A-chang さん プロフィール

  •  
A-changさん: 「全国イイ味ハマル味」
ハンドル名A-chang さん
ブログタイトル「全国イイ味ハマル味」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/e_aji/
サイト紹介文全国のローカルフードを求めて旅するお話です。こんな旅の楽しさが解ってもらえたら嬉しいです。
自由文北海道から沖縄まで、全都道府県のローカルフード(B級ご当地グルメ)を食べ歩きます。時々ローカルチェーン店やローカルインスタント食、ローカルドリンクも紹介します。目標は3000ネタ。どうか応援よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2009/06/11 16:00

A-chang さんのブログ記事

  • 戸隠「戸隠そば」
  • 戸隠神社五社の内のひとつ、中社にようやく到着。まずは参拝を済ませました。さて、戸隠といえばやはり蕎麦ですよね。「戸隠そば」は岩手県の「わんこそば」や島根県の「出雲そば」と並んで、日本三大蕎麦のひとつに数えられております。創業100余年という、老舗の「岩戸屋」に入ってみました。8時30分からの営業というのが嬉しいですね。「ざるそば」と100円しか違わないので、「大ざるそば」を頼むことにしました。「ざる」とい [続きを読む]
  • 東部湯の丸SA「お煮かけそば」その2
  • ゴールデンウィークにクルマを使って、2人で長野県へ3泊4日の旅に行ってきました。渋滞を避けるため、家を夜中の3時に出発。途中、長野県東御市にある東部湯の丸SAで朝食を摂りました。渋滞はありませんでしたが、SAの駐車場はかなりの混雑です。仮眠を取っていたり、車中泊している方が結構いるんですね。24時間営業のフードコートも、それなりの賑わいを見せております。まだ6時前だというのに……。今回は「お煮かけそば」(750 [続きを読む]
  • 宇都宮「かぶと揚げ」他
  • 宇都宮市の中心部に戻ってきました。餃子が有名すぎるためか、あまり日の目を見ない宇都宮名物「かぶと揚げ」で1杯やっていこうと思います。「かぶと揚げ」は「みよしや」というお店で、昭和38年の創業時に生まれたのだそうです。本店は中心部から離れたところにあるので、シンボルロード店に行ってみました。大衆酒場のような店構えを想像していたのですが、意外に小洒落た感じのお店なんですね。……といっても、オヤジ率高めで [続きを読む]
  • 宇都宮「もんじ焼」その2
  • 樹齢150年以上といわれるヒガンザクラの花が咲く、慈光寺を参拝してきました。宇都宮市内で最も早く咲く桜ということで、見頃は過ぎていましたけどね。(4月上旬の話です)軽く一杯やるため、JR宇都宮駅西口駐輪場で借りたレンタサイクルを東武宇都宮駅東駐輪場に返却。そこから1.5kmほど歩いて新川桜並木通りへ行きました。コチラは丁度見頃を迎えていて、それなりに賑わっていますね。栃木県と茨城県の一部地域に見られる「煮い [続きを読む]
  • 宇都宮「もんじ焼」その1
  • 東武宇都宮駅の近くにある、築昭和7年という松が峰教会を礼拝してきました。……というか、見学してきました。宇都宮市内には大谷石を使った建造物がアチコチにあるのですが、コチラはその中でもかなり立派な造りとなってるんですね。静かで心が安らぐのか、おばあちゃんが1人……礼拝堂に座って寝てました。さて、「もんじゃ焼き」といえば東京下町のものが全国的に知られていますが、現在は豪華かつ高価なものが主流で、駄菓子屋 [続きを読む]
  • 宇都宮「宇都宮焼きそば」
  • 青春18きっぷが1回分余っていたので、日帰りで栃木県の宇都宮に行ってきました。宇都宮といえば全国的には餃子の町として有名ですが、焼きそばの町としての知名度もかなり高くなってきております。各メディアに取り上げられ、ガイドブックにも「宇都宮焼きそば」として紹介されているほどです。(画像は宇都宮駅前にある餃子像です)しかし……宇都宮に限らずですが、北関東はホントに焼きそば専門店が多いですね。JR宇都宮駅西口 [続きを読む]
  • 自宅「オリエンタル 台湾カレーミンチ」
  • 名古屋の円頓寺商店街にある「丸一ストアー」で、「台湾カレーミンチ」(228円/税別)というレトルト食品を買ってきました。言うまでもありませんが、本場台湾ではなく名古屋系台湾の方です。製造元はカレーとオリエンタル坊やでお馴染みの、株式会社オリエンタルです。調べてみたところ、今年の2月に発売されたばかりの新商品なんですね。カレーが主力のメーカーなので、「台湾ミンチ」ではなく「台湾カレーミンチ」になったのだ [続きを読む]
  • 塩尻「からしいなり」その2
