きあさまこと さん プロフィール

  •  
きあさまことさん: つれづれなるままに…、帰阪物語(改)
ハンドル名きあさまこと さん
ブログタイトルつれづれなるままに…、帰阪物語(改)
ブログURLhttp://masaaki-t.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文主にその生活の中でふとした出来事や、趣味として楽しんで取り組んでいる事について好き勝手語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/05/31 20:55

きあさまこと さんのブログ記事

  • クリストフォリ(フォルテピアノの15)号見学してきました
  •  扱いが遅くなりましたが、5月中旬にノーザンファーム空港牧場を訪れ、半年ぶりにクリストフォリ号(フォルテピアノの15)に会ってきました。 前回(11月)時もそうですが、牝馬にもかかわらず牡馬顔負けの好馬体に圧倒され、そして今後育成で鍛えられた暁にはきっと素晴らしい競走馬になるだろうと思いをはせたのを思い出しました。そして対面した今回、イメージ通りの馬体に成長した本馬でした。半年間の間鍛えられたこと [続きを読む]
  • 宮里藍選手お疲れ様でした
  •  先日の引退会見を経て、日本ツアーへの出場が最後とも言われているサントリーレディースは4日間計2アンダーの26位タイで終わりました。この開催4日間を通じて大会最多となる3万4750人の観客が会場へ詰めかけたとの事。ここでは宮里選手のプレー内容や実績については述べません。特に最終18番Hはグリーン上のロングパットを沈め有終の美をかざって、観客も盛り上がったみたいです。 今後アメリカツアーに戻り少なくとも9 [続きを読む]
  • バルデス出走! 久々に阪神競馬場へ行ってきました
  •  今月4日(土)の阪神競馬6Rに出走するバルデスを一目見に、仕事前の少しの時間でしたが競馬場まで行ってきました。 当馬と会うのは昨年5月のNF早来牧場以来でしたが、写真や動画等ではその動向は見れても、やはり実馬を目の前にして見て感じるものとは違いました。 早来牧場では過去2度(1歳秋と2歳春)見ましたが、その時は共に毛つやが悪くて皮膚感がなく何か厚ぼったく成長度合いとしてはまだまだで、良くなってく [続きを読む]
  • 2017年JLPGAツアー開幕
  •  いよいよ明後日から日本女子プロゴルフレギュラーツアーが開幕します。アメリカツアー開幕からは約1ヶ月経ってますが、こちらは11月までほぼ毎週試合があるので日本ツアーも週を追う毎に熱い戦いが見れそうで楽しみにしたいと思います。 アメリカツアーでは日本人プロとして新たに畑岡奈紗選手が参入しその動向が注目されてますが、日本ツアーでは勢力拡大中の韓国人プロに新たに以下の2人が参入、今シーズンは彼女らに注目 [続きを読む]
  • 2017年度阪神タイガース始動
  •  久々にタイガースネタを… 現在開幕に向け沖縄・宜野座で春季キャンプを張り、チーム力アップを目指し、各選手が汗を流し鍛えている阪神タイガース。その風景が毎年この時期CSチャンネルで放映されており、それを楽しみにしております。 一軍キャンプの中で個人的に目に映った選手を短評付きで数回に分けて挙げていきたいと思います。 新入団選手 3大山; 大卒野手の評価は難しいです。陣営は育成を見据えた評価で… そ [続きを読む]
  • フォルテピアノの15馬名が決定! 何とその名は…
  •  先日クラブHP上で15年産募集馬につきまして馬名決定の発表がありました。勿論その中に我が出資馬であるフォルテピアノの15も含まれています。 特に触れませんでしたが、今回久々に馬名応募に申し込みました。結果からいうと不採用でしたが、その当馬に付いた名前に見覚えが… 「クリストフォリ」 これって以前私が出資したフォルテピアノの初仔「バルトロメオ(父Dインパクト)」の馬名募集の際に申し込んだ名前じゃない [続きを読む]
  • バルデス号、今後の成長が楽しみ
  •  先日行われたセントポーリア賞…、残念ながら4着という結果となりましたが将来性を感じさせる走りは見せてくれました。 レースはゲートで出負けし最後方から、道中少頭数によるお決まりのSペースに流れ、それを見越し最内から3角〜4角で先団に進出、最後の直線勝ち負けに加わろうとするが進路が開かず、狭い馬間を突いてゴール前詰め寄るが届かずといった内容です。 振り返るとまず馬体重はプラス12?でしたが、元々雄大 [続きを読む]
  • 2017年USLPGA開幕
