風呼 さん プロフィール

  •  
風呼さん: ピカソ・マニマニア
ハンドル名風呼 さん
ブログタイトルピカソ・マニマニア
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/wienne0610
サイト紹介文詩で綴るピカソの91年
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/05/30 00:07

風呼 さんのブログ記事

  • 御所五郎蔵 於・歌舞伎座
  • 曽我もよう侠(たてしの)御所染 というんだそう。   もようは糸へんに秀と書く。 >糸秀<左團次扮する 土右衛門と 仁左衛門扮する 五郎蔵との 物語冒頭の出会いのシーンです。このためだけに 花道がもう一本拵えられました。こんな恋... [続きを読む]
  • 声の ギアチェンジ
  • 演歌もそうだと思うのだがジャズボーカルは基本 地声で歌うので高音部 もしくは低音部は喉で ギアチェンジが必要これが なかなか難しい”ウラ”と呼ばれる声で歌っていた数十年は声が出るか出ないかが勝負のノークラッチ状態... [続きを読む]
  • 「 お若いんですね 」
  • 「あら 48才でいらっしゃいますのお若いんですね」これは見た目はもっと老けているということ「え〜っ 70才お若いんですね」これはとてもその年には見えないということ「あらあ” お若いんですね ” 」ええ気持ち... [続きを読む]
  • 蜂蜜と遠雷 恩田陸著
  • 2017年度 本屋大賞 受賞、第156回 直木賞受賞 作品です。あるピアノコンクールの二週間が 1人のクォーターと3人の日本人出場者、 1人の日本女性審査員の視点から描かれています。課題曲の演奏模様が 細かく描かれ、 ピアノ曲にそんなに明... [続きを読む]
  • 神様が 休めって
  • 右足の小指を骨折へーぇ指の骨ってこんなに足首寄りなんだ忙しかったと 云うより忙しくしていたので神様が少しゆっくりしなさいって教えてくれているんだね良かったね神様が 君にいてくれて     by ... [続きを読む]
  • 8人の 天女
  • 20年振りに同窓会に出席したここ2,3年で亡くなったり闘病中という友も出て誰が来るんだろう ?一人で行くことにして会えました !胸に下げたネーム票で旧姓を確かめるとひとつづつ学生時代のエピソードが思い出され... [続きを読む]
  • 親鸞 上下巻 五木寛之著
  • この本は 伝記というより エンターテイメント小説という方が 合っています。8才で縁者に預けられ 自ら欲して比叡山に上がり 得度し 山を下りて法然上人に帰依し妻帯。専修念仏を 後鳥羽上皇に禁じられ 越後に流されるまでが フィクションを交えて描か... [続きを読む]
  • プリンセスの恋
  • 電車にお乗りになるのですね映画 ”ローマの休日” の1シーンのようです皇室の一員をなさっていらっしゃる時の何事にも動じられないお姿は正真正銘の プリンセス自然体とお見受けしたのですが豊かな表情も 自然体ですね   それ... [続きを読む]
  • 靴下は 左足から
  • 靴下も靴も左足から はきます認識している時は。外出どき思いがけない アクシデントに出会うのはきっと靴下か 靴を もしくは両方を右足から はいてしまったからさあ 今日も靴下も 靴も左足から はいて出か... [続きを読む]
  • 千鳥ヶ淵の 夜桜
  • 昨夜(4月10日)の 千鳥ヶ淵、大手門前です。ライトアップは 前日の9日で終わりました。ですが まだまだ見頃です。夜9時半、少し人通りも途絶えてきました。久しぶりに見る月は ほぼ満月。今日も 東京地方は 冷たい雨が降っています... [続きを読む]