ヘルブラウhellblau さん プロフィール

  •  
ヘルブラウhellblauさん: グレーは淡青hellblau in Hamburg
ハンドル名ヘルブラウhellblau さん
ブログタイトルグレーは淡青hellblau in Hamburg
ブログURLhttp://hellblau519.blog.fc2.com/
サイト紹介文ドイツで最も美しい都ハンブルクより発信、映画大好き、骨董好き、戯言が好きな方、Willkommen!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2009/06/09 16:05

ヘルブラウhellblau さんのブログ記事

  • 最近のなんだかねっ?
  • 今日(26日)から夏時間となり、日本との時間差は7時間です。↑ イタリア旅行中の娘から送ってきた写真です。うぁー、鹿児島と桜島のようだわぁ〜、ってねっ、でもここはナポリとベスビオ山娘の友人はナポリ2日目にバックを盗まれ大変だったようですが、手続等を迅速に済ませ、翌日の彼女の誕生日をカプリ島で祝った様子の写真も送られてきて一安心でした。そういえば昨年の彼女の誕生日は日本の金沢でケーキを食べている写真が送ら [続きを読む]
  • 日本で買ったこの釜のご飯が美味しい!
  • 今回の帰国で小さい炊飯器を買うというのがリストにありました。娘たちもいなくなった家で5合炊の炊飯器(230V用のナショナル製)は嵩張っていたのです、久しぶりに日本橋(大阪の秋葉原)に行って驚いたのは、家電を売ってる店がナインだわ〜並んでる店は電気屋さん風やけど、なんやCDやレコーダーみたいなもんしか置いてへんしコスプレの店員がいて、店頭でクジ引きして鐘鳴らしてるんよ?、わけわからんのですやっと見つけた家電製 [続きを読む]
  • 四代目マイカーの三度目の車検
  • アルトナ地区の週2開催市場、リンゴの値段は1キロ、1.95ユーロ(210円ぐらいかなっ)、写真は記事とは関係なしでまさに生活戯言。。。日本から帰ってきて時差ボケの中、すぐに車検の予約をしたのですがその日は丁度ブリッジの日と重なっていたんやけど、もちろん車検優先この車は3回目の車検という事なので6年乗ってるってことなのねっ、ドイツで最初のマイカーは赤い可愛らしいSEAT(スペイン製)二代目は白いデカイおっさん風なVOLVO [続きを読む]
  • 世界最悪原発事故中の日本、今なお原発推進中の日本
  • 6年が経ちました6年前の日本中を震がせた東北大震災、東北の海岸沿いの多くの市町村のすべてを飲み込んでいった大津波、その後電気を作るための原発が電源喪失というなんとも呆れてしまう(人間の技術はそんなものかも、)不手際で放射能大放出の世界最悪の福島原発大爆発を東京電力はおこしたのです。1年後に当時の野田豚(豚に失礼かも、)首相(いかにもいい人ぶってるけど極悪犯罪人だよねぇ〜、)は原発事故収束(偽証罪あり)の宣 [続きを読む]
  • 指宿、霧島、佐世保、久留米
  • 足湯もある長閑な指宿の駅、砂湯の様子は残念ながら写真なし。3日目は♪花は霧島〜 の霧島神宮へ行ってみることにしました。♪たばこは国分〜の国分を拠点でJRパスで霧島神宮駅へと簡単に考えていたのですが、田舎の交通の最悪便では閻魔様のお助けがなければフーテンのヘルは到底たどり着くことはできなかったことでしょう。 Merci pour tout, Monsieur Iwashita ! 鹿児島といえば桜島 、鹿児島市内の様々なところから顔を出す [続きを読む]
  • 温かい人がいる鹿児島
  • ↑ 九州の最南端開聞岳のまさに火山の噴火で形成された姿ですねっ今回の帰国で楽しみにしていた指宿温泉にやって来ましたよ〜砂に埋もれるのは明日ですが、今日は鹿児島駅から温かい太陽の下桜島を左に見ながら半島を南に海岸沿いをステキなおじ様(ヘルはあくまで若いお嬢ちゃん、笑)とドライブしたのです。菜の花の黄色があちこちに散りばめられた風景はとても暖かみがあり、この時期来たんはやはりよかった〜 鹿児島駅で初めて [続きを読む]
  • 広島で福島をおもう
  • 5年と11ヶ月が経ちました人が住めるようになるには気の遠くなる年月が必要なのに日本政府は避難補助を打ち切り故郷に帰ろう、故郷を復興しようなどと欺瞞の掛け声で住民を返そうと躍起になっていますが、原発事故被災は震災被災とは比べようもないほど過酷なものであることの認識がその後の対応をみると日本人にはないようで、今なお原発は安全、事故はもう起きないというなんとも洗脳されているとしか思えない日本人が大多数であ [続きを読む]
  • うちの京都はこんなどす!?
