渓流釣り さん プロフィール

  •  
渓流釣りさん: 哲おじさんの釣り日記
ハンドル名渓流釣り さん
ブログタイトル哲おじさんの釣り日記
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/xfxhj240
サイト紹介文渓流釣り、人家の下流では釣らない主義。天然岩魚を追い求め、年間35日の釣行をタイムリーにUP。
自由文もっぱら源流に近い渓流釣りにハマッテいます。かなりな釣りキチ?で書くことも好きって事で、昨年・今年とつり人3月号では表紙に・・・そして巻頭グラビア12pは私の記事。そんな私ですが、公認フィッシングマスターでもあり、こども達への釣り指導も忘れてはいません。釣果や渓を具体的に記すことは控えめ、それは資源保護のため(かっこ良すぎるか)。ブログでお会いしましょう!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/05/24 20:31

渓流釣り さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 今シーズン初の釣行
  • 長野県の多くの渓流が解禁になった。とはいえ、この時期は積雪が多く、地域によってはまだ流れが埋まっているところが多い。そんな中でも、雪が比較的少ないところで・・・と、今シーズンの解禁釣行は、上小漁協管轄で東信のと・ある渓に、無二の釣友滝さんと出向いた。まだ水温は0℃近く、気温はマイナス10℃と、決して釣りを楽しむなんて条件じゃない。仕掛けに水玉ができ、目印はカチカチに凍る。そんな厳しい条件でも釣りに [続きを読む]
  • つり人3月号への投稿
  • いよいよ渓流釣り解禁。解禁に先立ち、毎年1月25日発売の「つり人」3月号では、渓流釣り記事が特集された。だが、今年も例年に変わらずだが・・・チョットちょっと、何か3月号のイメージが違う。そう、3月号から誌面のリニューアルをしたという。先ずはこれまでのサイズから、B5版に変わった。その狙いというか意味は分からないが、思えばつり人の創刊号は、B5版だった。この頃はまだA版仕様は殆どなく、一般的な書類もB5版 [続きを読む]
  • ヤマトイワナとの出会いを求めて
  • 今シーズンも間もなく禁漁。結構、釣りには行った今シーズンだったが、イマイチ?思うにままならない釣りだった。そこで今シーズンの締めくくりと企画したのが、ヤマトイワナの聖地と言われる山梨県早川上流、北岳(3193m)、間ノ岳(3190m)界隈を源として流れる野呂川釣行だった。とはいえ、初めての釣行だけにインターネットに掲載されている記事から情報収集、2万5千分の一の地図の購入、鳳凰三山で山小屋を経営し [続きを読む]
  • 山形の釣友と至福の時
  •  いやはや・・・すっかりご無沙汰してしまったブログ。というのも、4月にパソコンを興味半分でウインドウズ10にアップグレードしたら、何と!!????画像がアップできなくなってしまって、ネットで見たら当たり前の様になるらしい。31日経っていなかったら戻せるとの事だったが、ついそれもせず・・・・。自分でいろいろとやってみたが解決できず、先週、お助け隊に自宅まで出向いてもらって、やっと回復・・・というより [続きを読む]
  • 北海道新幹線「はやぶさ」に乗った!
