野球狂。 さん プロフィール

  •  
野球狂。さん: *** june typhoon tokyo ***
ハンドル名野球狂。 さん
ブログタイトル*** june typhoon tokyo ***
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jt_tokyo
サイト紹介文ライヴやCD評、野球やサッカー(FC東京中心)観戦記、日々に感じたことなどをつらつらと書いています。
自由文ブラック・ミュージック系のライヴレポやCDレビュー、FC東京や野球のスポーツ観戦記を中心に、ガラ悪スキンヘッドのミドルエイジャーが適当に書くブログ。HNは野球狂。ですが、FC東京観戦記が多かったりします。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2009/06/05 03:59

野球狂。 さんのブログ記事

  • Especia 『Wizard』
  •  2017年3月末の解散直前にリリースしたアーバン・ガールズ・グループ、Especiaのフェアウェル・ベスト・アルバム。既発曲の寄せ集めではなく、冨永悠香、森絵莉加、ミア・ナシメントの“第2章”によるヴォーカル作となっており、本作のために「John's Rod」「Call me back」「Just Go」「Ternary」の新曲4曲や「Savior」「Nothing」のリミックス2曲を含む全15曲で構成。“ベスト・アルバム”という位置付けだが、楽曲数はもちろん [続きを読む]
  • Especia@新宿BLAZE
  •  最後の饗宴は“ヤシの木”とともに。 「人間は時が経てば忘れていく。でも“ヤシの木”を見たら思い出して」とツアー中に語っていた冨永悠香が「絶対忘れられないライヴにする」と叫ぶ間もなく声高に反応するオーディエンス。初期から見てきたファン、第1章以降は遠ざかっていたファン、第2章から興味を持ったファン、そして、今日初めてライヴを観に来たオーディエンス。それぞれ悲喜こもごもを抱いた全てのぺシスト&ペシスタ [続きを読む]
  • Especia@タワーレコード錦糸町【インストアライヴ】
  •  Are you ready for“Bailas con Especia”?(“Especiaと踊る”準備は出来た?) 「Boogie Aroma」が終わると冨永悠香が呼び込み終わるのを待たずにナンブヒトシがステージに登場。携えたマイクのトラブルでミア・ナシメントとマイクを交換した後に語りだしたのは「ここにはパーティしに来たんだろ?」というぺシスト&ペシスタ(=Especiaのファン)たちへの煽り文句だった。 この3月26日の東京公演をもって解散が決定してい [続きを読む]
  • FC東京×川崎@味スタ【J1リーグ】
  •  嘉人による嘉人のための多摩川クラシコは、嘉人自身のゴールで閉幕。 今季FC東京に移籍した大久保嘉人が前所属の川崎と相まみえた第29回多摩川クラシコは、前半こそ拮抗したものの、後半にFC東京が3得点を挙げて勝利。多摩川クラシコに大きくフィーチャーされた大久保嘉人がアディショナルタイムに待望のゴールを決めて、文字通り自身のゴールで試合を終わらせてみせた。 結果的には3対0とFC東京の完勝と言えるが、内実は異な [続きを読む]
  • 第89回選抜高等学校野球大会 上位予想
  •  3月19日から30日までの12日間(準々決勝翌日の休養日を含む。雨天順延)、阪神甲子園球場で開催される第89回選抜高校野球大会の組み合わせが先週10日に決定。開幕の19日を二日後に控え、今大会の上位予想を各ブロック別に行なってみた。 まずは、1回戦の組み合わせから見ていきたい。≪1回戦≫3月19日(日)至学館 (愛知)? 市 呉 (広島)日大三 (東京)? 履正社 (大阪)熊本工 (熊本)? 智弁学園(奈良)3月20日 [続きを読む]
  • FC東京×仙台@味スタ【YBCルヴァンカップ】
