ビカビ さん プロフィール

  •  
ビカビさん: もみの木ハウス・かごしまの現場情報
ハンドル名ビカビ さん
ブログタイトルもみの木ハウス・かごしまの現場情報
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sin_genba/
サイト紹介文現場の様子を伝えるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/05/28 16:24

ビカビ さんのブログ記事

  • I・K様邸の様子!!
  • 基礎工事の進む現場です。砂利を敷き詰めたら今度は捨てコンクリートを流し込みます。捨てコンクリートとは捨てるコンクリートです。強度的には関係ないものですが、作業には必要なものになります。墨出や鉄筋の作業の足場が良いから行う工程になります。また、ベースコンクリートの厚さを均一するためにも一役買っています。鉄筋は構造計算ではじき出されていますから、家ごとに違います。よって図面をしっかり読まないと間違える [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 基礎も大詰めです。基礎のベースのコンクリートが打ち上がりました。これからしばらく固まるのを待ちます。養生期間と言うやつです。養生が終ったら型枠を組みます。基礎も自社でやるので大変ではありますが、上部を組み立てる事が分かっているのでちぐはぐな事にはなりません。アンカーボルトもしっかりとセットしていきます。上部構造金物などとの干渉を避けるために細かな寸法で位置を出していきます。金物セットが終ったらコン [続きを読む]
  • I・K様邸の様子!!
  • 鹿児島市内の現場が始まりました!!まずは地鎮祭です。土地の神様に産土の神様に降りてきていただき、工事の着工の報告と無事の完成をお願いします。このお祭りには対になる竣工祭が有ります。地鎮祭が終ったら設計GLの確認などを行い、工事の準備を始めます。事務手続きや各方面に連絡をして工事が止まらないように手配をするのも仕事ですね!!遣り方を出して建物座標を正確に出した後、鋤取りに入ります。基礎の一番底の部分 [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • いよいよ完成です。外構工事はお知り合いにお願いするという事になりました。外観に合わせていただけたらと考えています。オリジナル収納の「オテキ収納」がこの家にも搭載されています。これを見た人はすぐに欲しがる収納です。圧倒的な容積ですからね!!リビングは猫が遊ぶスペースが造ってあります。我が家にも猫が居るのでこんな空間は猫にとっては良い遊び場になるでしょう。キャットタワーで上がれるようになっています。高 [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • いよいよ完成です!!庭も完成しました。緑が入ると家が引き立ちます。玄関のラインをフラットにして屋根のラインに重ねています。シンプルな感じにしてみました。木のスリットが良い感じに見せてくれます。リビングはもみの木をふんだんに使いました。リビングは滞在時間が長いので空気の事を考えての事ですね!!ダイニングから見たキッチンです。もみの木の量が圧倒的ですが、オガファーザーとの貼分けで雰囲気をやわらげでいま [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 鉄筋工事に進んでいきます。もみの木ハウスの家は構造計算を行っています。よって基礎も邸別に構造設計を行います。だから鉄筋の大きさや並びは家ごとに違う事になります。それが当たり前と言えば当たり前の事ですが、会社によっては一律どこも同じという会社もあります。過剰に設計しているか不足しているかは誰も分かりません。鉄筋の組み立て完了しました。配筋検査後にコンクリートを流し込みます。この現場には地中梁が設計さ [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • 内部と外部が進んでいきます!!外壁はサイディングボードというものを張っていきます。胴縁と言う材料の上に金具で固定する工法です。胴縁の厚さ分が空気層になり、空気を通し、構造部材の耐久性を高める工法です。釘を使わないので外壁面には釘の頭はほとんど見えてきません。地震の揺れにも追従する工法です。また、このサイディングボードの塗装は30年間は再塗装が不要です。中ではハイブリッド階段の製作に入っています。パ [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • 内部は出来上がっていきます。大工さんは壁のプラスターボードを貼っていきます。これが終ると大工さんの工事はほぼ終わりになります。天上のユングフラウです。8ミリの厚さの材料です。天井や壁に使います。床の面積と同じ面積を天井と壁に使うと、人に良い効果をもたらすと言われます。土佐和紙を貼った和室。