ゆう さん プロフィール

  •  
ゆうさん: 園芸ナビ|花と野菜の育て方
ハンドル名ゆう さん
ブログタイトル園芸ナビ|花と野菜の育て方
ブログURLhttp://flower777.mimoza.jp/
サイト紹介文花や野菜の育て方と園芸情報。「園芸命」の管理人の体験に基づきご紹介していきます。
自由文園芸の基本から応用まで、初心者の方にもわかりやすく、写真でご紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/06/01 18:44

ゆう さんのブログ記事

  • 5月の家庭菜園作業 夏野菜と葉物の栽培
  • ナスがみるみる大きくなるのが嬉しいですナスは、2〜3本仕立てにすると、収穫量が増えます家庭菜園のキュウリは、ジューシーでシャキシャキ♪5月も中旬になると、気候も安定し、植物が育ちやすい環境が整ってきます。しかし夜間はまだ冷えますので、野菜にとって最適期に作業します。園芸店、ホームセンター、通販では、夏野菜の苗やタネが売り出される時期となります。東京標準で、ゴールデンウイークごろが、夏野菜の植え付け適 [続きを読む]
  • 朝倉山椒 育て方
  • 朝倉山椒は雌雄同種なので1株で実をつけます* 山椒(サンショウ)は新芽、若い実、熟した実と利用できる部分が多く、とても利用価値があり楽しめる落葉樹木です。葉だけを収穫する葉山椒、実を収穫できる実山椒とありますが、山椒は雌雄が分かれているため、どちらか片方だけを育てても実はなりません。ところが、朝倉山椒は雌雄が分かれていませんので、1本で立派に実をつけます。 さらに、実を収穫したり、手入れをする際に痛 [続きを読む]
  • 夏野菜 種類
  • 夏野菜は旬が、採れたてがおいしい! 去年の7月下旬朝の収穫現代では、あらゆる野菜が年中スーパーの野菜コーナーに並びます。けれど、同じ野菜でも旬の時期とそうでない時期とでは、やはり旬の時期の方が味も栄養価も高いそうです。夏には夏が旬の野菜をおいしく食べたいですね。家庭菜園で栽培してみるのも楽しく、本格的な味わいです。 *詳しい育て方は、リンク先をご覧ください。■夏野菜 種類・ゴーヤーここ数年ですっかり [続きを読む]
  • 4月のガーデニング
  • 秋に植えた球根たちが嬉しそうに咲いています4月に入ると気温も上がり、いよいよガーデニングの季節です。庭でも道端でも花がたくさん咲くので、1年で一番華やかな時期に入ります。暖かい日が続くからといって、花を楽しむばかりではいけませんね。植物がエネルギッシュで生長しやすい4月だからこそ、やっておきたいガーデニング作業はたくさんあります。[4月のガーデニング] 今年も、スイカ、トマト、ナス、長トウガラシを育てま [続きを読む]
  • 八つ頭の育て方
  • 八つ頭、育て甲斐があります八つ頭(八頭、やつがしら)は、親芋があまり大きくならず小芋が早く生長します。八つ頭は、栄養分が高く、でんぷん質が多く、ほっくりした歯ごたえで、とても美味で人気があります。八つ頭のわかりやすい育て方を、ご紹介していきます。 ■八つ頭の育て方・タネイモの選び方まずはタネイモを選びます。3月下旬頃から、ホームセンターや園芸店などで、タネイモが販売され始めます。八つ頭はスーパーな [続きを読む]
  • 西日に強い花
  • ルコウソウ、形も色も愛らしいです梅雨明け頃から初秋くらいまでは、西日が強い季節です。人間も西日が苦手ですが、花も西日を好まないものが多いです。とくに西日しか当たらない庭やベランダは、酷く暑いうえに乾燥していて花も疲れ葉も焼けてしまいます。こちらでは、過酷な環境でも、その強い日差しが大好きで、西日に強く手入れも比較的楽な花たちを、ご紹介します。■西日に強い花サフィニアのブルー、紫も涼しげです・サフィ [続きを読む]
  • 春の花 寄せ植え
  • パンジーで元気良くも大人っぽくも仕立てられます 春の寄せ植え、今シーズンは、どのような花を選びますか?暖かな春を彩る花やリーフをお気に入りの鉢にバランス良く配して、個性的で素敵な寄せ植えを作りたいですね。■春の花 寄せ植えのコツ1.明るい色やパステルカラーなど、花色の組み合わせを春らしくしてみます。2.気温上昇による水切れに気をつけ花を途切れさせないよう肥料切れに注意します。3.中心から奥側に高い植物、 [続きを読む]
  • カノコユリ(鹿の子百合)の育て方
  • カノコユリ 赤 優雅で人気の野生ユリカノコユリ (鹿の子百合;L. speciosum)は、ユリ科ユリ属の秋植え球根です。日本、中国、台湾に自生し、日本では九州、四国に自生。カノコユリという名は、花弁の内側に鹿の子絞りのような、模様があることから名づけられました。花色は、白、ピンク、赤などがあり、いずれも芳香を放ちます。鹿の子ユリの育て方をご紹介していきます。 カノコユリの開花期は、日本のユリとしては遅く、7月中 [続きを読む]
