野球狂。 さん プロフィール

  •  
野球狂。さん: *** june typhoon tokyo ***
ハンドル名野球狂。 さん
ブログタイトル*** june typhoon tokyo ***
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jt_tokyo
サイト紹介文ライヴやCD評、野球やサッカー(FC東京中心)観戦記、日々に感じたことなどをつらつらと書いています。
自由文ブラック・ミュージック系のライヴレポやCDレビュー、FC東京や野球のスポーツ観戦記を中心に、ガラ悪スキンヘッドのミドルエイジャーが適当に書くブログ。HNは野球狂。ですが、FC東京観戦記が多かったりします。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2009/06/05 03:59

野球狂。 さんのブログ記事

  • 柏×FC東京@日立台【YBCルヴァンカップ】
  •  内容は低調も前田のゴールで勝利し、グループステージ突破へ前進。 グループステージ突破のためには連勝しかない柏と、勝って2位を維持し、最終節に試合がない首位仙台にプレッシャーを掛けたいFC東京。両者ともリーグ戦とは大幅にスタメンを入れ替えたフレッシュな布陣で試合に臨んだ。 柏はハモン・ロペス、ディエゴ・オリヴェイラの2トップにドゥドゥを加えたブラジル人トリオを中心に、幾度となくFC東京陣内へ攻勢を仕掛け [続きを読む]
  • 神戸×FC東京【J1リーグ】
  •  展開的には勝点3を奪う熾烈な両者に見えるも、その実は決定機を射止めきれない消化不良の応酬に終始。優勝争いから引き離されるかどうかの瀬戸際に。 神戸は積極的に前へ推し進める速いショートカウンター中心、FC東京は神戸のアンカー役高橋秀人の周囲を大久保嘉人が突いて高萩が高めの位置からパスを供給。一進一退の攻防が続くも、14分に中盤まで下りてきた大久保嘉人が前線に速いスルーパスを入れると、前田がワンタッチでD [続きを読む]
  • FC東京×柏@味スタ【J1リーグ】
  •  3連勝のFC東京と4連勝の柏との好調対決は、質のある柏が点差以上の完勝。 前半20分くらいまでは互角。クリスティアーノのFKをFC東京のGK林が、太田のFKを柏のGK中村航輔がそれぞれ横っ飛びでセーヴ。それからややFC東京が攻勢に出て、右サイドから徳永、河野、梶山、河野、前田、梶山と少ないタッチのパスで繋ぐと、エリア右前の梶山から送られたグラウンダーパスを東がシュート。さらに太田からのクロスに前田が頭で合わせる。 [続きを読む]
  • FC東京×大宮@味スタ【YBCルヴァンカップ】
  •  両者ゴールラッシュの展開は、FC東京が逆転逃げ切りで幕。 ルヴァンカップも第7節のうち5節まで進行し、グループステージ突破のためには勝利が欲しい両者だったが、最後はタレント力に勝るFC東京が大宮の追撃を振り切って勝ち点3を獲得。大宮はこの試合をもってグループステージ敗退が決定した。 FC東京はCBに吉本一謙を起用、SBは室屋成と柳貴博、ボランチには田邉草民とユ・インスを配したこれまでになかった布陣で挑んだが [続きを読む]
  • 仙台×FC東京【J1リーグ】