ビニールクロスではない土佐和紙は余計なものが揮発してきません。寝室のもみの木。天上に段差を付けて、壁に張り降ろ [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 新たな現場が始まりました。が、タイムラグがあります(汗)まずは地鎮祭です。家を建てる事を神様に報告する事と、安全に工事ができる事をお願いするお祭りです。土地の神様に地域の神様にお願いします。地鎮祭を行ったら安心とかではなく、気持ちの持ちようだと思います。心引き締めて事に挑む事が大事ですね!!基礎工事に入る前の状況です。これからやり方を出し、基礎工事に入っていきます!!最初はやり方だしです。家の設計 [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • 断熱工事と大工工事が進む現場です!!断熱等級3の性能を得るために使う断熱材は発泡ウレタンのフォームライトSLです。これは容積が一気に100倍に膨らむんです。断熱と気密が同時に取れる優れものです。床面の断熱は行わず、基礎で断熱を行います。基礎内も部屋と同様に換気システムで換気していきます。また、白蟻の対策も家の中への薬剤は使用しませんので、住まわれてからも安心です!!外壁の下地の胴縁の取り付けも行わ [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • 内部、外部が進む現場です。中では天井にユングフラウを貼っているところです。貼り方はその時その時の現場で変える事にしています。もちろんですが、打ち合わせは行いません。外では外壁の下地の工事を行っています。今回は横張のサイディングなので縦に下地を入れていきます。この下地の隙間の空気が動き、部屋の中の湿気を外に逃がすシステムです。サイディングの固定は金具で行います。釘固定ではないので地震時に割れたりとか [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • 上棟式です!!天気にも人にも恵まれました!!狭くて入り組んだ場所だったにもかかわらず、多くの人が駆けつけてくれました!!うれしい限りです。今回はお祭りを屋根の上で行いました!!おじいちゃんが是非にという事でです。勾配も緩かったし、大きな屋根なので安心して出来ました。多くの人が集まってくれたので良かったでした!!ここまで来れば雨が降っても安心ですね!!にほんブログ村↑プチッとご協力お願いします。↑こ [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • 金物検査が終わり、次は断熱工事です。断熱材は発泡ウレタンの「フォームライトSL」を使います。断熱工事と気密工事が同時に出来る商品です。透湿性もあり湿気も外に逃がせる。自分の知る中ではこれが一番です。天井面ではなく屋根に施工するのが大きなポイントになります!!断熱工事が終われば中は工事中でも快適です。屋根裏に上がる電気屋さんも汗だくになることは無い。高性能住宅は工事中でも高性能ぶりを発揮します!!屋 [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • さて、モデル・Kも最終段階です。もみの木の食器棚が完成しました!!一般的な食器棚には独特な化学臭がありますが、もみの木の食器棚にはそれがありません。よって食器に変な匂いが付くことが無い。抗菌作用もあり清潔に食器をしまえるところになります。リビングにはもみの木のテレビボードも入りました!!もみの木の家にはもみの木の家具が似合います。ベニヤの家具は偽物感が出てしまう。よって家具ももみの木になってしまう [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • いよいよ建て方です!!まずは基礎の上に土台を敷きこんでいきます。土台はアンカーボルトで鉄筋コンクリートの基礎と一体化します。アンカーボルトも他の金物と干渉しない場所に設置する。アンカーボルトの場所がいい加減だと地震時に建物が倒れる可能性があります。建物を建てる前には水道の配管は先行させておきます。後で床下で工事するより楽だし間違いが有りません。配管はポリブテン管を使います。赤がお湯で青が水ですね! [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • 上棟式!!一生に一度の大イベントです。天気はどうか??人は来るのか??なんて心配するイベントにもなります。でも、安心してください。両方とも何とかするのがもみの木ハウスです。雨で中止になった事も無く、人が来なかったことも無い。多くの人でにぎわいます!!これから木工事が進んでいきます!!にほんブログ村↑プチッとご協力お願いします。↑こちらもよろしくです!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 内部はほぼ完成しました!!リビングに抜ける通路にあるニッチです。今回は照明を入れています。