  • 塩尻からこのまま真っ直ぐ自宅のある神奈川県まで帰るのですが、途中でお腹が空くかもしれないので「デリシア 塩尻店」というスーパーに寄りました。ハッキリとしたエリアはよく分かりませんが、松本市周辺では定番となっている「からしいなり」を久し振りに購入しました。その名の通り、中にカラシが塗られた稲荷寿司です。大月行きの各駅列車内で頂きました。予想以上に混雑してたので、結局食べられたのは甲府を過ぎてからなん [続きを読む]
  • 塩尻「山賊焼 その2」他
  • 奈良井を出て塩尻で下車。久し振りに「山賊焼」を頂いていこうと思います。Wikipediaによると、中信地方の松本市発祥説と塩尻市発祥説があるそうです。しかし現在は中信地方のみならず、長野県のほぼ全域(県外にも)に見られるほどメジャーなものとなっております。当然のことながら、スーパーにもフツーに並んでいるんですね。今回は元祖説のある、その名も「山賊」という居酒屋に行ってみました。暖簾には小さく「元祖」の文字 [続きを読む]
  • 奈良井宿「すんきそば」
  • 多治見を出て中津川で乗り換え、長野県の奈良井で下車。駅を出ると、そこは旧中山道の宿場町・奈良井宿です。重要伝統的建造物群保存地区にも選定されていて、このような町並みが1kmほど続いております。この日の天気は曇りのち雨……という予報だったのですが、奈良井駅の標高は934mあるそうで、3月下旬だというのに雪が降っていました。ここ木曽地方には「すんき」「すんき漬け」と呼ばれる、塩を全く使わない珍しい漬物がありま [続きを読む]
  • 多治見「ミレーフライ」
  • 今回の旅、9日目。東海道本線ではなく、中央本線を使って神奈川県にある自宅まで帰ります。名古屋を遅めに出発し、岐阜県の多治見で下車。開発型まちおこし系の「たじみそ焼きそば」を朝食として頂きます。駅前プラザ・テラというショッピングセンターの地下にある、「純」というお好み焼き屋さんに行ってみました。……が、あれ、やってませんね。駅前プラザ・テラのHPには、10時からの営業と書かれているのですが……。すでに10 [続きを読む]
  • 名古屋「台湾鉄板スパゲティ」
  • この日は「桜まつり」ということで、名古屋城の天守閣や本丸御殿などがライトアップされていました。……が、意外なことにガラガラ。桜の花が全然咲いていなかったこともあるのかもしれませんね。(3月下旬の話です)天守閣最上部から、名古屋駅周辺の超高層ビル群やテレビ塔などを撮ってみました。通常は16時30分に閉門となるので、なかなか観ることのできない光景です。ところで……こういうお土産って、まだあるんですね。買う [続きを読む]
  • 名古屋「台湾あんかけスパゲティ」
  • 岐阜県へのプチ旅を終え、名古屋に戻ってきました。画像はJRセントラルタワーズです。名古屋駅から2kmほど歩き、「あんかけ堂 丸の内店」というお店に入りました。またアレかと思われるかもしれませんが……またアレです。台湾ラーメンから派生した名古屋系台湾料理を頂きます。あんかけスパ専門店なので、メニューには「台湾」(880円)とだけ書かれています。知らない人が見たら、「なんじゃそりゃ」でしょうね。ちなみにコレ、 [続きを読む]
  • 美濃加茂「美濃加茂やきそば」
  • 「カタクリまつり」の会場から再び無料送迎バスに乗り、美濃太田駅前まで戻ってきました。3分ほど歩いたところにある「扇」という喫茶店で、まちおこし系の「美濃加茂やきそば」を頂いていこうと思います。かつて美濃太田駅の前に「福寿堂」という食堂があり、看板メニューの「焼きそば」は美濃加茂市民にとってソウルフード的な存在だったそうです。しかしながら、平成10年頃に惜しくも閉店。そのレシピを元店主から学び、再現し [続きを読む]
  • 可児「里芋コロッケ」
  • せっかく「カタクリまつり」に来ているので、少し自然公園内を歩いてきました。……が、ほんのちょっとしか咲いていないんですね。地元の方の話によると、見頃になるのは1週間くらい先ではないか……とのこと。しかもカタクリの花って夜は閉じており、陽が昇って暖かくならないと開かないのだそうです。そうか、それでまだお客さんが少ないんですね。そういえば、朝イチに乗った無料送迎バスもガラガラでした。まぁでも、「サヨリ [続きを読む]
  • 可児「サヨリめし」
  • 名古屋を出て岐阜で乗り換え、岐阜県の美濃太田で下車。今度は湯の華アイランド行きの無料定期送迎バスに乗り換えます。……といっても、湯の華アイランドが目的ではないんですけどね。10分ほどで着きました。タダ乗りというのも何なので、帰りに湯の華市場で買い物をしていきます。実はこの日、可児川下流域自然公園で「カタクリまつり」が開催されていたんですね。(カタクリまつりが目的でも送迎バスに乗せてくれます。念のため [続きを読む]
  • 名古屋「コアコア」
