DT CLUB さん プロフィール

  •  
DT CLUBさん: DT club STORY
ハンドル名DT CLUB さん
ブログタイトルDT club STORY
ブログURLhttp://dtclubstory.blog92.fc2.com/
サイト紹介文競馬予想大会、ツアー、グッズ製作・販売などを通じ交流を目的とした、競馬好きが立ち上げたました。
自由文DT club では現在8名のメンバーとサブスタッフでCLUBを運営しております。主に今までにない競馬グッズ、面白い競馬グッズを製作・販売、競馬予想会、競馬場ツアー、牧場見学ツアーなどを通じて、競馬が好きな方々とのの交流を目的とし、結成いたしました。競馬が好きな方、また少しでも興味のある方、または競馬関係者の方でもお気軽に参加していただければよろしいかと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/05/28 14:21

DT CLUB さんのブログ記事

  • 至福のとき
  •  生誕15年「ディープインパクト展」も好評のうちに終了。多くの方に来ていただいた。井崎先生からも激励のハガキが来た。来られた方の中には、千葉からの方も。ありがたい。熱烈なファンは目を輝かせてディープのことを語る。応対する私もそんな話で盛り上がるのは楽しい。好きな馬のことを話し合うのは至福の時である。競馬が単なるギャンブルでない瞬間だ。不思議なことに、この展示会が始まるまでディープの重賞勝ちは一度だけ。と [続きを読む]
  • 高松宮記念
  •  フラワーCのファンディーナは、又しても豪脚を発揮しての3連勝。直線はノーステッキで5馬身。どこまで強いんだ!さて、向かうのは、桜花賞か、オークスか、それともダービー?浦川谷川牧場から久しぶりの大物登場だ。 さて、高松宮記念。ビッグアーサー、ミッキーアイル、アルビアーノもいなくなった。大混戦だ。軸は難しいが、昇り馬メラグラーナにしたい。1200m4勝、叩き2戦目2勝と、安定感が買える。戸崎Jもエンジン [続きを読む]
  • さあ、春GⅠ!
  •  ハウスMさん、コメントありがとう。お元気そうで何より。良識ある人は、皆昨年の年度代表馬に首を傾げているようです。年往っても私たちの競馬への情熱は冷めませんね。(笑)さぁ、春です。GⅠです。今週は高松宮記念。その前にドバイに触れておきましょう。5つのGⅠを含む多くのレースが行われるドバイワールドカップデー。今年も精鋭を送り込む日本。でも、ジャスタウェイやジェンティルドンナ級はいないので楽観はできない。私の [続きを読む]
  • 人気投票にしてはいけない!
  •  今頃言ってもなんだが、書いておかねばならないことがある。昨年の年度代表馬の件である。私は、キタサンブラックとモーリスは逆ではないかと思っている。2頭の比較をしてみると、キタサンは6戦3勝2着2回3着1回GⅠ2勝。モーリスは、5戦3勝2着2回GⅠ3勝。甲乙つけがたいが、中身はキタサンが春天とジャパンC、モーリスは秋天、香港C、香港チャンピオンマイル。これは、過去にエルコンドルパサーとスペシャルウィークが争った [続きを読む]
  • 幸四郎!
  •  2月は競馬界にとっては別れの季節。今年も何人かの騎手・調教師が去って行く。調教師ではアグネス軍団で一世を風靡した長浜師、騎手では武幸四郎がいる。武幸四郎とは、馬券の相性が良かった。1997年3月デビュー2日目重賞のマイラーズCで父武邦師のオースミタイクーンに騎乗。あっと言わせる初勝利だった。私は、武豊の弟だから、この男もひょっとして天才かも?と彼絡みの馬券を買ったら大当たり。大穴だった。初勝利が [続きを読む]
  • 大注目の馬たち
  •  19日は、ダートのGⅠフェブラリーSが行われ、ゴールドドリームが快勝。関西馬が何と18連勝というGⅠ新記録を成し遂げた。関東馬が最近は奮起しているが、ダートは関西馬が圧倒的に強い。勝ったゴールドドリームは、18日に亡くなったゴールドアリュールの仔。死んだ種牡馬の仔は走ると昔から言われるが、ほんと、弔い合戦になった。ゴールドアリュールは、偉大なサンデーサイレンスの中でも、ダート部門を一手に引き受ける [続きを読む]
  • フェブラリーステークス
  •  今年最初のGⅠレース。ダート界も様変わりの時期か。ホッコータルマエの引退、コパノリッキーのスランプ、アオゥーディの回避で、難しいメンバーとなった。そこで、好調騎手や運のある騎手から行ってみることにする。選んだのは、デムーロのゴールドドリームと、津村のカフジテイク。デムーロは目下絶好調だし、津村は、福永の怪我でコンビが戻ってきた運がある。この2頭軸の3連単マルチで、相手はエイシン、サウンド、ニシケ [続きを読む]
