viosan さん プロフィール

  •  
viosanさん: 遠い夏に想いを
ハンドル名viosan さん
ブログタイトル遠い夏に想いを
ブログURLhttp://ameblo.jp/fifield/
サイト紹介文72年夏に留学のため親子で3ヶ月暮したパリ。90年以降この夏の思い出を求めてヨーロッパへ再訪の旅。
自由文72年アメリカ留学の直後に、パリ大学の夏期講座に妻が参加のためにパリに飛び、親子3人で夏を暮らす。その間にロンドンを訪問。90年にその思い出を探してロンドンとパリを旅行。エセックスの友人宅、エッピングの森、ケンブリッジ、ビーヴァー城、ロンドン市内を廻り、パリに行く。友人宅、リュクサンブール公園、サンジェルマン界隈、パリ大学、モンスリー公園、オルセー美術館。更にレンヌ、ディナンに行き友人に再会。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/06/09 16:07

viosan さんのブログ記事

  • ランタナが咲いてきました
  •  もう何年も6月になると咲いてくるランタナです。和名は「七変化」と云うそうです。少々変わった名前ですが、元々南米の花です。 小さな庭ですから余り広がらないように、枝を払っても払っても茂ってきます。灌木で幹がかなり太くなりました。そろそろ密を吸いに蝶がやって来る時期です。来るのは朝の10時から11時ころです。今朝も来ましたのでベランダからパチリ。 Viosan の「ミネソタの遠い日々」 1970年に私たち夫婦・ [続きを読む]
  • 赤いベゴニア
  •  台所の出窓が何か淋しい。1年前には赤いベゴニアが咲いていたっけ。 赤が好きなので、花屋さんを5軒ほど廻ってみた。赤いベゴニアを探したが、、真っ赤なものはない。少しオレンジ色がかった赤があるのみだ。 絵画教室の帰りに、駅の近くのフラワーショップに寄ってみた。真っ赤とはいかないが割と赤いベゴニアがあったので一鉢買ってきた。台所が少し華やかになったみたいだ。 但し色は前回購入したベゴニアとは比べものに [続きを読む]
  • 男の手助け料理
  •  主婦は大変です。毎晩の料理だって、手持ちの材料に合わせアイデアを考える。報酬なしですからね。 そんな状況を見て、「今夜はミートソースのパスタにするよ」と宣言してしまいました。我が家では家事の分担が若干あり、私は大したことはできないのですが、パスタは私の仕事の一つ。体調を崩して以来、食べ物に制限があるため奥様の悩みの種になっていました。 最近は大分良くなって来たのですが、肉はミンチにしたものしか [続きを読む]
  • ルイボスティーはいかが?
  •  我が家は紅茶党でした。主にトワイニングのアールグレイを飲んでいました。ベルガモットの微かな香りを楽しんでいました。 最近ルイボスティーを飲み始めました。ルイボスって余り聞きませんが、南アフリカのセダルバーグ山脈に自生する植物で、渋味もカフェインもないので飲みやすいです。 ディーバッグになっており、ティーボットで3分ほど煎じて、出来るだけ早めに飲む。 ルイボスティーは毛細血管を丈夫にし、またアンチ [続きを読む]
  • グループによる絵画展示会
  •  例年は秋に開かれるのですが、今年は春に展示会を開催します。「水曜美術」という市の絵画グループのなかから12名が出展します。 出展は油彩、アクリル、水彩。パステルなど40作品です。今年も会場は新宿のヒルトン東京のB1ギャラリーで、開催期間は5月17日〜5月23日の1週間です。 私も水彩画を6点出展しております。  Viosan の「ミい日々」 ネソタの遠1970年に私たち夫婦・子供連れでミネソタ大学(Universi [続きを読む]
  • 今日は母の日
  •  明日は母の日。母の日は国によって祝う日が異なるらしいのですが、日本では5月の第二日曜日。奇しくも我々夫婦の結婚記念日。 妻が所属するアマのオーケストラのお座敷公演があるので、今朝は早くから出かけてしまいました。私も体調が完全でないので、記念日は後日にすることに決めました。 運悪く今日は朝から雨です。私と妻の両親はもういませんが、妻にお花の一つくらい買ってこなくちゃと思い、買ってきたのがこのピンク [続きを読む]
  • えっ、多摩川でサーフィン?
  •  ゴールデンウィークも終わりましたね。体調を崩していましたが、徐々に回復して来ました。歩かなきゃと思い、近くの多摩川に散歩に行きました。 緑の河原の木の下で若い親子が楽し気におやつを楽しんでいました。微笑ましい光景を望みながら素通りしかけだら、「こんにちは」と坊やの元気な声が聞こえてきました。振り返ると若い夫婦が微笑んでいます。「こんにちは」と返事をして、「おいくつですか」と聞いたら、「2才です [続きを読む]
  • 暑いですね、蝶もひと休み?