  • サクラ(桜)の挿し木 方法
  • サクラ(桜)は、挿し木できるのか、その方法は? って思ったことありませんか?なんと、サクラは挿し木で増やすことができます。ある植物学者によると、だいたい300種以上ある園芸品種のうち、1/3前後は挿し木が可能とのことです。またサクラの収集家によると、サクラの挿し木の成功率は、7〜8割ということで、この高確率なら、試してみるかいがありそうです。とくに挿し木をしやすいサクラは、ヤマザクラ系統のものだそうで、ソ [続きを読む]
  • 4月の家庭菜園作業 栽培準備と植え付け
  • ソラマメのユニークな花サヤエンドウの赤い花もかわいい4月の家庭菜園、まだ寒暖の差はありますが、4月中旬には霜の被害もなくなります。春の暖かさと日ざしで植物も生育が早まり、植物が日々生長する季節となります。園芸店、ホームセンター、通信販売では、野菜の苗やタネが売り出される時期となります。しかし慌ててタネまきや苗を植える前に、畑の準備をしっかりしておくことが大切。菜園準備により今後の収穫の成否が決まりま [続きを読む]
  • 3月のガーデニング
  • パンジーも元気よく咲く季節です3月に入ると、2月の凍えるような寒さから、少し暖かい日が続くようになります。お天気の良い日は、ぽかぽかと暖かく、ガーデニング作業もはかどります。けれど、暖かくなって人も外出したい気分になる時期には、植物にとっては厄介な害虫も外に出てくるようになる季節です。植物を健全に育てるために、できることを考え、今年も良い花を咲かせ、おいしい野菜を収穫できるように頑張りましょう。[3月 [続きを読む]
  • サクラ 花が咲かない理由は?
  • 蓮花寺のサクラ(川崎市高津区)サクラの樹の世話をしているのに、なぜか咲かないことがあります。原因が特定できれば、対処しやすいのでチェックしてみてください。■サクラ 花が咲かない理由は?1.日当たりが悪いサクラ(桜)はとても日光を好む樹木です。しっかりと太陽の光を浴びて、養分を蓄えないと、きちんと花を咲かせることができません。植えてある場所の近くに、高い壁などがあって日光が遮られていたり、木を覆うよう [続きを読む]
  • サクラの園芸品種 画像付き
  • サトザクラ 閑山サクラの樹高は3〜30mまで成長します。増やし方は挿し木、接ぎ木、実生で可能です。サクラ属は世界に約200種類存在します。主にアジア東部の温帯に多く分布しています。鑑賞用の木はほとんど日本産です。花は八重咲きもありますが、基本は5弁です。太い枝を切る時は、切り口に必ず保護剤を塗り、傷口から腐敗菌が侵入しないように注意します。サクラは移植が難しい木です。品種選びと植え場所は熟慮を重ねた上で決 [続きを読む]
  • 一才桜 枯れる理由は?
  • 一才桜の多くは、つぼみがついた状態で販売されています一才桜は、初心者にも育てやすい、愛らしい八重の盆栽です。家の一才桜(旭山桜=アサヒヤマサクラ)の開花は、少し遅く4月の末頃ですが、1回枯れさせたことがあります。こちらでは一才桜が枯れる原因を、いくつか探ってみました。これから入手されるかたも、ご覧になってください。■一才桜 枯れる理由は?1.日当たりが悪い一才桜はたいへん日当たりを好みます。日当たりが [続きを読む]
  • サクラの育て方 栽培方法 鉢植えや盆栽で
  • 旭山桜、豪華で育てやすいサクラの緑も楽しめるサクラは日本を代表する花木であり、ソメイヨシノをはじめとして、大木のイメージがあります。しかし小型で花付きのよい品種を選べば、鉢植えや盆栽も良い花がたくさんつきます。鉢植えには、サトザクラ系やマメザクラ系の、矮性種で花付きのよいものが良いです。 アラヒヤマ、フジザクラ、タカサゴ、オシドリ、コフクザクラなどがお勧めです。落葉したサクラも赴き深いC)園芸百貨店 [続きを読む]
  • ウメの育て方 3月
  • もう、梅酒作りが待ち遠しい管理人です3月に入っても、まだウメの開花は続きます。早いうちに開花していた実ウメは、すでに小さな実がつくこともあります。また、3月は植え付けや植え替え、挿し木、接ぎ木といった作業の適期でもす。行える作業がたくさんあるので、計画的に行います。[ウメの育て方 3月] ■基本の栽培管理・ウメの状態厳しかった寒さが少しずつ和らいできます。開花が終わった株は、今度は葉芽が膨らんできている [続きを読む]
  • ミモザ 花言葉
