ISOKO DURBIN さん プロフィール

  •  
ISOKO DURBINさん: アメリカ人夫の一言
ハンドル名ISOKO DURBIN さん
ブログタイトルアメリカ人夫の一言
ブログURLhttp://amerikajinottonohitokoto.blogspot.com/
サイト紹介文私のアメリカ人夫が、日常生活の中で本当に言った一言を、ご紹介。ネーティブの英会話が学べます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/05/17 11:11

ISOKO DURBIN さんのブログ記事

  • Don't worry about it
  • 「心配せずとも良い」皆さま、大変、大変長らくの間、ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか?中には、私がこの世から消失したかと思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、私はまだアメリカに健在しております。さっそくですが、今日のフレーズ、夫の口から発せられたものです。夫はよく、このフレーズを口にするのですが、その状況というのが、「大丈夫、心配しなくてもいいよ」という感じではない時に使われる [続きを読む]
  • He's got a huge crush on you
  • 「彼は君に、ぞっこん一目惚れ」 最近、お知り合いになったファミリーは、カリフォルニアからやって来た若夫婦。二人の男の子がいます。3歳と7歳。超、かわいいです!それでもって、すんごいエナジー!家の中、叫びながら走り回るわ、階段から飛び降りるわ、こんな小さな野獣(いや、失礼)を二人も飼っていたら(いや、失礼)、そりゃ大変でしょうね。お母さん、お父さんのご苦労は、いかばかりか。私たちには子供がいないので、 [続きを読む]
  • You are as cool as cucumber
  • 「キュウリのように冷たい」 皆さま、大変、大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか?あんまりにも更新していないので、「アメリカ人夫の一言」の存在を忘れている方もいるのではないでしょうか?全て、私の責任でございます。やっぱ、更新しないとね、忙しくても。(なんか、日本語書くの、久しぶり。いかん、いかん。) フロリダ州オーランドでのナイトクラブ襲撃事件は、アメリカに大きな影響を与えて、国中が [続きを読む]
  • I found a forensic evidence
  • 「科学的根拠のある証拠を見つけた」 夫と私は、「Forensic Files」という番組を見ていた時代があって、これがどんな番組かというと、法廷に提出できるような化学的証拠を捜査する人たちをテーマにした番組なんです。殺人現場に残った指紋とか、DNAとか、落ちていた服の切れ端とか、そんなものを科学的に分析する人たちが、どんな風にそれを証明するかってな感じです。やっぱこうした科学的証拠ってのは、ウソをつかないので、 [続きを読む]
  • I think you are a little warm
  • 「少し、熱があるようだね」 昨日、久しぶりに雪が降り、寒かったので、私は厚めのフーディーを着ました。フードが付いたジャケットね。で、ふと見ると、夫もフードはついてないけど、厚めのスウェットのジャケット。私としては、似た格好だと思ったので、「まあ、私とペアルックでもしたいの?」みたいに言うと、私の額の上に手を載せて夫が言ったのが、今日の一言です。「これが、同じだっていうの?色も違うし、僕のは、フード [続きを読む]
  • I'm in the midlife crisis
  • 「ミッドライフクライシスにいるんでね」 最近、毎日のように届く小包。前からそうですが、夫はオンラインショッピング好きなんです。なんで?と思うほど。私はオンラインなんぞ、必要でない限り、使いませんが。で、先日、また小箱を開けて、新しく買った時計を試している夫に、「なんでそんなに無駄遣いをするの?」というと返ってきたのが、今日の一言です。ミッドライフクライシスって、日本語にもなってるんでしょうかね?訳 [続きを読む]
  • It's a fixer-upper
  • 「フィックサー・アッパーだからさ」 迷った結果、カタカナで書いちゃいましたが、 "fixer-upper" とは、現在ボロボロで、修理が必要だけど、超安値で売りに出されている家のことです。 "fix" は動詞だと「修理する」で、"up"は副詞だと「上に」といった意味。つまり気分的には、「修理すれば、上等になる」とか、「修理して、いい家にしてあげてね」とか、そんな感じだと思います。 なんでこんな話になったかというと、私 [続きを読む]
  • Undo it!