  • 半世紀の夢が叶った記念すべき日・・・3月26日に北海道新幹線が開通した。北海道育ちの小生にとって、感慨深いものがある。オホーツク海に面した紋別市に生まれた小生が、本州(北海道では内地と呼んでいる)とりわけ東京に出るには特急列車で函館まで、そして青函連絡船で4〜5時間かけて津軽海峡を渡り、また特急列車に揺られて東京迄、何と・・・24時間余りかかっていたと記憶している。当時(今から50年も前に事になる [続きを読む]
  • 哲おじさんの趣味の部屋
  • 以前も紹介したことがあるが、年々、釣りグッズが増えてきている。使いもしないのに・・・・と自分でも思うのだが、何故か衝動買いをしたり、釣友達からの戴きものもので増えているのだ。趣味の部屋の釣りコーナーのほぼ全貌。手前にはスキー、カメラ、ゴルフや果実酒などがビッシリ詰まっている。かなりお値打ち物の魚籠や釣り竿など、もうすぐ年金生活に入るだけに、買いだめしたものを友人達に買ってもらって生活する日が近いか [続きを読む]
  • 雑誌「つり人」掲載報告
  • 月刊「つり人」にはずいぶん前から投稿しているが、時には編集から取材釣行をと話があり、カメラマンや編集担当と一緒に出向いている。最近だと今年の2月25日発売のつり人3月号、昨年では10月号で津留崎カメラマンと八木副編集長(当時、今は編集長)と乗鞍高原に一緒した。3月号の表紙。記事はカラー5ページで、日本海の糸魚川に流れ出る姫川の下流域の支流小滝川の早春だ。3月号なのでまだ書店にあるかも・・・。昨年1 [続きを読む]
  • 初釣り!に胸躍る
  • いよいよ2016シーズンの解禁だ。既に2月16日に長野県内の渓流の多くが解禁になっているが、なかなか時間が取れずこの日になってしまった。メンバーはいつもの強者たち3人。3人とも既に初釣りは済んでいる為、今シーズンの初釣りは小生だけ。目指すはまだ雪深い白馬へいざ行かん!まずは3月5日の日釣り券を白馬のコンビニで購入今年は雪が少ない?と言っても渓にはまだまだたくさんの雪が・・・・。とはいっても、やはり [続きを読む]
  • 禁漁間近の爆釣にご満悦
  • 今シーズンも残り3週間となってしまった。最後の思い出づくりには・・・・と、北信地区の友人から紹介された、氏曰く隠し沢。あまり一般の釣り人が入っていないというのも、地元では有名なクマの巣とも言われているところで、頻繁に熊が出たという情報を耳にしている。しかし、釣り欲が勝り、熊と遭遇するのは覚悟で出向いた。メンバーはいつもの5人だが、渓が細いこともあって入渓点から上下に分かれて釣ろうと川崎さんの提案で [続きを読む]
  • マタタビ採りと釣りに白馬へ
  • 昨年もこの時期、ここに行って偶然にもマタタビを採ってきた。マタタビは趣味にもなっている果実酒の材料にする為で、山ブドウなど豊かな自然の恵みを頂戴している。釣りは二の次・・・といったら嘘?になるかもしれないが、釣果は兎も角、この日の目的はマタタビ採り。ただ、昨年は8月下旬だったが、チョット時期が遅い。・・・つまり、既に誰かが採ってしまっているかもしれないという不安もあったが、目立つところではないだけ [続きを読む]
  • つり人10月号の表紙を飾った小生
  • 本日、つり人10月号が発売されます。今月号は「大イワナの滝壺」という特集で、8月初めに津留崎カメラマンと編集を伴って乗鞍高原に取材に出かけたものが載っている山岳渓流釣りの豪華版です。 表紙を飾っているヘルメット姿の小生の雄姿?と巻頭グラビア8ページの写真の数々は、やはり腕利きカメラマンの傑作で見事なものです。是非!ご覧ください。 [続きを読む]
  • つり人取材釣行
  •  先週、月刊つり人の八木副編集長から、滝をテーマにしたいので何処か・・・と取材依頼の連絡があった。滝なら・・・と、真っ先に頭に浮かんだのが乗鞍高原。観光地として賑わう「善五郎の滝」や「番所大滝」、そして「三本滝」は乗鞍高原の代表的な滝だが、そればかりでなく乗鞍高原には無名の滝を含め無数と言って良いほどたくさんある。だが、それらの滝を見るにも、滝壺狙いで釣りに出向くにも相当難儀な条件を覚悟しなければ [続きを読む]
  • 台風一過の岐阜への釣行記
  • <イントロダクション> 先日、下見に行った富山県への3泊釣行企画は、台風11号の影響で国道から現地への林道が、奥に入ってから土砂崩れでもしたら帰れなくなる?・・・との心配もあり、まずは安全第一!と急遽行き先を変更し、神通川上流(岐阜県では宮川?)の、と・ある支流とした。  そこで一番の良い思いをしたのは「根掛かり寛ちゃん」こと川崎さん。釣り人生で2番目、20数年ぶりという38cmの大岩魚をヒット、 [続きを読む]
  • 富山の源流にて
  • 7月の連休に行こうと計画している富山県の神通川支流の源流部へ、まずは下見として川崎さんと滝澤さんの3人で出向いた。何せ本釣行では源流域でテント泊を2泊という予定だけに、テン場の位置確認を含めて下見が必要と判断したのだ。と言うより、そこに入る林道が通れるかと言うのが下見の主たる目的。国道からは、RV車でないと走れない急峻な悪路を1時間程走る距離だけに、夜間では危険と前夜のうちに近くまで行き道の駅で仮 [続きを読む]
  • 過去の記事 …