ゆう さん プロフィール

  •  
ゆうさん: 園芸ナビ|花と野菜の育て方
ハンドル名ゆう さん
ブログタイトル園芸ナビ|花と野菜の育て方
ブログURLhttp://flower777.mimoza.jp/
サイト紹介文花や野菜の育て方と園芸情報。「園芸命」の管理人の体験に基づきご紹介していきます。
自由文園芸の基本から応用まで、初心者の方にもわかりやすく、写真でご紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/06/01 18:44

ゆう さんのブログ記事

  • アサガオのタネの採取・保管方法
  • アサガオのタネたちアサガオは、小学校1年生の生活科の教材としても使われるように、小さな子供も栽培できる、育てやすい花として人気があります。また、アサガオは自分でタネを取り、そこから増やすこともできます。自宅でもいろいろな種類ののアサガオを育てることができますので、グリーンカーテンやガーデニングに取り入れると華やかで楽しみです。こちらでは、アサガオのタネの採取と保管方法をご紹介します。気に入ったアサ [続きを読む]
  • アサガオの色水の作り方、絵も描こう!
  • 今回、活躍したのはピンクと紫のアサガオですアサガオなどの花を使用した色水遊びは、私たちの世代も、今の子供たちも変わらず、親しまれています。また、手軽にさまざまな色水が作れるので、色水を使って絵を描いたり、染め物をしたりと、工夫次第で、さまざまなものができあがります。色水の作り方や、楽しみ方を紹介させていただきます。 ■アサガオの色水の作り方アサガオの色水作りは、非常に簡単です。ビニール袋に、作りた [続きを読む]
  • アサガオの押し花|簡単できれいに仕上がります
  • アサガオ(朝顔)の押し花は、お子さんでも簡単に作ることができます。材料も、自宅であるもので作成することができますので、夏休みの自由研究用に作ってみるのも楽しいです。おしゃれにできあがるので額装して飾っても、お部屋のインテリアとして素敵です。  ■準備するもの・押し花としたいアサガオの花を一輪・押し花とするやや小さなアサガオの葉を2〜3枚・新聞紙・和紙か画用紙(A4くらいを2枚)・ハサミ・押し花をする際の [続きを読む]
  • 山椒 挿し木時期と方法
  • 挿し穂にする枝は、若い枝ではなく前年に伸びた硬い枝が適しています山椒(サンショウ)は挿し木や実生、接ぎ木で増やすことができます。実生は秋に実を収穫したものをまいて育てますが、実がつくように育つまで何年もかかります。接ぎ木は実を収穫するまでの期間は短いですが、接ぎ木の作業は、初心者には難しい作業となります。挿し木であれば、初心者でも簡単に増やせるのでお勧めです。 ■山椒 挿し木時期と方法1.山椒の挿し [続きを読む]
  • スイカの実が割れる=裂果の理由は?
  • スイカの空中栽培で、着果を見逃し裂果しました>>スイカ 収穫 時期の見分け方スイカはウォーターメロンとも呼ばれるとおり、90%が水分で、残りのほとんどが糖分という作物です。その他にもリコピン、カリウムなども豊富に含まれており、活性酸素を抑制してくれることで注目されているリコピンは、トマトの1.5倍も含まれています。また、タネにも栄養があり、なかでもカリウムが注目されています。カリウムは、利尿作用が高く、腎 [続きを読む]
  • ほおずきの育て方
  • ほおずきは、じょうずに管理すると、翌年も、きれいな花と実が楽しめます。ほおずきは、育て方の難しい植物ではないので、育ててみると楽しいです。 果実の部分を食用にする、食用ほおずきも人気があります。■ほおずきの育て方ほおずきは、日当たりの良い場所を好みます。育て方のポイントは、半日でも、日が当たる場所で育てることです。また湿り気のある土を好み、乾燥が苦手ですから、とくに夏は乾かさないように、土の表面が [続きを読む]
  • トマト わき芽かきと摘芯
  • わき芽かきと摘芯が美味なトマトを作りますトマトのわき芽かきと摘芯をしっかりすると、トマトが元気に育ち、甘くて味わいのあるトマトが収穫できます。[トマト わき芽かきと摘芯]■トマトのわき芽かき・わき芽とは?主幹と葉の付け根から出ている余分な芽のことです。わき芽の根元を折ると簡単にとることができます。わき芽は、見逃すと50?以上にも伸びて本枝と見分けがつかなくなります・わき芽をとる理由トマトの場合、すべて [続きを読む]
  • スイカ(西瓜)の育て方|初心者もしっかり結実!