  • 「元に戻せ!」 先日、夫とアンティークショップに行ったことをお話ししましたが、そこでのエピソードです。アンティークショップですから、もちろん、そこには古い物がいっぱいなんですが、私は、椅子の上にある人形が背中を向けて置かれているのに気づきました。普通、人形を飾るとしたら、顔を前にしませんか?なんで、私はその人形を取り上げ、顔を前にして人形を置き直してあげました。 しかしその人形、なんだか怖い雰囲気 [続きを読む]
  • That's definitely a little agonizing
  • 「それは確実に、少々痛い」 今日、私がバスルームにいる時に、のそのそとやってきた夫。で、煌々と照るバスルームのライトの下で(ってほどまぶしいわけじゃないけどね。まあ、他の部屋に比べれば、物事がはっきり見えるって感じですか。)夫の肩の付け根に、何やら線があるのを発見。それも、両方、平行するようにあるのです。で、「どこでそんな傷、つけたの?」と聞くと、(本当に傷かと思うくらい、くっきりしてました。)「 [続きを読む]
  • Just crash it down?
  • 「ただ押しつぶせと?」 今日は、この地域の人々がここ2,3日待っていた日。ななんと、二月だというのに、今日は華氏70度代になるというのです!でも来週になれば、また冬に戻るというので、この陽気を楽しみたいなら、今日しかない!ってんで、地元の天気予報を見た夫は、「今日はバイクで会社に行く」と、豪語しました。しかし、いつも会社に持っていくランチバッグが、バイクのカバンに入らない!「無理せずに、車で行った [続きを読む]
  • Women in need
  • 「助けが必要な女性たち」 先日、地元ニュースを見ていると、何やら不思議な言葉が聞こえてきました。カンザスシティ出身のラッパー、Tech N9ne(テックナイン)は、年間250回もコンサートをするそうですが、「演奏が良ければ良いほど、ステージに投げられるブラが増える」というのです!WHAT!ってことは、彼らのコンサートに行った(クレイジーな)女性ファンは、ノーブラで家に帰るってことですか?演奏に夢中になって、ブラ [続きを読む]
  • Oh boy
  • 「やれやれ」 実は私、先週から風邪を引いておりまして、先週のほとんどは、全く声が出ない状態でした。私が風邪を引くと、喉が弱いので、咳はひどいわ、声は出ないわで、それはそれはひどい状態が長引くのです。とある夜、夫が仕事から帰ってきたので、「お帰り〜!」と言おうと思えど、声が出ない!そんな私を見た夫は、喉を両手で絞めて、「声が出ない!」という演技をした後、?Save your voice"と言って、立ち去っていきまし [続きを読む]
  • Trying to make a point
  • 「納得させようとしているのは、わかるけど」 これも、かなり意訳しましたが、つまりそういうことです。(シリーズができそうですね。「つまりそういうことです」シリーズが。)昨夜、仕事から帰ってきた夫は、車から大きなカバンを出すと、「持ってって」と言って、私に渡しました。そして自分も同じくらい大きなカバンを担いで、二階へ。ということで、大きなカバンが二つも、ドカンとリビングルームに並んだのです。それもソフ [続きを読む]
  • I am plugged into everywhere
  • 「自分は、どこにでも繋がってるから」 皆さま、あけましておめでとうございます。(え、もう遅いって?)今年もよろしくお願い申し上げます。 さてさて、今日の一言ですが、新年のあいさつとは全く関係なく、夫の上司の言葉です。(夫によって私に伝えられたもの。)実は我が夫、新しい仕事が決まったのです!(イエーイ!)これまでの仕事と似た仕事なんですが、他の会社。面接を受けて、本社のシカゴの経営者達との長い面接も [続きを読む]
  • I didn't clear it
  • 「消さなかったはずだけど」 最近、新しいコンピュータを入手したのは、前にお話ししましたが、昨晩、やっとその新しいコンピュータに「Office」をインストールしてもらいました。(夫に)新しいコンピュータには、Windows10が入ってますが、Word とかExcellとか、実際に私が作業するソフトは、別売りのソフトでインストールしなければならなかったのです。なので、新しいコンピュータがありながら、Wordを使う時は、まだ古いのを [続きを読む]
  • Pedometer
  • 「万歩計」 皆さま、クリスマスはいかがでしたか?我が家のクリスマスは、例年と違って、「映画を見る」という、変わったクリスマスの過ごし方をしました。夫の姉は仕事をしなければならなかったので、「じゃあ、我が家でするしかないわね」と言ってたのですが、それに夫母が引け目を感じたのか(必要ないんですが)、「じゃあ、ショーに行くのわどう?」ということで、映画館行きが決定したのです。ということで、最近封切された [続きを読む]
  • Never get hacked!
