ビカビ さん プロフィール

  •  
ビカビさん: もみの木ハウス・かごしまの現場情報
ハンドル名ビカビ さん
ブログタイトルもみの木ハウス・かごしまの現場情報
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sin_genba/
サイト紹介文現場の様子を伝えるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/05/28 16:24

ビカビ さんのブログ記事

  • モデル・Kの様子!!
  • 内部はほぼ完成しました!!リビングに抜ける通路にあるニッチです。今回は照明を入れています。久々の照明付きニッチです。メインの場所ではありませんがさりげなく。高さは奥様視線でさりげなく。寝室の飾り棚です。目が覚めたらここに置かれたお気に入りの小物が目に入りますから気持ち良い目覚めになります。クローゼットはもみの木だらけ!!消臭効果でクリーニングの匂いを分解してくれます。調質効果で衣類を守り、抗菌効果 [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • 基礎工事が終盤に入ってきました!!立ち上がりの型枠を組んだ後、アンカーボルトのセットを行います。金物図面も確認しながらセットしていきます。他の金物との干渉があるため、セットはミリ単位の寸法で行います。これはクランクアンカーボルトと言って鉄筋と干渉しないように折れ曲がっているタイプです。金物セットが終ったらコンクリートを流し込んでいきます。きっちりと入るように入念な作業を行います。鉄筋とコンクリート [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • いよいよ建て方に入ります!!まずは土台の敷き込みです。鉄筋コンクリート造の基礎と木造とを組み合わせる。ここは金具に頼るしかありません。アンカーボルトでしっかりと緊結されて行きます。基礎としっかりと連結されて耐震や耐風などに対応できるようになる。ここは重要な部分です。金物がしっかりと指定した場所になるかどうか??構造躯体を組み立てて行きます。プレカットされて現場に搬入されていますから、現場は恐ろしく [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 大工工事が完了した現場です。食器棚の骨組みが組まれています。現在、家具屋さんで引き出しや扉が組み立てられています。もみの木の食器棚になります。食器類にも匂いが付かないという優れものですね!!リビング・ダイニングです。オガファーザーが貼られるとまた感じが変わります。今回は中央部分の貼分けにしてみました!!階段はハイブリッドもみ階段です。浮造り加工されている床なので滑り止めにもなり安全です!!クローゼ [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • 鉄筋工事にコンクリート工事が進みます。鉄筋は構造計算で太さと本数が算出されます。ですから、全ての家で全く違う事になる。考えてみればそれは当たり前の事です。プランが違うからですね!!ですからこの様に地中梁が入ったりします。普通の住宅の基礎にはあまりこのような地中梁は出てきません。構造計算をしていないから誰も分からなくて「これぐらいかな??」という根拠のない工事をしていると言えます。鉄筋の組み上がった [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • 基礎工事が進みます。立ち上がり部分の型枠を組み立てます。鉄筋が中心付近にあるようにします。コンクリートはアルカリ性です。でも、時間と共に中性化する。その劣化の時間を稼ぐためにコンクリートの厚さを厚くくする。中性化したコンクリートの中の鉄筋は錆びます。耐久性が無くならないようにコンクリートは厚い。薄いと・・・・基礎の中は鉄筋にアンカーボルトなどの金物が入っています。金物が干渉しないように施工するのが [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 足場が外れた現場です。作り付けの食器棚が入ります。骨の部分は大工さんが組み立てて行きます。扉や棚は家具屋さんで作ります。全てがもみの食器棚です。食器に匂いが付かない素晴らしい家具になります。階段もハイブリッド階段になります。もみの木の浮造りになりますから安全です。お風呂も組み上がっています。最終の仕上げを待っている状態。化学臭がきついのでもみの木の端材で消臭中!!ダイニング周りも下地ができてきまし [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • 階段ロフト付きの平屋の現場が始まりました!!工事に入る前に現場の地面の高さを確認しておきます。よく言うGLです。グランドラインを決めておく必要があります。それが基準になり基礎の根入れとかが決まってきます。次はやり方出しです。家の寸法を外周に組んだ木枠に入れていきます。そこに糸を張り、交点がその座標になるという仕組み。必要な時に糸を張って確認します。このやり方には高さの情報も入っています。基礎の最深 [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • 次の現場が動いています。建物の外周部に木の枠を作りそれに座標点を落としていきます。そこに糸を貼り、交点がそのポイントになる。木の枠には高さの情報も反映されています。やり方は凄く理にかなったものなんですね。座標点を確認しながら根伐りを行います。基礎の最深部を出して、その上に砂利を敷き詰めます。ここが基礎の最終ラインになる。砂利がかみ合って大きな一枚の盤になり荷重を分散させて地盤に伝えます。ここが一番 [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 大工工事が進む現場です!!お着替えクローゼット周りの様子です。工事中だとごちゃごちゃしていますが完成したらすっきり綺麗になりますからご安心ください。ユングフラウを貼ったところです。天井と壁に貼分けていきます。トイレの様子です。消臭効果を考えて天井と壁にももみの木を貼っています。もみの木の家のトイレのドアは普通で開放です。消臭効果があるのでトイレも特別扱いはしません。ニッチです。今回は照明を組み込ん [続きを読む]
  • P・L様社屋の様子!!
