あおのり先生 さん プロフィール

  •  
あおのり先生さん: 為替の予想なら「あおのり学校ブログ」
ハンドル名あおのり先生 さん
ブログタイトル為替の予想なら「あおのり学校ブログ」
ブログURLhttp://aonorifx.com/blog/
サイト紹介文FXで利益を上げる知識は3つだけ!その知識とは?
自由文FXでお金を増やす3つの鉄則『売買テクニック』『メンタルコントロール』『相場観』を中心に解説しています。1日5分通うだけで、着実にお金を殖やす力を養えます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2009/06/06 09:44

あおのり先生 さんのブログ記事

  • イエレン議会証言でドル円急伸!
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の相場展開は、NYダウは歴史的高値を再更新し、20500ドル台を回復しているように、リスクオン相場が続いています。 外為市場はどうかというと、今回はドル円も大幅に上昇しており、114.50円まで上昇しております。 ではなぜかというと、イエレンFRB議長の昨日の議会証言で、3月利上げ期待が高まったからです。 このような中でドル円は目 [続きを読む]
  • トランプの減税とインフラ投資期待でドル円急騰!
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日はトランプ大統領が、「2、3週間のうちに、税制と航空インフラについて素晴らしい発表をする」と発言してからリスクオン相場に火がついています。 リスクオン相場を反映する形で、円売り圧力が最も強く、ドル円、クロス円は大幅に上昇しています。ドル円は現在113.70円台です。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては [続きを読む]
  • 年初来安値更新を伺うドル円相場
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 NYダウが歴史的高値圏で推移する中で、ドル円は力強さを失っており、年初来安値付近で底堅く推移しています。 トレンドは継続するという特徴があるので、その法則に従えば、年初来安値である111.50円をさらに下抜けしやすいそんな相場環境にあります。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、111.50円のサポートライン付 [続きを読む]
  • 年初来安値更新を伺うドル円相場
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 NYダウが歴史的高値圏で推移する中で、ドル円は力強さを失っており、年初来安値付近で底堅く推移しています。 トレンドは継続するという特徴があるので、その法則に従えば、年初来安値である111.50円をさらに下抜けしやすいそんな相場環境にあります。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、111.50円のサポートライン付 [続きを読む]
  • 年初来安値割れのドル円はさらなる下落へ・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の相場展開は、さらに円高が進んでおり、ドル円で111.50円台まで円高が進みました。現在は111.80円と小幅に戻しております。 今年5月のフランス大統領選を巡って、統一戦線のルペン候補が支持率調査でトップにあることが判明し欧州政局リスクが高まっていることが影響している模様。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントと [続きを読む]
  • トランプ流ジャイアン外交によるドル円相場の行方・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の相場展開は、トランプの円安牽制発言、及び米FOMCで3月利上げ見通し後退、という二大要因により円高が進んでおります。 ドル円においては、年初来安値である112.00円台まで値を下げており、下降トレンドは継続している状況です。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、112.50円のサポートライン付近、売り圧力が [続きを読む]
  • 米保護貿易主義を嫌気するドル円急落は続くのか?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週序盤の展開はリスクオフの展開です。トランプ大統領が打ち出した入国規制が、株安・円高の主因となっています。 トランプの保護貿易主義を警戒する形で、ドル円は現在113.90円台まで下落し、再び年初来安値である112.50円の水準に近づいてきています。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、112.50円のサポートライ [続きを読む]
  • 113円前半で推移するドル円の行方・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 1月20日より米トランプ政権が誕生し、トランプ政策期待が高まっており、S&Pに続き、NYダウも昨日歴史的高値を更新、20000ドルの大台を遂に突破しました。 しかし、トランプによる米TPP離脱宣言を受け、円高・日経株安に動いており、ドル円は売り圧力も強いです。現在は113.30円付近まで回復しています。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強 [続きを読む]
  • このままドル円は下落を続けるのか?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週はトランプ大統領が、TPPから離脱することを明言したことを受け、円高、日経平均安の地合いでした。 ドル円は一時112.50円前後まで後退し、先週最安値付近まで下落しましたが、その後はトランプ政策期待で持ち直しており、現在は113.50円付近まで回復しています。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、112.50円の [続きを読む]
  • トランプ大統領が誕生、演説でドル円はどう動くか?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週のドル円は112.50円まで下落しましたが、現在は114.70円まで戻しています。 下げ過ぎれば割安感から買い手も増え、今は短期的には買いが優勢になってきています。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、113.60円のサポートライン付近、売り圧力が強まるポイントとしては、115.60円のレジスタンスライン付近という動 [続きを読む]
  • トランプ記者会見の失望売りの地合い
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日はトランプ次期大統領の記者会見が最注目でしたが、市場参加者の期待外れの内容となり、ドルの失望売りを誘いました。 記者会見前はトランポノミクスの期待感から、ドル円は116.80円まで上昇していたのですが、記者会見後は114.20円まで急落しました。ドル円は現在114.30円台です。 大規模な公共投資、減税、金融規制緩和という成長促進策に関す [続きを読む]
  • ドル円は軟調な地合い継続か
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の外為市場のパワーバランスは、円≒豪ドル>ユーロ>ドル>ポンドという値動きになっております。ドル円は現在115.20円台です。 去年まではトランプ政策期待で、ドル円を主軸にクロス円は上昇していましたが、今年に入り熱狂は冷めて、行き過ぎていた分の調整局面にあります。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては [続きを読む]