  • 第110回京都記念 サトノクラウン 連覇!!
  • 第110回京都記念なんといっても注目は、ダービー馬マカヒキ。圧倒的一番人気に支持されるも、直線伸びを欠き3着入線。京都記念を制したのは、3番人気に支持されたサトノクラウン(ミルコ・デムーロ騎乗)。直線抜け出すと後続の猛追をしのぎ、優勝。昨年に続き、連覇を成し遂げた。後続の猛追をしのぐ京都記念連覇香港GⅠ勝利に続き、重賞勝ち次走は大阪杯(GⅠ)でリベンジを狙うマカヒキ [続きを読む]
  • 遅い春
  • 寒い日が続く2週目。大物マカヒキが京都記念に参戦。伝統の一戦に花を添えた。凱旋門賞以来の走りわ?無事回って来て欲しいな。後、10Rのメイショウウタゲ。土曜日小倉12Rのキラージョー。新馬の脚が忘れられない。早く勝って遅い春に終止符を打って欲しい。日曜日のアサギリジョも。 [続きを読む]
  • 『2016 GⅠレース展』開催します!!
  • 新年の御挨拶遅れました。今年もDTclubをよろしくお願いします。さて、1月21日(土曜日)〜29日(日曜日)の期間(火・水休館日)で『2016 GⅠレース』展をDTclubギャラリーで開催します。写真とともに2016年のGⅠレースを振り返ってみませんか?入場無料!!場所:DTclubギャラリー1F (WINS道頓堀東隣・すき家前)時間:OPEN 13:00 CLOSE 18:00※火曜日・水曜日休館日 [続きを読む]
  • LONGINES HKIR 2016 香港国際競争
  • 先日、3年ぶりに香港へ行ってきた。目的はもちろん香港国際競馬 LONGINES HONG KONG INTERNATIONAL RACES 2016 12月11日(日)香港のシャティン競馬場で行われた香港国際競争に日本馬13頭が参戦。この日は4つのG1レースが行われる。当日競馬場は朝早くから多くのファンの人たちで競馬場は大賑わい最初のG1レースは4R 香港ヴァーズ LONGINES Hong Kong Vase 2.400m(芝)このレースにはサトノクラウン、スマートレイアー、ヌヴ [続きを読む]
  • 第36回ジャパンカップ サブローまつり
  • 第36回ジャパンカップは一番人気、武豊騎手騎乗のキタサンブラックの逃げ切り勝ちをきめた。スタートを決めると、そのまま先頭に立ち後続を引きつけながら単独の逃げ。4コーナーを回るも、さらにひと伸び。危なげなく逃げ切った。武豊騎手の絶妙なペース配分とキタサンブラックの実力を見せつけるレースとなった。レース後には北島三郎オーナーは「まつり(競馬Ver.)」熱唱し、ファンの声援に応えた。キタサンブラックの返し馬最 [続きを読む]
  • GⅠ3勝目はどちら?
  •  JRAのGⅠはなかったが、JBCや海外ブリーダーズCにメルボルンCと大忙しの先週で一息つける間もないうちに、今週からは再びJRAのGⅠ7連発がある。まずは、エリザベス女王杯だ。このレースで思い出すのは、2010、11年と連覇した外国馬スノーフェアリーだ。特に最初に勝った時の内を突いて伸びてくる豪脚には驚いた。そして、ライアン・ムーアのアグレッシブな追い方も注目された。この時、彼が並みの騎手でないことを我々は [続きを読む]
  • 色々あった1週間
  •  ブリーダーズCメアターフは、デットーリ騎乗の英国馬クイーンズトラストが1番人気の米国馬レティイーライをハナ差制した。1分57秒7という速いタイムの決着にヌーヴォレコルトはついて行くのが精一杯という感じで11着に敗れた。これで、凱旋門賞、メルボルンC、に続いて日本馬は二桁着順となった。馬券売り上げは好調(8億円)だったが、日本馬の惨敗は残念だった。冷静に見ると、マカヒキはキャリア不足。カレンは一発屋 [続きを読む]
  • 忙しい1週間
  •  天皇賞秋は、モーリスの完勝だった。難しいレースだったが、軸はモーリスで正解だった。モーリス、エイシンヒカリ、ルージュバック、アンビシャスなど、どれを軸にするかで記者たちの見解もまちまちだった。私は、距離適性、ローテーション、枠順、展開、騎手など総合的に選んだのがモーリスだった。パドックでのモーリスは、完璧に仕上げられていた。重戦車のような馬体は、前部の発達が凄く、搔き込むような走りは、その象徴だ [続きを読む]
  • 第154回天皇賞・秋 モーリス優勝
  • 第154回天皇賞・秋は一番人気、ライアン・ムーア騎手騎乗のモーリスが優勝した。武豊騎手騎乗のエイシンヒカリが超スローペースで引っ張る道中も落ち着き、直線に向くと早々と先頭に立ち、そのまま押し切った。次走は香港でのラストラン。生観戦したいなぁ。抜き出るモーリスそのままゴールインファンの声援に応える、ライアン・ムーア騎手いざ香港へ!関係者の皆様方、おめでとうございます。 [続きを読む]