kaiko さん プロフィール

  •  
kaikoさん: 赤貧亭
ハンドル名kaiko さん
ブログタイトル赤貧亭
ブログURLhttp://ameblo.jp/sekihin-hibi/
サイト紹介文目指せ大和撫子な酔いどれOLが日々美容と健康を意識して作る料理。呑んだワインの感想、美容系も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2037回 / 365日(平均39.1回/週) - 参加 2009/05/28 14:27

kaiko さんのブログ記事

  • 酔いどれ宮城旅、味な小道の藤原屋さんの自販機
  • こちらもやっぱり寄ってしまう仙台駅内藤原屋さん。こちらは宮城の日本酒だけではなく、東北の日本酒を買うことができます。一杯100円で呑むとおつまみいただけてしまう、嬉しいやら申し訳ないやらのお店。新幹線改札に向かう途中、あらこんなお店あったかしら?とふらふら。秋保ワインが気になります。オイスターバーあり。ちょい飲みセットあり。きゃー!蔵元からのと瓶どりとかあるじゃないですか、ひー、なのにもう時間がない [続きを読む]
  • 本日のお弁当
  • 旅行記の途中ですが本日のジャバ弁当。宮城穴子山椒飯、卵の味噌漬け、みず、宮城とうもろこし。穴子とろけます。たまりません。どんな子だったのかは後ほど。わたくしはこんかつ。に豆腐の塩麹漬けをのせて。あなご飯!美味しいわー。あー、酒を久礼ー。 [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城旅、ぷらっとにてしっとり一献
  • 仙台に来るたびにうかがっている、ぷらっと、さん。駅中にあるので新幹線までの時間でさくっと呑めれば、お通しつかないのも嬉しいところ!で、仙台に来るたびにこつこつ貯めていたら、前回でスタンプカードコンプリート。すると純米大吟醸から一杯飲めるので、ここでしか呑めない勝山mを!mはむとう屋さん限定のm。他のお店では売られていない希少なお酒。mください、というお店のお姉さんが、甘いですが大丈夫ですか?と訊ねて [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城紀行、世界初、ほや専門店「まぼ屋」で一献
  • 魅力的な女性を「あいつまぶいな」と言いますが、宮城では「まぼいな」と言います。 。。。嘘です。まぼいなとも言いませんし、いまどきマブイなとも言いません。 兎にも角にも。 仙台駅前に世界初のホヤ専門居酒屋、まぼ屋ができたということで行ってきました。できたてほやほやよ。もちろんすべて宮城産ホヤよ、ちなみに、一般的に流通しているホヤは真ホヤ。お店の名前もそれにちなんでおります。 ホヤ料理は100種類以上 [続きを読む]
  • 酔いどれホヤ紀行、ホヤを色々な調味料で食べてみよう
  • あなたは一年物のホヤを見たことがありますか?な、なんて可愛いんでしょ!食べちゃいたいくらい!いや、まあ食べるんですけどね?渥美さんの3年子ホヤ。見よこの美しい色を。それにくらべて東京で見る子のくすみっぷりと言ったら。女子高生と熟女の肌の違いのようなものです。あー、自分で書いてて嫌になってきたわ。兎にも角にも、朝どれホヤホヤのホヤと三日前にとり、糞抜きされたホヤを持ってきてくださった渥美さん。ありが [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城紀行、自作女川丼で昼から一献
  • 二日目のお昼は女川丼作って食べてみよう!こんなんでしました。まぐろ、イナダ、鯛、宮城銀鮭、時だこ、牡丹海老を盛り付けます。センスがためされます。上がわたくし作、こちらは、ホヤホヤ学会会長作。美しさの違いと、なんとわたくしホヤ入れ忘れ!ホヤ愛の違いを感じるのっけ丼でした。阿部勘と合わせると抜群で、あうだろうと持ってきたおのれのチョイスとがっつに乾杯!重かった!みなさんにも振る舞い、あーこの酒美味し [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城紀行、女川まちなか交流館でホヤ講座
  • 港からまちなか交流館に歩いて移動。あがいんステーションのすぐ裏、シーパルピアの裏でもあります。ほやの現状ホヤの栄養素について勉強。ほんと美容と健康に酔いんですよ! 小さいほやー。可愛いですね。海藻を食べるウニは幼生でも成体でも移動型。すいすーいと移動します。んが、ホヤは異なり幼生時は海をふわふわしておりますが、ひとたび岩に付着するとそのまま動けなくなります。で、プランクトンをもぐもぐと食べこの大き [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城紀行、日本酒女川クルーズ
