A-chang さん プロフィール

  •  
A-changさん: 「全国イイ味ハマル味」
ハンドル名A-chang さん
ブログタイトル「全国イイ味ハマル味」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/e_aji/
サイト紹介文全国のローカルフードを求めて旅するお話です。こんな旅の楽しさが解ってもらえたら嬉しいです。
自由文北海道から沖縄まで、全都道府県のローカルフード(B級ご当地グルメ)を食べ歩きます。時々ローカルチェーン店やローカルインスタント食、ローカルドリンクも紹介します。目標は3000ネタ。どうか応援よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供263回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2009/06/11 16:00

A-chang さんのブログ記事

  • 高知市「マヨネーズラーメン」
  • 9年前に高知名物の「屋台餃子」を紹介したことがありますが、その屋台の中の数軒では「マヨネーズラーメン」なるものが供されています。ネット上で確認できたのは6軒。ただ、かなり古い情報も含まれているので、現在何軒あるのかは不明です。(画像は高知市中央公園で行われていたイルミネーションフェスタです)というワケで、グリーンロードという屋台が並ぶ通りに行ってみました。……が、屋台が3軒しかありませんね。おかしい [続きを読む]
  • 高知市「大丸」
  • 「エースワン」というスーパーで買っておいた、ちょっと変わったカマボコを、ホテルの部屋で酒のアテとして頂いてみました。「大丸」(ハーフサイズ/538円)いう商品で、製造元は高知県須崎市にある昭和36年創業の「けんかま」となっております。必ず置いてある……というわけではありませんが、同様のものは多くのスーパーで見られました。フツーサイズのものは大体1,000円強くらいのお値段です。直径55×長さ105mmほどの大きさ [続きを読む]
  • 高知市「マダムロゼ」
  • 再び「ひろめ市場」にやってきました。平日の15時なので今回は余裕で座れますね。お目当ては「マダムロゼ」なるものです。高知県が発祥とされる四国のローカルカクテルなのですが、なぜかお隣りの愛媛県だけは「マダムロシャス」と呼ぶんですね。一体どこで変わっちゃったんでしょう。……ナゾです。市場内に供する店はいくつかあるのですが、夕方からの営業というお店ばかりなので、「土佐凧」という居酒屋で頼むことにしました。 [続きを読む]
  • 高知市「ぼうしパン」その3
  • 丁度13時になったので、はりまや橋の前にあるからくり時計を観てきました。上からは高知城、右からははりまや橋、下からはよさこいの踊り子人形、左からは桂浜と坂本龍馬像がゆっくりと現れます。すぐ近くにある、はりまや橋商店街でちょっとお買物を……と思って行ってみたのですが、お目当てのブツは見当たりませんでした。まぁ、時季外れのものでしたからね。多分ないだろうとは予想していました。なので、予定を変更。はりまや [続きを読む]
  • 高知市「碁石茶」
  • 高知駅前にある「とさてらす市」にやってきました。観光案内所・観光シアター・情報探索コーナー・展示コーナー・土産コーナーなどがあります。土産コーナーの「こじゃんと とさてらす市」で、ちょっと買物を。お目当ては「碁石茶」というものなのですが……あら、結構なお値段なんですね。カートカンタイプのものが155円で売られていたので、コチラを購入しました。少し前に徳島県の「阿波晩茶」という珍しい乳酸発酵茶を紹介しま [続きを読む]
  • 高知市「オーロラソースのチキン南蛮」その1
  • 「チキン南蛮」といえば宮崎県が発祥で、甘酢を絡めた鶏の唐揚げにタルタルソースを掛けたものが一般的(タルタル無しタイプもあり)ですが、高知市を中心としたエリアではタルタルの代わりにオーロラソースを掛けたものが主流となっております。(画像は宮崎県のおぐら本店のものです)というワケで、高知駅から2kmほどの場所にある「鳥心 本店」にやってきました。高知流「チキン南蛮」の代表格ともいえる人気店です。メニューに [続きを読む]
  • 高知市「カツオダシのところてん」
  • 再び高知駅方面へ戻り、大川筋武家屋敷資料館(旧手嶋家住宅/無料)を見学してきました。信じてもらえないかもしれませんが、雨がそれなりに降っています。2時間くらいこんな感じの天気だったのですが、高知ではよくあることなのでしょうか。2kmほど自転車を走らせ、今度はアートゾーン藁工倉庫というエリアへ。かつての藁倉庫を活用した美術館やバルなどが並んでいます。外観のみ見学しました。すぐ近くは地球33番地と呼ばれる場 [続きを読む]
