徹 さん プロフィール

  •  
徹さん: マンガ家の奇妙でワンだふるな日々
ハンドル名徹 さん
ブログタイトルマンガ家の奇妙でワンだふるな日々
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/saiwaimiyuki
サイト紹介文山奥に自作の家を建て、犬や猫たちと暮らすマンガ家の作品紹介と日記
自由文4コママンガやストーリーマンガなど、いままでの作品を紹介しつつ、山奥での生活の中から生まれた新しい作品を模索しながら紹介するブログ。
新刊情報 3月26日 マガジンハウスより発売
「マンガで読む偉人伝1 ダライ・ラマ14世」脚本・画さいわい徹
     http://www.amazon.co.jp/dp/4838719620/



    
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/05/29 15:10

徹 さんのブログ記事

  • ありがとう子供達
  • 我が人形劇団、今日は、隣の御坊市での公演でした。御坊市にあるいくつかの幼稚園が集まり、幼稚園どうしの交流会として観劇してくださったのです。いやあ、よく観てくれました。よく笑ってくれました。右目にケヤキ花粉がはいってしまい、痛くておもうようにマンガの仕事がはかどらずで苦戦していただけに、とてもいい刺激と感動と元気をいただきました。今は、右目の痛みもとれています。よかった、よかった、ありがとう子供達! [続きを読む]
  • バタンキュー
  • 今日は、我が区の用水路の溝掃除と周辺の草刈り。丸1日のその作業にバタンキュー!我が区の田植えが始まるのです。疲れた、なんにもできんぞ!ブログ村ランキング     ↓https://comic.blogmura.com/comic_mangaka/ [続きを読む]
  • 声をかけられて
  • 隣の市のスーパーで買い物をして、そこのレジで精算をしていたらレジの係の女性に妻が声をかけられました。「人形劇のクアパパのかたでしょう。美浜町の公民館で人形劇観せていただきました。ものすごくおもしろかったです。一緒に観た子供も帰ってから人形劇おもしろかったとずっと言ってました」ありがたいことです!クアパパの名前まで覚えてくださっていたなんて感激!妻いわく、近くで公演したら変な服装で買い物でけへんわ! [続きを読む]
  • 先ほどの投稿を削除
  • さきほどの夫婦げんかが、うまくおさまりましたので、さきほどの投稿記事を削除しました。みなさん、お騒がせいたしました!!アップしたイラストは、近所のかたがだされる新商品のイラスト。ざっくりしたイラストにしあげてみました。なかなかおいしい!どんどん売れてね〜!!ブログ村ランキング     ↓https://comic.blogmura.com/comic_mangaka/ [続きを読む]
  • ムカッ!
  • 受賞作品の児童向け小説「霧の波」を読んでくださった児童文学者から感想が届いたと弟からの連絡。弟の知りあいの児童文学者に受賞作品集を送ってくれたらしい。どんな内容の感想かと弟が電話で読み上げる。ありがたい内容だった。勉強にもなる!そんな電話のやり取りを聞いていた妻が言った。「褒めてくれるひとおっても、わたしは、あかんと思う。小説を書くのん、もうやめたほうがいいわ。それより絵本のほうが向いてる。絵が描 [続きを読む]
  • 2分間落書き
  • またまたいつもの3分間落書き。今回は2分間ぐらいか(笑)今、何を書くかも決めずに、自分の中を覗き込みながら、みえたままに文章を重ね、応募小説を描いている。フィクションという形を借りながら、過去との再会を重ねながら…僕は、そういう人間だったのかと思い知らされながら…どんな小説になるのだろう。おもしろい応募小説にはならないだろう。でもまあ、書き上げよう。気分転換に落書きしながら…。ブログ村ランキング  [続きを読む]
  • なんやかやと