  •  先週木曜よりアメリカ女子ツアーゴルフが新シーズンが開幕しました。日本ツアーではまだ1ヶ月先の開幕ですが、一足先に女子ゴルファーの熱い戦いが見れワクワクしています。 今シーズン最大の話題は日本人選手の新規参入、昨年日本女子OP覇者でプロ転向した畑岡奈紗選手の動向でしょう。QTを通過しての参入で日本メジャーを勝った実績と相まって初年度からの活躍を期待したいところですが…、まず今年1年はしっかり経験を積んで [続きを読む]
  • バルデス号…、出世レースに臨む
  •  明日日曜、東京競馬場で行われるセントポーリア賞にバルデス号が出走します。 と、その前に…、当馬のデビュー戦について当ブログで扱わないまま第2戦を迎えることになりますが、それも含め今回現状当馬への期待と問題を述べてみようと思います。 まずデビュー戦についてはご存じの通り1000m通過が65秒オーバーと超スローペースで流れ、実質上がり2ハロンの末脚比べとなりました。その中バルデスとスパイラルダイブが [続きを読む]
  • クロムレック号引退を惜しむ
  •  年明け早々の扱うネタとしてはどうも相応しくありませんが、自身気持ちの整理をつける為、この話題に触れようと思います。 年末〜年始の復帰を目指しノーザンF天栄で調整中だったクロムレック号でしたが、調教中に歩様の異常が発生。その後の検査で蹄骨骨折が判明し、現在の年齢と治療にかかる時間を考え現役を退く判断となりました。 まずはクロムレックには「お疲れ様!」と言いたいです。2歳6月のデビュー以降25戦を走 [続きを読む]
  • 今年これだけはやりたい事 一口馬主編
  •  2017年…、新年が明けました。今年も引き続き自身思っている事をつれづれなく当ブログで綴っていきます。ごひいきに! さて…、今回何について述べようか? この時期にはよく「新年の目標」などとうたっているブログを拝見します。それはどんな事であってもこの年代わりの時期に心機一転、新たに何かを成し遂げるその終着点を定める事でこれから迎える一年を張りのあるものにする…、非常に大切な事だと思います。 個人的 [続きを読む]
  • みなさん有馬記念どうでした?
  •  いよいよ今年も残すところ1日となりました。1年が過ぎるのが早く感じ、特に競馬を見ていると、その時々に行われるレース名を見る毎に「あぁ、もう〜かぁ」といった感じであります。 そして先日行われた有馬記念で2016年の中央競馬は終わりました。その有馬記念は馬券的妙味は薄かったが、レース内容としては人気馬3頭のゴール前の攻防があり非常に見応えがありました。 当レースは秋の古馬王道のG1最終戦でもあり、そ [続きを読む]
  • 2016 THE QUEENS についての雑感
  • 12月2日から3日間行われた4大ゴルフツアー対抗戦について、昨年は初日に現地観戦しましたが、今年は最終日のみTV中継していたのをそれを視聴しただけに止めました。元々観戦予定はしていたのですが、今年の出場メンバーを見て魅力を感じなかったのがその理由です。昨年は韓国ツアー参加選手にはチョン・インジ、パク・ソンヒョン、そしてツアー外からキム・セヨン、そして日本ツアー賞金女王のイ・ボミと目の前でラ [続きを読む]
  • 彦根城へ行ってきました
  •  先日家族旅行で滋賀県の彦根・長浜方面へ行ってきました。普段大阪に住んでいる私ですが、生まれてこの方通過することはあっても、滋賀県の一所を滞在することは実は初めてでありました。同じ近畿エリアにも関わらず…、近場は案外いつでも行けると思うものでもあります。 今回の旅行は「宿で温泉に浸かりながらゆったり過ごす」をコンセプトにあまり観光に重きを置いていませんが、それでもここに来たからは押さえておかないと [続きを読む]
  • マイルCS回顧
  •  レース後2日が経ちましたが、依然メディア等では馬券購入者を中心にゴール前斜行について騒いでいるとの事で… 私もこのレースは馬券を購入していましたし、もしあの不利がなければ的中していた可能性はありました。しかし今回問題となっている審議の裁定についてはまぁ半ば不本意ながら納得せざるを得ないかなぁと考えています。 それは現在規定されている「降着・失格」のルールに沿った裁定がされており、その内容について [続きを読む]
  • クラシックリディア号について思う事
  •  先週末福島競馬場に出走しましたクラシックリディア嬢。スタートもそこそこに周りも速く中団で競馬を強いられる。追走に脚を使ってしまったか、最後の直線では目立った脚も見せずの着外となりました。 ここ近走1200mという距離を使っている事について、近くで見る石坂調教師が当馬の個性を総合的に勘案しての判断、そして着外が続く芳しくない結果共々私自身特に何もいう事はありません。その程度で先生への信用は揺るぎま [続きを読む]