  • 高知市「西日本最後のトーストサンド自販機」
  • この日はホテルで借りた自転車(無料)を使って、アチコチ廻ってきました。まずは安楽寺を参拝。平成5年までは四国八十八箇所第30番札所だったところなのですが、のちに第30番札所奥の院となりました。詳しくは書きませんが、とにかくそういうことになっちゃったんですね。すぐ近くにある金曜市に行ってみました。JR土讃線の高架下で毎週開かれています。しかし……お目当てのものが見当たりませんね。前日に頂いた「ちゅうにち」 [続きを読む]
  • 高知市「ぼうしパン」その2
  • 今回の旅、6日目。前日にスーパーで買っておいた高知県のローカルパン、「ぼうしパン」を2つ頂いてみました。簡単にいうと、パン生地の上にカステラ生地を帽子の形になるように掛けて焼いたものです。9年前にも紹介していますが、まずは昭和21年創業の「ヤマテパン」(130円)のものから。大きさは直径16cm×高さ5cmほど。黄色い部分はそうでもありませんが、茶色い部分はサクッとしたイイ食感。ミミは甘めで、ちょっと甘食のよう [続きを読む]
  • 高知市「土佐巻」
  • ひろめ市場で「どろめ」と「カツオのちちこ」を購入したあと、向かいにある毎日屋というスーパーにも寄りました。ここで購入したのは「土佐巻」(378円)というお寿司です。「土佐巻」は簡単にいうと、高知名物「カツオのたたき」とその薬味を一緒に巻いた海苔巻きです。(薬味が別添えになっている商品も見掛けました)昭和40年代に「ひょっとこ寿し」というお店で考案されたもので、現在は高知の寿司屋や居酒屋などでは定番とな [続きを読む]
  • 高知市「どろめ(その2)&カツオのちちこ」
  • 「ひろめ市場」にやってきました。郷土料理も頂くことができるので観光客にも人気がありますが、お客さんの多くは地元の方々……といった様子です。まぁ周辺の居酒屋よりも、こっちの方が全然安上がりですしね。市場内に多数あるお店で酒やつまみなどを購入し、共用のテーブル席で頂くことができるのですが……座れそうにもありません。なので、コチラの「土佐黒潮物産」というお店で購入したものは、ホテルの部屋で頂くことに。38 [続きを読む]
  • 高知市「ちゅうにち」
  • 阿波池田を出て後免で土佐くろしお鉄道に乗り換え、あかおかで下車…………するつもりだったのですが、乗り換えをせずに終点の高知まで来てしまいました。香南市のローカルフード「ちゅうにち」がお目当てだったんですけどね。お隣りの高知市にも供する店が何軒かあるんです。なので、香南市はまた時期を改めて訪れようかと思います。高知駅から15分ほど歩いたところにある、昭和16年創業の「まるよし食堂」に行きました。食堂とい [続きを読む]
  • 三好「祖谷そば」
  • 今回の旅、5日目。まだ夜が明ける前に徳島駅を出発。途中から大勢の学生が乗り込んできて、結構混雑したのは意外でした。各駅停車のディーゼルカーに揺られ、2時間ほどで阿波池田に着きました。カタカナの地名が多いことで知られる町で、信号には池田町サラダ・池田町マチなどと書かれていました。何でこのようなことになっちゃったんでしょうね。開店時刻の9時15分になったので、池田町サラダにある「八千代」というお店に入りま [続きを読む]
  • 徳島市「イリカス」他
  • 徳島城跡を見学したあと、旧徳島城表御殿庭園(千秋閣庭園)にも行ってみました。阿波特産の青石(緑色片岩)を用いた、枯山水と築山泉水庭の回遊式庭園をたったの50円で楽しむことができます。この時は雨天だったこともあり、私1人しか居ませんでしたけどね。夜になったので、「焼鳥 ごん」という居酒屋に入りました。徳島だけのもの……というわけではないのですが、今回のお目当ては「イリカス(煎りかす)」なるものです。牛や [続きを読む]
  • 徳島市「ほたようかん」
  • 徳島県には「ほたようかん」と呼ばれる郷土菓子があります。「スーパーでフツーに売っている」らしいのでいくつか廻ってみたのですが、結局どこにも見当たりません。なので、今度はお菓子屋さんに入ってみました。すると、「ウチでは扱っていないんですけど、そこを右に曲がったところにある和菓子屋さんにならありますよ」とわざわざ教えてくれるのでありました。というワケで、「千虎菓子舗」というお店にたどり着きました。お菓 [続きを読む]
  • 徳島市「たらいうどん」
  • 徳島駅前にある、ポッポ街という小さなアーケード商店街にやってきました。雨の日はアーケードがあると助かりますね。さて、4年ほど前に愛媛県内子町小田名物の「たらいうどん」というものを紹介しました。お隣り……というにはかなり距離がありますが、ここ徳島県にも「たらいうどん」というものがあるので頂いてみようかと思います。ホントは徳島市ではなく阿波市土成町(旧土成村)の名物なんですけどね。土成は鉄道旅だとちょ [続きを読む]
