翔龍 さん プロフィール

  •  
翔龍さん: 木村翔龍 川柳のかけら
ハンドル名翔龍 さん
ブログタイトル木村翔龍 川柳のかけら
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yumemakura-050903
サイト紹介文一日一句思いつくまま川柳を綴っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/05/29 08:58

翔龍 さんのブログ記事

  • 17316無題
  • 愛されてトマトつるりと顔そめる鍬を打つ溢れるほどの暇をほる平凡な日々ピーマンになりましたひとりごと言ってキャベツになっている [続きを読む]
  • おーいおい
  • おーいおい隠れ疲れたかくれんぼポケットをさぐりいっきに飲むラムネ坂道にごろり昭和のわすれもの考える人のポーズで待つ なにを初注射針ですかナースの固い顔ちぐはぐなかたち調和のある家族 [続きを読む]
  • 160709
  • 背伸びした象の瞳は濡れているあの角を越した時からどしゃ降りでいたいげな子猫ぐっしょり箱の中山走る博多の街を熱くするティシャツを濡らす無心と言う絆 [続きを読む]
  • 平凡な幸せ傘を買いましたくるくると傘を躍らす待ち合わせ繕えど所詮は親の傘の中 [続きを読む]
  • 葦群 夏の句会
  • ゆっくりと飲めや 話は聞いてやる 「ゆっくり」色落ちに注意 紳士のまる洗い 「紳士」マイク手に金歯銀歯のハーモニー 「歯」神様を信じて開く歯科の椅子 「歯」明日のため振り切るように閉じる傘 「雑詠」H28.6.5  葦群 夏の句会 [続きを読む]
  • 日傘
  • すれちがう日傘まばゆい陽を放ち臍の緒の取れぬ男の金束子妻の背で愛しき人の死を悼むあやしげな扉におとこ吸い込まれ [続きを読む]
  • 脱ぐ
  • 磨くよち残し 路傍の石でいる「石」透明になれよなれよと窓拭う「拭く」砂利道を行くぞ昭和の残り飯「雑詠」一枚を脱げば広がる小宇宙「脱ぐ」川柳葦群 春の句会 H28.3.6 [続きを読む]
  • 千里
  • ライバルは憎き女房の千里眼  「ライバル」迷わずに渡る 私であるうちに  「渡る」打開策探るたばこの火が湿気る  「雑詠」千年の命はぐくむ野焼きかな  「草原」草原をゆけば遥かに涅槃像   「草原」  H27.9.6  葦群 秋の句会 [続きを読む]
  • 五月
  • 今日は昨日と打って変わって抜けるような晴天、そこで、五月と言う文字が詠み込まれている句を集めてみました「五月」ランドセル肩に馴染んだ五月晴れ(伏見清流)五月かなものみな天をこころざす(前田雀郎)眼球は五月の空と知らず飛ぶ (石部 明)五月闇生み... [続きを読む]
  • 梅崎流青 句集「飯茶碗」より
  • 打楽器と呼応している春の月人形の首がスポンと抜ける秋溺愛の子の草笛の豊かなる虫を食う虫を育てている街だ失ったものを教えて牛啼けり赤子泣く夜店の奥のものがたり飯茶碗人に貧しい手が二本身のうちに寄せては返す海がある土くれの中のいのちと対座する... [続きを読む]
  • 夏の夕暮れ
  • 預金などないが私に広い空 独りでは広いと思う妻の留守スイッチを切って私の顔になる偉いのはいつも耐えてるぼくの方      H27.6.7 葦群 夏の句会 [続きを読む]
  • 飯茶碗
  • まっ白になるまで狂う失意の日  「雑詠」梅崎流青 選      H28.4.17 第38回 吉野ヶ里川柳大会身の丈を越えぬ定めの火を燃やす  「火」木本朱夏 選ふっくらと炊けた 男の独り飯  「飯」森中恵美子 選飯のある暮らし 光りのある暮らし  「... [続きを読む]
  • 雨宿りしては残り火また燃えて担がれてみせるも楽し酒の席門前へ落ち葉集まるわが家です金のオノ選ぶ私は罪ですか       川柳葦群 春の句会  H27年3月1日 [続きを読む]
  • 少しずつ崩れ男の顔になる   第49回 大川川柳大会  H27.06.28向き合えば幾千万の光りあり昇ってみなはれ堕ちてみなはれ ようわかる失敗と言うな私の顔であるビンタより母の涙が突き刺さるうかつにもネギの素顔をみてしまい  葦群 冬の句会 H27.12.06 [続きを読む]