samakita さん プロフィール

  •  
samakitaさん: samakita
ハンドル名samakita さん
ブログタイトルsamakita
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/samakita/
サイト紹介文大人の理科好きの月刊誌RikaTan(リカタン 文一総合出版)の編集長で理科教育、ニセ科学が専門です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/06/12 12:00

samakita さんのブログ記事

  • EM菌による結界(EM結界)の結果の一例
  •  先ほど入れたのは、EM結界を試みている人を追跡していて見つけたものだ。  そちらのほうを紹介しておこう。  学校で校長がEM米のとぎ汁発酵液を各教室で噴霧!(以前のことだが)   http://d.hatena.ne.jp/samakita/20170528/p1    参考:  EMに囲まれた場所は「結界」(宗教用語:聖なるものを守るためのバリア)になると言います。病気にもならず、事故にも遭わず、自然災害が極端に少なくなり、年々体の調子が [続きを読む]
  • 左巻健男「本を書く生活、文を書く生活」の一端
  •  さっき『小中理科のすべてがわかる本』の図版の元資料を編集者に渡したところだ。  思えば理科教員になったとき、定年までに1冊本を書きたいなと思った。  それが表紙に名前が出ている本で2百冊以上になった。  出版社に「先生には堅実なファンがいる」と言われた。  だから執筆や監修の依頼が途切れないんだと。  嬉しいことだ。  「出る杭は打たれる。嫉妬もされる」とも言われた。    今年も半年ほどが過ぎた。   [続きを読む]
  • かつての「大麻」、白黒ダジャレうさぎ@DonnieTheDutch
  • 白黒ダジャレうさぎ@DonnieTheDutchは、いま54〜55歳くらいの名古屋の某大学職員。子供にはいいお父さんだが、可笑しげな自称サヨク。ニセ科学批判が嫌いらしい。それで菊池誠さん、早野さん、ぼくなどに偏執的に攻撃して喜んでいるアカウントである。 まあ、世の中には匿名をいいことにクズそのものもいるってことだ。 最近は一生懸命スクショしておいたらしい以前の投稿を持ち出してくる。 それで、 おしどりマコ氏のEM菌応援 [続きを読む]
  • 本を書く生活、文を書く生活
  • 昨日、講演に行くための車内で次の文を書いた。理科の探検(RikaTan)誌8月号用のものだ。一次原稿なので少し手直しする可能性がある。、 編集長エッセイ  本を書く生活、文を書く生活             SAMAKI Takeo 理科の探検誌編集長   左巻 健男  「原稿が遅れる人はもともと書く能力が弱い人か、自分の能力を高く見過ぎてちょっとで書けると思い、ぎりぎりでやる人かな。ふつう、3日でやれると思うこ [続きを読む]
  • 井上静氏の関西への「思い」
  • https://twitter.com/ruhiginoue/status/745397859575431169 関西では「朝鮮人と琉球人お断り」と表示してあり、さすがに明記はしなくなっても口頭では言う。 https://twitter.com/ruhiginoue/status/752455971004264449 森喜朗が言っていたことを思い出す。「大阪はたんつぼ」 [続きを読む]
  • 井上静氏の埼玉への「思い」
  • https://twitter.com/ruhiginoue/status/446527963048050688 だから埼玉県民は民度が低く「ダサイタマ」と揶揄される。 https://twitter.com/ruhiginoue/status/494473778177392640 「ダサイタマ」と揶揄される埼玉県の後進性とも指摘されている。 https://twitter.com/ruhiginoue/status/595753278199201793 ダサイタマは民度低いと東京都民から見下され ... [続きを読む]
  • 井上静氏の千葉、東京への「思い」
  • https://twitter.com/ruhiginoue/status/757556570163060736 小池百合子が知事に当選したら、東京都民は千葉県民と同じ民度どころか、隣の県教の訓があるにもかかわらず騙されたのだから東京都民は千葉県民以下ということになる。 https://twitter.com/ruhiginoue/status/828949343696670720 千葉と群馬は医療が劣悪の双璧だと言われてきたけれど、そういうところから「透析患者を殺せ」と言った人が立候補するには、あ ... [続きを読む]
  • 理科教育法、教育方法、教育課程のテキストづくり