  •  大久保嘉人加入後初の2発も、攻撃の課題は山積み。 シュート数が仙台の12本に対してFC東京は7本、コーナーキックが仙台の9本に対してFC東京は1本。この数字だけを見ても分かる通り、多くの時間を仙台の時間帯で過ごすことになった。ただ、個の力で上回るFC東京が最終ラインや瀬戸際で仙台のオフェンスの思い通りにさせず、仙台が精度を欠く部分もあって持ちこたえると、セットプレーからのチャンスを大久保嘉人がしっかりと決め [続きを読む]
  • FC東京U-23×琉球@西が丘【J3リーグ】
  •  自滅から終始見せ場なき試合に。 気温が30度近くまで上がった味の素フィールド西が丘。久保建英ばかりを追うメディアがこの日も多く集ったが、皮肉にもそれが正しかったことを証明してしまった試合となった。 試合開始早々、FC東京U-23は右サイドでFKを与える。そのFKからのクロスを頭で跳ね返そうとするもファーサイドへ流れ、増谷がダイレクトでボレー。緩いバウンドのシュートとなったが、これをGK波多野豪がバウンドを合わ [続きを読む]
  • 近況注意報 0505 音楽篇
  •  GWとはグッド・ミュージック・ウィークの略。 という戯言を発しながら、いま一つ好きな音楽シーンを追えていない拙ブログ主筆ですが、気になった音源などをいくつか紹介する記事を約1ヵ月ぶりにお届けします。 いつも通りに何の脈絡もなく十数枚を垂れ流しのごとく紹介していきますが、今回はその前に一つのCD作品に言及しておこうかなと。先日4月中旬に六本木Varit.で開催されたCICADA、UKO、AFRO PARKERを擁する良質レーベル [続きを読む]
  • FC東京×札幌@味スタ【YBCルヴァンカップ】
  •  選手交代のファーストチョイスは久保で正しかったのか。 注目の15歳、久保建英がJ1初出場。自ら得たフリーキックからゴールを狙うなど、積極的なプレイでスタジアムを沸かせた。ドリブルやパス、相手の勢いを弱めるポジション取りなど、随所にそのセンスが垣間見られたことはその通りで、物怖じしないパフォーマンスが今後に期待を抱かせるということに異論は全くない。 ただし、チームとしての精度を高めたかというと、それは [続きを読む]
  • FC東京×広島@味スタ【J1リーグ】
  •  連勝でGW初戦を飾るも、内容・結果は紙一重。 FC東京は高萩洋次郎が負傷離脱から復帰したことで、ボールの供給源としての機能が向上。相乗効果か、ダイレクトやタッチ数の少ないパス交換で両サイドから切り崩す攻めも見せた。エリア奥へと進出してから中央へクロス、ミドルレンジのシュート、相手をヒヤリとさせた前半終了間際の太田宏介のFKや意外性のある梶山陽平のループ・ヘッドなど、これまで停滞・鈍化していた攻撃の形が [続きを読む]
  • 磐田×FC東京【YBCルヴァンカップ】
  •  序盤のGK退場で難しい試合に。 ルヴァンカップ前節は休みとなったFC東京がアウェイで磐田と対戦。GKに大久保択生、DFに山田将之と柳貴博、さらにネイサン・バーンズ、トップに永井謙佑とフレッシュな選手を中心に配したものの、磐田・小川航基の初ゴールのみならずハットトリックのお膳立てをしてしまい、3失点で敗戦となった。 FC東京はDFラインが下がり気味。特に序盤は山田がもう一歩、二歩相手へ詰め寄ることが出来ず、磐 [続きを読む]
  • Parade!@六本木Varit.