  • スイカ、家庭菜園産はジューシーで甘いスイカ(西瓜、学名: Citrullus lanatus)は、果実を食べるために栽培されるウリ科の1年生ツル植物です。スイカは、家庭菜園でも人気の果実です。スイカを家庭菜園で大きく元気に実らせる、楽しさとおいしさは、格別のものです。小玉スイカ、中玉スイカは比較的育て方がやさしく、大玉スイカはやや難しいですが、結実したときの喜びは大きいです。 初心者のかたは、品種を選び、接ぎ木苗から [続きを読む]
  • 小玉スイカの育て方
  • あんどん仕立てで、小玉スイカは1〜2果、収穫できます、中央の花が雌花ですスイカ(西瓜)は、家庭菜園でも人気の的です。スイカを家庭菜園でしっかり実らせる、喜びとおいしさは、格別です。ここでは、育て方のやさしい、小玉スイカの育て方をご紹介します。スイカの発芽適温は25〜30℃、最低でも20℃必要なので、かなり高温で発芽する野菜です。■スイカの育て方 栽培方法スイカは連作をたいへん嫌いますので、4〜5年は同じ用土 [続きを読む]
  • キュウリ プランターの育て方
  •  キュウリが美味しい季節です■キュウリ 栽培データ英名・学名 cucunber・cucumis sativus形態 一年草原産地 インド北部、ヒマラヤ山麓草丈/樹高  200cm以上収穫期 7月〜8月花色 黄色栽培難易度(1〜5)  2耐寒性 弱い耐暑性 普通特性・用途  初心者向き、実が食べられる■キュウリ プランターの育て方キュウリ栽培、簡単なように思いますが、意外と神経質な野菜です。キュウリがプランターでも、たくさん収穫で [続きを読む]
  • キュウリが曲がる理由は?
  • キュウリ、ちょっと曲がっている曲がったキュウリはおいしい、などと言われることがありますが、まっすぐなキュウリも曲がったキュウリも、味に差は、ほとんどありません。売っているキュウリは、まっすぐなものが多いですが、実は、曲がったキュウリは、出荷まえに取り除かれているのです。味に影響がないとはいえ、あまりにも曲がっていると包丁で切りにくく見栄えも悪いですね。また、栄養が不足していても曲がってしまうので、 [続きを読む]
  • シロウリの育て方|生育旺盛な野菜、整枝を早めに
  • 漬物にするとおいしいですねシロウリは、日本で古くから栽培されていた野菜です。つる性のウリ科の野菜で、実際にはメロンの仲間ですが、果実に糖類をためず甘くないため、野菜として利用されます。長さ20〜30cmの実がつき、ごく淡い緑色から、熟すにつれて白っぽくなるのが特徴で、まだ若いうちに収穫して食べます。シロウリの果肉は歯切れが良く、味は淡白で、漬物や酢の物、和え物などに利用されることが多く、市販の奈良漬の主 [続きを読む]
  • ハヤトウリの育て方|生育旺盛で100個以上も収穫
  • ハヤトウリはとても丈夫で生育旺盛ハヤトウリは実が多くつくことから、「千成(せんなり)」とも呼ばれます。味噌漬けや奈良漬などの漬物によく利用されていますが、サラダ、炒め物、煮物、おでんなどにしても、たいへんおいしいです。実が600〜800gと大きめの緑色種と、300gくらいの小さな白色種があります。ハヤトウリをたくさん育てる方法とコツをご紹介します。 ■栽培管理ハヤトウリはたいへん収穫量が多く、じょうずに栽 [続きを読む]
  • プリンスメロンの育て方
  • あと12日ほどで収穫ですプリンスメロン(prince melon)は、日本で昔から食べられているマクワウリと、高級メロンの代名詞であるマスクメロンを交配したものです。皮はネット状のひび割れはなく、つるっとしています。実の大きさも小ぶりで、家庭菜園で作りやすい品種です。庭で育てると、甘くてジューシーなメロンが楽しめます。プリンスメロンのわかりやすい育て方をご紹介します。 ■プリンスメロンの育て方・栽培環境日当たり [続きを読む]
  • 大玉トマト プランターの育て方
  • ホーム桃太郎の樹上完熟、とっても美味しいですミニトマトや中玉トマトの栽培が上手になったら、あるいは初挑戦でも、大玉トマトは育て甲斐があり、達成感があります。プランター栽培の方法を分かりやすくご紹介していきます。■大玉トマト 栽培データ英名・学名 tomato・solanum lycopersicum形態 多年草(日本では一年草扱い)原産地 南アメリカの高原地帯草丈/樹高  50cm〜200cm開花期 4月中旬〜7月花色 黄色栽 [続きを読む]
  • 大玉トマト 地植えの育て方
  • ホーム桃太郎は、育てやすく美味です■大玉トマト 栽培データ英名・学名 tomato・solanum lycopersicum形態 多年草(日本では一年草扱い)原産地 南アメリカの高原地帯草丈/樹高  50cm〜200cm開花期 4月中旬〜7月花色 黄色栽培難易度(1〜5)  2耐寒性 弱い耐暑性 強い特性・用途  初心者〜中級者向き 大玉トマト 地植えの育て方を、図版を交えてわかりやすくご紹介していきます。 ■大玉トマト 地植えの育て [続きを読む]
  • トマトの実が割れる理由と対策は?
