フクさん さん プロフィール

  •  
フクさんさん: フクさんラン遊記
ハンドル名フクさん さん
ブログタイトルフクさんラン遊記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/fukuinaoto7010
サイト紹介文フクさんのキーワード:マラソン、ウルトラ、北海道、サロマ湖、道産子、松山、愛媛、府中、温泉、時代小説
自由文マラソン大好きシニアランナーです。松山から東京に戻り、今年は北海道に軸足移します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/05/26 22:11

フクさん さんのブログ記事

  • 走友会のマラニックでサロマ湖100暑さ試し
  • 走友会のマラニックでサロマ湖100暑さ試し 今年の走友会のマラニックは横須賀の馬堀海岸の海沿いという。CT検査を終えて北海道に戻るのを少し伸ばしてマラニックに参加。これはその企画書。32回目を迎えるマラニックとは本当にすごい。 幹事謹製のコース図。 さすが神奈川でも有数の歴史を誇る走友会とあって芸が細かい。それではマラニックの様子を仲間の写真でレポートしよう。これはスタート前の [続きを読む]
  • サロマ100k スタートラインに立つ
  • サロマ100k スタートラインに立つ 一時、サロマ湖100kのスタートラインには立てないのではと思っていたが、東京にいる間の練習で6月25日の出走を決めた。北見で段階的に足作りをしていたが、どうにも今一つ自信が持てなかった。それが5月14日(日)所属する走友会の練習日に30kロングを?6分強のペースで走り切り、その後のダメージも思ったほど出なかったので出走を決断した。下記はその14日の日報。 1月から3月 [続きを読む]
  • ベルリンマラソン写真集
  • ベルリンマラソン写真集 東京にいる間に幾つかするべき事があったが、その一つに去年出走したベルリンマラソンの写真集編集があった。それがようやく完成。表紙のカラーをドイツ国旗に真似てみたが、ぴったりの配色が無かった。 撮った枚数が700枚以上はあったので、それを250枚以下に減らすのに苦労した。これはブランデンブルグ門を訪ねた時のページ。 スタート前のページでは函館のFさんとの写真を大きくし、&nb [続きを読む]
  • 5月連休はエゾムラサキツツジが満開
  • 5月連休はエゾムラサキツツジが満開 5月連休に入って、北見の庭のエゾムラサキツツジが咲き始めました。エゾムラサキツツジ(花図鑑)https://minhana.net/wiki/%e3%82%a8%e3%82%be%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%b5%e3%82%ad%e3%83%84%e3%83%84%e3%82%b8 本州のツツジに比べると花が少し小振りで紫色が強いツツジです。上記花図鑑によると北海道の北部と東部に分布し、絶滅危惧の植物に指定されているとか。オホーツク地方で [続きを読む]
  • 慢性硬膜血腫 ほぼ完治
  • 慢性硬膜血腫 ほぼ完治 東京に戻った理由の一つが、CT検査を受け「慢性硬膜下血腫」が完治したかどうかを診てもらうこと。 先生「その後どうですか?変わりありませんか?」小生「変わりありません。結構走り込んでいますが何ともありません」先生「そうですか、ホント(走るのが)好きなのですね。それじゃCTを撮って判断しましょう」 CT室に移動。撮影。 そして、これが撮ったCT写真。 先生 「ほぼ完 [続きを読む]
  • 菜園一年生だっぺ
  • 菜園一年生だっぺ 「ひよっこ」に倣って茨城弁で始めました。北海道に戻り(40年振り)、小さいながらも菜園に挑戦しています。去年の秋、牛糞と鶏糞を撒きスコップで土起こし。雪が解けた4月、さらに鶏糞を撒いた上でもう一度スコップを入れました。 これは買ってきた苗、これは一部。まだ気温が低いので玄関に入れて置きました。 今春用意した苗のリスト。 ジャガイモの種芋を切って準備。これはベテランの [続きを読む]
  • オホーツク富岡高原の景色
  • オホーツク富岡高原の景色 連休、実家から車で10分もかからない高原に上りました。以前から気になっていた場所で広大な畑が広がっています。北見市留辺蘂(るべしべ)町富岡という地名の場所で、特別観光名所でもなければ何でもないところです。しかし、いかにもーツクっぽい景色が広がるところなので、これから季節ごとに定点観測して紹介します。 まず町道からさらに細い道を上っていきます。左右に白樺の林が広がる。 [続きを読む]
  • WORLD MARATHON MAJORS(WMM) を調べる
