寿限無 さん プロフィール

  •  
寿限無さん: 寿限無寿限無のブログ
ハンドル名寿限無 さん
ブログタイトル寿限無寿限無のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/modern-pirate/
サイト紹介文寿限無寿限無が古今東西の映画・ロック・HIPHOP・ダンスミュージックなどの傑作をわかりやすく紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2009/05/29 03:12

寿限無 さんのブログ記事

  • 決定的組み合わせ
  • 騒音で眠れず。両足を攣る。サンドウィッチを食って四ツ谷で仕事。ドッと松屋。えらい疲れたがパワーナップをとってララインの『El Club』を見た。絵のトーンは好きだけれど、掴み以上の何かがあるかといえば。結局我々は生贄を探し続け、それは復活し。 Sleep When U Die Sleeping Powder [続きを読む]
  • トリニタス
  • 居間にスパイキーが座っていた。生還を祝った。ガストでゴミを食ってゴミを飲んで郵便局で口座を作ろうとしたらオラオラ詐欺と間違われ、本当は私も無駄な口座なんて作りたくないんだよ。家に帰って労働。夜ラッシュにもまれ実家に帰る。駅前にいるホームレス一家を見て貧血気味になる。権威主義者と官僚の徒労について。三太郎の相手をしている内に一日が一生が終わるようなイメージでも良いのではないか。音信不通だった旧友と一 [続きを読む]
  • 『20センチュリー・ウーマン』など
  • 台風よりも隣家から断続的に鳴り響いてくる趣味の悪いブレイクビーツみたいな音で眠れなかった。パスタを作ったのはいいが食事をしているのかとりあえず栄養補給をしているのか、人間なのか畜生なのかという疑問が頭を巡り始め一気に食欲が失せたのでその咀嚼運動を停止した。恒例のもっともっとー死ぬまで頑張れというお電話をいただきだいぶ死に近いところまで攻め入っている身としてはほぼ死ねと云われているのに近い印象を受け [続きを読む]
  • 『VVITCH』など
  • 最近意識的に長めに寝ているのだけど心なしかだいぶ若返ったような気がする。幾つかコンビニをめぐってなんとなく目に付いたサンドウィッチを食べて家に戻った。海を越えて大量のDVDが届いた。紙袋を開けるとインドの香料のような匂いがした。自壊への意志が膨らんでいるのでバックアップも取らずマックのOSをUGしたら予想通り壊れた。ラブストーリーのプロットを書いている。あらかじめ定められたような接吻などあるのだろうか。 [続きを読む]
  • 中国人と物乞い
  • フランクフルトで下層労働者に見える中国系移民が自分の働くファーストフード店のピザといくばくかのお金を路上で物乞いをしていたロマに差し出し、手を合わせているのを見た。富士でご飯を食べ家事を済ませ青山で打ち合わせ。久々に外に出たこともあるが人の多さに圧倒される。その後目黒で打ち上げ。個人によるコミュニケーションの線引きを考えるとやはり一瞬一瞬は奇跡のように思える。 Lil Uzi Vert Jens Lekman [続きを読む]
  • 老人と幼児の話
  • ドイツの山村を歩いている時に、自転車の前後に黒人の幼児を乗せ村内を疾走する白人の老人がいた。そこから様々なドラマを考えた。今日の昼食はざるうどんだ。もう何日家の外に出ていないのかわからないが勉強は快調だ。またも試験前症候群で他のプロットを仕上げてしまう。次第に身体機能も戻ってきたようだ。 スウィートソウル Gucci Mane [続きを読む]
  • 脳が開いた話
  • 昨年の暮れから頭蓋骨の形が変形成長した。生まれてこのかた自分の頭頂はインカ型と呼ばれる、出産時に頭蓋が正しく開ききらなかったことにより起きるウルトラマン型の形態を有していたのだけれど、そこが開き切り、頭部全体が格段に丸くなった。大人っぽい形というか、座りが良いというか。ポジティブに考えるとそれだけ脳が膨らんだのかもしれないし、単に水分が増えて脳圧が下がった危険な状態なのかもしれない。そんなことを考 [続きを読む]
  • くたばれ文化左翼
  • スパゲティ食って仕事。悪夢のようなMステを見ながらの夕飯は炊き込み御飯。スサンネ・ビアの『アフター・ウェディング』を見た。昨日の映画に続き、弱者は弱者で幸せそうだから放っておけばいいか。うちら幸せだからええやん。そんな結論はねえだろう。クレール・ドゥニの『美しき仕事』。身体と境界。朝まで読書。 Arcade Fire Playboi Carti [続きを読む]
  • 馬車馬