  • ミモザ、花言葉がたくさんありますミモザという花の名前は、以前はオジギソウの花を指していました。現在ミモザと呼ばれているギンヨウアカシア、ハナアカシアなどと、以前ミモザと呼ばれたオジギソウは、同じマメ科ですが、花色が異なります。ギンヨウアカシアなどの場合は、黄色系の花色であることが多く、オジギソウの場合はピンク色の花をしています。ミモザは小さなレモンイエローの花がかわいく、春を伝える人気の高い植物で [続きを読む]
  • 3月の家庭菜園作業 タネまきと収穫の季節に
  • 家庭菜園の菜の花はおいしい!ダイコン、豊作です!3月、春の訪れが感じられますが、まだまだ寒暖の差は大きいです。しかし、春の暖かさと日ざしのなかで、家庭菜園の野菜たちが日々生長する季節です。少し天候が崩れると、霜の害に会ったり、トンネルの温度が不安定になるのでチェックします。野菜たちの状態を日々見回って、観察して元気に育てることが大切です。家庭菜園でのトマト栽培は、見ていても食べても最高です!■3月か [続きを読む]
  • サクラ 花言葉
  • ソメイヨシノのトンネル春といえばサクラと言われることも多く、日本人にとって特別な花です。学校や街路樹、公園など、身近なところで見られる花です。サクラには、品種ごとに素敵な花言葉がついています。画像とともにご紹介していきます。[サクラ 花言葉] ■サクラの花言葉サクラにはたくさんの種類がありますが、サクラ全体につけられている花言葉があります。それは、「精神美」「純潔」「淡泊」などです。どれも清らかで楚々 [続きを読む]
  • ウメ 花言葉
  • ウメはサクラと並ぶ、日本を代表する花です紅白のウメが並ぶと、とてもおめでたい雰囲気になるので、お正月の飾りとして観賞する方も多いでしょう。古くから愛されているウメには、どのような花言葉がついているのでしょうか。 [ウメ 花言葉] ■ウメの花言葉ウメには「高潔」「忠実」「忍耐」といった花言葉がつけられています。ウメの開花期は、一般的なサクラよりも早く、まだ寒い時期であることが多いです。寒さに耐えながら、 [続きを読む]
  • ハイビスカスの育て方 2月
  • コーラル系ハイビスカス2月に入っても、寒く冷え込む日が続きます。ハイビスカスは暖かい気候を好むので、冷気に当たって枯れないよう、細心の注意をはらいます。この寒さを乗り切れば、冬越し成功まであと少しです。2月のハイビスカスの具体的な育て方をご紹介します。 [ハイビスカスの育て方 2月] ■ハイビスカスの状態引き続き室内で冬越ししているので、ほとんど生育が止まった状態です。室温が高い環境では、枝を伸ばし続け [続きを読む]
  • ハイビスカスの育て方 1月
  • 1月も寒い時期ですが、ハイビスカスの中には、室内の環境が快適で開花するものもあります室温が低い場合は、ほぼ生育を停止しているので、ハイビスカスの状態の善し悪しを判断しにくいこともあります。室内管理だからこそハイビスカスに起こる異常を見落とさないよう、日々、よく観察してあげるようにしましょう。[ハイビスカスの育て方 1月] ■ハイビスカスの状態1月〜2月に入るくらいまでは厳寒期と呼ばれ、1年で一番寒い時期と [続きを読む]
  • 夏野菜 種の加温は?
  • トマト、ゴーヤ、スイカなどの発芽温度は25℃〜30℃と高いです夏野菜の種まきは、早いものだと2月頃から始まります。2月といえば日本では厳寒期にあたり、一年で一番寒い頃です。夏野菜は発芽温度がやや高いものが多いため、そのままの状態で種まきをしても、なかなか芽を出さなかったり、芽を出す前にカビが生えてダメになったりすることが多いです。低温時は、加温をして発芽温度まで上げる方法があります。加温する方法は、各種 [続きを読む]
  • トマト 簡単な育て方
  • トマトは家庭菜園でも大人気の野菜です(中玉 フルティカ)しかし育てたことがないと、難しいように思えるかもしれません。また、栽培したけれど失敗すると、尻込みしてしまいますね。トマトを育てるためには、いくつかのコツがあります。このコツを実践すると、割と簡単に美味しいトマトが収穫できます。少ない手間とコツで、立派なトマトの収穫を目指しましょう。[トマト 簡単な育て方] ■苗から栽培トマトは、種からも苗からも [続きを読む]
  • ガーデニング本 初心者さん お勧め!
  • ガーデニングに挑戦したい気持ちがあっても、何から始めて良いのか、何を揃えれば良いのかが分からないこと、ありますね。ガーデニングに関して書かれている本の中には、初心者向けのものもたくさんあります。その中でも、初心者に分かりやすく、写真や手順が細かく掲載されている本をご紹介します。■ガーデニング本 初心者さん お勧め!◎ビジュアル版 はじめての園芸入門(今日から使えるシリーズ 講談社)NHKで放送されている [続きを読む]