  • 先日、ナナの狂犬病の予防注射の日でした。町主催で、動物病院まで行かずに、お医者さんが集合場所まで来てくれます。えっ、どこへ連れて行ってくれるの?と、うれしそうにしていましたが、集合場所に着くとブスッとしておりました。近場の飼い犬たちが集合。ナナと相性の悪い犬もきてまして、にらみあっていました。注射は、あっという間に終わりました。高校時代の友人から電話。息子さんが家族で上海に赴任とか。6年後にしか帰 [続きを読む]
  • 人間はバカだからさ
  • 「人間はバカだからさ」自分で書いた台詞ですが、好きなセリフです。愛情込めて愉しく言ってみたいですねえ。最近の政治家を観てたら、本当に哀しくなってくるバカばかりですが…ブログ村ランキング     ↓https://comic.blogmura.com/comic_mangaka/ [続きを読む]
  • 飛翔
  • 飛ぶ夢を見る。久しぶりに再会した人達とかわした言葉。「息子さん、アニメの仕事、がんばってはるんですか」「いや、実は、亡くなったんです」もちろん、病死か自死かを聞くことは出来なかった。アニメの利益のほとんどを、広告代理店とテレビ局と出版社が奪い取っていく−。過酷な労働条件の中で、病死あるいは自死するアニメーターたち。「娘さんの絵本、でましたねえ。おもしろかった、これからが楽しみですねえ」「いや、SN [続きを読む]
  • ナナと花見
  • 天気の良い日に、人形劇につかっているほうの車にナナを乗せ花見に出かけました。ポカポカと暖かくナナも大喜び!何カ所かの桜をみての愉しい半日となりました。で、昨日は、去年亡くなったN氏を偲ぶ会に出席のため大阪へ。久しぶりに会う人々。わからんほどに変わってしまった人もいましたが、いい会でした。その日、配られた冊子にそのN氏への思いをこめられたたくさんのかたからのメッセージがのっていました。僕の書いたのが [続きを読む]
  • 日本動物児童文学賞「霧の波」その1
  • 「霧の波」その1  第28回日本動物児童文学賞優秀賞受賞作 日本獣医師会    受賞作品集よりアップ漫画作品「森の中の海で」を描き終えた時、すべてが植樹運動に集約されてしまったような感じが残り、あのラストはあれでいいのですが、なにか書き残しているような気がしました。で、マンガではなく小説という形で別の視点から同じようなテーマを書いてみようとして出来上がったのがこの作品。数年前に同じ様な素材で小説とし [続きを読む]
  • またまた5分間落書きでござる。なんとなく気のむくままに描いている。何ができあがるのかも、わからずに(笑)できあがってから適当にタイトルつけてる…ブログ村ランキング     ↓https://comic.blogmura.com/comic_mangaka/ [続きを読む]
  • ときどき思い出す風がある。ブログ村ランキング     ↓https://comic.blogmura.com/comic_mangaka/ [続きを読む]
  • 別れの夢
  • 去年の11月、ある人に、日本動物児童文学賞優秀賞受賞の連絡メールを入れた。いつもなら返信メールがくるのだが来なかった。なんでかなと思っていたのだが、まさかその人がその10月に亡くなっていたとはおもいもしなかった。来月、その人を偲ぶ会が行われるという。児童向け小説で受賞したことを肴に飲みたかった。彼ならどういうだろうか。「あなたは、本当にめぐまれすぎていませんか。でも、やはり4コママンガが、あなたの [続きを読む]
  • 「漫勉」
  • 録画していた浦沢直樹さんの「漫勉」を観る。浦沢直樹さん、お元気そうでなにより!!ホッとする。毎回マンガ家さんの、原稿を描くそのズバリ現場(机上)を紹介する「漫勉」というテレビ番組。今回登場する漫画家は、ながやす巧先生。浦沢直樹さんとの会話もおもしろかった。その画力といい執念といい、ただただ脱帽!!僕は、絵としてのリアルな劇画をめざしていないので、ただただホッとする(笑)。ここまで絵としてのリアルさ [続きを読む]
  • 「漫勉」