  • 中目黒へ。オニヤンマでランチ。いつもほどは美味しく感じず。事務所で編集。なぜか数時間待たされ、リリースされるもまた待たされる。ヘトヘトになって帰って期待していた映画たちを見たら然程でもなく、やることやりましょう。夕飯は高知産の茄子。また労働に戻り筋トレ。 Cho Wavy De Gomenne Real Estate [続きを読む]
  • 偶然の家族
  • オーガニックピザを食べたが味気なかった。事務処理をしているうちに日が暮れる。ああしかし疲労が抜けない。当たり前か。夕飯に焼きそばを作り日本代表対イラク戦を観戦した。川島と吉田、ありゃないよ。血の気が引いた。再び労働をして朝まで読書。 Frankie Cosmos 18+ [続きを読む]
  • 再誤配
  • よく寝た?富士に滑り込むのだ。やはり日本食。腹を満たされ単純に上機嫌で労働をしていたが流石に堪忍袋の緒が切れる。この異様な程の想像力の欠如と支配欲。どうして人の乳酸値までわかった気になってんの?怒りを忘れるために壮絶な量の洗濯をして読書。夜は簡単なアジアンスープ。久々に筋トレをしていかに身体にきているかよくわかった。 Weeknd DAMARE [続きを読む]
  • リビング・イン・トランシルヴァニア7
  • 映画も見ないで撮影して回って懐かしのメンバーで夕飯。寒暖差20度が身にしみる。パッキングしていたら深夜の停電。尋常ではない疲労と共にピックアップの車に乗り込む。マケドニアの監督と仲良くなったのは良いが一刻も早く目を閉じたく。ミュンヘンまで隣席のハンガリー人女性に話しかけられ続けねむれず。フランクフルトでトランジットはHさんに相手してもらった。 [続きを読む]
  • リビング・イン・トランシルヴァニア3
  • 家畜飯を食って見たポーランド映画が赤子を撲殺するシーンだけが撮りたいみたいな救いようのないダメさだったので更に脱力。ガレルの『パリ、恋人たちの影』を見て、ミニマリズムが素晴らしいなと。ヒロインの世界認識も好きでした。『Zoology』はネタは面白いけど基礎的演出力が低すぎ。『WIN WIN』はオーストリアのど左翼ウェス・アンダーソンといった趣でハイセンス。ホテルに戻ってまたも追加される奴隷労働を朝まで。体力・我 [続きを読む]
  • リビング・イン・トランシルヴァニア4
  • 体力の限界でBBQ。やはり日本人はラテン系とソリが合わないと思う。雷雨で帰宅。EDM。沢山監督がいるが部屋で奴隷労働をせねばならない悲しみ。そのまままたも通訳をして夜まで奴隷労働。Kさんを迎えにいき、Q&Aに遅れたのでサイファーQ&A。寧ろこれで良かった。皆さんが喜んでくれて皆さんと食事。金はなくとも心を込めれば。 [続きを読む]
  • リビング・イン・トランシルヴァニア1
  • 天窓が明るすぎて眠れず。しかもWi-Fiも入らない。切れるのを抑えて俳優のNさんと昼食を食べ、すぐに上映へ。二階まで満員の客席はもの凄い熱気で壇上のQ&Aは素晴らしい体験で。五年前からファンだとおっしゃってくださる老人もいた。本当にここでかけられて良かった。しかし労働があるのでホテルのロビーで延々労働。こんな小銭のために貴重な体験が。。。。夜、旧友とイタリアンケバブを立ち食いし、CLで湧き上がる町内に後ろ髪 [続きを読む]
  • フランクフルター10
  • いつものベトナム料理屋で少々野菜を摂取して部屋で缶詰仕事。もう絶対やんない。ストレスで寿命が縮んだ。夕飯は駅で本場のフランクフルトウマ〜。何年か前の誕生日を思い出した。そこからSバーンに乗ったはいいが焦って乗ってネタを書いていたら逆方向のど田舎に至り戻る電車が来ず。ようやくホッバノフまで戻ったものの今度は列車故障で乗り換える度に乗っていた電車が出発しちょっとしたコント化。次々と乗客は諦め出て行く中 [続きを読む]
  • フランクフルター11
  • チェックアウトしてホットドッグをかじりながら現代美術館に向かった。作品は残念ながら現代度が高すぎて意味不明であった。中華料理屋で同胞だと思われ良くしてもらった。最後にフランクフルトの街を散策し、早めに空港に向かう。恥ずかしながら空港のベンチで終日仕事をして過ごす。ミュンヘンまではサクッとついたが夕飯に不味いホットドッグを食べたのが悪運の始まりで一時間以上飛行機が遅れた。機内お詫びにと大量のお菓子や [続きを読む]
  • フランクフルター9
  • 近所のアイリッシュパブでオシャレサイズのバーガーを。いっそうイングリッシュブレックファストにしておけば良かった。新幹線でハイデルベルグへ。とにかく電車も何もかもが高すぎる。それでも旧市街に辿り着くと感動でそんなことは忘れた。リトル・プラハ、ハイデルベルグ。城に登ったりして爆睡しながら帰り道。部屋で仕事して真夜中前にSバーンに乗り出発。困った時のサブウェイ。自信たっぷりのトッピング。話題作『ゲット・ [続きを読む]