なりけん さん プロフィール

  •  
なりけんさん: えきさいてぃんぐMODELER
ハンドル名なりけん さん
ブログタイトルえきさいてぃんぐMODELER
ブログURLhttp://narikens.blog66.fc2.com/
サイト紹介文趣味のプラモデル作りの製作過程を紹介しています。模型は主に車・バイクです。
自由文まだまだ製作技術も低いですがスキルアップを目指して頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/06/04 22:36

なりけん さんのブログ記事

  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#038
  • フレームにも色が入りました。塗料に悩み塗装するのを躊躇してました。悩んだ末ガイアカラーのプレミアムメッキシルバーにしました。メッキ感は他社のメッキ調塗料に劣るもラッカー系という強みがあります。この先フレームは頻繁に触ることになるので出来るだけ強い塗膜を優先しました。ステップボード周りも仕上げておきます。表面に貼るエッチングはペーパーを当ててヘアーライン風にしています。せっかく金属を使うんだから実車 [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#037
  • 怒涛のカーボンデカール貼りも終盤です。ノーマルキットにはありませんがトップスタジオのエアボックスが今回の一番の難物でした。面が多いので難儀しました。シートカウル下のパーツ。その他大勢。これで全部ではありませんが概ね完了。カーボンデカール貼りは時間が掛かるので休み中に出来たのは幸い。さぁ、次のパートに進みましょう!続く。今日はここまでです。ではまた次回に!WE LOVE SCALE MODEL^O^☆ブログランキングに参 [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#036
  • カーボンデカール貼りが続きます。フェンダーはスタジオのカット済みデカールは使わず自前のデカールにしました。理由は前回も記述しましたがパターンがあまり気に入らなかったので。エッフェの綾織りSSを使用しました。一枚では貼れず数枚に分割しましたが継ぎ目はこの後のクリアーコートでほぼわからなくなるのでOKです。リアも同様に。なぜか内側用に用意されてるスタジオのデカールは完成後全く見えないと言う話しですがとりあ [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#035
  • さて、お盆の連休に入りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。^^RCV製作の方はカーボンデカール貼りに突入しております。今回は時間短縮を狙って専用の別売デカールを使ってます。最近スタジオ27がやたらと力をいれてるカット済のカーボンデカールシリーズ。初めて使ってみましたがデカールの質はとても良いですね。軟化剤への耐性も高くてGSRの剛力にも十分耐えます。カット形状も驚くほどぴったり合います。ただ個人的にはカー [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#034
  • 再び小物製作へ。エアダクトはとても肉厚なのでスケール感をあげるために端面を薄く削ります。左が加工前、右が加工後。違いは一目瞭然ですね。さらに裏板が省略されてるので0.3mmのプラ板で追加工作。その他、フェンダーなどのカバー類も端面は薄く削ってスケール感アップを図ります。さて、これから怒涛のカーボンデカール貼りに進みます。^^;続く。今日はここまでです。ではまた次回に!WE LOVE SCALE MODEL^O^☆ブログランキン [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#033
  • ちょっと忙しくて進みが遅くなってますがとりあえずやってます。以前に製作したリアサスペンション。塗装して仕上げました。ノーマルに比べるとかなり精密になってるはずです。リンケージの金属棒は真鍮線はやめてM1.2のネジの頭をカットしたズンギリネジに変更しました。こちらの方がアジャスターっぽくて雰囲気良いですね。続く。今日はここまでです。ではまた次回に!WE LOVE SCALE MODEL^O^☆ブログランキングに参加しています [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#032
  • 引き続きエンジンの製作です。本体は組みあがったので残る小物を仕上げていきましょう。クラッチはトップスタジオ製。インジェクションはノーマルに塗装しただけ。冷却ラインにはトップスタジオのホースバンドを追加しました。小さいので組み付けが難儀ですがとても精密感があがります。それらを本体に取付ます。これでエンジンはひとまず完成。次のパートに移りましょう。続く。今日はここまでです。ではまた次回に!WE LOVE SCAL [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#031