  •  CICADA、UKO、AFRO PARKERを擁する良質レーベル〈para de casa〉(パラ・デ・カサ)の4周年とライヴハウス「六本木Varit.」の1周年を兼ねたレーベル・パーティ〈para de casa 4th anniv × Roppongi Varit 1st anniv party!!!〉が、同レーベル/アーティストと懇意にある西恵利香を迎えた4組で開催。会場はEspeciaのモーニングライヴ企画でも馴染み深い六本木Varit.。一昨日に代官山UNITでのワンマンライヴを成功させたCICADAを [続きを読む]
  • 新潟×FC東京【J1リーグ】
  •  快勝には程遠い内容に終始。 3月18日のホームでの川崎戦以来1分け2敗としていたFC東京が、アウェイで新潟に勝利し、約1ヵ月ぶりに勝点3を挙げた。28分に太田宏介のFKで先制、69分に左サイドへ展開して東慶悟からのパスを受けた太田がマイナスのグラウンダークロスで折り返したところ、中央に走り込んできた橋本拳人が正確に枠内へ収めて2点目、さらに82分には大久保嘉人がボックス内へ侵入しようとしたところで足を引っかけられ [続きを読む]
  • CICADA@代官山UNIT
  •  手応えと課題を感じた新体制初ワンマン。 ワンマンライヴとしては3度目、新生CICADAとしては初のワンマンライヴとなった〈CICADA Oneman show“Absolute”〉を観るべく、急ぎ足で代官山UNITへ。開演時刻より10分ほど遅れてライヴはスタート。この夜は、CICADAがバンドとしてどれほどの成長をしているかとともに、新たに加入したベースの越智俊介の“染まり”具合がいかほどかということが個人的な一つの注目点でもあった。 201 [続きを読む]
  • Mary J. Blige@新木場STUDIO COAST
  •  “クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”の名を欲しいままにしてきた女王が、渾身の力で歌い叫ぶ。いたずらにエンターテインメントに沿うのではなく、赤裸々に自身の魂のメッセージを解き放った激しい独白(モノローグ)と言えるステージが眼前に繰り広げられていた。 2011年の〈MARY J. BLIGE Music Saved My Life.〉(東京はJCBホール(現・TOKYO DOME CITY HALL)公演)以来6年ぶりとなる来日公演〈Mary J. Blige Japan To [続きを読む]
  • FC東京×浦和【J1リーグ】
  •  浦和に勝てない記録を今季も伸ばしただけ。それだけの試合。 厳しいようだが、大雑把に言えば、そういうことだ。「強い浦和を1失点にとどめた」「最初の決定機を決めていれば」「決定力の差」「相手よりチャンスは多く作っていた」……さまざまな声が聞かれるが、それは次へ向けて切り替えるため、ポジティヴに歩むために発した言葉としかとらえることは出来ない。 浦和のペトロヴィッチが言うように、浦和は火曜にACLを戦い、 [続きを読む]
  • Especia Best Performance Award【Personal】
  •  マイ・ペシライヴ・ベスト(My Especia Live Performance Best)。 Twitter上で募ったファンベスト的なリクエスト企画〈Especiaベストパフォーマンス大賞〉の個人的ベストを、前回の〈ベストソング大賞〉の集計発表後にアップした「Especia Best Song Award【Personal】」同様に列挙してみたい。当初はベストソング大賞同様、公平性を期すために投票しなかったモヤモヤを晴らすためというのが記事アップの動機づけだったが、過 [続きを読む]
  • Especia Best Performance Award【春のペシまつり】
  •  ガールズ・グループ“Especia”をこよなく愛するぺシスト&ペシスタ(=Especiaラヴァーズ)たちにも話題となった「アーバン!春のペシまつり」企画。第1弾の〈Especiaベストソング大賞〉では、ヴァージョン別部門で「Mistake」が、統合部門で「海辺のサティ」がそれぞれ最多票を獲得しました。ヤマザキのパンまつり同様、日本の春の風物詩になりそうなその〈Especiaベストソング大賞〉に続く第2弾は、Especiaのライヴで良かった [続きを読む]
  • Especia Best Song Award【Personal】
