経済なんでも研究会 さん プロフィール

  •  
経済なんでも研究会さん: 経済なんでも研究会
ハンドル名経済なんでも研究会 さん
ブログタイトル経済なんでも研究会
ブログURLhttp://economy33.blog77.fc2.com/
サイト紹介文経済問題の分析、解説。特に政府の政策に対する批判。いくつかの大学で教科書代わりに利用されています。
自由文最近の例では、1000円高速料金やエコポイントへの批判。景気回復の芽をいち早く探し出しています。またアメリカのGMやクライスラーが破産法の申請しか可能性がないことも、数か月前から予想しています。
原則として祝日以外は、記事を更新。株価の上昇、下落も毎日予想しています。これまで3年間の騰落予想では、勝率が約7割。証券マンの読者も少なくありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供351回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2009/05/24 17:05

経済なんでも研究会 さんのブログ記事

  • 今週のポイント
  • ◇ “有事の円高”は修正された? = 先週の株価は予想以上に反発した。フランスの大統領選挙でEU離脱の危機が薄まったことから、週の前半に大きく上げている。トランプ大統領の税制改革案が発表されたが、実現性に対する疑問もあって市場の評価はまちまち。一方、北朝鮮の戦争リスクに関して、投資家の多くは様子見の姿勢を強めている。ダウ平均は先週393ドルの値上がり。日経平均も576円の上昇だった。こうしたなかで、注目さ [続きを読む]
  • サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話 (改訂版)
  • 第13章 国際収支って、なんだろう? ⑬◇ 所得収支が大幅な黒字 = おわりに16年の国際収支をみておきましょう。まず経常収支の総計は20兆6500億円の黒字でした。このうち貿易収支は5兆5800億円の黒字。輸出は68兆9000億円で前年比8.5%減少しましたが、輸入は63兆3000億円で16.6%も減少しました。輸出も減りましたが輸入の減り方がとても大きく、貿易収支が黒字になったわけです。輸入の減少は、原油やLNG(液化天然ガス) [続きを読む]
  • 小姑みたいな 総務省 : ふるさと納税
  • ◇ 自治体をもっと信頼したら = 「返礼品の価格は寄付額の3割までにしなさい」「電子機器や時計、宝飾品はダメ」ー−総務省が全国の自治体に対して、ふるさと納税の返礼品について細かい指示を出した。自治体のなかにはさっそく金額を下げたところもあるが、応じないところも多い。指示に従わない自治体に対して、総務省は個別に指導する方針だ。ふるさと納税制度は、どこかの自治体に寄付をすると、寄付額から2000円を差し引い [続きを読む]
  • 米抜きTPPは 至難のワザ (下)
  • ◇ 戦略が見えない方針転換 = ある会社の営業部が、町の居酒屋で新年会を開くことにした。会費は1人3000円。ただし部長は1万円、課長は5000円出すことになっていた。ところが部長が急に欠席するという。課長がその分を払ってくれればいいが、そうでなければみんなの会費が高くなってしまう。たとえてみればアメリカ抜きのTPPは、こんな状況だ。この場合、課長である日本が余分に負担することは、農畜産物の輸入関税をTPPの水準 [続きを読む]
  • 米抜きTPPは 至難のワザ (上)
  • ◇ 日本にアメリカの代役は務まるのか = アメリカ抜きのTPP(環太平洋経済連携協定)を再構築する。安倍首相はこれまで「アメリカが参加しないTPPは意味がない」と繰り返し発言してきたが、その方針を大転換することになった。来日したペンス米副大統領が「TPPはアメリカにとっては過去のもの。だからアメリカは加わらないが、日本がやるならどうぞ」と囁いたからだという説も広がっている。政府はまず5月11−12日にカナダで開 [続きを読む]
  • 勢い増す 国家分断の濁流
  • ◇ EU崩壊は遠のいたが・・・ = フランス大統領選挙の第1回投票が23日行われ、中道・無所属のマクロン前経済相と極右・国民戦線のルペン党首が勝ち残った。決選投票は5月7日に実施されるが、反ルペン陣営が結束し、マクロン氏が当選すると予想されている。マクロン氏はEU堅持を表明しており、フランスがEUを離脱する可能性はほぼ消滅した。この結果を受けて、為替市場ではユーロが急騰。東京市場の株価も大幅に上昇した。だが [続きを読む]
  • 今週のポイント
  • ◇ リスク回避と押し目買いの綱引き = 朝鮮半島の情勢が緊迫し、フランス大統領選挙の投票日が迫るなかで、日米の株価はともに上昇した。ダウ平均は先週95ドルの値上がり。小売り売上高や消費者物価が事前の予想を下回るという悪材料も出たが、主要企業の3月期決算では利益が前年を上回るという予測も発表された。リスク回避で投資資金の一部は株式から債券、金に流れたが、この好決算予想をバックに押し目買いが入っている。日 [続きを読む]
  • サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話 (改訂版)
  • 第13章 国際収支って、なんだろう? ⑫◇ 原発停止で大赤字 = こんどの大嵐は、08年3月の東日本大震災が発生源になりました。福島第1原発が事故を起こして原発の安全性に疑問が生じたため、すべての原発が運転を停止したのです。震災の前は全国で54基の原発が動いており、必要な電力の約3割を供給していました。原発停止による電力の不足分を補うため、電力各社は火力による発電を増強しました。この結果、火力発電で燃やす [続きを読む]
  • サタデー自習室 −− 水の 経済学 ④
  • ◇ 日本の降水量は世界平均の2倍 = もし1時間に100ミリもの大雨が降ったら、必ず洪水の被害が発生するだろう。なにしろ、その地域に1時間で10センチの水が降り注ぐ。地面はその水を吸収し切れず、水は低い方に流れて、あっと言う間に水嵩を増すからだ。そこでクイズを1つ。日本全体に降る雨や雪の量は、年間どのくらいでしょうか。答えは、平均で1690ミリ。量にすると、6400億立方メートルということになる。このうち利用可能 [続きを読む]
  • 怯える“6分の1”の確率 : フランス大統領選挙
  • ◇ 4候補の支持率がほぼ横一線 = フランスの大統領選挙は、第1回の投票が23日に実施される。有力候補は①国民戦線のルペン党首②無所属のマクロン前経済相③共和党のフィヨン元首相④左翼党のメランション氏の4人に絞られた。ところが、この4候補の支持率は全く伯仲。たとえばル・モンド紙の最新調査では、ルペン氏とマクロン氏がともに22%、メランション氏が20%、フィヨン氏が19%といったぐあい。問題は4氏が掲げる政策綱 [続きを読む]
  • いよいよ始まった 日米経済対話
  • ◇ 焦点は農産物と為替 = 日米経済対話の初会合が18日、東京で開かれた。麻生財務相とペンス副大統領との会談では、今後の話し合いを①貿易・投資のルール作り②経済財政・構造政策での協力③個別分野−−の3本建てで進めることを確認。同時に別の場所で世耕経済産業相とロス商務長官も会談するという、異例のダブル・シフトになった。ただ今回の会合は始球式のようなもの。実際の厳しい交渉は、5月末ごろからになるとみられて [続きを読む]
  • 日本円は 安全資産なのか? (下)
  • ◇ 円高の真犯人は日銀の低金利政策 = トランプ大統領は、完全に北朝鮮に照準を合わせたようだ。シリアへのミサイル攻撃もアフガニスタンでの大型爆弾投下も、北朝鮮に対する一種の警告だとみられている。こうして東アジアの緊迫感は一気に高まったが、その影響をいちばん受けやすいのは日本と韓国だ。特に韓国の場合は北朝鮮と地続きだから、リスクは日本より大きいはずである。ところが4月に入ってからの市場動向をみると、韓 [続きを読む]
  • 日本円は 安全資産なのか? (上)
  • ◇ リスク急増で円高・株安に = アメリカ軍が動き出した。まずイラクの空軍基地をミサイル攻撃。次いで空母カールビンソンを中核とする強力な艦隊が朝鮮海域に集結。さらにアフガニスタンのイスラム国拠点に新型の大型爆弾を投下。かくして世界の緊張感は一挙に高まった。金や国債、それに日本円が買われ、株式が売られている。リスクが高まると、円高が進行する。今回も円の対ドル相場は108円台にまで急騰した。こんなとき新聞 [続きを読む]
  • 今週のポイント
  • ◇ リスク急増⇒円高・国債高⇒株安 = イラク、アフガニスタンから北朝鮮。世界中に不穏な空気が広がった。このため市場では一気にリスク回避の動きが強まり、安全資産の国債や金、それに日本円が買われ、株式は売られた。先週はダウ平均が203ドルの値下がり。日経平均も329円の下落だった。金の国際価格は5か月ぶりの高値。東京市場の10年もの国債は、利回りが0.02%まで下がり4か月ぶりの低水準。円の対ドル相場は108円台へと [続きを読む]
  • サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話 (改訂版)
  • 第13章 国際収支って、なんだろう? ⑪◇ 嵐を乗り切った日本 = 最初の大嵐は1971年(昭和46年)にやってきました。それまで世界の通貨制度は固定相場制(こていそうばせい)と言って、アメリカのドルと一定の比率で結ばれていました。日本の円も1ドル=360円だったのです。ところがアメリカは国際収支に大赤字を出して、この制度が続けられなくなってしまいました。このため71年以降、世界は変動相場制(へんどうそうばせ [続きを読む]
  • サタデー自習室 −− 水の 経済学 ③
  • ◇ 人口増と生活水準の向上で需要増加 = 人類の水争いは、21世紀中にはもっと激しくなるかもしれない。20世紀を通じて、地球上の人口はおよそ4倍、取水量は7倍、灌漑面積は6倍に増大した。いま、これら取水の7割が農業、2割が工業、1割が生活に使われている。世界で取水される量は、25年に5兆2350億立方?。00年に比べて3割増えると予測されている。この増加の6割は、アジアの人口増加によるものだ。国連の推計では、現在は世界 [続きを読む]
