五作どん さん プロフィール

  •  
五作どんさん: 田舎に暮らそう
ハンドル名五作どん さん
ブログタイトル田舎に暮らそう
ブログURLhttp://makoto52333510.jimab.net/
サイト紹介文山村に住む4児の父がお送りするまじめでいい加減な田舎の日常
自由文 田舎の四季の移ろいとのどかな風景。そこにのびのびと生きる子供たちの成長の記録。
 一年を通し食卓に上がる郷土料理の数々。田舎で外食したり大いに飲んだりの日々。
 また、過疎に悩む現代の村社会の実態を消防団活動や地域おこしを通して自論を展開。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/06/02 18:30

五作どん さんのブログ記事

  • 七日七日の墓参り
  •  身の上話をブログでするのも何ですが・・・  (否、ブログってそーゆーもんですが)  祖母の死から二週間が過ぎました。 ようやく周辺も落ち着きを戻しました。 今頃は 千の風になって吹きわたってる筈。 アノ人に歌ってもらいましょうか(笑)  (・・・J太郎君じゃなく、S先生に) 仏教ゆえでしょうか。 私はあまり詳しくないのですが・・・  四十九日の法要まですること多々 その一つに墓参りがあります。   [続きを読む]
  • 村上市藤沢 喜久平
  •  村上市藤沢にある 『和風食堂 喜久平』さんです。 村上市南端、旧荒川町の中心部。 (北端の我が地元とは正反対) 荒川中学校の斜め向かい。 バスケの練習会が荒川中で有り・・・ 二男(もうすぐ中2)の送迎で来訪。 実に、4年ぶりの訪問という。。 (・・・オリンピックみたいダ) めにゅう  ・・・ん? ちと値上がりした? (4年ぶりじゃ仕方ない) 長男(もうすぐ高1)も同伴です。 バスケ部OBにつき、解説付き! [続きを読む]
  • ビニルハウスの被覆
  •   春ですね〜。 朝晩の冷え込みは相変わらずも・・・ 日中は幾分過ごし易くなりましたね。 何と言っても陽が長くなりました でもって、雪が消え土が見え出すと・・・ 農作業シーズンの到来! ・・・(-_-) 昨日3月26日(日)。 まずはビニルハウスの袋かけ作業。 (次週の種まき後、苗箱を入れます) 一週間前後違いはあるものの・・・ この時季恒例の農作業幕開け行事。 以降、忙しくなってくんですよね 家に居る子 [続きを読む]
  • 中継育成会総会
  •  昨夜3月25日(土)。ここは中継集落公民館  中継集落にある子ども会。 それが、 『中継育成会』 小学生〜中学生までの親子が在籍。 (実質は小学生のそれが主体) 昨夜は年に一度の定期総会。 決算・事業報告、予算・事業計画を原案通り承認 年々、会員の数は減少。 なれど、体制は維持。総会後の懇親会も盛大に開催! ・・・・・・。 昨夜は更に、2次会へみんなでGO! 一年間会長を務められたお宅へ (Mさん、お疲れ [続きを読む]
  • 早春のカリヤス峠へ
  •  季節はすっかり春めきましたが・・・ (桜の便りもチラホラ・・・) 山里の春は遅い。 いまだあちらこちらに雪があります。 中継集落の南側玄関口、カリヤス峠  冬期閉鎖のこの峠。 通行止め解除の報はまだです。 がしかし、今頃になると通る車も・・・ ゲートをずらして通過する車両があるものの・・・ ここ数日は無い様子 察するに、またぞろ通れないのでは?  この日夕方。峠を越えたい用があり・・・ (・・・近 [続きを読む]
  • 長男のお祝い in 朝日屋!