  •  G大阪戦の悔しさを払拭する圧勝も、リーグ戦への参考には疑問。 FC東京は8人、仙台は9人をリーグ戦から入れ替えてのルヴァンカップ初戦。選手層に勝るFC東京がほぼゲームを支配して痛快な勝利を決めた。 だが、仙台の先発陣を考えるとこの結果を鵜呑みにしてはいけないか。最終的には6対0と大差がついたが、前半は1対0。チャンスは多く作るもののシュートまでに時間が掛かる場面も散見され、引いている相手とはいえ、あと2、3 [続きを読む]
  • Jordan Rakei@COTTON CLUB
  •  オセアニア生まれロンドン経由の進化系ネオソウル。  ハイエイタス・カイヨーテ、キングに続くネオソウルの注目株としてジャイルス・ピーターソンらが称賛する、ニュージーランド生まれ、オーストラリア・ブリスベン出身のシンガー・ソングライター。2015年にはディスクロージャー『カラカル』にグレゴリー・ポーター、サム・スミス、ロード、ザ・ウィークエンド、ミゲルらとともに客演したことでも注目され、自身のデビュー・ [続きを読む]
  • G大阪×FC東京【J1リーグ】
  •  ミスの連鎖止まらずG大阪に完敗。 攻守にわたって終始つまらないミスで自滅したFC東京。2連勝で迎えたアウェイのG大阪戦だったが、鹿島戦、大宮戦ともに相手の精度の低さと幸運に助けられての勝利だっただけに、その勝利に隠れてあまりフォーカスされずにいた綻びが一気に噴出した形。攻撃陣の連係不足の課題以上に、守備陣の崩壊は今後に暗雲を呼び込みそうな気配すらある。 とにかく球離れと判断が遅い。そしてパスの精度が [続きを読む]
  • JOE@Billboard Live TOKYO
  •  ファンへの感謝に溢れた70分。 R&Bの本質を追い求め、エレガントに、セクシーに、ロマンティックに歌い綴って来たシンガー・ソングライターのジョー・ルイス・トーマスことジョーのライヴを観賞。日本を懇意にしており、来日も多いのだが、個人的には2008年以来、久しぶりのジョーのライヴとなった。 ・2007/09/04 JOE@Billboard Live TOKYO・2008/10/21 Joe@Billboard Live TOKYO 2008年以降の彼のライヴへ足が遠ざかっ [続きを読む]
  • 水曜日のカンパネラ@日本武道館
  •  水曜の夜、擬宝珠の下で鳴り響く夢の祝宴の鐘。 2015年、「ヤフオク」のCMに出演すると“あの常盤貴子似の女性は誰?”といった惹句で一躍メディアに採り上げられたコムアイ。そのあたりを前後にライヴのチケットもなかなか入手困難になるなど、急カーブで人気に火が付いた水曜日のカンパネラがついに日本武道館の地に足を踏み入れた。観賞したのは2015年3月のリキッドルーム公演以来となる(その時の記事→「水曜日のカンパネ [続きを読む]
  • Especia〈SPICE Tour〉まもなく開催
  •  Especiaのフェアウェル・ツアーまもなく。 2016年6月より3人体制として再始動したアーバン・トライポッド・クルー“Especia”(エスペシア)が2017年3月の解散前に世界4都市を巡るフェアウェル・ツアー〈Especia SPICE Tour〉を開催する。 2014年の〈Mucho GUSTO Especia〉ツアーではスペイン・バレンシアのエルチェを皮切りに、サンティアゴ、コンプトン、ベルリン、フィラデルフィア、日立、ヴィクトリア、パーム・ジュメイ [続きを読む]
  • 3月18日は第29回多摩川クラシコ【TMGC】
  •  TMGC(TaMaGawa Classico)は3.18 19時キックオフ! 多摩川を挟んで対峙するFC東京と川崎フロンターレによる“多摩川クラシコ”は2017年で第29回を数えます。今回の多摩川クラシコは、昨季まで川崎に所属しながら多摩川を渡る決断をして今季FC東京へ移籍した“ひとり多摩川クラシコ”こと大久保嘉人をフィーチャー。これまでに打ち合いの試合が多かった多摩川クラシコに新たなスパイスが加わった今年の多摩川クラシコ、その第1 [続きを読む]