  • 米雇用統計が悪ければドル円は一段安か?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日は特に悪材料がない中で、ドル円は下落しておりますが、一時115.00円台まで下落しました。利食い売りに押されているのでしょう。 昨日の材料としては、米ISM非製造業景況指数が注目でしたが、予想56.8 ⇒ 結果57.2という結果になり米非製造業界の景気は非常に良好です。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、115 [続きを読む]
  • 弱くなってきたドル円はこのまま崩れるか?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 2017 年は酉年です。今年、酉年の相場格言は「申酉騒ぐ」です。 2016 年の申年の相場展開を振り返ってみても、英EU離脱や米トランプ大統領が確定したことを受け、ドル円も121円⇒99円⇒118円と慌ただしい値動きとなりました。 相場格言に従うならば、今年もそのような乱高下激しい展開地合いになりやすいということです。 さて、ドル円において [続きを読む]
  • ドル円はどこまで下落するのか?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の相場展開はリスクオフの展開です。やや調整色を強めておりますが、昨日はNYダウが111ドル安となり、本日日経も256円安の19100円台まで下落し、株式市場が崩れています。 ドル円1Hチャートを見ると、高値と安値は切り下げており、今後の下落相場を暗示しています。ドル円は現在116.40円まで下落しています。 このような中でドル円は目先的に買 [続きを読む]
  • 動きがない時にFXをしても時間の無駄!
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 本日の外為市場は値動きがほとんどありません。日経平均株価も本日は6円高(19403円)に過ぎず、金融市場全体に値動きがない状況です。ドル円は現在117.30円台です。 動きがない時にFXをしても時間の無駄なので、良い年末に時間を使いたいところです。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、116.50円のサポートライン付 [続きを読む]
  • 変動乏しいドル円だが急上昇の材料に注意せよ!
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の外為市場は変動がほとんどありません。クリスマス休暇が近づくにつれて、キリスト文明圏中心の市場参加者は休みに入り、売買の流動性が細ってきているためです。 ドル円においても、117.50円前後を低ボラティリティで変動しているという展開です。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、116.50円のサポートライン [続きを読む]
  • ドル円は高値圏レンジ相場続くか?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日はNYダウが19980ドル台まで上昇し、歴史的高値を再び更新してきました。相場地合いはリスクオンが継続しています。 ただし、NYダウは20000ドル、ドル円も120円という水準では、上値の重さも確認されます。ドル円は現在117.50円です。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、116.50円のサポートライン付近、売り圧力 [続きを読む]
  • 続伸続けるドル円の行方・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 先週に米FOMCは3回の利上げ見通しを示し、米利上げ期待の高まりと同時に、ドル独歩高の展開が続いてきました。 トランプ大統領が米新大統領に確定した11月9日以降、40日程で101円から118円まで、17円程大幅に値上がりしています。ドル円は現在118.20円です。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、116.50円のサポートラ [続きを読む]
  • 米FOMCを機にドル円上昇に弾みつくか?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 ドル円の急騰が続きますが、なぜドル円は118.60円まで上昇したのでしょうか? それは昨日早朝に米FOMCにおいて政策金利が0.25%引き上げられたことに加え、 特に来年の利上げ回数見通しを3回と発表したことが大きいです。市場の大方の予想は2回だったので、サプライズになってドル上昇という動きです。 このような中でドル円は目先的に買い圧力 [続きを読む]
  • 本日の米FOMCでドル円新高値更新か?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今年後半戦はトランプ政策期待、そして原油減産合意というポジティブな材料により、円安、株高の相場地合いが継続しています。 しかし、特に今週は今のところ目新しい材料もなく、方向感に乏しい相場い地合いが続きます。現在、ドル円は115円前後で横ばいの地合いです。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、114.70円 [続きを読む]
  • ドル円116円を突破した理由とは?
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 今週の外為市場の相場展開は、原油市況の変動に影響を受けやすい地合いです。 ドル円は昨日の欧州時間(17時〜)から116円台に突入しましたが、114.70円台まで押されてから、現在は115円前後で推移しています。 NY原油の動きも、55ドル台まで欧州時間より跳ね上がってから、その後53ドル台で推移しています。 このような中でドル円は目先的に買 [続きを読む]
  • ドル円は高値圏で方向感に乏しい展開続くか
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 材料不足のために相場変動に乏しい相場地合いですが、トランプ政策期待より底堅さもキープされ、ドル円は方向感に乏しい地合いです。ドル円は現在103.50円台で推移しています。 ただNYダウは歴史的高値を大幅に切り上げ、昨日は297ドル高を突破しており、19500ドル台まで上昇しています。リスクオン(円安・株高)は継続しています。 このような中で [続きを読む]
  • 本日のドル円は値動きに乏しい地合いか・・
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 相場を動かす材料に乏しく、市場参加者は様子見に転じていることから、本日はドル円に動きがありません。 ドル円は現在114.10円台で推移していますが、トランプ相場の小休止の局面です。 このような中でドル円は目先的に買い圧力が強まるポイントとしては、113.00円の上昇トレンドライン付近、売り圧力が強まるポイントとしては、114.80円のレジスタ [続きを読む]
  • イタリア国民投票を無事通過してドル円堅調相場持続か
  • こんにちは、為替予測のプロフェッショナル、あおのり先生です。 昨日は日曜日に行われていたイタリア国民投票結果が注目でしたが、結果は否決されたことを受け、ドル円は112.90円台まで下落しました。 その後、ISM非製造業指数(11月分)は、市場予想55.2を大幅に上回り57.2を付けたことから、米景気回復期待が一層高まりドル円は114.70円台を回復。現在は113.60円台で推移しています。 このような中でドル円は目 [続きを読む]