  • バルデス号 本日デビュー戦  
  •  先月より当ブログを再開しましたが、それ以前は殆ど更新をしておらず、本来であればその期間に話題として扱う事でもあった本年度の2歳出資馬について。 その件についての詳細は今後扱うとして…、タイトルの通り本日の東京競馬5レースに我が出資馬であるバルデス号がデビューします。 父ハービンジャー、母ディアデラノビアの牡馬です。将来性については高い評価を受けている反面、トレセン入厩後の調教ではまだまだ成長途上 [続きを読む]
  • 本年度キャロットC出資馬選定過程について③
  •  2.所属厩舎の特徴について… フォルテピアノの15が所属するのは栗東の安田隆行厩舎です。当厩舎の代表馬は香港スプリント連覇のロードカナロアとダートG14勝のトランセンドが挙がるかと思われます。この代表馬の傾向がストレートに厩舎の個性となっているのが安田厩舎です。今年も現在まで26勝してますが、うち14以下で18勝、最長距離は2千までです。芝・ダートの傾向は何とも言えませんが、短距離馬という括りで [続きを読む]
  • 阪神タイガース解雇選手について
  •  タイガースネタを扱うと言ってながら殆ど扱うことなく今シーズンは終了しました。 チームの指揮を執る金本監督の1年目は「超変革」をスローガンに若手選手を積極起用し、野手では高山・北條・原口と来シーズン以降もレギュラーとして見込めそうな力を育てました。そしてそれに続く選手も出てきつつあります。今年1年だけで結果を出せるとは思ってません。今後もこの流れを継続し、5年後には今年の広島カープのように大輪の花 [続きを読む]
  • JLPGA 日本女子オープンゴルフ選手権回顧
  •  すでに大会が終わって一週間以上経ちましたが… ご存じの通り優勝したのは当時アマチュア高校生の畑岡奈紗選手。(先日プロ宣言しました) 大会3日目の段階で当ブログで優勝予想した際は全くのノーマークでした。3日目終了時点で首位は同じアマチュアの長野未祈選手でした。最終日最終組に組まれるので当日の異様な雰囲気に飲まれ3日目までのラウンドの様なのびのびしたプレイはできないと予想したまではよかったのですが、 [続きを読む]
  • 本年度キャロットC出資馬選定過程について②
  •  今回は血統と馬体の相似について触れたいと思います。 まずは父ヘニーヒューズの写真を見て頂きます。 自身現役時はアメリカのダートで活躍しており、例に漏れず肩から上腕及びトモの筋肉の発達は見て取れるが、いかにもムキムキ筋肉のパワータイプという訳ではなく、腹のラインも長く、一見芝馬場を大きなスライドで走りそうな感じを受けるのは私だけでしょうか?首のラインなどはスッキリしてますね。 次に代表産駒2頭の写 [続きを読む]
  • 日本女子オープンゴルフ選手権最終日を残して
  •  先月29日から始まりました当大会。何かえらいことになってますね。首位が15歳のアマ選手とは…  プロアマの垣根が低くなった昨今、アマチュアがツアー優勝している位ですしこれは世界の趨勢ですからそこまで驚くことではないでしょうけど、今回大会のコースセッティングは流石国内メジャーを名乗っているだけあって難易度は高いと思う中での首位ですから、これはプロがだらしがないというよりはこの長野選手に「あっぱれ」 [続きを読む]
  • USLPGA エビアンチャンピオンシップ回顧
  •  当ブログでは自身のラウンド以外取り扱うのは恐らく初めてであろうゴルフネタ。競馬(一口馬主)以外もドシドシ載せていきたいと思います。  以前よりゴルフを嗜んではいたのですが、昨今国内での女子ゴルフ人気に関心を持ち、昨秋辺りからツアー観戦(JLPGA)の為試合会場へ脚を運ぶ事があります。(関西圏及び近圏) 勿論現場以外にもTV観戦もしますが、現在特にアメリカLPGAツアーの魅力に嵌っております。その [続きを読む]
  • 本年度キャロットC出資馬選定過程について①
  •  今年の出資馬選定について、候補として母馬優先対象馬である2頭に絞ったのは前回のブログで述べた通り。そして最終的にフォルテピアノの15に決めたのは大きく以下の理由が挙げられます。血統背景における日本競馬での信頼度所属厩舎の特徴と出資馬の個性の相違母馬産駒における勝負処 1. については、フォルテピアノの15(以下「出資馬」と表記)の父ヘニーヒューズ産駒は当世代が本邦初年度産駒ではあるが、輸入馬では [続きを読む]