ試していますが、効果が少しずつ現れてきています。一日置きに通っている整骨院の先生がおっしゃるには、通い始めた当初は首から肩、背中、腰、臀部、大腿部、ふくらはぎ、アキレス [続きを読む]
  • ジャンボ!アフリカからこんにちは!
  • 昨日は、最近facebookでお友達になった藤江 顕さんが訪ねてきてくださいました。キッズ英語クラスを見学していただいた際、子どもたちに紹介しました。"This is Mr. Fujie. He is from Kyushu."すると、藤江さんが"I'm also from Africa."「えっ、アフリカ出身?」と、みんなキョトンとしています。そこで私が地球儀を見せて、"Where's Africa?"すると生徒たちが指差して「あった!」「ここだ!」ちょうど生徒たちが英語で動物の [続きを読む]
  • このブログの活用法
  • 最近、メールマガジンに新たに登録してくださる方が大勢いらっしゃいますので、改めて「ブログの活用法」を再録します。私自身もよくこれを使って活用していますので、皆さんにもシェアさせていただきます。ここしばらくはほとんど毎日、5〜6キロから12キロ、13キロと結構歩いています。昨日、ふと気づくとふくらはぎにしっかりと筋肉がついてきていました。そして、ウェストもこれまでで最細、一番太っていた頃と比べると14センチ [続きを読む]
  • 恩知らず
  • 夏の真昼の道中で暑さにあえぐ旅人がプラタナスの木を見つけた。その陰で身を休めながら「実がなっていない」「役立たずな木だ」と散々な言いようである。「恩知らずめ」と木が怒ったのも無理はない。イソップの寓話(ぐうわ)である。◆身近な街路樹のプラタナスが減っているという。大きくなるので剪定(せんてい)や落ち葉の処理に手間がかかる。それがきらわれるらしい。◆かように現実の世界でも見過ごされがちな恩恵に、光が [続きを読む]
  • 「哀しみの向こう」
  • 昨夜TV番組『金スマ』で、自閉症スペクトラムという障がいを持った野田あすかさんのことが紹介されていました。見ていて何度も涙がこみ上げてきました。野田あすかさん作曲・演奏の「哀しみの向こう」の心に響く美しいピアノの音色に耳を傾けてください。私のすぐ身近なところにも同じ障がいを持って苦しんでいる子がいます。障がい者に対する見方を変えて、受容する社会を作っていかなければなりません。毎日、「学院長 元気の出 [続きを読む]
  • 生きてます!
  • 「しばらくブログをお休みします」と書いたのは1か月半以上前の6月10日。時の経つ速さに自分でもちょっとびっくりしてしまいました。この間、メールマガジンやFacebook、またメールやメッセンジャーなどを通じてつながっている方や、直接お会いしている方などを除いては、まったく音沙汰なしだったので、ご心配をおかけしており、まことに申し訳なく思います。生きています!長らくのご無沙汰の非礼をお詫びするとともに、近況をお [続きを読む]
  • しばらくブログをお休みします
  • ちょうど1週間前の記事、「私はミスったフナダ」の中に少し書きましたが、ここしばらく体調不良が続いています。始まったのはおそらく1年ほど前からではないかと思うのですが、去年の秋に近所のかかりつけの整形外科に診てもらいに行ったところ、関節リウマチではない、多分疲れからだろうと言われて、痛み止めの湿布をいただき、しばらくリハビリに通いましたが、一向に良くならず、最近とくにひどくなってきたので、1か月前に市 [続きを読む]
  • 一番じゃなきゃダメなんですか?
  •  30代の会社員女性。小学5年の息子が、何をやっても1番になれません。 息子は控えめで人が嫌がることはせず、いつもニコニコと穏やかです。少年野球をしており、毎日、自ら進んで投球練習や素振りをコツコツやっています。性格がいいからか、今年はキャプテンになりました。しかし、試合ではそこそこ活躍するものの、最優秀賞などの個人賞は取れません。 本人も悔しい思いをしているようですが、賞を取った子に笑顔で、「おめ [続きを読む]
  • カウンセリングの良書
  • 長男直人の嫁、恵利紗が英書 INSTRUMENTS IN THE REDEEMER'S HANDS People in Need of Change Helping People in Need of Change by Paul David Tripp を日本語に翻訳し、間もなく出版されることになっています。一年ほど前に恵利紗から監訳を頼まれて少しやりかけたのですが、体調不良だったということもあり続けられずすぐに断念してしまいました。360ページという結構厚手の本で、しかもカウンセリングの専門書なので翻訳す [続きを読む]