e231green さん プロフィール

  •  
e231greenさん: 鉄道模型FAN
ハンドル名e231green さん
ブログタイトル鉄道模型FAN
ブログURLhttp://e231green.way-nifty.com/
サイト紹介文鉄道模型の製品加工やレイアウト作成の備忘録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2009/06/11 15:19

e231green さんのブログ記事

  • KATO4、5月の新製品
  •  ようやくKATOから新製品の発表がありました。まずは、4月の追加分 こちらは、既発売品のマイナーチェンジ。そして、5月の新製品はとってもうれしい。 遂に、湘南色の115系。 いつかは望みをかなえてくれると思っていましたが、300番台からとは意外です。 基本セットはサハを含む貫通7両 それに、4両増結と4両セットがあるのは、モーターの有無の違いでしょう。 車番は違うでしょうから、上野口の15連が組 [続きを読む]
  • 2017初頭の高崎ローカル
  •  昨年8月に置換のはじまった高崎の115系。2017年初頭の状況を見てきました。  同一ホームの並びが見られるほど、まだまだ元気でした。 しかし、4両編成の姿は見られませんでした。      横川行3両編成。横川へ行って、ボックスシートで釜飯を食べるチャンスがまだあります。 屋根上もピッカピカ。高セの手入れの良さがうかがわれます。 3両編成は1977年あたりに、新前橋電車区に新製配置された生え抜き [続きを読む]
  • 平成29年のごあいさつ
  •  新年あけましておめでとうございます。 新春にふさわしい車両がみあたらないので、ごろ合わせでマシ29。他に29からはじまるものには、レ2900、ワフ29000、ワフ29500がありました。       最近は、KATOの新製品発表と新車入線の話ばかりですが、今後もそういう方向になりそうです。 書かなければ書かないで済むことに、時間を掛けておりましたが、その分、模型そのものを楽しむ時間が少なくなって [続きを読む]
  • 富井電鉄猫屋線キハ1・ホハフ50形新塗装
  •  80分の1・9mmゲージの車両が入線しました。 当初は、旧塗装を入線させるつもりでしたが、前面塗り分けと客車が尾小屋鉄道にプロトタイプがあったことを知り、新塗装の入線となりました。 ナローゲージの線路もないので、動力化は先の話になりそうです。 製品に付属する展示用線路とHO周回線のシーナリーを組み合わせてみました。 今のところ、Nゲージの線路を使用することになってますが、規格の低い形態でこそナロ [続きを読む]
  • KATO4月の新製品
  •  あっという間に12月。早くも来年4月の新製品が発表になりました。 先月は国鉄の車両が3種類も発表されましたが、今月はほとんどJR。ブルトレはやぶさとワイドビューひだ・南紀、アラウンド九州。 JR九州仕様のEF81、ED76も発表されましたが、こちらは5月。 トラ55000が国鉄と言えば国鉄ですが、カバーが付いたので新製品。 はやぶさは、1990年ころのA個室、B個室、ロビーカー、食堂車をつないだ [続きを読む]
  • 2016-6 D51標準型長野式集煙装置付
  •  長野式集煙装置付D51が入線しました。 これまでの1/150 D51とかわらず、ほれぼれするスタイルです。 付属品はこちら。ナンバーはいずれも中津川機関区のものだそうです。 実車の写真と見比べてみると、125号機が一番近いのかも。ポイントはテンダーのライト。シールドビームのLP405が付いていますが、125号機はこれでした。ただし、他のナンバーはLP405ではなかったとはいいきれません。 当機関 [続きを読む]
  • 簡易ショーケース
  •  タムタム大宮店で見かけたTOMIXのクリアケースの利用法です。 ちょっとしたショーケースになります。 線路は鉄コレについてくる展示用。最近の奥行きのあまりないものです。 縦に重ねることもできます。 ただし、 重ねるとお辞儀をしてしまうので、 一段ごとに前後逆にしてあげると良いようです。 さらに、 背景を用意して、ケースの底に敷けば、 雰囲気もよろしくなりました。 背景は170mm×55mmです。 [続きを読む]
  • KATO2017年3月の新製品
  •  待ってました、シーチョンチョン 待ち望んでいたC11が発表になりました。 LP42装備なので、ポスターのライトとは違いますが、その方がよかった。 回転火の粉止め、通称クルクルパーも付けないそうです。 その他、キハ91系、オハ61系、実車が登場したばかりの西武40000系、さまざまなサウンドカード。 TOMIXのC11にかなり揺らいでいましたが、3月まで待つことに決定。 バック運転にも対応できるよ [続きを読む]
  • 路面電車の展示台4