  •  何を思い違いしていたのか、母の日を間違ってしまって失礼しました。5月14日でしたね。5月14日は私達のウン10年目の結婚記念日です。 庭の花も冬の花から春の花に移っていく今日この頃です。アゲハ蝶がちらほら飛んでいますが、一羽が庭の木の葉にとまって動きません。 暑いので近くに色々な花が咲いているのですが、10分以上とまったままでした。全身真黒な黒アゲハは庭を旋回して飛んで行きました。その内来る [続きを読む]
  • もう5月、ジャスミンが咲き出しましたよ
  •  昨日は母の日でしたね。ゴールデンウィークが始まり、海外旅行とか国内旅行にとかに人々が動き出しましたね。この時期は混雑するのでじっと家で過ごしているが習慣でした。 庭のジャスミンが可愛い花を付け始めました。甘い香りが素敵ですね。以前,玄関にアーチ状にジャスミンを植えていたのですが、余りに増えすぎて重みで倒れてしまい取り除きました。その残骸のジャスミンが今でも花を咲かせています。 5月といえば端午の [続きを読む]
  • ハナミズキの並木
  •  桜の時期がアッという間に過ぎて、ハナミズキとつつじも季節になりましたね。 ハナミズキといえば思い出すのが、昔、横浜カントリークラブでゴルフをする過会がありました。クラブの会員の方と一緒でしたが、コースの両サイドに当時は珍しいハナミズキが植わっていて、白とピンクの花が満開で見とれてしまったのを思い出します。 今では人気の木になって街の並木にしたり、一般家庭でも植えている処が増えていますね。 あち [続きを読む]
  • 可愛いエンジェルたちの合唱
  •  今日は用事があって田園調布へ行きました。用事と言っても体調が悪いので旧知の医師のところです。 帰りに軽く昼食を食べに駅前のスタバにいたら、小さな女の子が二人、ピョコピョコと素早く目の前を横切って消えていきました。まるでアニメでも見ているようでした。 店を出て駅に行くと制服を着た少女たちが横に一列になって「ユニセフにご協力をお願いしま〜す}と斉唱しています。まるで可愛い天使です。近くの幼稚園児たち [続きを読む]
  • こりゃ何じゃ?
  •  病院へ行く途中に奇妙なものを時々見かけます。工事屋さんの塀の上に置いてあるのですが。セサミストリートに出てくる愛嬌のある怪物みたいです。写真に撮ってみました。目玉が二つ、おひげもある。こりゃ何じゃって感じ。よく見ると鉢植えのサボテンだ。 病院は空いていてすぐ治療してくれた。病院の先の道路は狛江でも有数の桜の並木道です。真っすぐ3キロほど伸びて多摩川に出る。 数年前、調布にいる友人宅でカルテ [続きを読む]
  • また桜の話題
  •  ここ一週間ほど体調がすぐれず、月曜から整体を受けに吉祥寺に行っています。今日は待ち時間が一時間ほどあったので、また井の頭公園に寄って時間を潰しました。池を一周しましたので、写真が多くなりすいません。 丁度、桜が満開で大勢の人達で賑わっていました。上野ほどではないですが、ところどころでブルーシートを敷いて花見をしている人達もちらほら。 天気も良く、気温も21度越え、素敵な花見です。今年は不思 [続きを読む]
  • 井の頭公園の桜はまだ5分咲き
  •  今日は用事があって吉祥寺まで行った帰りに、頭公園に寄って来ました。天気はいいのですが、少し冷え冷えとして、とても予想の18度にはなりません。 靖国神社の桜は満開、上野も7分咲き、井の頭公園はまだ5分咲きといったところ。ソメイヨシノは散り際が一番美しいと思ているのでこれでは駄目。 それでも月曜というのに結構な人が集まっていました。以前大掛かりな掃除をした池には白鳥の足漕ぎボートがスイスイ、春 [続きを読む]
  • 遥かなるボストン
  •  その昔ボストンを訪れたことがあります。東海岸のマサチューセッツ州の州都ボストンにある州議事堂です。普通アメリカの州議事堂はワシントンの議事堂を模して建てられていることが多いのです。 しかしこのボストンのはちょっとカラフルで美しいですね。近くにはイギリス風のコミューンという緑の広場が有ります。 ボストンにはピュリタン革命で大西洋を渡って来たピルグリムファザーズといわれる人達が乗って来たメイフ [続きを読む]
  • 木蓮が咲く頃
  •  マグノリア、素敵な響きですね。木蓮のことですが、最近はワインレッドの花を付ける木は見かけなくなりました。 白い花を付ける白木蓮が殆どです。白木蓮の季節になると、若い頃の想い出が蘇ります。ある公園の池の縁に木蓮の白い花が咲き乱れていました。大学を卒業して就職が決まり、四月には地方に赴任することことが決まってました。 3月は別れの季節ですね。遠距離になるし、「必ず会いに来るよ」って木蓮の下で呟きまし [続きを読む]
  • 花は何処へ?
