ima さん プロフィール

  •  
imaさん: 今村建築一級建築士事務所の家づくりブログ
ハンドル名ima さん
ブログタイトル今村建築一級建築士事務所の家づくりブログ
ブログURLhttp://imtom.exblog.jp/
サイト紹介文兵庫県姫路市で無垢の住まいの設計をする建築士の住まいの価値観、設計業務や現場での出来事、日常の出来事
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/06/12 17:32

ima さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • トラックボールと冷たさ対策
  • 数年前からマウスをトラックボールに置き換えています。写真のトラックボールは青いボールが付いたマウスに見えますが、マウスのようには動かして使いません。ボールを親指で転がしてカーソルを操作します。 はマウスと同じです。トラックボールに置き換えた当初はぎこちなかった操作も数日で慣れ、年単位が経過した今ではCADも含めて全てをトラックボールで自在に入力しています。マウスと比べてトラッ... [続きを読む]
  • モクレン
  • もう2週間も前のことですが、ジョギングの途中、姫路城の堀の横の千姫の小道の脇でモクレンが綺麗に咲き誇っていました。残念ながらデジカメを持っていませんでしたので、いったん家までジョギングして戻ります。デジカメを持ち再度元の千姫の小道に戻って撮った写真です。曇天が残念ですが、白く大きなモクレンがとても綺麗です。 [続きを読む]
  • タンクレストイレとタンク式トイレの違い
  • 見た目が大きく違うタンク式トイレとタンクレストイレのメリットとデメリットを含め見た目以外にどんな差があるのでしょうか。洗浄方式の違い従来からのタンク式のトイレは、洗浄用の水を一旦便器後方上部のタンクに貯め洗浄時にそのタンクから自然落下で水を流します。一度流すと再度タンクに水がたまるまで水が流せないので、朝の混雑時に連続使用すると不便な時があるかもしれません。洗浄水を流すのは最近はリモ... [続きを読む]
  • 一体形便器と組み合わせ便器の大きな違い
  • 便器といえば陶器製で、国内ではTOTOとINAX(現LIXIL)が2強です。2006年にはPanasonicが有機ガラス製の便器を発売開始し、現在この3メーカーが国内では便器の主流になっています。各メーカー毎に多くの種類の製品が販売されていて、それぞれ何が違っていてどう選べばよいのか困ります。そこでいくつかの判断基準を提示してみたいと思います。陶器製の便器は非常に耐久性が高いうえ、昔の便... [続きを読む]
  • サッシ
  • 高性能グラスウール断熱材16kg厚100mmの充填断熱の外壁の熱貫流率Uは0.45程度ですが、アルミサッシにペアガラスを嵌めた窓の熱貫流率Uは中空層が10mm未満のもので4.65、中空層が10mm以上で4.07です。(熱貫流率Uは、建物内外の温度差が1度の場合に断熱する空間の表面積1平方m当りに通過する熱量をWで示したもので、単位面積当たりの熱の通しやすさを表し値が小さいほど熱を伝えにくく、... [続きを読む]
  • 天井
  • 石膏ボードの上にビニルクロス等を貼って仕上げた天井が一般的です。私はビニル樹脂をできるだけ使わないように心がけているので、ビニルクロスではなく月桃紙という和紙貼りを採用しています。ビニルクロスの素材感さえ邪魔でよりシャープでシンプルな印象にしたい時には、石膏ボード等の目地処理をしてからペイント仕上げにする事もできます。これだと本当のつるつるにできます。つるつるにもできますが、刷毛(ハケ... [続きを読む]
  • 住宅で消費するエネルギー
  • これまで平成28年省エネルギー基準で定められている断熱性能に関係する外皮平均熱貫流率(Ua)と冷房期の日射熱の侵入しやすさを表す冷房期の平均日射熱取得率(ηAC)についてお話ししました。これらは、室内空間をすっぽりと覆い外部空間と隔てている屋根・壁・窓・ドア等(外皮)の性能に関わる基準です。外皮性能を高めることにより冷暖房の効率が良くなり省エネルギーに結びつきます。省エネルギーの基準です... [続きを読む]
  • 日射の影響を計る指標
  • 今まで平成28年省エネルギー基準の断熱性能の外皮平均熱貫流率Uaに関係する話題をしてきました。しかし、平成28年省エネルギー基準で定められているのは断熱性能の外皮平均熱貫流率(Ua)だけではありません。冷房期の平均日射熱取得率(ηAC)という基準も設けられています。平均日射熱取得率は、日差しの影響よる熱(日射熱)の侵入し易さを表す指標です。数値が小さいほうが住宅に入る日射熱が少ないことを... [続きを読む]
  • ZEH、HEAT20をクリアする断熱仕様をシミュレーション
  • 先日は、様々な断熱性能のグレードと体感温度を比べてみました。では、実際にどの程度の断熱材を利用するとそれらのグレードを満たすことができるのでしょうか。2004年(平成16年)に設計しました延べ床面積118平方m (35.7坪)のお住まいをモデルとして計算してみます。兵庫県で当時の地域区分は地域4(現行基準の地域6)です。充填断熱、天井断熱で、基礎への断熱は施されていません。断熱材... [続きを読む]