久々の照明付きニッチです。メインの場所ではありませんがさりげなく。高さは奥様視線でさりげなく。寝室の飾り棚です。目が覚めたらここに置かれたお気に入りの小物が目に入りますから気持ち良い目覚めになります。クローゼットはもみの木だらけ!!消臭効果でクリーニングの匂いを分解してくれます。調質効果で衣類を守り、抗菌効果 [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • 基礎工事が終盤に入ってきました!!立ち上がりの型枠を組んだ後、アンカーボルトのセットを行います。金物図面も確認しながらセットしていきます。他の金物との干渉があるため、セットはミリ単位の寸法で行います。これはクランクアンカーボルトと言って鉄筋と干渉しないように折れ曲がっているタイプです。金物セットが終ったらコンクリートを流し込んでいきます。きっちりと入るように入念な作業を行います。鉄筋とコンクリート [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • いよいよ建て方に入ります!!まずは土台の敷き込みです。鉄筋コンクリート造の基礎と木造とを組み合わせる。ここは金具に頼るしかありません。アンカーボルトでしっかりと緊結されて行きます。基礎としっかりと連結されて耐震や耐風などに対応できるようになる。ここは重要な部分です。金物がしっかりと指定した場所になるかどうか??構造躯体を組み立てて行きます。プレカットされて現場に搬入されていますから、現場は恐ろしく [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 大工工事が完了した現場です。食器棚の骨組みが組まれています。現在、家具屋さんで引き出しや扉が組み立てられています。もみの木の食器棚になります。食器類にも匂いが付かないという優れものですね!!リビング・ダイニングです。オガファーザーが貼られるとまた感じが変わります。今回は中央部分の貼分けにしてみました!!階段はハイブリッドもみ階段です。浮造り加工されている床なので滑り止めにもなり安全です!!クローゼ [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • 鉄筋工事にコンクリート工事が進みます。鉄筋は構造計算で太さと本数が算出されます。ですから、全ての家で全く違う事になる。考えてみればそれは当たり前の事です。プランが違うからですね!!ですからこの様に地中梁が入ったりします。普通の住宅の基礎にはあまりこのような地中梁は出てきません。構造計算をしていないから誰も分からなくて「これぐらいかな??」という根拠のない工事をしていると言えます。鉄筋の組み上がった [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • 基礎工事が進みます。立ち上がり部分の型枠を組み立てます。鉄筋が中心付近にあるようにします。コンクリートはアルカリ性です。でも、時間と共に中性化する。その劣化の時間を稼ぐためにコンクリートの厚さを厚くくする。中性化したコンクリートの中の鉄筋は錆びます。耐久性が無くならないようにコンクリートは厚い。薄いと・・・・基礎の中は鉄筋にアンカーボルトなどの金物が入っています。金物が干渉しないように施工するのが [続きを読む]
  • モデル・Kの様子!!
  • 足場が外れた現場です。作り付けの食器棚が入ります。骨の部分は大工さんが組み立てて行きます。扉や棚は家具屋さんで作ります。全てがもみの食器棚です。食器に匂いが付かない素晴らしい家具になります。階段もハイブリッド階段になります。もみの木の浮造りになりますから安全です。お風呂も組み上がっています。最終の仕上げを待っている状態。化学臭がきついのでもみの木の端材で消臭中!!ダイニング周りも下地ができてきまし [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • 階段ロフト付きの平屋の現場が始まりました!!工事に入る前に現場の地面の高さを確認しておきます。よく言うGLです。グランドラインを決めておく必要があります。それが基準になり基礎の根入れとかが決まってきます。次はやり方出しです。家の寸法を外周に組んだ木枠に入れていきます。そこに糸を張り、交点がその座標になるという仕組み。必要な時に糸を張って確認します。このやり方には高さの情報も入っています。基礎の最深 [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • 次の現場が動いています。建物の外周部に木の枠を作りそれに座標点を落としていきます。そこに糸を貼り、交点がそのポイントになる。木の枠には高さの情報も反映されています。やり方は凄く理にかなったものなんですね。座標点を確認しながら根伐りを行います。基礎の最深部を出して、その上に砂利を敷き詰めます。ここが基礎の最終ラインになる。砂利がかみ合って大きな一枚の盤になり荷重を分散させて地盤に伝えます。ここが一番 [続きを読む]