あおのり先生 さん プロフィール

  •  
あおのり先生さん: 為替の予想なら「あおのり学校ブログ」
ハンドル名あおのり先生 さん
ブログタイトル為替の予想なら「あおのり学校ブログ」
ブログURLhttp://aonorifx.com/blog/
サイト紹介文FXで利益を上げる知識は3つだけ!その知識とは?
自由文FXでお金を増やす3つの鉄則『売買テクニック』『メンタルコントロール』『相場観』を中心に解説しています。1日5分通うだけで、着実にお金を殖やす力を養えます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/06/06 09:44

あおのり先生 さんのブログ記事

  • トランプ税制改革案が期待外れでドル円上値重い地合いか
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週は仏大統領選挙を無難に消化し、北朝鮮情勢も一服していることから、ドル円は戻りを試す展開でした。 しかし、昨日はトランプ大統領が、法人税を35%から15%に引き下げるなどの税制改革案を発表しましたが、目新しさに欠ける内容であったことから、市場参加者の期待が高まることなく、ドル円はやや値を下げております。 このような中でドル円は [続きを読む]
  • 欧州政局リスクが一服しドル円反転中だが・・
  • こんばんは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週は週明けより大きく窓空けで始まり、特にユーロクロスが値を伸ばしていますが、ドル円も110円50銭前後を回復しています。 では、なぜ窓空けで始まったのかですが、23日は仏大統領選挙が行われており、EU離脱を支持する極右のルペン氏が勝利すると、EU瓦解の危機が訪れかねないのですが、 1位マクロン候補23.75%2位ルペン候補21.53%の得票率で [続きを読む]
  • 年初来安値付近で踏ん張るドル円だが・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週は特に相場を動かす材料もなく、ドル円は下限付近でレンジ局面で推移し、現在109円前後でもみ合っています。 先週末までは、トランプ大統領のドル高牽制発言と、北朝鮮リスクの高まりで、ドル円は下落しましたが、ひとまずこれ以上言下落せず、踏ん張っている状況です。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、108.1 [続きを読む]
  • 年初来安値割れを更新し続けるドル円の行方・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 先週は北朝鮮の核実験実施可能性の高まりによって地政学リスクが高まったこと、 そしてトランプ大統領が、ドル高牽制発言をしたことを受け、円高ドル安が進み、ドル円で108円台まで下落していました。 しかし、週を空けてみると、15日が有力視されていた核実験もなく、地政学リスクが後退していることから、108円台後半まで現在戻しています。 [続きを読む]
  • トランプ発言受けドル年初来安値続く!
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日はトランプ大統領が突如として 「ドルは強くなりすぎている。他国が通貨を切り下げる中でドルが強ければ、競争するのは極めて難しい」 と述べたことから、ドル円は急落して一時109円を割りました。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、108.70円のサポートライン付近、売り圧力が強まるポイントとしては、110 [続きを読む]
  • 地政学リスクの高まりでドル円急落続くか?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日のドル円は年初来安値割れ、現在109.40円台に突入しています。 ではなぜ下げたのかと言うと、シリアと北朝鮮にて戦争という地政学リスクが高まっていることから、リスク回避の円買いが殺到したためです。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、109.30円のサポートライン付近、売り圧力が強まるポイントとしては、11 [続きを読む]
  • 軟調な値動きを続けるドル円相場の行方・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日の米FOMC議事録においては、FRBの500兆円規模のバランスシートの縮小が年内に正当化されることを発表してきました。 この材料を受けて上値を試していたNYダウが崩れ、NYダウに押される形で、ドル円も現在110.30円台まで下落しています。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、110.10円のサポートライン付近、売り圧 [続きを読む]
  • ドル円は110円割れの展開も・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 先月はトランプ大統領がオダマケア代替案を議会に提出していましたが、通過する目途が立たず取り下げて以降、 トランプ大統領に対して政策実現能力があるのか、疑問符が付き出している流れを反映する形で、昨日のドル円も軟調な展開となりました。 ドル円は先週に112円を一時的に突破しましたが、再度値を崩しており、現在は110.60円台まで下落して [続きを読む]
  • 年初来安値近辺に位置するドル円の行方・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の相場展開は、あまり値動きがない上に、方向感も掴みにくい利益を上げにくい相場地合いかと思います。 NYダウも昨日は-42ドルの20600ドル台と、なかなか調整下落局面を脱せない小動きの展開となっておりますし、 ドル円を見ても、今週は110.10円を最安値に、高値で111.40円台までしか値を上げていません。現在は、111.10円台です。 このよ [続きを読む]
  • ドル円が年初来安値を更新した真因とは?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 去年11月以降続いてきたトランプ政策期待が後退しており、値を上げてきたドル円は調整局面が続いています。 昨日もドル円は年初来安値割れを更新し、110.10円まで値を下げました。 先週末にトランプ大統領が、可決される見通しが立たないことから、オバマケア代替案を取り下げたことから、トランプ政策期待が後退しています。 このような中でド [続きを読む]
  • 年初来安値をドル円はさらに更新するのか?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の相場展開は、トランプ政策が米議会でその承認の有無が伸びているため、 減税、インフラ投資、規制緩和期待で盛り上がってきたトランプ相場が、今週は徐々に勢いを失って来ているようです。 ドル円は一時110.60円台まで下落。今は111.20円台まで戻しています。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、110.60円 [続きを読む]
  • トランプ政策期待後退のドル年初来安値突破!
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の金融市場は、今まで絶好調であった歴史的高値を更新し続けてきたNYダウが、ガクンと値を下げてきました。 237ドル安の暴落ですが、下落要因は、トランプ政策期待の後退で、減税策が後ずれすることが懸念されたというのが材料視されました。 この余波でドル円も年初来安値を割ってきており、111.40円台まで一時下落しました。 このような [続きを読む]
  • 米FOMCを明日に控えた本日ドル円相場の行方