  • ミニトマトも皮が薄い品種は割れやすいですトマトのおいしさの理由は、”旨み成分”が、含まれているからです。トマトの旨み成分には、”グルタミン酸””イノシン酸”など、30種類以上があります。グルタミン酸はお醤油や味噌にも含まれている成分のため、日本人の口にも合うのですね。ところで、トマトを栽培していて困ることの一つに、実が割れてしまうことがあります。大玉トマトなら料理に使ってもいいのですが、ミニトマト [続きを読む]
  • トマト 定植適期|若苗と熟苗
  • 一番花が見えたら定植するのが安心ですトマトの苗を定植する時期には、適期があります。一般に、トマトの植え付けは、ゴールデンウィーク前後とされます。種を播き育苗し定植する場合も、苗を購入して定植する場合も、この定植適期に植え付けができるかどうかで、その後のトマトの生育が違ってきます。若苗と熟苗など苗の状態から判別する、トマトの定植適期の、目安についてご紹介します。[トマト 定植適期] ■若苗と熟苗トマトの [続きを読む]
  • ユリの育て方 5月 開花時の害虫防除と栽培のコツ
  • オトメユリ、5月に咲き出します5月に入ると、ユリの葉と上根は、さらに活発に生長し出します。茎を伸ばしながら葉を広げて、茎の中に花芽が作られています。オトメユリ(ヒサメユリ)などでは、5月下旬に開花するものもあります。テッポウユリは葉の中に、花芽が見えてきます。ユリは、花芽形成のときに害虫の被害に会うと開花に致命的です。5月は、とくにアブラムシの発生に注意します。■庭植え ユリの育て方 5月・水やりとくに [続きを読む]
  • アジサイの育て方 5月−開花を見守り水やりに気をつけて
  • アジサイ、いよいよ開花♪5月に入り、温暖な気候が安定してくると、アジサイの花が次々と咲いてきます。ガクウツギ系のアジサイが、まず、咲き出します。遅咲きのアジサイでも、だんだんとつぼみが見え始めます。5月、新しい葉も、大きく生長し、アジサイファンには、とても楽しい季節です。  山アジサイのはっとする美しさ■アジサイの育て方と栽培 5月・主な栽培作業5月は、中旬から下旬の、開花を見守るだけで、とくに必要な作 [続きを読む]
  • ユリ育て方12ヶ月 目次|毎月の管理を分かりやすく解説
  • ■ユリ育て方12ヶ月 目次 ユリを立派に栽培するコツカサブランカなどのユリは、多少神経質なところもありますが、日ごろから観察して病気や害虫を防げば、立派に香りよく咲いてくれます。自分で育てた球根が開花するまでを見て香りも楽しめることは、とっても感動的で嬉しいことです。さらに、球根をじょうずに太らせてあげれば、翌年も忘れずに、しっかりと咲いてくれます。ユリの花を翌年も咲かせられる育て方を、1年を通して、 [続きを読む]
  • 5月の家庭菜園作業 夏野菜と葉物の栽培
  • ナスがみるみる大きくなるのが嬉しいですナスは、2〜3本仕立てにすると、収穫量が増えます家庭菜園のキュウリは、ジューシーでシャキシャキ♪5月も中旬になると、気候も安定し、植物が育ちやすい環境が整ってきます。しかし夜間はまだ冷えますので、野菜にとって最適期に作業します。園芸店、ホームセンター、通販では、夏野菜の苗やタネが売り出される時期となります。東京標準で、ゴールデンウイークごろが、夏野菜の植え付け適 [続きを読む]
  • 朝倉山椒 育て方
  • 朝倉山椒は雌雄同種なので1株で実をつけます* 山椒(サンショウ)は新芽、若い実、熟した実と利用できる部分が多く、とても利用価値があり楽しめる落葉樹木です。葉だけを収穫する葉山椒、実を収穫できる実山椒とありますが、山椒は雌雄が分かれているため、どちらか片方だけを育てても実はなりません。ところが、朝倉山椒は雌雄が分かれていませんので、1本で立派に実をつけます。 さらに、実を収穫したり、手入れをする際に痛 [続きを読む]
  • 夏野菜 種類
  • 夏野菜は旬が、採れたてがおいしい! 去年の7月下旬朝の収穫現代では、あらゆる野菜が年中スーパーの野菜コーナーに並びます。けれど、同じ野菜でも旬の時期とそうでない時期とでは、やはり旬の時期の方が味も栄養価も高いそうです。夏には夏が旬の野菜をおいしく食べたいですね。家庭菜園で栽培してみるのも楽しく、本格的な味わいです。 *詳しい育て方は、リンク先をご覧ください。■夏野菜 種類・ゴーヤーここ数年ですっかり [続きを読む]
  • 4月のガーデニング
  • 秋に植えた球根たちが嬉しそうに咲いています4月に入ると気温も上がり、いよいよガーデニングの季節です。庭でも道端でも花がたくさん咲くので、1年で一番華やかな時期に入ります。暖かい日が続くからといって、花を楽しむばかりではいけませんね。植物がエネルギッシュで生長しやすい4月だからこそ、やっておきたいガーデニング作業はたくさんあります。[4月のガーデニング] 今年も、スイカ、トマト、ナス、長トウガラシを育てま [続きを読む]