  • WORLD MARATHON MAJORS(WMM) を調べる 去年死ぬまでに走りたい100の大会という表題で雑誌NUMBERの特集号を取り上げました。死ぬまでに走りたい100の大会https://blogs.yahoo.co.jp/fukuinaoto7010/28362268.html この中で焦点を当てたのがABBOTT WORLD MARATHON MAJORS(AWMM)。公式サイトでは次のように説明されています。Abbott World Marathon Majorsは、世界の中で最も名高く最も大きな6つのマラソンで構成さ [続きを読む]
  • ほっかいどう湯煙紀行6 芽登温泉
  • ほっかいどう湯煙紀行6 芽登温泉 道産子ではあるが高校を出てからオホーツクを離れているので、似非(えせ)道産子のようなものである。去年秋帯広で開催されたとかちフードマラソンの帰り、置戸国道を走っていて、芽登温泉という看板を見つけた。林間から僅かながら硫黄の匂いが流れ、阿寒にも近いから硫黄の温泉かと納得した。帰宅してからネットで調べると日本秘湯を守る会に所属する温泉とある。そこで雪解けを待ち家内 [続きを読む]
  • 閑話一題 難しい漢字 その10
  • 閑話一題 難しい漢字 その10 また難しい漢字が溜まってきたので、また10の漢字を取り上げます。 ところで先日テレビで漢字博物館というのが京都にあると知りました。見所の中に漢字5万字タワーというのがあるそうです。一説に漢字は5万字とも8万字ともあると言われています。そんなにあるのに10字ずつ調べるなんて気の遠い話しですが、無限だからこそ良いのかも。京都は何かと行く機会があるので、次回寄ってみようと [続きを読む]
  • オホーツクにもようやく春が
  • オホーツクにもようやく春が 本州との気温差が20℃以上あったのがようやく10℃前後になってきた。4月22日から23日にかけて爆弾低気圧が北海道を襲い、朝起きると一面真っ白な世界に、 しかし、この時期の雪は一日で融けてしまうから、どうってことはない。案の定、翌日から気温が上がり出した。この雪が冬から春へ切り替えのスイッチだったような気がする。 福寿草が最初に咲いたことはお伝えしたが、 続いて [続きを読む]
  • 機上の風景 1年前の未発表写真
  • 機上の風景 1年前の未発表写真 去年6月退職前に撮った機上の風景が残っていました。1年前と古いですが、お蔵入りさせずに発表します。最初の写真は5月連休女満別空港から東京に戻る時の風景。  斜里岳です。今からウン十年前登っています。春山で尾根の雪庇(せっぴ)を恐る恐る通ったことを思い出します。斜里岳が百名山に入っていたのかと再認識しました。斜里岳登山ガイド(置戸町)http://www.kiyosatokankou.com/shar [続きを読む]
  • ほっかいどう湯煙り紀行4と5 養老牛温泉と熊の湯
  • ほっかいどう湯煙紀行4と5 養老牛温泉と熊の湯 ほっかいどう湯煙紀行と書庫を作っておきながら、まだ3つしか紹介していない。それも最新は9月に書いたのみ。実は、それ以降も温泉めぐりはしており、今回はその内2つを紹介しよう。 最初は中標津町の養老牛温泉。場所は阿寒屈斜路湖や摩周湖の東に位置し、実家から車でゆっくり3時間くらいだろうか。 小さな温泉で以前3つ宿があったようだが、今は2つである。養老牛 [続きを読む]
  • オホーツクは冬に逆戻り
  • オホーツクは冬に逆戻り 朝起きたら、雪・雪・雪。 庭も白化粧、雪吊りを始末したばかりだったがこれぐらいの雪なら大丈夫だろう。 道路もご覧の通り。こういう時に走って頭を打った。猿は学習する。午後、町の体育館に行こう。 その体育館のロビーにこのポスター。 7月9日か、中標津なら車で2時間、考えてみるか。 体育館の前の道路。この道路は10kの練習コース。遮るもの何もなし。 畑と放牧場も [続きを読む]
  • オホーツクの春はまだまだ遠い
  • オホーツクの春はまだまだ遠い 医者の飛行機とjogもOKという許可が出てようやくオホーツクの実家に戻った。午前中jogをして午後に少しwalkingというメニューからスタートしている。距離・ペースともまだまだ至らないが、少しずつ段階を踏んでいこうと思っている。 午後の散歩でカメラを持って歩いた。その中から。庭にはまだ残雪が残っている。 その残雪の中に福寿草を見つけた。例年はもっと咲くのだが今年は二輪 [続きを読む]
  • 午後散歩の中から 古代道路2 鎌倉街道上道