  • ヘルの京都は主にブリッジ仲間たちとお会いして遊びに興じるのです。朝10時からお昼をご一緒して夕方までという結構皆さんお歳のわりにはかなり集中してやらはるので時差ボケなどと言ってられへんし、誘われるとすぐに駆けつけるヘルはやはり京都第1日目からまずは B なんです。そして1日目にさくらがいさんとご友人のYさんがヘルの京都での常宿へすぐに訪ねてきてくださり、持つべきはブログ友だと感激でした。やはりブログは人な [続きを読む]
  • いにしえの都の奈良に寒ツバメ
  • 今回の奈良でお詣りしたのはこの東大寺の末寺で北門地区にある寺のこのなんともふくよかな童女のような仏様でした。写真は買った絵葉書を撮ったものです。さて、いろいろと話持ったら時間かかりそうやし、明日からの京都のためにも寝ぇへんとあかんしブログに手間暇かけれんのですが、まぁ寄って来られた皆様のためにヘルの奈良の雑撮でもみたって〜 こんな銭湯は滅多にみられまへん、奈良では必ず立ち寄る和菓子の「中西与三 [続きを読む]
  • いつか住もう奈良!、アラッ、京都だったかしら?
  • この題名はヘルの旧いブロ友しぇるさんの「いつか住もう京都」を文字ってみました。 (しぇるさん茶道精進されておられるんやろねぇ〜、茶室みたかったなぁー、)さて恒例の日本への風の向くまま気の向くまま(とは言ってもかなり制限されていますんよっ、とかくこの世は住みにくい、って三四郎さんも言うとりましたなぁ〜)のフーテンのヘルの旅がはじまり、はじまりです。関空から直通で友人と待ち合わせの梅田今度の旅は「終の住処 [続きを読む]
  • ブログ友の初句集
  • ヘルの旧いブロ友さくらがいさんは今年7回目の干支を迎えられたステキな紳士です。このブログでは以前彼の1901年生まれの母堂様の33回忌に3人の息子様たちが編集された句集を紹介しました。→「 1901年生まれの佳人の句集」そして、やはりお母様からの俳句への憶いはさくらがいさんに確かに受け継がれたようで句会等の投稿で素晴らしい評価を受けていて、今月の誕生日に初句集を出版されました。この句集からヘルの好きな句を皆様 [続きを読む]
  • ブラームスは好きです!
  • 11日のエルベフィハーモニーの開演式で最初にハンブルク生まれのブラームスのこの曲を演奏して欲しかったと残念でなりません。やはりドイツのコンサートホールということでしょうか、最初はベートーベンで2番目がやはりハンブルク生まれのメンデルスゾーン、ブラームスは3番目でガッカリの選曲でしたので、前にこのブログでとりあげたバーンスタイン指揮のこの曲を再度UPして聞いてみたくなりました。現在ハンブルクは零下の凍れる [続きを読む]
  • ハンブルクの観光遺産となるエルベフィルハーモニーの開演日
  • そして、福島は5年と10ヶ月が経ちました。薩摩川内、玄海、伊方、高浜、美浜、それぞれの原発の立地の住民が反対すれば仮にも民主主義の日本国では核ゴミの処理も到底できない不必要な原発は動かないはずなのです。1月9日のNHKスペシャルを視て、やはり福島の人々には救いはないと、そして第2の福島をこの日本に作ってはならないと真摯に考える日本人が多くなることを切に願っています。2016年4月29日早朝撮影の2017年1月11日開演 [続きを読む]
  • 鏑木清方の掛け軸絵、ほんまもん?、どうやろ〜
  • 広島の骨董店で店に入ったばかりの物だと見せられ、格安だったので買ったんですわ〜箱はそれはそれは立派で二重箱、そやけど絵がちと雑、でもこの雰囲気が好きやねん!空いてるとこに一時的に飾ってみましたが、どうなんやろ。。。 下の物は作家さんと直接お会いして買ったものなので全て ほんまもんIshikoro染展のタペストリーと京都の「ふく和うち」で買った滋賀の陶芸家さんの銀杏 広島の陶芸家太田一成さんの「月を漕ぐう [続きを読む]
  • 初空月、時の過ぎ行くままに。。。
  • 初空月(はつそらつき)とも言う年の始めの月やのにどんよりグレー空が覆いかぶさってるハンブルクから、Ein Frohes Neues Jahr !新春のお慶びを申し上げますジルベスターパーティーを毎年開催していた友人はカンボジア旅行で、娘はワイマールで、相方は仕事で今年のジルベスターはひとりぼっち、ジルボッチ?、でも午後に友人がイタリアのこの時期に食べるお菓子を持って来てくれたし、日本からの焼酎もまだ残っていたし、なんとも [続きを読む]
  • パールハーバー 原爆投下  同じとは。。。
  • 日本軍による真珠湾攻撃(奇襲と言われてるが情報は筒抜けだったとも言われている)とアメリカ軍による広島、長崎への原爆投下(当時の日本統治者たちには予測できたはず)は決して同じものにしてはいけないのに、アベマリオはなんとも呆気なくやっちまったよ〜、やっぱ日本人は変だよ、可笑しいよー前の戦争は日本国がおこしたアジア侵略戦争であったことをスッポリと忘れてるんだもんねっ和解 ?アメリカとだけはなにがなんでも和 [続きを読む]
  • 第2聖夜はドイツ風料理で祝う〜
  • Weihnachtsbaum(クリスマスツリー)を飾らなくなって5年以上が経つのかなぁ〜、当時のこの時期はなにやら慌ただしく楽しめる時期ではなかったような、長女が幼い時はフライブルク近辺の相方が育った家にハンブルクから毎年移動でそれはそれで大変でしたが、料理を作らなくてよかったし、典型的なドイツのクリスマスを味合うことができたので今思えばよかったような。。。今ではヘルが食べたい物を聖夜に食べるのですが、やはり一 [続きを読む]
  • Fröhliche Weihnachten !