  • いよいよ完成です!!事務所にはもみの木が使われています。空気が綺麗で居心地も良い。こんな事務所で仕事ができるなんて最高だと思います!!受付カウンターももみの木です。これは欲しくても手に入らない代物でした!!洗面もパインで色を統一してみました。ここが人造大理石だと変になりますからね!!これは書庫。ここが実は空気が一番良かったりします。これでいよいよ引き渡しです。あっという間に終わったという感じでした [続きを読む]
  • N・D様邸の様子
  • 完成しました!!玄関収納ももみの木で作りました。消臭効果があり、靴の匂いがほとんどしません。明るい子供部屋です。窓が小さいですが、光の反射率が良いので明るい部屋になります。食器棚ももみの木です。色が統一されるので空間がごちゃごちゃしません。すっきりと感じる空間になっています。和室は白木仕上げになります。外観もシンプルにして耐震性と耐風性を上げています。断熱も外皮を小さくして性能をアップしています。 [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 外壁下地と内装下地の進む現場です。防水シートを張り巡らしたら外壁のサイディングボードの下地である胴縁を取り付けていきます。今回は横張なので縦胴縁になります。胴縁の厚さが通気層になり、空気を動かす。室内の湿気も透湿する防水シートの外に出てくる事になります。これが外壁通気工法。面材の透湿しないものを使ったら意味がない事になります。屋根はガルバリウム鋼板。最近は地震の事を考えて軽い屋根を選ぶことが多くな [続きを読む]
  • P・L様社屋の様子!!
  • 木工事の進む現場です!!断熱工事が終わると大工さんが一気に木工事を進めていきます。まずは下地作りです。仕上げの下地を作る。お化粧と同じで下地が大事という事になる。設備工事も同時進行していきます。配管もしっかりと保持する。目に見えない部分が大事であることを理解しながら進めていく事が大事です。大工さんが作業をしているところです。作業のしやすいように現場はきれいに整理整頓されています。作業効率はこんなと [続きを読む]
  • N・D様邸の様子!!
  • 中と外の工事が進む現場です!!リビングの天上にユングフラウが貼られて行きます。床と天井でサンドイッチして中の人を守る。もみの木ならではの考え方です。見せ方も大事ですが、その前に効能でしょう。物入れの中もフォレストボードを貼ります。抗菌性に調湿性が優れ、保管する物を守ってくれます。お風呂も組み立てられました。トクラスのお風呂は音楽が効けます。お風呂専用のスピーカーが設置されています。外部はサイディン [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 建て方に入った現場です!!土台を敷き込んだ後、構造躯体を組み立てて行きます。当然ですが1階部分より組み立てて行きます。クレーンを使い作業しますから昔に比べたら早いし安全です!!1階の構造躯体が組み上がった現場です。2階を組み立てているところです。天候も良く進んでいきます。作業はチェックを行いながら進めていきます。柱の傾きは無いか??チェックをして補正をしていきます。柱が傾いていたら建具が上手く動き [続きを読む]
  • P・L様社屋の様子!!
  • 屋根工事が進んでいる現場です。屋根の防水はアスフェルトルーフィングというもので行います。瓦で防水をしているわけではありません。セルフシーリング機能が有り、釘などの穴の隙間などは塞いでくれます。今回は重厚感を出すために屋根材は瓦。最近は陶器瓦がメインの瓦になっています。昔はセメント瓦だらけでしたけどね。家の中では断熱工事が行われています。発泡ウレタンですっぽりと家を包み込む。断熱と気密を同時に施工で [続きを読む]
  • N・D様邸の様子!!