  •  電柱を建てました。 架線を張りたいところですが、オーバースケールは目障り。直線状にきれいに張れるかも問題です。 ミシン用の糸に接着剤を含ませたら細くて丈夫な材料にならないかと試してみましたが、一直線になるほど固まらず。 結局、エバーグリーンの線材をつかってみました。 結論。 オーバースケール感はぬぐえず。 きれいに張るのも難しい。 おまけに車両をのせる際はパンタを降ろし、所定の位置でピンセットで [続きを読む]
  • 路面電車の展示台3
  •  少し時間があったので、道路面の塗装を行いました。 まずはジャーマングレーを一面に。一応アスファルトっぽい色ですが、舗装工事直後でもないかぎりありえない光景。 道路の色というのはなんとも形容しがたい中間的な色です。それも面全体が同じ色なのではなく、道路の中心部、端部、曲がり角、非舗装道路の入り口などでそれぞれ異なる表情を見せています。 なんとなくそんな表情を出したいとおもいます。 デッキタンを薄め [続きを読む]
  • 価格と走行性能 〜古いTMSから4
  •  1972年10月号のTMSに、精密さを極めるという方向とは別に走行状態を改善するという方向も大事ではないかという記事がありました。 曰く、「近頃の製品で言うなら、その価格は第一にディテールの程度に比例しているようである。 だから高価な機関車だから走行状態もよいとは、必ずしも言いきれない。 また、ディテールが豊富ということは、形態が良いのと同じではない。形態が秀れていても、ディテールは余りついてい [続きを読む]
  • 支線の駅
  •  路面電車の展示台を塗装するのが先決ではありますが、私鉄駅に浮気してしまいました。 ジオラマコレクションの駅Bと複線化対応ホームセット。調べて見ましたら、2008年8月29日に購入していました。 ジオラマ化したいと思いつつも、手を付けようとすると20m級4両は入らないと・・・・などと欲張ってしまい、計画倒れになるのが常でした。 今回は、ホームセットはそのまま使うことを前提に、ベースを600mm×3 [続きを読む]
  • ウエザリング 完了
  •  DC急行アルプスのウエザリングが完了しました。 手前は比較用のまっさらな1両 車体色と調和する黒にはなったと思います。 排気口まわりは、フラットブラックを上塗りして、単なるグレーの屋根ではないことを表現しましたが、自己満足の範囲です。↓私も参加しています。よろしければ、 をお願いいたします。↓にほんブログ村にほんブログ村 鉄道模型 [続きを読む]
  • 見るレイアウト 見せるレイアウト 〜古いTMSから3
  •  1978年5月号にNMRAのモジュール規格の記事がありました。 今ではあたりまえの、メインラインの複線に1本の単線を加えた集合式のレイアウトは、この記事をきっかけに日本に広まりました。  その記事の中に、集合式レイアウトは列車を「見せるレイアウト」で、個人の家の見るレイアウトとは性格が異なるという趣旨の一文がありました。 鉄道模型には個人で楽しむという領域と、不特定多数の方々に見ていただくという [続きを読む]
  • HOは縮尺の呼称 〜古いTMSから2
  •  1/80がHOでないことは、IMONさんがそのホームページで力説されております。 派生する事柄にも言及されていて、かなりの長文ですが、要するにHOは縮尺の呼称であり、その縮尺とは1/87であるから、1/80はHOではないという、あたりまえのことになります。 あたりまえのことを力説しなくてはならない現状は困ったものですが、それはさておき・・・・ TMSの記事によりますと、イギリスやアメリカでは、何 [続きを読む]
  • 日本型が1/80、1/150なのは 〜古いTMSから1
  •  3連休に昔のTMSをめくってみました。 TOMYTECから1/80ナローが発売されるにあたって、ナローゲージの記事に目がとまりました。 新製品は架空の猫屋線を走るフリースタイルと紹介していますが、尾小屋鉄道の車両にそっくり。どう遊ぶかの方向性も見えてきました。 また、1/80のナローゲージをどう呼称すべきかという問題提起がなされている記事があり、その中で、そもそも日本型が1/80、1/150であ [続きを読む]
  • 鉄コレモジュール 路面電車の展示台2
  •  建物のベースは2mm厚。レールに路面パーツを取り付けると6mm高になりますので、建物の下3mmスチレンボードで盛り土をして建物ベースをかさ上げしました。 空洞はありません。 道路と敷地の境に側溝フタを貼り付けました。 線路を準備します。 レールを隙間なく並べるとレールの間隔は8mmになりました。4本のレールを等間隔にしますので、1mm角棒をスベーサーにします。 上り線と下り線の間も9mmになりま [続きを読む]
  • 鉄コレモジュール 路面電車の展示台
  •  路面電車の展示台を作ることにしました。 手持ちのストラクチャーを流用して、簡単ながらも街を走っている雰囲気を出したいと思います。 とにかく並べてみました。 先日の阪堺電車 京都市電 すれ違い間隔。路面電車の複線間隔は4本のレールが等間隔で並んでいる感じで良いようです。 また、狭い道では道路の片側に寄せてしまう敷き方もあるようです。 まずは道路と建物敷地の境界に側溝ふたを貼り付けようと思います。↓ [続きを読む]