maggie-toto さん プロフィール

  •  
maggie-totoさん: 英語と遊ぼ@猫耳と口ぱっきん
ハンドル名maggie-toto さん
ブログタイトル英語と遊ぼ@猫耳と口ぱっきん
ブログURLhttp://ameblo.jp/maggie-toto/
サイト紹介文単語が読める仕組みから30頭の猫日記まで 単語のイメージを膨らませ、楽しめる英語へと展開中です。
自由文簡単な英単語が読めない、という中学生から大人のかたまで、よかったら「ふぉにっくす」の記事を読んで見て下さい。シリーズは完結済みです。
ペット総数46匹と、超アニマルアロマな生活をしながら、毎日、英語にどっぷり浸かっている魔女と一緒に、英語を少しずつ、楽しんでみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/06/04 08:53

maggie-toto さんのブログ記事

  • しごと(指事):胃
  • 身体を労る事。普段は気がつかない、内臓や身体の部位の存在。胃。ご飯を食べ過ぎたりお酒を飲み過ぎたりいにそぐわないことの連続ストレスの溜め過ぎ胃が唸ってる!怒ってる!身悶えするほどの痛みで......うっぅうううわからないなら胃ガンにでもなってやる!!!ほれがん細胞の誕生だ! [続きを読む]
  • あわ歌
  • マヤ暦6月26日/1月7日黄色い共振の種キーワード:調律。チャネルする。呼び起こす。開花。目指す。気づき。リーディング: 意識が変化したがっている。いままでのローラーコースターの刺激もいいけど、目指すものに焦点が定まったなら、安定したリズムで地に足をつけて、しっかりと踏み出そう。少ずつ少しずつ、調整が始まっているよ。ローラーコースターの高い位置から視えていた、あの向こうにあったものを手に入れよう。それ [続きを読む]
  • あはるてけ
  • マヤ暦6月25日/1月6日青い律動の夜キーワード:同等。組織する。釣り合わせる。豊かさ。夢見る。直感。リーディング: 固定観念を打ち破ることから、新たな示唆を得る時期が来ています。これから取り組むべき事柄があるなら、是非、これまでの思い込みを取り払って下さい。そうすると、新しいリズムで心と身体がステップを踏み始めるでしょう。その新しいステップが、新しい友の存在に追いつきます。そして新しい友が出来たなら、そ [続きを読む]
  • あんぱんこっこ
  • ありがたしゃ有難謝真美無メモ:昨年暮れ前。踏切で電車が行き過ぎるのを五台後方で待機していた時の事。アンパン列車が行き過ぎる! ヾ(@°▽°@)ノ わぁ〜い。と、その夜にわたしの指は、このあんぱんこっこを描きました、とさ。でも、今年が酉年なんてそのときは思いもしてなくって。(・_・;)こうして、あの時の落書きが、またまた役に立ったのでした。ありがたしゃ!昨年同様に、また旧正月に『おめでとぅ!』の挨拶をする [続きを読む]
  • 花として....風として.....
  • 花として......風として.......Sun, January 31, 2010 10:00:00 記憶まだ、咲ききれずにいた花の蕾(つぼみ)が、いた花はすごくはにかんでしかも、いまにも泣きそうな声で花になりきれない怖さを語った側にいた、大輪の花の美しさに負けてすっかりこころを閉ざしてしまったその花に風が耳打ちしたもし、お前が花として咲ききって己の姿を恥じて無くなりたければこのわたしの一吹きでお前の命を散らせてやろう花は花として生きて [続きを読む]
  • しごと(指事):産
  • 産:さん。うむ。うまれる。うぶ。頭の輪郭と交差したバッテンは入れ墨を表す。生まれた子供の顔の額に入れ墨をする儀礼を意味する。(白川 静氏による)わたしの画は、それらの位置が、少し異なったように描いています。産 ここまで 2016-12-03 21:31:13 記録真美無メモ(Maggie's note):このブログで以前二回程、書き記した事ですが、英語のオトと、日本語のオトにはどこかしこ、ありとあらゆる箇所に同じ意味、もしくは同音 [続きを読む]
  • しごと(指事):陽
  • 陽:よう。ひ。あたたかい。いつわる。左のこざと偏は、神の梯子をあらわしている。右は台の上に玉が置かれている様子で、その光が放射するカタチが、三本の線で表現されている。(白川 静 氏による)陽老犬エンジェルわんこを伴って、ゆるりゆるりと歩く散歩道から、山肌に堕ちる陽光をみた。それはエンジェル・ラダーと呼ばれる光で、西から東へと流れる雲間からまるで走馬灯のように山肌を縫って行き過ぎていった。真美無メモ: [続きを読む]
  • しごと(指事):遠