  •  日本海に夕日が沈む・・・ 港町にある名店・・・ 『鮨処 朝日屋』 さん。(・・夕日ではなく、朝日という)  山形県鶴岡市(旧温海町)鼠ヶ関。 新潟県境にある港町。 (・・・実際、新潟県まで徒歩1分) 年に数度訪れる朝日屋さん。 寿司はもとより、創作料理が有名 仕事関係で主に利用するのですが・・・ この日は、家族で訪れました。 親子6人+両親+弟夫婦の計10人。 そう・・(タイトルにありますが・・・)  [続きを読む]
  • 村上市今宿 レストラン今宿
  •   食いネタが続きます。  ブログの主旨から逸脱してるという・・・ 『田舎に暮らそう』の特徴ですね 村上市今宿にある 『レストラン今宿』さんです。 半年前にもお邪魔しておりました。 ボリューミー且つ味も良し。 そんな記憶が蘇ります 私と嫁と子らの6人プラス・・・ 弟夫婦2人の計8人で訪問です。 と、ここで 駐車場で弟夫婦が誰かと会話。 (同時刻にピットインした車) 訊けば弟の嫁さんの親族の方々。 (嫁 [続きを読む]
  • 村上市 三面川ドライブイン
  •  ドライブイン。 それは、古き良き昭和の遺産。  今なお輝き続ける、繁栄の象徴。  高速交通網から離れた地方。 そのローカル国道の駅役を担う。 日本が誇る、食文化の歴史。 村上市塩野町にある 『三面川ドライブイン』さん。 国道7号線沿い。 とは言うものの、ローカル国道。 日東道の新潟県北端から10分。 県境へ進む国道の左側に鎮座。 約一年ぶりの訪問です。 メニュー なんつっても一番人気は・・・ ラーメ [続きを読む]
  • 鶴岡市 食堂みその
  •  山形県鶴岡市。 我が地元から車で40〜45分程度。 (村上市山北地区は新潟県北端) 冷静に考えると・・・ 村上市中心部に行くより近いという 鶴岡市の中心部にある 『食堂みその』さん。 飲食店の数が村上とは大違い。 どこで食べるか、多過ぎて迷います (かっぺだナ〜) 市内中心部のみどり町。 昨今、この辺りも食堂が微増中。 ラーメン店の新顔もある中ですが・・・ 以前からあるこちらのお店を訪問。 メニュー [続きを読む]
  • 町屋の人形さま巡り
  •  ここは村上市中心部。(市役所近く) (途中でストップしてましたが・・・) 以前の続きです。 『町屋の人形さま巡り』なるイベント。 今年で18回目? という行事。 すっかり定着した感がありますね 恥ずかしながら、初めての訪問。  案外、市内在郷の人は来ないのか。         越後の小藩たる村上藩。 戊辰の役では戦火から免れました。 (このことが現代に生きて来ます) 帰順派と抗戦派の激論の末・・・  [続きを読む]
  • 猿の群れ
  •  暑さ寒さも彼岸まで。 昔の人はよく言ったものです。 すっかり春めいてきました。 写真は隣村の荒川口集落の墓地  よく見ると・・・ 春。それは生き物たちが動き出すとき。 (自然界が息を吹き返すとき) 人間社会でもある意味同じ。 新生活が始まる方々を垣間見、何やら新鮮さを感じる反面・・・ 我が身は多忙を極める時期到来  ここ数日、葬儀に追われ・・・ (丸5日間、ほぼ拘束され) 消防団・PTA・桜まつり。 [続きを読む]
  • 祖母の葬儀
  •  彼岸を迎えた昨日 3月17日。 日柄の都合、火葬と告別式が同日。 祖母の葬儀を執り行いました。  地方特有、自宅葬です。  大勢の弔問客から見送られました。 (お忙しい中、ありがとうございました) 出棺前、葬祭担当の方が促します。 「棺に何か入れる物はありますか?」 物欲に乏しく、遺品が少ない祖母。 考えた挙句・・・ 「おい、パンあったろ。入れてやれ。」 古い人間な割に、米よりパン派の祖母。 出かけ [続きを読む]