  • 「決して、ハックされるな」 皆様、長らくご無沙汰いたしました。お元気でしょうか?更新してなかったので、「アメリカ人夫の一言」は見捨てたなんて、そんなむごい事は、決しておっしゃらないでください。そうです、私のコンピュータに、またまたウイルスが付いたのです!ええい、世のハッカー達よ!いい加減にしやがれ!人のコンピュータをぶっ壊して、何が楽しいの!恥を知れ! と、怒り爆発の私ですが、この辺で、八つ当たり [続きを読む]
  • Did you say "murder weapon"?
  • 「『殺人凶器』って、言ってた?」 ああ、驚かないでください。実際に拳銃とかの話しではございませんから。サンクスギビングが近づき、「そろそろ、メニューとか考えないと」と思い出した今日この頃。それで、Food Networkとか、一生懸命、見てるわけですね。これまで何度もサンクスギビングは我が家でやってるので、そろそろ、「これが私の毎年作るサンクスギビングレシピ」って物を持ってても良いかと思いますが、やっぱなんだ [続きを読む]
  • Inside the park home run!
  • 「ランニングホームラン!」 皆様!私、人生の中で、こんなの見たことありません!昨夜は、ワールドシリーズの第一日目、カンザスシティで、Royalsとニューヨークのメッツが対戦しました!昨年は惜しくも逃してしまったワールドシリーズ、しかしロイヤルス、今年も出場しています!そこで、後攻だったロイヤルスの第一打者は、Escobar!解説者が、「Escobarは、最初っから打ちますよ〜」と言った直後、本当に思いっきりバットを振 [続きを読む]
  • Get over it!
  • 「けりをつけろ!」 アメリカ人は、誰かがくしゃみをすると、“Bless you"と言います。アメリカに来たばかりの頃は、一々コメントされるのがうざいと思ってました。また、「日本語で、“Bless you"ってなんて言うの?」という質問には、「ええい、そんな阿呆な表現は、日本語にないわい!」とも思ってました。しかし、私がくしゃみを連発し、夫が“Bless you"と立て続けに言う中、「これで最後。この後はきちんと、“Thank you"っ [続きを読む]
  • It's so offensive!
  • 「めっちゃ、侮辱的」 Progressive という保険会社のコマーシャル、私、大ファンです。毎回、ユーモアがある。で、最近私達が見たのが、このコマーシャル。まずは、Youtubeで、どうぞ。  https://www.youtube.com/watch?v=ST0cR2-JcZ0 レトロな時代設定は、1950年くらいか。女性はみな、家で主婦をしていて、夫の収入で生活をしているという時代。このコマーシャルに登場する主人公は、Floという名前なんだそうです。演じて [続きを読む]
  • You suck!
  • 「へたくそ!」 昨日、夫の母のいとこが経営する自転車屋まで行ってまいりました。自転車の調整をしてもらって、出来上がったので、取りに行くってことで、私も行ってきたわけです。親戚の店って事で、いつもにも増して話が長い夫。新しい自転車の試し乗りをしたり、店の商品を隈なく見たり。で、夫がその新しい自転車を試すってんで、私も外に行き、どっかに行ってしまった夫を外で待っていると、母のいとこは、夫が「これどう? [続きを読む]
  • Sit-up
  • 「腹筋運動」 昨夜、「今からPush-upするから、足押さえてて」と言う夫。Push-upとは、腕立て伏せのこと。なのに床に仰向けに寝転がって、足を押さえろとな。フム、意味が通じぬ。で、自分の間違いに気付いたのか、「シットアップ、シットアップ」と夫が言いなおしたのが、今日の一言です。ちなみに夫、なぜか日本語で1から10まで数えられます。(私が教えたんじゃなくて、昔、体育の授業かなにかで習ったそうな。)なので、こ [続きを読む]
  • It's on the way
  • 「行く途中だよ」 なんだか、噴水巡りをしたい気分の私。カンザスシティは、「噴水の街」と呼ばれており、街の至る所に噴水があります。噴水はマイナスイオンを発するそうで、身体に良いって誰か言ってたし。水が轟々と溢れ出す噴水に行きたい! で、夫が買物に行くって言うんで、「噴水に寄ってく?」と聞くと、「え?来る?ロバートのとこに寄ってくけど」と言うので、「じゃあ、いいです」と言うと、返ってきたのが今日の一言 [続きを読む]