  • 遠くに在るもの、を求めて旅をするヒト目の前の道なき道を確実に歩んでその後ろにこそ出来上がる迪(みち)まわりの景色を楽しみ乍ら余計な苦労も、さしたる計画もたてることなくゆるゆると蝸牛のさまで進んでいこう生きているうちは失うものがおおいからほんとはまるはだかのまんま生きて行かれたらよかったでも、もぅそんなことは過去の話しだ必死で生き急いできたけれど心労が絶える事がないなら遠くに、或るものを求めてやって [続きを読む]
  • しごと(視事):transform 5
  • 向日葵(ひまわり)タオルケット真美無メモ(Maggie's note): 写真とは関係ない話し。マヤ暦を読み解き乍ら、日々暮らしてみて半年がすぎた。リーディングしたものを共に読んでくれてる知人、友人の数も徐々に増えつつある。もし読み解きしても、自分の為だけで、だったら半年は続かなかったかもしれない。誰かがそれを読んで、参考にと日々の暮らしのなかに取り入れてくれてるとおもうから、きっとここまで続けてこられた。イン [続きを読む]
  • しごと(視事):transform 4
  • I don't want to spend the whole day trying to swim upstream. Work on my self-control and don't let anyone or anything lu
    re me into overreacting or flying out of control. Manage to be practical and don't get in my own way. I really need to have m
    y silly fun later,which is speaking to myself.Well well....by maggieツマグロヒョウモンヤツデの花真美無メモ(Ma
    ggie's note)ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋、Ar [続きを読む]
  • しごと(指事):HPと女
  • 女:にょ。じょ。にょう。おんな。め。むすめ。めあわす。なんじ。おんなは、跪(ひざまず)き手を重ねて祈りをあげている。その両の手の指先からはHP=ひゅーまん・ぱわー=”気”が出入りしている。祈り:いのりは意祝だと、わたしはおもっている。自分の心底の願いを祝詞(のりと)として、カミに一心に伝えようとする行為。祝詞:神事に際し,神前で読み上げて神に申し請う内容形式の文章。祈りを捧げている女の姿なら、もっと神 [続きを読む]
  • しごと(指事):森林
  • 明日、土に還す命の躯がひとつ、あります。片足で不自由になっても、飄々としていたザンダーわんこ。いつも、なんだか笑っているような顔にしか見えなかった。山の木々に護られたわたしのちぃさな桃源郷は、『木漏れ日の里』にあっていまでは皆の終の在処になりました。でも、そこがあって良かった。いっぱい大変な出来事もあったけれど、いまでは感謝です。文字はずっと前に描き置いたものなんだけど、どこかで役割がくるもんだね [続きを読む]
  • しごと(指事):介
  • 介:かい。よろい。たすける。へだてる。前回の『人』文字に、鎧を着せた姿を描いたものが『介』の文字となった。武装して、身体を保護している。介真美無メモ(Maggie's note)鎧(よろい)は、戦闘の際に装着者の身体を矢や剣などの武器による攻撃から防護する衣類・武具のこと。重要な臓器のある胴や胸の部分を守るのが主な目的である。人間だけではなく、戦馬や象などの動物を保護するために使われることもあった。武将の図共 [続きを読む]
  • しごと(指事):ヒト
  • 四つ足歩行だったろう人類が、二足歩行になった瞬間を描いたのが『人』という文字の由来である。四つ足ほどのよいバランスはなかったろうが、前足=両の腕が自由になったとき、ヒトはどれほどの喜びを得ただろうか.....人その『人』が、そのヒトなりの命を全うして、亡骸となって横たわる姿。生あるものが死の衣をまとってカタチを変える=化ける。化真美無メモ(Maggie's note):無くなったモノたちの『魂』は、その亡骸に留まる [続きを読む]
  • Samorost 3(サモロスト3)
  • 『眠れない夜』の指文字を描いた其の夜のこと、それはまるで白魔法を自分でかけちゃったように、ぐっすりと眠ってしまったまぎぃやったよ!それからというもの、毎夜、眠たい眠たい気分に誘われて、今日の昼間もやっぱり眠かった。かといって、ぐーたらと朝眠っている訳ではないのでR. ついに、寝たきりわんこの仲間入りした片足のザンダーと癲癇もちのエンジェル兄弟がいるため、そうそう安眠もしていられない。癲癇はいつ何時や [続きを読む]
  • しごと(指事):児