  • ネットが テレビを追い抜く : 広告費
  • ◇ ことし中に世界でも日本でも = イギリスの調査会社ゼニス・オプティメディアの集計によると、17年のネット広告費は前年より13%増えて2050億ドル(約22兆5000億円)に達する見込み。一方、テレビ広告費は前年比1%増の1920億ドルになると推計される。このため1996年に新聞を抜いて最大の広告媒体となったテレビは、21年ぶりに首位の座をネットに明け渡すことになった。スマホやパソコンを媒体とするネット広告は、1995年に登 [続きを読む]
  • 景気は いいのか悪いのか (下)
  • ◇ 全体として足踏み状態 = 景況感が湧かない最大の理由は、経済の拡大テンポが遅すぎることにある。たとえば“いざなぎ景気”のときは、毎年10%を超えるスピードで経済が拡大した。だが今回は年平均の成長率が1%にも満たない。リニア・モーター・カーと自転車ぐらいの違いがある。これでは景況感どころではない。さらに経済の各部門で、陽の当たるところと当たらないところが明瞭に分かれている。これも現在の景気動向の特徴 [続きを読む]
  • 景気は いいのか悪いのか (上)
  • ◇ 回復期の長さは戦後3番目に = 内閣府は先週7日、2月の景気動向指数を発表した。それによると、一致指数が前月より0.4ポイント上昇。これにより今回の景気回復期は戦後3番目の長さになったことが、統計面では確認された。しかし一般的には好況感に乏しく「景気はいいのか悪いのか判断しがたい」という声も強い。景気動向指数というのは、生産や販売、雇用などの経済指標を集めて作成する総合指標。内閣府が毎月作成し発表 [続きを読む]
  • 地政学的リスク の 影響度
  • ◇ 一時的なら1か月後には回復 = 先週は新聞紙上に「地政学的リスク」という言葉が、何回となく現われた。辞書を引いてみると「地理的条件と政治現象との関係を研究する学問」とある。なかには「ナチスによる領土拡張の戦略論として使われた」とも書いてあって、ちょっと驚いた。とにかくよく判らない言葉だが、最近は中東やアジアで物騒なことが起こると使われているように思われる。まず日本時間の4日、シリア北西部の町に化 [続きを読む]
  • 今週のポイント
  • ◇ シリア攻撃をどう評価するのか = 先週は前半に、FRBの内部で「株価動向には過剰感もある」という意見が出たことが明らかになった。また後半には、3月の非農業雇用者数が予想の半分しか増加しなかったことが判明。さらにアメリカ軍によるシリア空軍基地へのミサイル攻撃という、衝撃的な発表もあった。しかしダウ平均株価は小動きに終始、週間でも7ドルの値下がりにとどまった。アメリカ軍のミサイル攻撃については、まず原油 [続きを読む]
  • サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話 (改訂版)
  • 第13章 国際収支って、なんだろう? ⑩◇ 1968年に黒字転換 = いまから50年前の1968年(昭和43年)は、川端康成が日本人初のノーベル文学賞を受賞。セ・リーグでは王貞治が初の首位打者、長島茂雄が打点王を獲得した年でした。日本の国際収支にとっても、この年は記念すべき年となりました。なぜなら日本の国際収支は、この年から大幅な黒字を積み重ねることになったからです。その前の年、1967年度の国際収支は5億ドルの赤 [続きを読む]
  • サタデー自習室 −− 水の 経済学 ②
  • ◇ 現代も続く水争い = 英語のRIVER(川)とRIVAL(敵)は、語源が同じだという。それほど人類は、昔から水を巡って争ってきたというわけだ。かつてナイル川や黄河の流域には、大河文明が花開いた。これは大河の流域を力で占拠した部族が繁栄した結果として、もたらされたものである。水を制した部族だけが、大きな発展を遂げることが出来たとも言えるだろう。その後も人々は大きな川や湖の傍らに城を築き、田畑を開墾して村を [続きを読む]
  • カジノ設置は 住民投票で
  • ◇ 美しい日本を損なわないか = 政府はカジノなど統合型リゾートの設置に向けて、立法化の準備を開始した。安倍首相は4日、整備推進本部の初会合で「カジノ運営を適切に行うための規制について検討を始める」よう指示。これに基づいて有識者による推進会議が、6日から議論を始めた。夏までには大枠を固め、秋の臨時国会に法案を提出する方針だ。カジノなどを含む統合リゾートの設置で、政府は外国人観光客を呼び込むなどの経済 [続きを読む]
  • 脱イギリス? 迷う日本企業 (下)
  • ◇ 暗闇で手さぐりする進出企業 = イギリスには、いま約1000社の日本企業が進出している。日産や日立などの製造業は、古くから現地生産に乗り出していた。三菱UFJなど多くの金融機関は、ロンドンのシティに大きな事務所を構えている。いずれもヨーロッパを統括する本部の色彩が濃い。だが19年春にイギリスがEUから離脱すると、本部の機能は果たしにくくなる。ドイツやフランスなどEU加盟諸国に対するモノの輸出には、関税がかけ [続きを読む]