葉月 さん プロフィール

  •  
葉月さん: 無口な手紙
ハンドル名葉月 さん
ブログタイトル無口な手紙
ブログURLhttp://nadukiiro.blog.fc2.com/
サイト紹介文無口なフォトカードと寝言のようなどうでもいい話。疲れた時にふらっと遊びに来てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2009/05/31 13:24

葉月 さんのブログ記事

  • 君の涙
  • 神戸まで野球チームの応援に行ってきました。順調に勝ち進み準決勝の最終回の裏の事でした。3対3 2アウト1塁。相手チームの打者が打った球はライトへ凄い勢いで飛んで行きました。17歳の新人選手は必至で止めようとしましたがランナーはホームを踏みサヨナラで試合終了となりました。はじめて大きな大会に出場した彼はシャイで真面目な子で練習も皆勤賞でした。バッターとしても5番の期待の星でチームに貢献してくれました [続きを読む]
  • きもちのいい人
  • いつも利用しているスーパーのレジの女性はいつみてもきもちのいい人です。身のこなしもテキパキとしていてさりげないお客様への配慮が素晴らしいのです。細身でショートカット、ちょっとお色気もあります。そのせいか、お年寄りにも大うけでカゴを運んでもらいおじいちゃんも嬉しそう。あの人の魅力が売り上げに大きく貢献していると私は確信しています。見ていているだけでもきもちのいい人は周りの人を元気にしてくれます。 [続きを読む]
  • TVっ子
  • 家ではほとんどTVを見なかったのですが最近、TVっ子になってきました。PCを使用する頻度を制限しているのでソファで横になる時間が増えてきました。月曜日なら「鶴瓶の家族に乾杯」火曜日なら火野正平さんの「にっぽん縦断 こころ旅」土曜日は「ブラタモリ」 「おんな城主 直虎」きちんと受信料を払っているのでNHKを見ます(笑)そうそう、5月20日の「ブラタモリ」は尾道で6月3日は倉敷なんですよ。ご一緒にみま [続きを読む]
  • 母の抵抗
  • 昔、実家の庭にも「藤棚」がありました。父が組立た小さな藤棚でしたが毎年見事な花を咲かせていました。その後、父が「不治の病」を患ってしまった時に母が夫に「藤棚を壊してほしい」と言ってきました。どこかで庭に藤の花を植えるのは縁起がよくないと聞いたらしいのです。藤棚は根こそぎ取りはらわれました。あの頃は「そんなつまらないことで」と思っていましたが父の回復を願い母が出来る唯一の抵抗だったのでしょう。今年も [続きを読む]
  • 暖簾をくぐろう
  • ひとりで旅をするのが好きです。見知らぬ場所はわくわくします。はじめての場所ではじめてのお店に入るのは勇気がいります。ましてや一人ならなおのことです。でも、この暖簾をくぐらなければその先の世界に出会う事は出来ません。振り返ればあと少しの勇気が足りないばかりに逃してしまったものが多かった事に気づきました。自分を変えるためにも尻込みせずに暖簾をくぐろうと思います。 [続きを読む]
  • 涙は健康のあかし
  • 人は交感神経が張りつめている状態だと涙も出ないそうです。悲しいはずなのに、悔しいはずなのに私も涙が出ませんでした。くよくよせずにこれからはゲラゲラ笑ってウェンウェンって大泣きします。 [続きを読む]
  • 風薫る季節に
  • 連休の真っただ中、どの様にお過ごしですか?息子家族も午前中には帰って行き私もやっと自分だけの時間を過ごしています。窓を開けると心地いい風を感じる季節になりましたね。私のいちばん好きな季節です。カーペットの上に「大の字」になり心地いい風に体を預けていると安らぎます。ずっとこんな穏やかな時間が続きますように・・・。 [続きを読む]
  • 目標
  • 来年もここに行こう。そしてまた、桜を撮ろう。右手を動かすことが少し困難になっています。更新ペースがゆっくりになりますが私は諦めてはいないので大丈夫です。 [続きを読む]