  • 赤児が育って、幼児に。古の子供の髪型は、長く伸びた髪(ぐし)をこんな風にくくって束ねていた。神話に出てくる、男神たちも、こんなやったね。児真美無メモ(Maggie's note): この画像はおかりしたものです!アマテラスとスサノオより [続きを読む]
  • しごと(私事):火星
  • 昔、シュワちゃん(アーノルド・シュワルツネガー)主演の映画にこんなのがあった。『トータル・リコール』(原題: Total Recall)は、1990年のアメリカ映画。フィリップ・K・ディックが1966年に発表した小説『追憶売ります』(We Can Remember It for You Wholesale)を映画化したSF映画である。ただし原作は数十ページ程度の短編であり、映画化に際してかなり多くのシーン(特にアクション・シーン)が追加されている。アカデミ [続きを読む]
  • しごと(指事):保
  • 古代文字:保真美無メモ(Maggie's note):生まれたばかりの子供に産着を着せた状態で抱いているカタチ。もとは、祖先の霊を授け護る事。保:ほ、ほぅ、たもつ、たすける、やすんずる。The shape of "保" came from "A newborn baby wearing a baby clothes is being hold in his or her mother's arms." [続きを読む]
  • しごと(指事):game
  • game/?e?m/げいむ ?語源は「楽しく跳ねる」?わたしのなかの PS2 時代。コントローラーをイメージしてみた芸む(げいむ)iPad 現在。先だってから『城とドラゴン』というゲームを始めた。わたし的にはキャラクター画像がいまいちだったが、始めてみると慣れてくるもんだ。各モンスターの声や動作に面白いものがある。バトルシステムも、まぁまぁいけてる。キャラクターの一つ、『ゴブリンライダー』を思い乍ら書いてみた芸無( [続きを読む]
  • MONO がたり...preface/préfis/
  • MONO がたり...preface/préfis/ 序文, 序言 唐突な、必然の始まりの、はじまり.....ばいばい!またね.....そういって手を振っておわかれするね。Bye Bye (ばいばい) = See you(しぃ ゆぅ)そのお別れは、一時のことで永遠のお別れのときには、ばいばい!は、使わない。(と、ぼくは思っている。)Bの音(おん)は、bíg báng ?天文・星?ビッグバン, 宇宙大爆発:宇宙生成の始まりとされるガス体の爆発.びっぐばん の Bで [続きを読む]
  • しごと(指事):儚
  • うさぎのことをbunny :ばにー  と幼児語でいう。儚い事はvanity : ?ぁにてぃー(他に emptiness )という。夏の花火は瞬間が美しくて、あとは儚さが漂う煙と化す。秋の月に想いを馳せて、ヒトは『うさぎの餅つき』をこころの眼に映す。?ぁにてぃーばにー の餅つきは望月(もちづき)といわれる陰暦八月十五日の満月にぺったんぺったん!あったとさ。(‐^▽^‐)儚真美無メモ(Maggie's note):指で描くことが楽しくなっ [続きを読む]
  • しごと(視事):transform 3
  • I saw this with my right eye,glass,digital camera and one more secret eye.To take this pic takes me more than 2 mins as I have to hold my breath.のうぜんかずら真美無メモ(Maggie's note):この写真を撮るのに息を留め乍ら、二分間ほど静止する必要があります。このような写真を撮っていた頃のデジ亀君は、最近なんだかお疲れのようで、活躍する姿が視えません。って、わたし自身がもぅ息を止められなくなってるんじゃ [続きを読む]
  • しごと(指事):日、イズル処ノ.....
  • 崖の向こう側に見える、太陽の光。さて、これは日の出か、日の入りか?水平線の下に見える、太陽の光。これは、これから昇り来る太陽神か、それとも一日の役を終えて眠りにつく太陽神か?真美無メモ:崖の文字はそのままで読み易いかと思う。ただ、渚という一文字にわたしが視たものは、水平線だということは、わかりづらいと思う。サンズイは、汀(みぎわ=水際)を表し、右がわの者という字は土と斜め線(地表と地下に分つ境界線 [続きを読む]
  • しごと(指事):なまえ
  • 豊国文字で、わたしのナマエを描いてみた。(書くって感じじゃないね。) 九月十九日 記録I drew (wrote) my name in Toyokuni-letters.なんだか、かっわいい。自分じゃないみたいだ......(*゚ー゚*)って、文字なんだけど。 [続きを読む]