  • 今年はミュンヘンからクリスマス休暇で家に帰って来ている次女娘と3人の聖夜です。ウィーンの長女は昨夜、夜行列車でポーランドの古い街クラカウへ行ったようで、そこからこちらと通信でお祝いすることになっているんですよ〜魚市場で買ってきた寿司用の鮭をこれから素人寿司職人ヘルはやっつけます、エイエイオーそしてテーブルの上の4本のローソクが点くとクリスキンドが生まれるんです!?理屈ではなく↓行動は大切よねぇ〜 [続きを読む]
  • ベルリンのクリスマス市にトラック突っ込む
  • ベルリンの象徴とも言える戦争の悲惨さを忘れないメモリアール教会側のクリスマス市に大型トレーラーが突っ込んだ様子、19日20時過ぎ (画像はネットニュース記事より)やはりドイツでも悲惨なテロ事件がおきました。長くて暗いドイツの冬の束の間の華やぎであったWeihnachtmarkt、沈痛、怖れ、はいずれ怒りへと変わるのであろうか。。。聖市へ トラック突っ込む   淡青理屈ではなく↓行動は大切よねぇ〜 [続きを読む]
  • クリスマスパーティーは重なることが。。。
  • ↑ まずは毎週参加しているブリッジクラブのいつものパーティーの様子です。食事は典型的なドイツの鴨のクリスマス料理で芽キャベツ、赤キャベツ、クヌードルリンゴのシロップ漬が付出しで盛り沢山でしたが、鴨がちょっとトロッケン(乾燥)↓ 今年から本会員となった新しいクラブの会に初めて参加しました。毎年行っていた古いブリッジクラブのクリスマス会と重なり、一品持ち寄りで面倒だと思ったのですが、こちらの会にで [続きを読む]
  • ケン・ローチ監督の映画を観よう!
  • ケン・ローチ監督は英国の労働者階級社会をよく作品にとりあげます。先週家の近くの帆かけ舟のイルミネーションが綺麗な商店街にある小さな映画館で観たのが『 I、Daniel Blake(私、ダニエル ブレイク』でした。英国はEU離脱を国民投票で決めましたが、公務員のお座なりな仕事 (この映画でよくわかる)EU議会、議員への膨大な負担金、残念ながらやはり離脱は時代の流れだったのでしょう。しかし、英国にはこのKen・Loach監督が存在 [続きを読む]
  • 嘘つきばかりなんだよねっ!
  • 作られてから一度も動かされることがなかった文殊高速炉原発がやっと廃炉されると言うニュースを聞いたのが2ヶ月前だったのですが、やはり廃炉は組織内の形式上だけで、同じ組織で新高速炉の設立案ができていたのです。文部省管轄のようで、官僚の天下り先を減らすことはできないと言うことなんだねっ!、怒あぁ〜嫌だねぇ、こういう利権で無駄に税金が使われていること、日本は金持ちだからお金の使い方を外国に住む者がどうこう [続きを読む]
  • 青騎手時代のミュンヘンは芸術の都だったみたいねっ
  • 今回のミュンヘンでは毎日1ヶ所計3ヶ所の美術館を観て回ったのです。最後に観た↑の美術館(LENBACHHAUS)がやはりよかったわねっ、人の趣向は様々であくまでヘルがということなので、案内するってことじゃないんで、絵が好きな人だけ見たってぇ〜この館内に入り直行したのがDer Blau Reiterの部屋でした。そこではカンディンスキーがすぐに展示されていました。ドイツ印象派はモスクワからパリ経由でミュンヘンで居を構えた彼な [続きを読む]
  • クリスマス時期のミュンヘンより
  • ミュンヘンから今晩は!、写真はダルマーヤのショーウィンドウの飾りでクリスマスツリーは様々な趣向が凝らされてます店内では冬限定のKaminfeuer(暖炉の火)と言う紅茶を買っただけで明日階上の喫茶室で娘も一緒にアドベンツCafeを予定しています。昨夜はビヤホールで典型的なバイエルン料理を堪能して、やはりズッシリと重いので消化のためアルコールがすすむこと、すすむこと、こちらではビールは水より安いかもねっ、 [続きを読む]