  • FC東京×大宮@味スタ【J1リーグ】
  •  ホーム開幕戦で勝利し、“鬼門”を連続クリア。 2010年09月25日 FC東京 0-1 大 宮(味スタ) 2012年08月18日 FC東京 0-1 大 宮(味スタ) 2013年04月06日 FC東京 0-1 大 宮(味スタ) 2014年05月06日 FC東京 0-1 大 宮(味スタ) 2016年02月27日 FC東京 0-1 大 宮(味スタ) ホームでありながら“鬼門”というのは少々可笑しな話だが、2010年より(FC東京、大宮それぞれがJ2に所属していた2011年、2015年を除く [続きを読む]
  • 横浜FC×松本山雅@ニッパツ【J2リーグ】
  •  50歳の誕生日を先発で臨んだ“カズ”こと三浦知良へのバースデーゴールが期待されるなか、横浜FCの野村が技ありのゴールを決めて、ホームの横浜FCがJ2開幕戦を白星で飾った。 序盤はボールが落ち着かず、ロングボールを供給していく松本にやや分があったものの、次第に横浜FCにもチャンスが生まれる。イバの個人技での突破も含めた形で松本陣内へ攻め込む回数も増えてくると、右サイドからパスを繋ぐ流れからイバがペナルティア [続きを読む]
  • Especia Presents “MUSICA PLAZA” LAST PARTY@六本木VARIT.
  •  ラジオと音楽が繋いだリスナーとのラヴリーなグルーヴ。 Especiaがパーソナリティを務めるソラトニワステーション(soraxniwa)のインターネットラジオ番組『MUSICA PLAZA』(ムジカ・プラザ)。毎週月曜日の18時から30分間、東京・原宿のソラトニワ原宿にて公開生放送されていたが、彼女たちの解散もあり、2月27日をもって番組が終了。そこで“LAST PARTY”と題したライヴ・イヴェントが開催される運びに。当初、さまざまなゲ [続きを読む]
  • 鹿島×FC東京【J1リーグ】
  •  昨年王者の鹿島から価値ある勝点3を獲得。 2017年J1リーグ開幕戦、FC東京にとっては長年勝利から遠ざかっている“鬼門”のカシマサッカースタジアムでの一戦は、試合も終盤となった82分にオウンゴールでFC東京が先制。この虎の子の1点を堅い守備で鹿島の反撃を抑え、前年王者で既に公式戦で2勝を挙げて幸先良いスタートを切っている鹿島にアウェイで勝利する上々の出だしとなった。 両者が先に失点しないように細心の注意を払 [続きを読む]
  • Especia@渋谷CHELSEA HOTEL
  •  ヴォーカル・グループとしての萌芽と悲しきタイムリミット。 まだ目覚めずにいた休日の朝のセンター街を見遣ることもなく駆け抜けた午前9時半近く。急いで足を向けた渋谷・CHELSEA HOTELの前にはもう既に人影が見当たらず、朝早くから列をなしていたであろう人たちを呑み込んだ後だった。逸る気持ちを抑えて扉を開けると、聴こえてくるのは「JOY」などのSMAPの楽曲たち。しばらくして“「さよなら。」と言えば君の傷も少しは癒 [続きを読む]
  • Eric Benet@BLUENOTE TOKYO
  •  清雅と官能を行き来するエモーショナルな歌声に酔いしれる夜。 “4 Times Grammy's Singer, Eric Benet!”のコールと「ドント・レット・ゴー」などの楽曲をサンプリングしたBGMトラックが暗転したフロアに流れると、フロア後方から歓声と拍手が沸き起こる。Tシャツの上にベストとジャケットをラフに重ね、ボトムはジーンズ。ヴァイオレットのストールを軽く巻き、ハットとサングラスを身に付けて観客の間を通って登場。気取らず [続きを読む]
  • THE BRAND NEW HEAVIES@BLUENOTE TOKYO