  • どの程度の断熱性能を目標にするか
  • 先日、断熱性能に関して平成28年省エネルギー基準より高い目標を掲げる規格に、ZEHとHEAT20のG1、G2があると書きました。それはどの程度の断熱性能なのでしょうか。高断熱化技術開発委員会「HEAT20」がホームページで公開している資料に参考になるデータが掲載されています。地域区分に応じて暖房方式(暖房時間)を設定し、断熱のグレードごとに「冬期間、住宅内の体感温度が15℃未満となる... [続きを読む]
  • これから目指す断熱性能の指標
  • 先日、平成28年省エネ基準による断熱性能は「必要にして十分ではなく」満たすべき「最低基準」だと書きました。では、今後はどのレベルの断熱性能を目指すとよいのでしょうか?住宅性能表示制度で一番高い断熱性能等級は等級4で、これは平成28年省エネルギー基準に相当しています。住宅金融支援機構のフラット35Sも長期優良住宅も断熱等の性能等級4が要件で同じく平成28年省エネルギー基準相当です。では... [続きを読む]
  • 平成28年度省エネルギー基準とはどの程度なのか
  • 平成28年省エネルギー基準対応の住宅省エネルギー技術講習(施工技術者・設計者)を、先日受講してきました。大規模建築物では、すでに省エネ適合が義務化されていますが、住宅では2020年(平成32年)に全ての新築住宅で省エネ適合義務化が予定されています。現状、新築住宅での省エネ基準適合率は5割程度だそうです。この平成28年度基準を適用して建てた住まいは、どの程度断熱性能になるのでしょうか。... [続きを読む]
  • 住宅省エネルギー 設計技術者講習会を受講
  • 先日の施工技術者講習に引き続き、住宅省エネルギーの設計者講習を受けてきました。施工編と同様13:00〜17:30までの半日コースで、最後には修了考査があり合格者のみ修了証が発行されます。基本編の冊子は配布されていましたが省エネの概要の解説等は省略され、いきなり本篇の解説が始まります。講習の内容は、建物の断熱性能を示す外皮平均熱貫流率と日射遮蔽性能を示す平均日射熱取得率と呼... [続きを読む]
  • 住宅省エネルギー技術 施工技術者講習会を受講してきました
  • 知識と技術の研鑚のために、住宅省エネルギー技術講習会に行ってきました。設計と施工の2種類あって本日の講習は施工編なのですが、設計にも役立つ内容と聞いたので受講してきました。13:00〜17:30までの半日コースで、最後には修了考査があり合格者のみ修了証が発行されます。大きな会場で、多くの方が受講されていました。設計・施工の両方に関係する基本編が1時間、専門的な施工... [続きを読む]
  • 第29回全国陶器市 5日目
  • 結局、3日、5日、6日と陶器市に3日も通ってしまいました。5日(土)は別件の帰りに寄り道で、30分ほどで思い残しがある分だけを購入することなくおさらいしておきました。6日の今日、マグカップだけでも購入しておこうと行ってきました。福岡県小石原焼、柳瀬本窯元さんのマグカップです。垂れた釉薬が作り出す自然の模様に惹かれました。ただ、分厚くずっしりと重いです。¥2,500... [続きを読む]
  • 第29回全国陶器市
  • 今年も11月2日(水)から6日(日)の5日間、姫路大手前公園で陶器市が開かれています。必要なものはありません。でも、欲しいものはきっとあるはず。と言うことで、今年も行ってきました。一年で最も楽しみにしている行事です。ここ数日で急に冷え込みがきつくなりましたが、今日は天気も良く少し暖かく感じます。そのためかすごい人出で、どのテントも満員でなかなか中に入れません。すいてい... [続きを読む]
  • 加除式マニュアルの差し替え
  • 今日から地元のスーパーの実施設計図(詳細図)の作成に取り掛かる予定です。本日中に基本計画図のデータが届き、それを受けて詳細図の作成です。そのデータが届くまでに加除式のマニュアル本を差し替えました。建築分野にかかわらず法令は頻繁に改正されています。そのたびに法令集を買い替えると無駄が多くなりますし、新たな法令についての解説(マニュアル)などもその度に購入するとなると大変です。また法令関... [続きを読む]
  • 姫路城マラソン2016を走ってきました
  • 週間天気予報では何度も雨の予報マークが出たりしていましたが、無事晴天の28日(日)、姫路城マラソン2016(http://www.himeji-marathon.jp/2016/)を走ってきました。想定するレース展開は、35kmまで5分15秒/km、残り7.2kmを5分45秒/kmのペースに5分のロスを見込み3時間50分でゴールです。できるだけ前のほうでスタートしようと早めに... [続きを読む]
  • 姫路城マラソン2016の前日
  • 明日2月28日(日)に姫路城マラソン2016(http://www.himeji-marathon.jp/2016/)に参戦です。昨年の2月15日(日)に高知龍馬マラソン2015を3時間59分55秒の記録でギリギリサブ4を達成しました。今年は数分の余裕をもって4時間以内に走り切りたいと思っています。5分15秒/kmのペースで35km、後半ペースが落ちて5分45秒/kmで残り7... [続きを読む]
  • 過去の記事 …