  • 懐に入れない
  • 尾道へはこの「てしごと市」へ行くことが目的でした。手作り品がずらりと並んでいるのですが商品を見るにも店主さんとのコミニュケーションが必要です。普通のお店と違い対面式のマンツーマンです。商品を無言で見ていると声を掛けて下さいますがそこからの進展がとても苦手なのです。どんな「市」に行っても相手の懐に入り笑顔で会話しながら上手なお買い物をする人がいます。気になるお店の前を行ったり来たりしながら今回も何も [続きを読む]
  • やっぱり、鯉のぼり
  • 5月のGWには息子家族が帰ってきます。孫ももうすぐ2歳です。きっとおしゃべりも上手になりおばあちゃんを驚かせてくれることでしょう。そう言えば息子の家には鯉のぼりがありません。まだ小さいし分からないからいよ・・・と言っていましたが今年は鯉のぼりで迎えようと思います。小さな小さなおまけの様な鯉のぼりですが風になびく姿を見せてあげたいのです。5月の青空には鯉のぼりがよく似合います。 [続きを読む]
  • 母の本音
  • ときどき長男の夢を見ます。シュチエーションはいつもきまっていてふらりと長男がひとりで帰ってくるのです。私は少しビックリしますが当然の様に息子の好きな料理を作り息子はあの頃と同じように2階の自分の部屋に上がって行くのです。あんなに孫が可愛いと思っているのに孫もお嫁ちゃんも出て来ることは滅多にありません。目が覚めると自分の本音に呆れ苦笑いしています。 [続きを読む]
  • 忘れられない味
  • 尾道に行った時に食べたラーメンの味が忘れられません。いつもの有名な「尾道ラーメン」のお店が半端ない行列だったので仕方なく商店街をぶらぶら歩き「尾道ラーメン」の旗が出ているお店に入りました。「中華料理店」の様でしたが入った瞬間から少しイヤな予感がしました。店内は少し薄暗く若い女性店員さんは怪しげな赤いチャイナ服姿でした。「尾道ラーメン」と餃子を注文しましたが最初に来たラーメンをひと口食べると驚きの味 [続きを読む]
  • 化粧水は惜しみなく
  • 先日TVで『ミスユニバース』の美容法を紹介していました。肌の乾燥を防ぐためにも化粧水は惜しみなくたっぷり使うことが大切だとか。その量が半端ないことに驚きました。1回に使う量は約20ml実際に水で量ってみると両手で溢れるほどの量です。これほどの量を惜しみなく使うためにも化粧水は安い物でいいのだそうです。この方法なら私にも出来るとはじめて2週間。500mlで600円位の化粧水を使っていますがファンデのノ [続きを読む]
  • カーテンを開けよう
  • カーテンが嫌いです。夕方もすっかり暗くなるまではカーテンを閉めません。空や風景がカーテンで遮断されると不安なのです。出来ればレースのカーテンも要らないのですが道路に面していますし、周りに住宅もたくさんあるので仕方なく利用しています。寝室もレースのカーテンだけなので夜中に目が覚めても月が微笑んでくれます。朝起きて一番にリビングのカーテンを開けると今日もおおらかな1日がはじまるのです。 [続きを読む]
  • パッと見じょうず
  • 「付け襟」というのをご存じでしょうか?こんな感じのものです ⇒★さもきちんとシャツを着ているかのように見える優れものです。私の様にこれ以上の着ぶくれNGの人にはピッタリです。襟があると顔周りが華やかになるのでお洒落に見えます。洋服の下を見られると間抜けな感じなのですが「パッと見」だけはいいのです。考えてみると私はこういう「パッと見」が得意です。うちに遊びにくる友達からも「いつもキレイに片付いている [続きを読む]
  • 春 尾道紀行
  • 今年も桜咲く尾道に出かけました。ちょうど満開の頃の日曜日だったのですごい人出でしたが今回は「桜」ではなくショッピングが目的でした。尾道商店街の入り口を少し入った所に「KOTOTONE」という雑貨屋さんがあります。 コチラ → ★   尾道へ来る楽しみの1つにこのお店の存在があります。オーナーさんの選ばれているものがどれも素敵でお店まるごとお買いあげしたいほど大好きです。いつも心残りの品を残して帰ることにな [続きを読む]
