amata さん プロフィール

  •  
amataさん: amataando.jp
ハンドル名amata さん
ブログタイトルamataando.jp
ブログURLhttp://www.amataando.jp
サイト紹介文このサイトは僕の日常と身の回りの方の出来事をお知らせするニュースブログです。
自由文「AMATABLOG」の内容を含みつつ、もう少し広がりを持たせるのが狙いです(iPhoneにiPodの機能が全部入ってる感じ)。いろいろ試しながら運営しますので、どうぞ長く優しく温かくお付き合い下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2009/05/27 15:47

amata さんのブログ記事

  • 2111
  • うつで体調を崩した友達がいる。ちょっとした逃げ場のような存在でいた時期があって、このあいだ久しぶりに連絡を取ったら、ずいぶん元気になったとのこと。よかったよかった。とはいえ、その頃からもう一年近く経っている。 うつになり […] [続きを読む]
  • 2110
  • 怖い「から」やっていることなのか、怖い「けど」やっていることなのか。怖い「から」やらないのか、怖い「けど」やらないのか。安心を欲しているのか、変わろうとしてるのか。自分の言動をひとつひとつ意識すると、なかなかおもしろい。 […] [続きを読む]
  • 2109
  • きのうはフェスティバルホールにて、矢野顕子×上原ひろみTOUR2017「ラーメンな女たち」へ。 ライブにしても落語にしても映画にしても食事にしても、余韻まで味わえるものが増えてきてる。運よく出会えているのか、自分の感性が […] [続きを読む]
  • 2108
  • 誰かのチャレンジを知るのは嬉しい。踏み出すまでのココロの葛藤を想うと、踏み出したこと、ただそれだけで讃えたい。続くかどうかは、これからだけど、くじけた時は、なるべく支えたい。 続けることは、言い換えれば、やめないことだ。 […] [続きを読む]
  • 2107
  • ときどきココロが乱れるメールが届くことがある。雑に言えば「イラッとする」メール。そんな時は、ひと呼吸ならぬ「ふた呼吸」置くことにしてます。 故意にそんなメールを送ってくる人いません。僕の周りにそんな暇な人はいない。「イラ […] [続きを読む]
  • 2106
  • 「ていねいにやる」みたいな言い回しはどうにも女性的で、自分の辞書には載ってない。「手を抜かずにやる」の方がよっぽど腑に落ちる(かわいげは、これっぽっちもないけどね)。ていねいにやりなさい、と言われても、どうすればいいか分 […] [続きを読む]
  • 2105
  • ヤマト運輸さんが無理しすぎずに続けられるペースが、自分たちの暮らすちょうどいいペースにもなるんじゃないかな、なんてフンワリ考えてます。今いろんなことが、本当に速くて、本気でペースをつくるなら、ペースメーカーのひとつも欲し […] [続きを読む]
  • 2104
  • 生まれて初めて鳥取砂丘へ。年明けの話。 みんなが知ってる、砂の丘。みんな知ってるだけあって、たしかに感動がある。こどもは靴を脱ぎ捨てて、無邪気に砂と戯れては延々とキャッキャしてる。大人は文字通り「大人しく」どこか体力を温 […] [続きを読む]
  • 2103
  • 松本にあるカウンター8席のおでん屋。そのサイズ感にもかかわらず、日本酒リストには松の司があって「地元の蔵元なんです」と誇らしげに話したのがちょうど一年前。その「松の司」を醸す松?酒造さまからWebサイトのリニューアルをご […] [続きを読む]
  • 2102
  • やりたいことを仕事にしてる、なんて言う人がいたら、それはきっと嘘です。 エイプリルフールだから「嘘」って使いたいだけなんじゃないかと問われたら、そうですその通り。図星すぎてぐうの音も出ません。それはそれで本音ですけど、そ […] [続きを読む]
  • 2101
  • 狂気 狂気っていいなと思う。この前、10年以上お世話になってる治療家が足を骨折して、病院へは行くものの「ギプスはいいです」と断ったという。呆れたけれど、すぐに理解した。自分の治療で治す絶好のチャンスだという。狂気はいつも […] [続きを読む]
  • 2100