  • 祖母、逝く。
  •  昨日3月14日(火)。午後2時4分。 祖母が亡くなりました。 享年84歳。  四十代のときに私が生まれました。 その為、親子に間違われることも。  病気をする前、元気だった頃。 車でいろんな所へ連れて行きました。 会津、山形、仙台、新潟。  自分で言うのも何ですが・・・ 婆さん孝行した、良き孫の私  苦労人を地で行った祖母。 晩年は病院暮らし。 最期も病室でした。 家に帰りたい。 周囲への懇願も、叶わ [続きを読む]
  • 村上市 そば処 味作
  •  村上市塩町にある 『そば処 味作』さんです。 「町屋の人形さま巡り」を開催中の村上。 機会があって、嫁と二人で見物して来ました。 城下町をそぞろ歩き、良い観光になりました。 (その様子は後日) 市内で昼メシといえば、幾つか候補有り なのですが・・・ ここは妻思いの良き旦那な私 ガッツリ系は避け、老舗そば店へGO! メニュー  味作さんといえば、 「そば定食」が人気です。 コスパ良し、味良しというテッパ [続きを読む]
  • 途中リタイヤ
  •   昨日3月12日(日)。 毎年恒例の『地域づくり楽習会』の日 まちづくり協議会に所属する私。 (そうでなくても出ますが・・・) 毎年欠かさず参加してます。 以下、過去記事参照。 2016年。2015年。2014年。  昨日も、スタッフとして10時からの準備作業から加わるも・・・ どうも、体調が悪い。 朝は、単なる二日酔いと思いきや・・・ 様子がおかしいのです 寒気がして、体が異常にだるい。 首の辺りの頸動脈が波 [続きを読む]
  • ラ・フォレステール
  •  震災から丸6年が経過しました。 この間、復興事業に携わり・・・ 少なからず思うところはありますが・・・ あえて触れないでおきます。 (自分でも整理し切れてないからです) 村上市府屋学校町 『ラ・フォレステール』さんです。 昨日3月11日(土)。 午後6時半ドアオープン。 親しき友人夫妻らと会食です 昨夜は同店フルコースを堪能。 これでもかッ!! ってくらい          お腹パンパンです (^v^)  [続きを読む]
  • 新人事!
  •  さて、出待ちのネタが満載の本ブログ。 三日前の3月8日(木)。時刻は夜7時半。  場所は中継集落公民館。 この夜は・・・ 「第6回中継集落公民館運営委員会」 年間通じて活動を行う公民館。 その役員会が開催されたのでした 議題は進み、新年度からの人事に及ぶと・・・ 新たな人事案が出ました。 (突如でした!) 現公民館長のHさんが勇退。 ナンバー2の主事のTさんが後任。 (昇格) 新主事に、半太平のHさんが [続きを読む]
  • 山形県舟形町 マルイチドライブイン
  •  ドライブイン。 それは、列島を縦横断する道しるべ。 それは、津々浦々にある安らぎの地。  高速交通網から遠ざかり・・・ 今なお続くインフラの発展に抗い・・・ 地域に根差し、旅人を魅了し・・・ 観光と食文化の一時代を築き・・・  今なお、人々を惹きつけて止まない。 それは、昭和の日本の文化遺産 マルイチドライブイン。 (さん) 仕事で訪れた 山形県最上郡舟形町。 国道13号線沿い。 すぐ傍に、東北中央 [続きを読む]
  • 新潟市中央区(伊勢丹7階) 那の福