  • 録画していた浦沢直樹さんの「漫勉」を観る。浦沢直樹さん、お元気そうでなにより!!ホッとする。毎回マンガ家さんの、原稿を描くそのズバリ現場(机上)を紹介する「漫勉」というテレビ番組。今回登場する漫画家は、ながやす巧先生。浦沢直樹さんとの会話もおもしろかった。その画力といい執念といい、ただただ脱帽!!僕は、絵としてのリアルな劇画をめざしていないので、ただただホッとする(笑)。ここまで絵としてのリアルさ [続きを読む]
  • サル
  • 僕の作品にはサルがよく出てくる。日本動物児童文学賞で優秀賞を受賞した「霧の波」もそうだし「森の中の海で」にも重要な役割ででてくる。それらは、20代の後半に取材したこのルポ記事が元になっているようだ。一度、このブログにもアップしているが、もう一度アップしておきたい。もう何十年も前に書いたルポ記事。淡路島のサルを訪ねて    「オーイ」と山の奥の方へ呼びかけながら、中橋さんがエサをまく。すると、山の奥 [続きを読む]
  • サル
  • 僕の作品にはサルがよく出てくる。日本動物児童文学賞で優秀賞を受賞した「霧の波」もそうだし「森の中の海で」にも重要な役割ででてくる。それらは、20代の後半に取材したこのルポ記事が元になっているようだ。一度、このブログにもアップしているが、もう一度アップしておきたい。もう何十年も前に書いたルポ記事。淡路島のサルを訪ねて    「オーイ」と山の奥の方へ呼びかけながら、中橋さんがエサをまく。すると、山の奥 [続きを読む]
  • 浮遊の日々
  • 先ほどから強い風が吹き荒れている。要注意だ。風が窓やドアの隙間から室内にまで花粉を運び込んでくる。今朝は、まだ右目の調子が、まあまあだ。ひどいときは、仕事にならないほど真っ赤になり、原稿を見るのもつらくなる。なんとか、ラフへの修正案に従って物語の構成と台詞の書き換えが落ち着いた。その作業が落ち着かないと、僕は、絶えず、今ある生活から原稿の世界へと浮遊する。妻と話していても、話の内容は入ってこない。 [続きを読む]
  • 浮遊の日々
  • 先ほどから強い風が吹き荒れている。要注意だ。風が窓やドアの隙間から室内にまで花粉を運び込んでくる。今朝は、まだ右目の調子が、まあまあだ。ひどいときは、仕事にならないほど真っ赤になり、原稿を見るのもつらくなる。なんとか、ラフへの修正案に従って物語の構成と台詞の書き換えが落ち着いた。その作業が落ち着かないと、僕は、絶えず、今ある生活から原稿の世界へと浮遊する。妻と話していても、話の内容は入ってこない。 [続きを読む]
  • また別れが…
  • また、わかれがあった。彼は、僕より少しだけ年上。ある新聞の元編集長。彼から声をかけていただき、何年間か連載させていただいた。とてもお世話になった。ちゃんとお礼ができていただろうか。作品を書き続けることが、お礼なのだと思う。ありがとうございました。僕は、書き続けていきます。気がつくと、我が家のサクランボの出来る桜が満開。マンガのネームラフ(絵コンテシナリオ)のチエックが戻ってきた。いよいよ本格的にマ [続きを読む]
  • また別れが…
  • また、わかれがあった。彼は、僕より少しだけ年上。ある新聞の元編集長。彼から声をかけていただき、何年間か連載させていただいた。とてもお世話になった。ちゃんとお礼ができていただろうか。作品を書き続けることが、お礼なのだと思う。ありがとうございました。僕は、書き続けていきます。気がつくと、我が家のサクランボの出来る桜が満開。マンガのネームラフ(絵コンテシナリオ)のチエックが戻ってきた。いよいよ本格的にマ [続きを読む]
  • 春ですなあ!
  • 春です!いつもの3分間落書き!!でも、うかれてもいられません。我が家のすぐ前のスギ林。枯れているのではありません、花粉を付けた状態の色なのです。通常のスギの色に戻るまで、花粉は飛び続けます。目に花粉が入ると、大変!ホームセンターのコーナンで花粉の入らないグラスを見つけました。サングラスのように色がついていないので、人形劇の仕事で子供達のいる場所にいっても、ハズさなくてすみます。かなりの優れものです [続きを読む]