  • 自分の思い通りになるのは幸せなことかも知れないけれど、自分以外の誰かが満たされてない状態なのかも知れない。独りよがりなのかも知れない。 自分の思い通りじゃなくても「それもいいね」と受け止められたら、いろいろ楽しくなってく […] [続きを読む]
  • 2099
  • 起こり得る最悪のケースを想定して、言いにくいことまでしっかり伝えてくれる。責任感のある、とても誠実な態度に感じる。自分もそんな人でありたいと思う。 細かいことに取り組めば取り組むほど、大雑把な性格に惹かれる。自分の性格で […] [続きを読む]
  • 2098
  • 年明けから仕事が慌ただしくて、今は仕事中心の暮らしを選んでます。 なるべくカラダを休めるために、魅力的なお誘いもいくつかお断りした。遠出したい気持ちも抑えて、なるべくカラダを休めた。会いたい人にも満足に会えていない。おか […] [続きを読む]
  • 2097
  • この前、友達に予定をドタキャンされる。大して傷つくこともなかったけれど、ただ「気にしてないよ」と言うのもかえって気を遣わせてしまうかも知れないから「悲しい、けど許す。」みたいな伝え方をした。自分の気持ちは伝えるけど、うし […] [続きを読む]
  • 2096
  • 39歳になりました。 毎年この日は、一年前の自分が何を考えていたのか振り返る。僕は「姿勢を変える」と書いてました。今までと違ったのは、少なからず「若いなあ」といった気恥ずかしさがあって当たり前だったのが、今回はなかった。 […] [続きを読む]
  • 2095
  • 一年前に相談に乗って、それまではとにかく自分を大きく見せることばかり考えていた子が、一年経って「芯」を感じられるようになっていた。厳しい現実を突きつけた末に「変わりたい・成長したい」と、自分で立てた目標に地道に、時には泣 […] [続きを読む]
  • 2094
  • 初心よりも初心にかえって、ひとつひとつ向き合ってやってます。すると口数というか、外に向けた言葉も減ってきて、それが理由で更新は滞っています。春まではほとんど書かないかも知れません。特に病気することもなく、すこぶる元気です […] [続きを読む]
  • 2093
  • 新年明けましておめでとうございます。 3日前から仕事を始めて、あらためて「働くって疲れるんだなあ」と実感します。そうか、正月って「正気でいられる月」なんだと勝手に悟ったりもしてます。こんなに疲れることを週に5日も、それを […] [続きを読む]
  • 2092
  • 他人事をじぶんごとに、じぶんを他人のように。 なんて言うと「君の名は。」みたいだけど、僕の2016年は、この言葉で言い表せる。どちらにも共通するのは、あるがままを見ようとする姿勢。 何か起こった時に「もう一人のじぶん」が […] [続きを読む]
  • 2091
  • トローリーバッグのロック部分が故障して、メーカーに修理してもらう。 ごく当たり前のことだけど、使っているうちに、壊れる。愛着があるから、直して使い続ける。なるべくそうできるものを選ぶ。ココロの底から惚れ込むものは、人生で […] [続きを読む]
  • 2090
  • これが「自分の持ち味」だと信じて疑わないものは、あんがい思い込みだったりする。誰かに「それいいね」と褒められたこととは、まったく違うものだったりする。 持ち味は、自分が自分でいられるものかも知れない。それだけに、出し惜し […] [続きを読む]
  • 2089
  • ◎土曜日のこと  父の24回目の命日。もうすぐ四半世紀。墓前にて報告と誓いをいくつか。 その日の夜はAつMATA。こっちも9回目。予定が重なる師走の2週目にもかかわらず26人も集まってくれて、本当にありがとうございました […] [続きを読む]
  • 2088
  • デザイン仕事に没頭している合間に書くブログは本当につまらない。今日がまさにそう。書くだけ書いて読み返すやいなや「これはイカン」となってすぐ却下。なんというか、焦がしバターならぬ「焦がし過ぎバター」みたいな苦みと重み。こん […] [続きを読む]
  • 2087
  • この間のM-1、特に決勝ラウンドが素晴らしかった。3組とも甲乙つけがたいおもしろさで、最後までどのコンビが優勝するかホント分からなかったほど。銀シャリは、安定感のあるしゃべくりスタイルはずっと大好きだけど、だからこそこの […] [続きを読む]