  • 桜とともに
  • 桜には笑顔が似合います。誰もが晴れやかな顔になり嬉しそうに桜を見上げます。桜とともに春を祝うしあわせをありがとう。 [続きを読む]
  • これくらいなら、まっ、いっかあー。
  • 実は食に関してだけは「まっ、いっかあー」が定着していました。もう何年もダイエットを繰り返していますが「これくらいなら、まっ、いっかあー」と食べてしまうのです。美味しい物を目の前にすると自分にとても甘く「まっ、いっかあー」なのです。我慢してストレスになるなら美味しく食べた方がいいというご意見もあるでしょうがこのまま許していると大変な事になります。私のつまみ食いを見つけたらどうぞ、厳しく叱ってください [続きを読む]
  • まっ、いっかあー。
  • つい最近、こんな言葉を目にしました。『「まっ、いっかあー」はいい加減ではなく丁度いい』うすうす気づかれているかもしれませんが几帳面ではないけど根は「真面目」です。自分はくよくよ悩むタイプではないのでストレスとは無縁だとずっと思っていました。でも、ストレスからか体からSOSが発信されました。「やらないといけない」を少し軽くする言葉を唱えることにしました。『まっ、いっかあー』♪昨日の記事がまさにそれ!( [続きを読む]
  • 春はそれだけでもう、じゅうぶん幸せです。 [続きを読む]
  • 桜アルバム
  • そういえば私には桜の思い出がないのです。昔のアルバムを開いても桜と共に写っている写真もありません。桜の下でデイトしたような記憶もありません。息子たちのアルバムを見ても桜の頃の写真がありません。きっと「花より団子」で愛でる事もなかったのでしょうか・・・。カメラを持つようになって気づくことがたくさんあります。今年は昔を取り戻すかの様にたくさんの桜を撮りました。 [続きを読む]
  • 私の専属モデル
  • インスタグラムでも可愛らしいお嬢さんがモデルになり素敵な風景に溶け込んだ写真をたくさん見かけます。私もそういうモデルを探しましたがおばちゃんの友達はもちろん「おばちゃん」なのでNG。じゃあ、かわいいワンちゃんやネコちゃんでも・・・と思いましたが動物が苦手です。そこで・・・専属モデルのK君です。21歳ですがよく高校生に間違えられます。「自然に歩いてね」とお願いしましたがうつむき加減のこのぎこちない歩き [続きを読む]
  • そろそろポンコツ
  • 季節の変わり目だからでしょうか?最近、あちこちがヘンです。 本態性振戦?肋間性神経痛?変形性膝関節症?春なのですからこんなことに負けてられません。今日も小雨降る中カメラを抱えてひとっ走り。今の私には写真がリハビリってとこでしょうか・・・。 [続きを読む]
  • さあ、どっちだ?
  • 昨年から日傘をずっとさがしていました。理想の日傘ですがただ値段が少々はります。少し前から高価なものを買う時には迷いが出るようになりました。頭の中に欲しいレンズが浮かんだりするのです。日傘とレンズが両てんびんにかけられます。「さあ!どっちだ?」今回も日傘が勝ちましたがその結果に内心ホッとしています。迷うことなくカメラ用品を欲しがるようになる日が決してきませんように・・・ [続きを読む]
  • 小銭もち
  • 私の財布はいつも小銭であふれています。レジでちょうどいい具合に支払おうと思っても計算が苦手でどんどんお釣りが増えていきます。財布の小銭入れが使い難い事も原因かもしれませんが小心者だからモタモタしていると申し訳ない気持ちになり焦ってしまうのです。小さくて軽い1円玉が特に扱にくいですし100円玉と間違えやすい50円玉も大キライです。小銭もちは老眼になりますますやっかいになってきました。 [続きを読む]