  •  新潟市 伊勢丹の7階 『博多ラーメン 那の福』さんです。 県都 新潟市の中心部(駅前)のデパート。 その7階にある飲食店フロアの一角。 えッ!? 何でこんなとこにいるのかって? 前号までの「操法友の会」の飲み会前。 諸事情により早めに新潟市入りした私。 前日3日が誕生日だったし なんぞ買い物でもしようかと立ち寄り・・・ (自分へのプレゼントですな)  と、その前にラーメンです! 高そうな店は避けての、那の [続きを読む]
  • 第5回新潟県消防操法友の会 in 新潟(後編)
  •  第5回新潟県消防操法友の会。 今回会場に選ばれたのが新潟市。 (一昨日〜昨日と、お伝えしてる通り) そういえば、第1回目もコチラでしたね〜  (まるで二巡目国体ミタイダ・・・) 県都 新潟の顔。新潟駅  駅前が酒場。(反対側の南口もしかり) 絶好の会合場所ですね。 今回ベースキャンプで選んだのは・・・ (言い方が たいらさん風) シングルイン新潟第1 (勿論ビジネス) 駅から徒歩2分ちょっと。 さんざん [続きを読む]
  • 第5回新潟県消防操法友の会 in新潟 (中編)
  •  新潟県消防操法友の会。 それは、地区支会の枠を超えた繋がり。 (協会はノータッチ)  幹部と違い、横の繋がりが無い消防団。 「これじゃぁイカン!」 立ち上がった有志たちによる任意組織。 とりわけ操法を通じ、志を同じくする仲間。 ・・・みんな、呑み助ばっかりだナ〜 既に11時半過ぎ。三次会を目指して放浪・・・ 11名でキックオフされた今回。(第5回) この時点で、6名になりました! (・・・珍しく私は撃 [続きを読む]
  • 第5回新潟県消防操法友の会 in新潟 (前編)
  •  一昨日3月4日(土)。ここは新潟駅前のとある路地。 午後7時。訪れたのは 『酎房 こぶ蔵』さん。  ええ、そうです。 この日は予てよりご案内の通り・・・ 第5回新潟県消防操法友の会(in 新潟)! が、厳かに開催されたのであります ちなみに、県消防協会では非公認 故に・・・ 公金が使われてる組織とは無関係。 身銭を切り 「集まれッ‼」となる侍たち。 そんな熱き消防バカによる会なのです。 重鎮、作家である藤 [続きを読む]
  • 一人誕生祝い
  •  引っ張ってスミマセンが・・・ 一昨日3月3日は、我が40歳の誕生日。 勤務後、一目散に職場から離脱。 『喜多山』さんへin! 「いらっしゃい。」 「・・・こんな時間に珍しい〜」 そうです。 職業柄、7時過ぎ位までフツーに仕事。 (退社後も電話が鳴るわけです) ですが、それら全部をうっちゃって・・・ 「今日くらいは・・・」 早めに上がり酒を楽しもうと決意 虎視眈々とチャンスを窺ってました。 それでは、僭 [続きを読む]
  • 十五の長男へ
  •  昨日3月3日。 午前中のみ、半日仕事をお休みしまして・・・ 長男の中学校卒業式に出席して来ました。  まず、感心させられたことが・・・ 生徒の式に対する姿勢。 卒業生、在校生問わず、全校生徒すべて。 微動だにしない背筋が伸びた着席姿勢。 祝辞を述べる来賓者への礼節。 (特に、全員が一糸乱れぬ起立と着席) 実に目を見張るものがありました。 このことは予てより感じておりましたが・・・ 地元中学校の誇れ [続きを読む]
  • 四十歳
  •  あかりをつけましょ ぼんぼりに〜 ♪ お花をあげましょ 桃の花〜 ? 五人囃子はいませんが〜 ?(恒例の)替え歌登場・・・ 今日は楽しい・・・ 誕生日!!!! 祝40歳 (^^)v 40年前の本日3月3日、午前3時33分。 (ホントです) 雪の降る中、この世に生を受けました。 幼少の頃は病弱で親を心配させ・・・ ガラスの十代を駆け抜けて成長。 トゥシャイシャイボーイのまま成人し・・・ その後、親となり早や15年余り。 遂 [続きを読む]