  • 徳島市「徳島丼」
  • 今回の旅、4日目。この日も1日中ずっと雨でしたが、ホテルから1kmほど歩いて徳島県庁まで行きました。今回のお目当ては、徳島ラーメン(茶系)の具をそのままご飯に載せた「徳島丼」なるものです。「徳島丼」は元々、東京にあるフジテレビの社員食堂のメニューなのだそうです。それが徳島県庁の食堂に逆輸入され、やがて徳島市内にジワジワと拡がっていった……というワケです。現在ラーメン店を中心に、食堂や居酒屋など一部の飲 [続きを読む]
  • 徳島市「金時豆入りちらし寿司」
  • この日はずっと雨が振っていたので、ホテルの近くにあるアーケード街(東新町商店街)辺りをウロウロとしていました。ホテルに戻る前に、「生鮮夢市場 がんばりや」というスーパーでちょっと買物を……。「田舎ちらし」(100円引きで280円/税別)というものを購入しました。前に甘い金時豆入りのお好み焼き「豆玉」を紹介しましたが、徳島ではちらし寿司にも入れちゃうんですね。ちらし寿司は、かきまぜ・おすもじ・ばらずしとも [続きを読む]
  • 徳島市「花嫁菓子」
  • 徳島県物産観光交流プラザ「あるでよ徳島」で購入したものを、もう1つ紹介させて頂きます。「花嫁菓子」(6枚入り93円)という、なんとも変わった名前の郷土菓子です。製造元は徳島市にある浅井製菓所。1枚1枚丁寧に手焼きして作るのだそうです。嫁入りの際に近所に配ったり引き出物に添えたりするもので、「お嫁さんのお菓子」とも呼ばれております。しかしながら、近年需要が減りつつありメーカーの数も減少。現在も製造している [続きを読む]
  • 徳島市「阿波晩茶」
  • この日は1日中ずっと雨だったので、阿波おどり会館に行ってみることにしました。眉山ロープウェイの山麓駅でもあります。天気が良ければ、眉山山頂からこんな景色を眺めることができたんですけどね。画像は9年前に撮ったものです。というワケで、2階の阿波おどりホールに行き、日本三大盆踊りの1つに数えられる阿波おどりの公演を見学してきました。戦前・戦後・現代では踊りが異なるそうで、短い時間ではありますがそれぞれを実演 [続きを読む]
  • 徳島市「カツ玉」
  • 今までに徳島特有のお好み焼きとして、甘い金時豆の入った「豆玉」と天ぷらが丸ごと入った「天玉」を紹介してきました。供する店はそれほど多くないのですが、他に「カツ玉」なんてものもあるんです。「天玉」を頂いた「きりんどう」のメニューにも載っていました。徳島駅の近くにある「ニュー白馬」という、戦後間もなく創業した老舗お好み焼き店で頂いてみようと思います。メニューには「豆玉」と「天玉」もあります。「カツ玉」 [続きを読む]
  • 徳島市「徳島ラーメン」その4(茶系)
  • 今回の旅、3日目。この日は1日中シトシトと雨が降っていたので、あまり遠くには行かないことにしました。右下の画像は寺町にある錦竜水と呼ばれる湧水で、上の画像の建物の中にあります。地元の方々が頻繁に汲みに来ていました。「徳島ラーメン」は茶系・白系・黄系の3系統全て紹介済みですが、せっかく徳島まで来ているので一杯だけ頂いていこうと思います。前回の茶系は「東大」という人気店だったので、今回は「いのたに 本店」 [続きを読む]
  • 徳島市「揚げたこ焼き」
  • 今回は徳島発祥だという「揚げたこ焼き」を頂きます。今から約25年前に自転車で日本一周をしていたとき、徳島県内で何度も「揚げたこ焼き」という文字を見掛けたのがきっかけです。そのときは駄菓子屋のような小さなお店で頂きました。店のお母さんに「この辺りでは揚げたこ焼きってフツーに売ってるんですか?」と尋ねると、フツーだというお返事。「揚げたこ焼き」自体は全国的にも見られますが、「揚げたこ焼き」がフツーだとい [続きを読む]
  • 高知市「碁石茶」
  • 高知駅前にある「とさてらす市」にやってきました。観光案内所・観光シアター・情報探索コーナー・展示コーナー・土産コーナーなどがあります。土産コーナーの「こじゃんと とさてらす市」で、ちょっと買物を。お目当ては「碁石茶」というものなのですが……あら、結構なお値段なんですね。カートカンタイプのものが155円で売られていたので、コチラを購入しました。少し前に徳島県の「阿波晩茶」という珍しい乳酸発酵茶を紹介しま [続きを読む]
  • 徳島市「天玉」
  • 徳島駅から1kmほどの場所にある、昭和59年創業の「きりんどう」というお好み焼き店にやってきました。お好み焼きの他、たこ焼き・人形焼風のコアラちゃん焼・大判焼きなどもございます。以前、「豆玉」という甘い金時豆の入ったお好み焼きを紹介したので、今回は「天玉」という天ぷらの入ったお好み焼きを頂こうと思います。店の前に「とくしま豆天玉焼き」と書かれたノボリが立っていましたが、それは甘い金時豆と天ぷらの両方が [続きを読む]