  • 午後散歩の中から 古代道路2 鎌倉街道上道 【鎌倉街道上道(かみつみち)】自宅から2kmと離れていないところに鎌倉街道上道がほぼ現状のまま残されている。場所は、伝鎌倉街道【市重要史跡】 国分寺市サイトからhttp://www.city.kokubunji.tokyo.jp/shisetsu/kouen/1005196/1004228.html 先般取り上げた武蔵国分寺の尼寺の北に残されている鎌倉街道上道。北側の入口の看板には、「道路自体が国指定の史跡」とある。切 [続きを読む]
  • 隅田川屋形船 花より団子体験
  • 隅田川屋形船 花より団子体験 早くに高校時代の部活仲間から隅田川の屋形船の誘いがあった。当然、OKの返事をして楽しみにしていたが、手術・リハビリと一時は参加できるか気を揉む事態に。ようやく医者の許可も出て待ち合わせの日、隅田川厩橋(うまやばし)のたもとへ。 間があったのでちょっと散策。スカイツリーが間近に見える。手前の高速は6号向島線、東京支店勤務時代は頻繁に利用した。一番左の変なビルはアサ [続きを読む]
  • 午後散歩の中から 古代道路1 東山道武蔵路
  • 午後散歩の中から 古代道路1 東山道武蔵路 【東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち)】「東海道があるなら東山道があってよい」と思いたくなる。実は本当にあったのだ。古代大和朝廷は東西の支配を進め律令制を完成させた。その時の行政組織を五畿七道と言い、全国を7つに区割りして街道で結んだ。その中の一つが東山道というわけだ。 五畿とは山城、大和、河内、和泉、摂津の今の関西の五国で、七道は東海道、東山 [続きを読む]
  • 今年のお花見は 皇居千鳥ヶ淵
  • 今年のお花見は 皇居千鳥ヶ淵 お花見ランが消化不良だったので、夫婦で皇居千鳥ヶ淵に花見に。地下鉄半蔵門で降り、 早速半蔵門から公園内に入る。テレビで昨日東京が全国で一番早く満開ということだったが。 散り出していないので、8分咲きというくらいか。外人観光客が多い、この桜の時期目指して来日したのだろう。 夕方からの宴会の為に席取りしている人も、 千鳥ヶ淵は見上げる桜もあるが、見下げ [続きを読む]
  • 久しぶりのお花見ラン
  • 久しぶりのお花見ラン ランニング解禁を受けて所属する走友会のお花見ランに参加してきた。ウォームアップ3kmjogのあと、ストレッチ、 いざスタート、普段は鶴見川を中心に練習しているが、 お花見は鶴見川の支流恩田川へ、 その恩田川に来るも、残念ながら開花は2分から3分咲き、 カメラ班が撮ってくれたランの様子、 橋の上で集合写真。満開なら背景がピンク一色になるのだが・・・、 16.3km [続きを読む]
  • 午後散歩の中から 武蔵国府は何故ここに
  • 午後散歩の中から 武蔵国府は何故ここに 午後散歩で訪ね歩いた史跡巡りで湧いた疑問2つの中で、「何故ここに武蔵国府が建てられたのか」を今回は考える。 もし関東平野に建造物が何も無かったらどんな地形をしているのだろうかと思い、ネットで調べ次の図形を見つけた。様々なことが読み取れる。 1.まず右下は埋立地であるから、太古は海であった。その上側も青色が示すように海抜0m以下の地域で、常に荒川や隅 [続きを読む]
  • 「硬膜下血腫」手術後のCT検査
  • 「硬膜下血腫」手術後のCT検査 1月31日に慢性硬膜下血腫の緊急手術をした後、回復具合を確認するCT検査を受けてきた。術後1週間後・1ヶ月後に続き3回目の検査である。慢性硬膜下血腫https://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/307.html これが先回のCT写真 そしてこれが今回の手術2ヵ月後のCT写真 同じように見えないこともないが、見て右側(左脳)の空隙が少なくなっていた。医者の見立ては「確実に回復 [続きを読む]
  • 午後散歩の中から サントリー武蔵野工場見学
  • 午後散歩の中から サントリー武蔵野工場見学 国分寺崖線(ハケ)から豊富な湧き水が湧出していたことを話題にした。この湧き水に繋がるのだろうとサントリーの武蔵野工場見学を予約して訪れた。 まずガイダンスを聞いてから見学スタート、 一番聞きたかったのがこの水のこと。湧き水なんていう世界じゃなくて地下数百メートルというところの地下水を汲み上げて使っているという。 仕込みの説明、 麦芽や [続きを読む]
  • 午後散歩の中から 姿見の池と真姿の池
  • 午後散歩の中から 姿見の池と真姿の池 午後散歩の中で、何かと出てくるのが国分寺崖線。地元の言葉で崖線のことをハケという。はけ(Wiki)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%91 午後散歩でいろんな史跡を巡る中で、この崖線(ハケ)が地元史を語る上で重要な鍵となることが分かってきた。今回は先にこのハケ の話から始めたい。ネットでもう [続きを読む]