  •  愛すべきクレイジーなステージは不変。 ジャミロクワイ、インコグニートとともに90年代初頭に興隆したアシッド・ジャズ・ムーヴメントの核をなしたファンク・バンド、ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズの来日公演を観賞。インコグニート同様、ほぼ毎年のペースで来日公演を行ない、多くの根強いファンを持つ彼らだが、今回は様相がやや異なる。というのも、これまでヴォーカリストが変わることはあってもオリジナル・メンバーは不 [続きを読む]
  • MISIA@横浜アリーナ
  •  圧巻のエンターテインメント“MISIA”ショウ。 コンピュータを駆使した打ち込み系サウンドやDJセット、レーザービームなどによる芸術的なライティング、独創的な発想で展開する演出などをバンド、コーラス、ダンサーらと融合させ、スケールの大きなステージを創り上げてきた〈THE TOUR OF MISIA〉が2012年以来久しぶりに復活。1999年に幕を開けた〈THE TOUR OF MISIA〉だが、今回のツアーでそのシリーズに終止符を打つとのこと [続きを読む]
  • FC東京U-23 2017年J3リーグ日程
  •  1月25日に2017年のJ1リーグの日程が発表されたと同時に、J3リーグの日程も決定。そこで、遅ればせながら、今季もJ3リーグに参戦するFC東京U-23の日程を確認してみたい。後半日程の開催日については、J1リーグ同様に遅くとも7月中旬までに発表予定とのこと。 ここで留意しなければいけないのは、J1リーグの日程が思いの外日曜開催が多く、FC東京のトップチームとFC東京U-23の試合日が重なること。重なる可能性がある日を下記に★ [続きを読む]
  • 第89回選抜高等学校野球大会 出場校決定
  •  3月19日から30日までの12日間(準々決勝翌日の休養日を含む。雨天順延)、阪神甲子園球場で開催される第89回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が、1月27日に大阪市の毎日新聞大阪本社で行われ、21世紀枠の3校を含む32の出場校が決定した。 史上3校目の春連覇に挑む奈良の智辯学園、昨夏の甲子園を制した栃木の作新学院、秋の明治神宮大会で優勝した大阪の履正社などの注目校や、部員10人で秋の岩手県大会を準優勝した [続きを読む]
  • FC東京 2017年シーズン日程決定
  •  1月25日、2017年のJリーグの日程が発表された。2017年のJ1リーグは1シーズン制に戻り、全34節で優勝を争うこととなる。既に第2節までは発表済みとなっていたが、8月中旬以降の試合の開始時刻や一部開催日については7月中旬までに発表される予定。 同日に、FC東京より?萩洋次郎の加入が発表された。広島、愛媛、ウエスタンシドニー・ワンダラーズ、FCソウルと在籍し、各年代での日本代表経験もある。期待値の高いパサー。広島の [続きを読む]
  • Bilal@Billboard Live TOKYO
  •  ビラル流絢爛絵巻で魅せた濃厚な100分。 米・フィラデルフィア出身のシンガー・ソングライター、ビラルが約10年ぶりに来日(おそらく単独では初)。クエストラヴ(ザ・ルーツ)やディアンジェロ、コモンらに見出され、気鋭の音楽集団“ソウルクエリアンズ”へ参加。2001年のアルバム・デビュー以来決してリリースが多いとはいえないが(むしろソロとしては寡作)、その卓越した音楽性によって客演やプロデュースは枚挙に暇がな [続きを読む]
  • 談話室 スパイス 〜 Mirage 〜
  •  Especiaは儚い夢=“Mirage”だったのか。 先日、体調不良で1月9日のライヴに行けなかったことの腹いせに「談話室 スパイス 〜 Flavor of Especia 〜」なる記事をアップし、「次はどんな楽曲を披露してくるのか、リスナーを裏切った作風でチャレンジしてくるのか。そういった楽しみもあるのがEspeciaですので、新作を待ちながら、ライヴでの成長も見届けていきたいところ」との言葉で締めたのですが、それから5日も経たない1月1 [続きを読む]