  • 今回の旅、8日目。前日に「生鮮ひろば サンエース」というスーパーで買っておいた、固形ヨーグルトを頂いてみました。商品名は「コアコア」(2個パック118円/税別)。製造元は愛知県小牧市に本社を置く、愛知ヨークというヨーグルトを主力としたメーカーです。昭和54年に「コア」として誕生し、平成12年に「コアコア」と改称。愛知県の小中学校では、お馴染みの給食デザートとなっているそうです。腸内にとどまって良い働きをする [続きを読む]
  • 名古屋「幅広系きしめん」
  • 地下鉄桜通線に乗って、中村区役所から隣りの名古屋に移動。JRセントラルタワーズ15階のスカイストリートから夜景を眺めてみました。ライトアップされた名古屋城を観ることができましたが、2kmちょっとの距離があるので実際はかなり小さく見えます。名古屋駅の上に建っているビルなのに、こんなにガラガラだったのは意外でした。15階なのでそれほど眺めが良いわけではありませんが、穴場といえるかもしれません。名古屋から再び地 [続きを読む]
  • 名古屋「玉子とじラーメン」
  • 名古屋から地下鉄東山線に乗り、4つ目の中村公園で下車。豊臣秀吉公を祀る豊国神社を参拝してきました。この辺り(中村公園内)は、秀吉公生誕の地ともいわれているそうです。開店時刻の17時30分になったので、「萬珍軒」という中華料理店に入りました。お目当ては、4年ほど前にケンミンSHOWで知った「玉子とじラーメン」なるものです。このお店が元祖となるのですが、かなり人気があるようで、テーブル席はあっという間に埋まって [続きを読む]
  • 名古屋「味噌中華」
  • 1時間ほど庄内緑地を散策したあと、地下鉄鶴舞線で丸の内へ移動。今度は四間道界隈を散策してきました。名古屋では珍しい、町屋や土蔵など古い町並みが残るステキなところです。近くには名古屋最古の商店街ともいわれる、円頓寺商店街もございます。四間道から路地を少し入ったところにある、「浅田屋」という老舗感がプンプン漂うお店にやってきました。お昼時は過ぎていて、しかもほとんど人通りのない道に面しているにも拘わら [続きを読む]
  • 名古屋「薬膳ラーメン(万楽系)」
  • 今回の旅、7日目。朝食はセブンイレブンの「朝セブン」(セブンカフェ+人気のパン8種類のうち1つ=200円)で済ませました。コロッケパンにはコーミソースが使われていたので、もしかしたら中京圏限定なのかもしれません。この日は名古屋市営地下鉄の全線一日乗車券を使いました。そんなには乗らないんですけどね。伏見から鶴舞線に乗り、4つ先の庄内通で下車。前に「好来系」と呼ばれる薬膳ラーメンを頂きましたが、名古屋にはも [続きを読む]
  • 名古屋「とんちゃん」他
  • 「とんちゃんセンター みっちゃん」というお店にやってきました。「とんちゃん」は一般的には豚のホルモン焼きのことですが、全国には様々な「とんちゃん」が存在します。今まで紹介してきたものだと、滋賀県高島市の鶏肉を使った「とんちゃん」、福井県大野市の牛や豚の内臓全てを使った「とんちゃん」、山口県下関市の牛ホルモンを使った鍋料理「とんちゃん鍋」など。では中京圏の場合はと申しますと、フツーに豚ホルモンが一般 [続きを読む]
  • 名古屋「台湾味噌煮込みうどん」
  • 岐阜県の多治見を出て、千種で下車。名古屋市まで戻ってきました。駅から10分ほど歩いたところにある、「三朝」といううどん屋さんで名古屋系台湾料理を頂きます。……しつこいようですけど。このお店は台湾メニュー(変な言い方だけど)が充実しているんですね。台湾カレーうどん・台湾まぜうどん・台湾カレーライス・台湾鍋焼きうどん・台湾味噌煮込みうどんの他に……台湾親子かき玉うどん・台湾伊勢うどん風うどん・台湾えびう [続きを読む]
  • 多治見「アイスまんじゅう」
  • 虎渓公園から坂道を東へ下ったところにある、多治見修道院にやってきました。ワインを生産する日本では珍しい修道院ということで、敷地内にはブドウ畑が広がっていました。毎年11月にはワインフェスタも開催されるそうです。自由に見学することができるのですが、残念ながら礼拝堂内は撮影禁止となっていました。多治見修道院からほんの少し坂道を下っていくと、そこに「アイスまんじゅう」と書かれたノボリが……。全国に点在する [続きを読む]
  • 多治見「東濃の五平餅(その2)&味付焼あげ」
  • 元祖「ころうどん」を頂いたあと、永保寺を参拝してきました。庭園の設計は、京都の西芳寺(苔寺)や天龍寺なども手掛けた、夢窓疎石によるものとなっております。岐阜県には国宝の建造物は3つしかないのですが、その内の2つがここ永保寺にあります。1つは上の画像の奥に見える観音堂。1314年に建立されたものなのですが、修復歴が少なく当時の姿をほぼ保っているのだそうです。もう1つは境内の奥にひっそりと佇む開山堂。1352年頃 [続きを読む]