  • さて、そろそろ本格的に塗装にも踏み込んでいきましょう。エンジンブロックを塗装しました。クランクケースとシリンダヘッドの塗りわけが面倒な以外は特に問題なく仕上がります。ボルトヘッドにはいつもの様にエッチングを貼ってます。ライティングの加減で分かりにくいですが確かに貼ってます。^^;完成後に一体どれだけの人が気づくだろうエンジンのシリアルナンバープレート。こういうさりげない演出がトップスタジオのとっても [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#030
  • さて、リアディスクの次はフロントディスクです。フロント側はトップスタジオにはディテールアップパーツは用意されてませんがホビーデザインのほうに用意されてるのでそちらを使いましょう。リアと同様リューターに噛ませて摩擦痕を付けてリアルに。と言いたいところですが近年のフロントディスクはカーボンディスクになってるようでこんなキラキラ質感ではないのです。それを表現するのが難しい。試行錯誤してプライマー処理後に [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#029
  • リアディスクはトップスタジオのエッチング製を使います。やはりプラスチックには出せない質感を出せますので。リューターにかませて回しながら荒めのペーパーを当てて摩擦痕をつけます。こうすることでよりリアルな質感を表現できます。その他、回転センサなども精密にエッチングで用意されてるのでそれらを組み立ててオール金属製のリアブレーキの完成。進みは少しずつですが頑張っていきましょう。続く。今日はここまでです。で [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#028
  • もう少し足回りの製作を続けることにします。ホイルは本来放射状に開いてる穴が抜けてないのでピンバイスで開口しておきます。前後同じように加工しておきました。次にディスプレイケースに固定する細工をしておきます。ロッシフィギュアに付属されているTナットを流用。キットのT型の切欠きにはめ込みます。タイヤ側にはポンチで穴を開けておきます。これでケースにネジ留めできますね。タイヤはいつものように400番の耐水ペーパ [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#027
  • チェーンの製作です。今回チェーンはホビーデザイン製を使用します。エッチングとプレスされた金属ピンで構成されます。トップスタジオにも専用の可動式チェーンが別売されてますが少々お値段がお高いのと組みにくさで敬遠してしまいます。固定式ですがその分値段が安くて組みやすいのでこちらを選んでます。スプロケットをエッチングで挟み込んで作ります。完成後はこちらでも精密感は十分です。塗装もして仕上げました。ブルーの [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#026
  • 引き続きマフラーの製作です。前回仕上げたサイレンサーをエキパイに取付ます。位置決めは正確に。エキパイを車体に仮組みしてしっかりと芯を合わせます。次にマフラースプリングの取付。例によってフックはエッチング製のものはペラペラで現実味がないので自作しました。0.3mmの洋白線を曲げて作ってます。長さはトップスタジオのエッチング製に合わせましたがちょっと足が長かったかもしれません。^^;スプリングはトップスタジオ [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#025
  • 続いてマフラーの製作です。マフラーもいろいろと手を加えていきます。まずは組立易さ?の関係でところどころが隣同士くっついているところ。このままではおもちゃっぽいので切り離して独立させます。こういったサポート部分もキットはムクになってるので真ん中を削って中空に。少しスケール感がアップします。こちらも同様に隣同士繋がってた部分を削り取って1本づつ独立させました。中央のサポート部分は残しておきましょう。サ [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#024
  • 続いてエアボックス周りの加工です。今回エアボックスはトップスタジオのパーツを使うのでキットのエアボックスは切り取ります。切り口にはちゃんと塞ぐためのディテールパーツが用意されてるのがうれしい配慮。表側はこんな感じ。ついでにキットは燃料タンクの底部分が肉抜きされてるので。プラ板工作で塞いでおきました。タンク下部のメカ部分もトップスタジオの挽き物でディテールアップされます。続く。今日はここまでです。で [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#023
  • 続いてラジエターです。こちらもタミヤスタンダートのパーツ構成。定番工作。抜きの関係で楕円モールドになってるボルト類をウェーブの六角パーツで補います。コア部分にはエッチングを貼ります。キットのほうが凹凸がはっきりしてますがやはり目の細かさではこちらに軍配が。サイド部分にキットでは省略されてる温度センサ?をアルミパイプで自作しました。裏側の肉抜きはパテで埋めておきました。あと、トップスタジオで用意され [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#022