  • 【理科教育法】小学校編 中高校編 の2冊をつくります! *理科教育法の出版社は東京書籍予定です。 *出版社(学文社)からは理系での【教育方法】【教育課程】の発行もお願いされています。  左巻健男の友人らと一緒につくった、現行教育課程向けに大学の理科教育法のテキスト、『授業に活かす! 理科教育法 小学校編』『授業に活かす! 理科教育法 中・高等学校編』(共に東京書籍)の2冊があります。  次期教育課程 [続きを読む]
  • パラノイア(偏執病)
  • パラノイア(偏執病)は一つの妄想にすっかり頭が支配されて、そのために人生がいかなる事態になろうとも決して現状を省みない人たちだ。素質(偏執性)や性格を基盤に、様々な状況や環境への居直りでそうなってしまったとみられる。パラノイアにつける薬はないという。 パラノイア患者に多い1つが【好訴妄想】。法的に不利益を被ったと主張し、常識を超越した「こだわり」をもって裁判へ訴える人びとがいる。損得勘定は二の次 [続きを読む]
  • ◎確実・格安◎理科の探検(RikaTan)☆SAMA企画直送定期購読の案内
  • ※ブログ先頭に来るように日を変更しています。 RikaTan(理科の探検)は偶数月26日発売の隔月刊誌です。 ※読者サポートサイト http://rikatan.com/ ※ SAMA企画に1冊のみでも注文可能です!(できれば4冊以上を さらにできれば年間購読6冊を) ※ SAMA企画直送定期購読など6冊以上を申込の場合、2017年1月20日現在、自由研究号3冊をPDFで収録したDVDを先着50名様に贈呈します。申込時に自由研究DVD希望も記入して下さい。 [続きを読む]
  • 大学の理科教育法のテキスト
  •  左巻健男です。    ぼくの友人らと一緒につくった、現行教育課程向けに大学の理科教育法のテキストとして『授業に活かす! 理科教育法 小学校編』『授業に活かす! 理科教育法 中・高等学校編』(共に東京書籍)の2冊があります。  次期教育課程が、小学校 2020年4月〜完全実施 中学校 2021年4月〜 高等学校 2022年4月〜 となりますので、まず今年度中に小学校編の新版をつくろうと思います。  中・高等学校編 [続きを読む]
  • 9日間かかってLINEなりすまし削除!
  • 注意!!!LINE左巻健男なりすましの発生!(左巻健男はLINEをやっていません!) http://d.hatena.ne.jp/samakita/20170410/p1 ───────────────────────────  9日、「LINEのアカウントが乗っ取られているのでは?」「先ほどラインで当方に先生からビットコインを3万円ほど送ってというメールがありましたが」などいう連絡が何人かからあった。 LINEやってませんからね。やっていないのになりすま [続きを読む]
  • 常温核融合についてどう考える?
  •  理科と教育ML(山賀さん主催)で「理科の探検(RikaTan)誌4月号を読みました。面白かったです。…私は常温核融合はニセ科学であると思っています。いかがでしょうか。」という投稿があった。 4月号の内容 http://rikatan.com/ 。  それへのぼくのコメントです。 ───────────────────────────  ユタ大学での常温核融合成功が科学界にセンセーションを巻き起こしました。しかしさまざまの追試の [続きを読む]
  • いのうえしずかさんとのことに画像など追加
  • *相手したくないんですが、ぼくを執拗に攻撃している間は松崎さんなど他の人に攻撃が向かうのが弱くなるのでまあいいかなと思っています。  ただ、「井上静+2ch」で検索して出てくるスレッドを読むと、匿名で、井上静さんの述べていることをもとに激しく攻撃の投稿をしている人がいるので、そんな人が出てこないことを願っています。その匿名の人は誰だかわかりませんが。 *↓いのうえしずかさんとのことに画像など追加し [続きを読む]
  • ニセ科学批判をやっていると…
  • 理科の探検RikaTan&左巻健男 ↓ニセ科学批判をやっているとそれで儲けようと命がけの業者からの攻撃を受けるだけではなく、結果的にニセ科学を利する可笑しげな人らの攻撃を受けるものだ。可笑しげな仲間が褒める人らはよくニセ科学と連むのでそうするのは理解するけど。 ─────────────────────────── >小池一夫 @koikekazuo 人の本気を笑う者が許せない。中島みゆきさンのファイトという曲の「闘 [続きを読む]
  • 動画:コビトカバのナツメちゃん(上野動物園)
  •  先日、今泉忠明さんとまわる上野動物園ツアーをやってきた。  ぼくが企画。上野や多摩で時々開催してきたが、今回は久しぶりだった。  「最後はカバを見よう!」と言ってツレなどと見に行った。  コビトカバのナツメを見ていたら、近くのお姉さん(お客さんで20代後半?)が話しかけてきた。  赤ちゃんの頃から見に来ていて、彼女が声をかけると寄ってくるという。  ナツメは2011年6月22日生まれだから5歳(6月で6歳) [続きを読む]