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 先週金曜日は米雇用統計が良好な数字を示し、ドル円は一時115.40円台まで上昇しましたが、今週のドル円相場の値動きは乏しいです。現在は114.80円前後で推移しています。 ではなんで動きが乏しいのかというと、上記の金融市場全体に最もインパクトを与える米FOMCが明日予定されているからです。 米FOMCの結果は誰もわからず、そしてドル円も価格変動 [続きを読む]
  • 米ADP全国雇用者数のポジティブサプライズでドル円上昇!
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日はドル円で1円程上昇して、現在114.50円台で推移しています。 ではなぜ昨日はドルが上昇したのかというと、米ADP全国雇用者数が予想を大幅に上回ったことが大きいです。 米2月ADP全国雇用者数市場予想18.7万人増 ⇒ 結果29.8万人増 ADPは今週末の米雇用統計の前哨戦という位置づけの指標であり、10万以上を超える雇用増というポジティブ [続きを読む]
  • ドル円に動きがない地合いか
  • こんばんは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 先週1週間はイエレンFRB議長を筆頭に、米要人は「3月利上げが適切」と発言したことを受け、3月利上げを織り込む形で、ドル高が進みました。 しかし、本日は3月利上げを織り込みきっており、ドル円の上値も重い地合いとなっています。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、113.40円の下降トレンドライン付近、売り圧力 [続きを読む]
  • イエレン議長講演によるドル円相場の行方
  • こんばんは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の外為市場は、トランプリスクの後退米3月利上げ期待の急速な高まりという二大テーマに引きずられる形で、ドル高相場に転じております。ドル円は現在114.20円台です。 昨日もパウエルFRB副議長も、「次回FOMCで3月利上げの議論が活発に行われるだろう」と3月利上げの可能性を示唆しました。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイ [続きを読む]
  • トランプリスクが無くなりドル円はさらに上昇か?
  • こんばんは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日はNYダウが303ドルを突破して、史高値を再更新してきました。21000ドル台の大台を突破してきました。 私たちが最注目しているドル円はというと、111.60円台をボトムにして、現在114円前半まで上昇している展開です。 昨日のトランプ大統領一般教書演説を無難に消化し、何を話すか不確実なトランプリスクがなくなり、市場参加者は米3月利上げ [続きを読む]
  • 米大統領の一般教書演説でドル円大暴落?
  • こんばんは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 現在の外為市場の動きはほとんどありません。その他株式市場の動向を見ても、昨日のNYダウは15ドル高、日経も11円高と、市場全体に動きがありません。 なんで市場に動きがないのかというと、明日朝11時にトランプ大統領の一般教書演説が予定されているからで、ビックイベントを前に市場参加者は様子見姿勢です。 このような中でドル円は目先的に買い [続きを読む]
  • 米FOMC議事録でドル円はどう動く?
  • こんばんは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 現在のドル円相場は方向感がありません。 昨日は米フィラデルフィア連銀のハーカー総裁が「3月利上げを排除せず」と発言したことで、ドル円は多少値を上げて113.70円前後まで上昇しましたが、現在は113円前後まで押されています。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、112.60円のサポートライン付近、売り圧力が強まる [続きを読む]
  • 反転機運を強めるドル円に死角はあるか?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 先週は米早期利上げ期待が高まり、また米CPIや小売は好調であり、ドル円は114.90円台まで上昇しました。 しかし、その後はトランプ大統領が、数日以内に新たな移民規制の大統領令に署名すると発言したことや、フリン大統領補佐官が辞任したことを受け、一点円高の動きを強めました。 週明けの本日はドル円は多少行き過ぎた下げから一転、現在は113.6 [続きを読む]
  • イエレン議会証言でドル円急伸!
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の相場展開は、NYダウは歴史的高値を再更新し、20500ドル台を回復しているように、リスクオン相場が続いています。 外為市場はどうかというと、今回はドル円も大幅に上昇しており、114.50円まで上昇しております。 ではなぜかというと、イエレンFRB議長の昨日の議会証言で、3月利上げ期待が高まったからです。 このような中でドル円は目 [続きを読む]
  • トランプの減税とインフラ投資期待でドル円急騰!
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日はトランプ大統領が、「2、3週間のうちに、税制と航空インフラについて素晴らしい発表をする」と発言してからリスクオン相場に火がついています。 リスクオン相場を反映する形で、円売り圧力が最も強く、ドル円、クロス円は大幅に上昇しています。ドル円は現在113.70円台です。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては [続きを読む]
  • 年初来安値更新を伺うドル円相場
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 NYダウが歴史的高値圏で推移する中で、ドル円は力強さを失っており、年初来安値付近で底堅く推移しています。 トレンドは継続するという特徴があるので、その法則に従えば、年初来安値である111.50円をさらに下抜けしやすいそんな相場環境にあります。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、111.50円のサポートライン付 [続きを読む]
  • 年初来安値更新を伺うドル円相場
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 NYダウが歴史的高値圏で推移する中で、ドル円は力強さを失っており、年初来安値付近で底堅く推移しています。 トレンドは継続するという特徴があるので、その法則に従えば、年初来安値である111.50円をさらに下抜けしやすいそんな相場環境にあります。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、111.50円のサポートライン付 [続きを読む]
  • 年初来安値割れのドル円はさらなる下落へ・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の相場展開は、さらに円高が進んでおり、ドル円で111.50円台まで円高が進みました。現在は111.80円と小幅に戻しております。 今年5月のフランス大統領選を巡って、統一戦線のルペン候補が支持率調査でトップにあることが判明し欧州政局リスクが高まっていることが影響している模様。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントと [続きを読む]