  • ほや塗れの旅二日目。朝9時から女川港出発のクルージング。クルージングといったら酒!阿部勘金魚ちゃんが映えます。海猫ちゃんと一緒に。こんにちは、酔っ払いです。酒臭い息ではなくかっぱえびせんをくれというので、はなさか爺さんばりに巻いてみました。しかし、どこでも鴎、海猫というとかっぱえびせんなんですね。かっぱえびせんの消費量の10%は鴎の餌用だってご存知でした?嘘です。帆立、牡蠣、ホヤの養殖場も周ります。 [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城紀行、あなたは朝から
  • 秋刀魚の塩焼き二尾食べられますか?わたくしは軽いです。女川と言えば秋刀魚ですよ。泊まりました宿は高台にあります華夕美さん。女川の海を眼下にお食事いただけます。朝ご飯は盛りだくさん。野菜も豊富でした。まあ、地物ではないでしょうが、朝から山かけ丼温玉のせとかたまりませんよ。お酒も飲みたくなるというものです。ういー!高政さんの蒲鉾は肉厚で美味しいです。で焼きたて秋刀魚の塩焼きは冷凍ですが、やっぱり美味 [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城紀行、地元居酒屋「典典」さんでホヤ交流会
  • 一旦宿に帰り、荷物をおろしてひとっ風呂あびたところで夕食会場へバスで移動。地元居酒屋さんです。 声高らかに9時までと謳っていることに驚嘆。え?そこから酔いの口ではないの?営業時間17時〜21時。4時間しかやっておりません。 女川の夜ははやい。 。。。そして女川は日本酒度が低い。お、女川の方ってあまり日本酒呑まないそうです。とほほ〜。でも、美味しい海鮮揃えているなら、観光客の為にもう少し日本酒の種 [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城紀行、ホヤはワインにあうのか?講座
  • 夕食前にこんなミニ講座がありました。一名ホヤではなく酒にまみれている人がいたのはここだけのはなし。現在開業準備中の女川駅前ホテルエルファロの田中ソムリエによるホヤにワインはあうのか講座。 http://hotel-elfaro.com/ 素敵です。ぜひ泊まりたい。日本酒は置きますか?と尋ねますと、まあそれなりに。。。とおっしゃったので、純米酒処、宮城の酒を宜しくお願いいたしますよ。っと猛烈アピール! で、まあ、、、ホヤ [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城紀行、蒸したてほやほやと焼きたてほやほや
  • 内海さんの鍋を貸していただき、蒸したてほやほや〜。甘い!あっつあつはふはふを頬張ります。 こんなんでました〜。貰って帰ってこればよかったと後悔! しこたま剥きました。で、ホヤを剥くと、、、実は色素がついて手が黄色くなってしまうんですよね。 注 あれな黄疸ではありません。 内海商店さん、女川セットもお勧めだっちゃ! ですが、現在の店舗は仮設。この無料の仮設の店舗の契約が4月までなので、それが [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城紀行、内海商店さんでホヤ剥き体験
  • ディズニーランドの噴水で歓声があがるのは普通ですが、ホヤの水かけで歓声があがり、さかんに写真が撮られるのはまずありません。 何せただのホヤツアーではありませんから。ホヤにまみれるツアーですから。 普段はホヤではなく、めろうど(小女子の大きくなった子)やタラの幼魚の干物を作っているという内海さん。ホヤはお好きですか?と尋ねると。 「だいっきらい!」 という素敵なキャラクターの方でした。ホヤ好き [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城紀行、この後色々あったのですが
  • とりあえず寝落ち前に本日のラストイベント。女川駅前で無料野外上映会があったんです。おお!しかも見たかった君の名は、くちかみ酒を見ながらの日本酒。澤の泉です。ファミマで買いました。物語のキーが日本酒になるのが嬉しいところ。sf要素もよくあるパターンですがドラマチックに折り重ねられ、声優陣もすばらしく。酔い映画でした。おばちゃん泣いちゃったわ。酒も空いちゃった。。。夏の外上映会に日本酒、極上の一夜でし [続きを読む]
  • 酔いどれ宮城旅、浜のお母さん食堂でホヤ三昧
  • お昼は元々女川食品加工さんの社食だったところがお昼は一般の方にも解放されているというもの。ホヤ飯、ホヤ汁、ホヤフライ、ホヤと山菜と地元さつま揚げの煮物。ホヤ卵に酒蒸しホヤ。注 食堂ですので日本酒はありません。酒蒸しホヤに日本酒ないなんてありえませんわよね?他の参加者の方にも配りまして喜んでいただきました。燗も呑みたいと叫んだ女がいたとかいないとか。 [続きを読む]