  • 外部の工事が進んでいきます。屋根はガルバリウム鋼板葺きになります。屋根材も色々ありますが、デザインと材料の特性を考えて選別します。ここの場合は屋根の長さでこれしか葺けなかったって事での選択です。屋根材で葺ける長さが決まっているって事はあまり知られていないかもしれません。こんなに長い屋根を細かな材料で葺くと、漏水の原因になるって想像すると分かる。屋根の通気も確保して、断熱性と耐久性を確保していきます [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 基礎が進む現場です。立ち上がりのコンクリートを打設します。季節が季節なのでコンクリート強度の温度補正を行っての打設になります。コンクリートが固まるまで時間がかかります。冬場は霜が降りないように気を付けて養生期間を過ごします。気温の低いこの時期は夏場より長い時間が必要になります。硬化不良を起こさないようにしっかりと養生を行います。養生期間が終わったら脱型します。墨出しを行った後、対角長さのチェックを [続きを読む]
  • P・L様社屋の様子!!
  • いよいよ建て方です!!クレーンを使って構造を組み立てて行きます。昔は人力でやっていた作業です。今回は建物が大きかったので大変だったと思います。屋根仕舞いが終わって今度は餅まきの準備に入ります。今回は場所が場所だけに人が多そうです。事故が無いようにと思いながら準備します。今回は凄く多くの人が集まって頂きました。保険屋さんなので集客は出来た方が良いですから、なかなかの集客力を持った建物であると言えます [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 配筋の様子です。イノスの家は全棟を邸別に構造計算しています。よって、鉄筋の配置が一棟一棟が違います。間取りが変わるので当然と言えば当然ですがそこまでやっている会社はあまりありません。毎回が違うので現場は大変ですが、万が一の時にはこの差が出る。木造住宅の家に「地中梁」です。これもめったにお目にかかれません。構造計算を行い基礎に働く応力を解析しての配置になります。基礎が壊れたらおしまいです。どう対応す [続きを読む]
  • P・L様社屋の様子!!
  • 基礎工事が進みます。型枠を組んで立ち上がりのコンクリートを打設していきます。クレーンを使い打設します。コンクリートがしっかりと充填する様に工事を進めて行きます。コンクリートは水と反応して固まります。その反応はゆっくりですから、コンクリートを打設してしばらくはそっと置いておきます。設計強度近くまで強度が上がるのを待っている時間を養生と言います。その時間もちゃんと決まっています。その期間は気温で決まり [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 新しい現場が始まりました!!まずは地鎮祭です。工事の安全と無事の完成を願います。今回も良い天気でした!!着工前の敷地です。今回は久々の造成地になります。地盤調査も良好な結果で一安心でした。遣り方を出して工事に入っていきます。遣り方で建物の座標を出した後、基礎の根伐に入っていきます。基礎の最深部を出してそこを整地します。しっかり整地して不陸が無いようにするのがポイントです。根伐が終わると砂利事業です [続きを読む]
  • N・D様邸の様子!!
  • いよいよ上棟式、本日は餅まきになります。まずは現場なに探検に行きます。ロフトまで上がってお母さんに手を振りました!!次に、屋根に登ります。たぶんですが、二度と上がることは無いでしょう。本日は天気も良くて良い感じでした。弓が上がり上棟式のお知らせも完了です。お祭りをして、餅をまく準備をします。そしていよいよ餅まきです。これは一生に一度か二度しか経験できない事かもしれません。お子さんの良い記念になると [続きを読む]
  • T・K様邸の様子!!
  • いよいよ完成です!!今回の完成写真は部屋ではなくわき役たちです。まずはニッチです。この壁は耐力壁で無かったため、縦二段の横長ニッチを採用しています。高さは奥様目線での設計です。場所はリビングに入った正面。視線はここにくぎ付けになる。設計のポイントです。今回初登場の携帯電話用の充電用ニッチです。USBポート付きですから便利です。高さも子供が手が届かない高さに設定しています。こんな気遣いで便利さが十倍で [続きを読む]