  • 今回エンジン関係はあまりディテールアップの予定ありません。塗装がメインになるので今は一部エッチングで装飾したり。キットで省略されてるボルトモールドをウェーブの六角パーツで補ったり。冷却ライン追加の穴あけ等を施しておきます。クラッチはトップスタジオに精密なパーツが用意されてるのでこちらに置き換えます。エッチング製のクラッチ板を一枚ずつ積層して作ります。組み上げるとこんな感じになります。リアルです。続 [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#021
  • 続いて反対側の電装品カバー。一方をやるとこちらも同じように付け外ししたくなります。こちらは実車も単純なカバーみたいなので差込み式に変更すれば良しとします。やり方は元々のピン部分に金属線を追加して接着しなくても状態を保持できるようにしただけです。こちらもネオジム仕込んでと考えましたが対応できる大きさの手持ちもなかったのでこれでいきます。^^;あと前回のカバーのベルト部分はモールドを落としてトップスタジ [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#020
  • さて、続いて車体側面にある電装品カバーです。こんなパーツ。車体の横にこんな感じに取り付くのでとても目立ちます。今回はフルディテールでこの辺は見せ場になってくるのでここをカバーしとくのはもったいない。という訳で切り刻んでしまいました。やりたいことは分かると思いますので途中割愛。プラ板でベース部分を自作して電装品カバーを外せるように改造しました。カバーを被せれば元通りになります。カバーの取付はネオジム [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#019
  • 次にまたキット外の工作です。以前加工したフレーム側面穴部分。ここにキットでは省略されてるエアフィルタを追加したいと思います。切り取ったリング状のパーツを再利用して作ります。パーツを綺麗に整形してプラ板で底板を作成。213Vのフィルターはフィン状になっているので0.3mmのプラ板の細切りを等間隔に接着。本当はろ紙のようなものがジャバラ状になってるみたいですがスケール的に難しいので今回はこんな感じで。雰囲気は [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#018
  • リアサスペンションは最後にもう一手間加えます。ストロークセンサーを追加します。14年型にも付いてるのかわかりませんでしたが213Vの実車画像で見つけたので再現してみましょう。ものは自作でφ1.0mmのアルミパイプと洋白線の組み合わせです。サスペンション本体に取り付けるとこんな感じ。雰囲気重視、実車とは位置も違いますが完成時に一番見える角度に持ってきました。ブラケットは適当にプラ板加工とウェーブの六角パーツで [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#017
  • 続いてリアサスペンションです。このキットのリアサスペンションはYZR-M1キットと比べてかなり手抜きされてると思います。スイングアームに隠れて見えにくいパーツではありますができる範囲で改修しておきましょう。まず下側のパーツ。ロッドが省略されてるのでM1のキットから金属シャフトと基部を移植しました。下のリンケージ部分もアジャスト機構が省かれてるので切断して真鍮線で繋ぎなおします。上側のパーツもアウターチュー [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#016
  • 前回の続きです。フレーム内側に盛ったパテを仕上げました。スイングアームも同様に。とりあえず今日は書けることがありません。次に進みましょう。今日はここまでです。ではまた次回に!WE LOVE SCALE MODEL^O^☆ブログランキングに参加しています、ポチッと投票して頂けたら嬉しいです☆☆I'm participating in blog ranking. Please help click one vote every day!^o^☆↓↓↓↓↓にほんブログ村応援いつもありがとうございま [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#015
  • そろそろフレームにも決着をつけます。最後は肉抜きされてる内側をパテ埋めします。ほとんど見えないのですが自分自身の精神衛生上やっておきます。ステアリング周りの前方は本当に見えないのでオミットします。プラ板で仕切ってパテを盛ります。スイングアームも前方はプラ板で仕切ってパテ盛り。硬化後に仕上げましょう。続く。今日はここまでです。ではまた次回に!WE LOVE SCALE MODEL^O^☆ブログランキングに参加しています、 [続きを読む]
  • 1/12 HONDA RC213V 2014 (タミヤ+TopStudio) 製作#014
  • 続いてスイングアームの加工です。スイングアームの定番ディテールアップ、チェーン引きをエッチングに置き換える準備。キットのモールドは削り落とします。こんな感じ。加工面にはエッチングが貼られるので多少の荒れは気にしなくて大丈夫です。あと、キットのスタンド掛けは太いので。ステンレスパイプに変更しておきました。ひたすら細かいことの積み重ねです。気長にお付き合いください。続く。今日はここまでです。ではまた次 [続きを読む]