  •  梅も早咲きの桜も消えて、ソメイヨシノはまだだし、花のない時期ですね。駅から2〜3分の処に大きな農家の敷地が残ってます。いたってのんびりとした小さな町ですから。 時期外れの感のある椿がここに咲いています。大きな木ですが桜ほど目立ちません。椿には凄く種類が多いらしく、生垣に咲く白に赤の模様が入った綺麗な椿を絵の教室にメンバーのご婦人が持て来ました。 話変わって、我が家の窓辺に二年間咲いていた赤 [続きを読む]
  • えっ、まだお雛様?
  •  3月3日以前に招待券を貰っていたのに、1週間も過ぎた昨日見に行きました。目黒雅叙園の百段雛祭り。 昔、木造作りの頃に一度訪れたことはありますが、余り古いので思い出しません。 玄関に飾ってある雛段飾り 百段雛祭りというので、百段の階段にお雛様を並べて見学者はそばを登って行くのかと思ってました。ところが、百段登のは人間さまだけで、階段の途中に点在する和室の小部屋に様々なお雛様が飾られているという趣向 [続きを読む]
  • ソラ、大きくなったね!
  •  久し振りに義理の弟夫婦のマンションへ行き、半年振りにソラを見て驚きました。でんと居間に寝そべっているソラは、身体が二回りくらい大きくなって、もう大人の猫です。 母猫が生まれたばかりの子猫を咥えて義理の弟の部屋の外の配電盤の下に置いて行かれて、親の愛情を知らずに育ったので、性格は落ち着きがなく、臆病で人間嫌いで、悪さばかりする猫になってしまいました。 弟に頭をもじゃもじゃ撫でられて眠そう。  [続きを読む]
  • 夕暮れのサント・シャペル
  •  夏の夕暮れ、夏時間で8時というのに、まだ空は少し明るかった。オデオン界隈のレストランは満員で、補修中の安レストランで夕食を食べる羽目になった。 食後、ホテルに帰るのにサンミシェル橋でセーヌを渡り、シテ島のサントシャペルまで来た。サントシャペルが闇に包まれ壮麗なゴシックの塔が黒々と聳え立つ。その空は少しピンクに輝き、不思議と静寂さがか広がっている。 隣にはコンシエルジュリーといって、警察庁と [続きを読む]
  • えっ、生きてる? 木彫り?
  •  夕方、駅からの帰りに、大きな農家の背の高い生垣の側を歩いていた。「えっ、木彫りの鳥?それとも鳥の死がい?」と思わず、目を疑った。 その場を通り過ぎてから、不思議に思い、振り返ってじっと見ていた。夕暮れで判別しがたいが、ピクッと動いた。誰か捨てた木彫りでもディコイ(おとり用の木製鳥)でもない。そのまま眠っている。  これはディコイではなく、米国中西部やカナダの湖にいるルーンと [続きを読む]
  • ハロー、ニャンコちゃん
  •  今日もめっちゃ暖かく、春三番になりました。1週間に三度も春一番が来るなんって、体調が狂ってしまいますね。 午後から耳鼻科に行って来ました。帰りはスーパーに寄って買い物。両手に重いレジ袋を下げて汗だく。 例の材木店の前に差し掛かる。今日は暖かいから居るかなって思いながら店の前に来ると、案の定ニャンコちゃんが気持ちよさそうに昼寝中。 「いたいた」と見上げると、やおら起き上がって、こちらを見て、屋根 [続きを読む]
  • 春の嵐
  •  今日は急激に気温が上がって、東京は20度と4月並みの陽気になりました。また明日は12度の予報です。 余り暖かいので散歩に出かけました。畑の横の道を通ると、畑の乾いた地面から砂埃が吹きあがり、目を開けていられません。 普通の晴天日の畑の様子 まるで台風並みの強風で、春の嵐という感じ。春の嵐といえば、アルプスから吹いてくる嵐で、ヨーロッパ・フランスの風物詩みたいなものです。 街へ行けば、建物から何 [続きを読む]
  • 冬の釣り人
  •  今日の14日はバレンタインデイですね。何か楽しいこととか、お嬢さんたちのそわそわドキドキする予定はおありですか。  さて、去年の冬でした。空が晴れ渡ったある日、富士山を撮ろうと多摩川へ出かけました。 河原を歩いて小田急線の鉄橋の下まで来たところ、川の中州を背にして、水の中でじっと動かず、釣竿を出している中年男性が二人。 遥か彼方に雪の富士山が白く見えます。寒いのになあって思いましたが、子供の [続きを読む]
  • ヴァレンタインにチョコって何故?
  •  朝の9時と夕方の5時は我が家のコーヒータイム。コーヒーに関しては、豆を買ってくるのも入れるのも私の責任といより義務。 朝のコーヒータイムでは必ずチョコが出る。チョコを買ってくるのは大抵奥さんの責任。チョコや赤ワインのポリフェノールが身体にいい。チョコは25グラムほど食べるといいらしい。 ヴァレンタインが近いですね。我が家は毎日がヴァレンタンデイみたいなものです。チョコを贈るのは日本ぐらいなもので [続きを読む]