  •  マイ・ペシソン・ベスト(My Especia Song Best)。 3月30日〜4月9日の間、「あなたが好きなEspeciaの楽曲は?」というテーマで“ファンベスト”的なリクエストを募った企画〈Especiaベストソング大賞〉の集計結果を4月11日の23時前後よりTwitter上で発表。その後、拙ブログにもエントリー(「Especia Best Song Award【春のペシまつり】」した。反応も上々だったようで(と思いたい。おそらく後にも先にも人生で一番Twitterの [続きを読む]
  • Especia Best Song Award【春のペシまつり】
  •  「あなたが好きなEspeciaの楽曲は?」というテーマにした企画“Especiaベストソング大賞”の集計結果を発表。  2017年3月末をもって惜しくも解散となったガールズ・グループ、Especia。メンバーへの想いはもちろんのこと、そのパフォーマンスや楽曲などへ深い愛着を持つぺシスト&ペシスタ(Especiaのファン)のみなさんは、解散が現実に足音を立てて近づきつつあるなかで、どこかやりきれない思いを抱えたまま、自分の胸に穴 [続きを読む]
  • 近況注意報 0408 韮崎篇
  •  韮崎ムーヴ〈NIRASAKI MOVE〉、感動を歩く。 富士の見える街“にらさき”……とのキャッチコピーも、この日は雨は止んだが曇り空。4月8日、当初はFC東京がJ2最終戦で敗れた時のリヴェンジをしに札幌ドームへコンサドーレとの試合を観戦するプランも一瞬考えたのだが、何か返り討ちに合いそうな予感がしたので(いい予感は当たらないが悪い予感はよく当たる。愛媛のいよかん、いい予感)、急遽足向きを変えて山梨の韮崎へ。樹齢 [続きを読む]
  • 札幌×FC東京【J1リーグ】
  •  チーム構築の欠陥を露呈した不甲斐ない試合。 選手、監督、ゴール裏とチーム全体として機能せず、個が強いタレントがいる“だけ”の集団に、明るい未来はない。篠田監督はポポヴィッチ、城福、フィッカデンティの下でコーチを務め、その3名の良さを継承しているということだったが、どうやら彼らの悪い癖も同時に継承してしまっているようだ。前節の鳥栖戦の悪い内容を払拭するどころか、蓋を開けてみれば何の効果的な対策も取 [続きを読む]
  • 近況注意報 0404 音楽篇
  •  グッド・ミュージックでグッド・ライフを。 2017年に入ったかと思ったら、もう花見の季節。最近は相変わらず新譜などのチェックが滞ってばかりの今日この頃稲垣吾郎ですが、細木数子の本によれば、自分は今年から向こう3年間は大殺界らしく(というか、細木数子の本をたまに立ち読みするたびに「向こう3年は大殺界」と書いてあるので、自分はおそらく一生大殺界から逃れられない星のもとに生まれているんだと思います)、はたま [続きを読む]
  • 近況注意報 0312 妙高・長野篇
  •  3月上旬、新潟県の妙高高原へ青春18きっぷを使って旅行をしてきたので、その時のスナップを載せておく。 初日は新宿から関山まで。新宿→(湘南新宿ライン)→高崎→(上越線)→六日町→(北越急行ほくほく線)→直江津→(妙高はねうまライン)→関山。上越線では湯檜曽、土合と清水トンネル内の駅に停車し、その後直江津で一旦下車。一瞬だけ日本海を見て、妙高はねうまラインに乗車。日本では珍しいスイッチバックの二本木 [続きを読む]
  • FC東京×鳥栖@味スタ【J1リーグ】
  •  互いに低質な内容での痛み分け。 GKはそれぞれ古巣となるFC東京の林と鳥栖の権田、鳥栖の監督はかつてFC東京を指揮していたマッシモ・フィッカデンティ、その当時のコーチが現FC東京監督の篠田善之など戦前から因縁が絡み合う要素が盛り上がりを助長したが、試合はそんな要素など意味をなさないと思えるくらいの低クオリティ。互いに守備を基軸にしたチームながらもミスをし合って自滅の3失点。特にホームのFC東京は、前節の多 [続きを読む]
  • Especia Songs List(仮)
  •  Especiaの楽曲リスト(仮)です。◇◇◇■ AAffair SOUNDAMARGA SOUNDAMARGA(reprise) SOUNDAviator VIDEO VIDEOAviator(Alternate Version) VIDEOAviator(CARTA Edit)Aviator(CARTA Edit Instrumental)Aviator(HyperJuice Remix)Aviator(Instrumental)雨のパーラー VIDEO SOUND雨のパーラー(ACAPPELLA)雨のハ゜ーラー(EDIT) SOUND雨のパーラー(INSTRUMENTAL)雨のハ゜ーラー(S&L Remix) VIDEO VIDEO SOUNDアバンチュ [続きを読む]