神戸・社労士夫婦の二人三脚  さん プロフィール

  •  
神戸・社労士夫婦の二人三脚 さん: C&Y社労士事務所 ブログ
ハンドル名神戸・社労士夫婦の二人三脚  さん
ブログタイトルC&Y社労士事務所 ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/candysr0426
サイト紹介文神戸発、社労士夫婦の日常を書き綴っています。気楽にお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/06/14 14:44

神戸・社労士夫婦の二人三脚  さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ゴールデンウイーク
  • 5月3日からの後半ゴールデンウイークは読書に、仕事に、パソコン内部の整理にあっと言う間に過ぎました。この期間に数冊本を読みましたが今治タオルで有名な㈱エイトワン 社長の大藪崇さんの「怒らない経営」を読み、影響を受けました。大藪さんの考え方、地方創生に共感できるところが多く地方都市である神戸は何ができるだろうと考え始めました。。ありきたりな、神戸の魅力ではない何か?今まではスポットライトがあたっていな [続きを読む]
  • 花見の季節
  •  平成29年度がはじまり 気持ちが引き締まります。 それにしても、気温が上がりませんね 例年だと、桜が満開のはずが・・・ お花見もできない気温です。  毎年この時季、新入社員の入社式を テレビニュースで見るたびに 自分の頃を思い出します。 公益財団法人 日本生産性本部が 毎年、新入社員の特徴を発表しています。 今年のタイプは 「キャラクター捕獲ゲーム型」だそうです。 私の時は 「お仕立券付ワイシャ [続きを読む]
  • 確定申告の準備・・・
  •  自営業の定めです・・・ 来月そうそうには、確定申告の開始です。 毎年、毎年、領収書や通帳をにらみながら 会計ソフトへ仕訳を入力しています。 本来なら、毎月決まった日に丁寧に帳簿を 入力していれば良いのですが・・・ どうしても、営業活動を重視してしまい 会計関連は、後回しになっています。 とは言っても、自分で帳簿をつけ、会計ソフトへ 入力する作業は、とても大切なことだと 今年になって実感しています [続きを読む]
  • 没頭すると仕事が楽しくなる
  •  嫌いな仕事も  没頭できると楽しくなる? って、嘘だとおもいますか? 偉そうに言える立場ではないのですが 没頭することは とても、好きになる重要な要素だと思います。 よく聞くことに 「好きだから続けられる」  「好きだから頑張れる」 と言われますが 好きなことを職業にできる方は ごく限られていると思います。 好きも嫌いもなく なんとなく職業につくこともあります。 ただ1つ、言えることに 没頭でき [続きを読む]
  • 秋の味覚
  • 先週の土曜日実家の庭にできた柿をたくさん送ってもらった食べてみると、甘くておいしかった桃栗三年柿八年といいますが、ことわざ辞典によりますと☆芽生えてから実を結ぶまで、桃と栗は三年 柿は八年かかるということ。 何事にも相応の年数がかかるということ。  「柚の大馬鹿十八年」 「枇杷は九年でなりかねる」 などということもあるそうだ。いずれにしても、現代のスピードの時代には実感が伴わないことばかりですが・ [続きを読む]
  • 面白い映画、ありませんか
  •   最近、テレビのドラマが楽しく感じなくなり アメリカのドラマばかりレンタルして観ている のですが・・・  私のお気に入りは「ラブリーガル」 と「ロイヤル・ペインズ」 弁護士ものとお医者さんのドラマですが 日常を忘れさせてくれるので、楽しめます。 昨日、サンテレビという兵庫県ローカルの テレビ局の映画を観ていて感動した。 イタリアのユダヤ人の映画でしたが 最近、ユダヤ人の映画にとても興味を持ちまし [続きを読む]
  • 初心に帰る日
  •  年に一度、残暑厳しい夏に行われる社会保険労務士試験 8月の第4日曜日 今日も、多くの受験者がいることでしょう 毎年、この日は初心に帰る日としています 資格試験の受験勉強と実務の世界は別物ですが 資格試験で得た忍耐力は実務の世界でも生かせます その意味では、司法試験も公務員試験も税理士試験も 同じです ストイックに試験と自分の実力と向き合ってきた 人が合格できます そして、実務につく時にその苦労を [続きを読む]
  • 残暑が厳しすぎませんか
  •  昨日の神戸は37度6分の気温だったそうですが 夜になっても29度の気温があり ヘトヘトです。  オリンピックも閉会式が行われ これで日常生活が戻ってくるのか?  とも思うのですが、このお祭り騒ぎも 夏の酷暑も、1か月後には忘れていることでしょう。 食欲減退ぎみですが、秋の果物が食べたい気分です。 今週は我慢の週ですね。 [続きを読む]
  • 意外とわかる会社の中
  •  こんなことで? と思われるかもしれませんが・・・ 電話の対応で、会社の雰囲気は伝わります。  会社名、自分の名前をきっちりと名乗る会社は とても、教育が行き届いているなあ〜と感心 させられます。 その逆に、何も言わずに受話器を取られると 電話をかけた方からすると、間違って電話したかなあ〜 と不安になります。 せめて、「〇〇会社の◇◇でございます。」 と電話に出て頂けたらなあ〜と 感じます。 最初 [続きを読む]
  • キャリア形成促進助成金
  •  いきなりですが・・・ 一昨年から、厚生労働省の助成金が 人材の育成へとシフトしています。 助成金は種類がたくさんあり、「内容が難しい」 「手続きが面倒」といった声もあります。 それでも、実際は企業側にも従業員の側にも 活用することで、労働条件や職場の環境改善に 役立ちます。    大手の事務所は、マンパワーを武器に顧客開拓 に助成金を利用しています。  我々、マンパワーが売りではなく、マンツーマ [続きを読む]
  • はじめての花粉症
  •  今年の2月〜3月にかけて 47歳にして、花粉症デビューしました。 今まで、花粉症のCMを見ても 天気予報で花粉情報をみても なんとも思わなかったのですが・・・ 3月8日には、ついに鼻で 匂いを嗅ぐことができなくなり 耳鼻咽喉科へ行きました。 お薬を3週間飲み、ようやく楽になり 先日から 匂いが戻りました。 食欲は匂いがないと、美味しく感じないことを知り 仕事への意欲も 低下することが分かりました [続きを読む]
  • 鏡開き
  •  また、新たな一年が始まりましたが 既に11日が過ぎました。 本日は、鏡開きを行いました。 私は、冬が苦手でして・・・ なんだか行事ごとがおっくうになる のですが、皆さんは楽しんでいるの でしょうね。 確か、成人式も大学の試験期間中だったので さっさと式典に出席した後は、家に帰って 勉強していたという思い出しかありません。 最近の成人式と違って、20数年前は 女の子の振袖のお披露目の日という イメージ [続きを読む]
  • あっという間の1年でした。
  •  大晦日となりました。 ブログの更新も頻度が落ちてしまい 今年1年が終わろうとしていますが、 なんだか、今年1年が早かったなあ〜と しみじみと感じます。 区切りの一日を大切にして、 年神様が降りてくると言われる 元旦に備えて、準備をいたしましょうか! 今年1年、ありがとうございました。 [続きを読む]
  • ラグビーワールドカップが面白い
  •  これまでの人生で一番と言っていいほど 日本対南アフリカのラグビーの試合は感動した! ちょうど20年前のラグビーのワールドカップ 南アフリカ大会で日本はニュージーランドに惨敗した らしい。 それから、20年 このような日が来るとは?  と言っても私は、今まで高校の体育の授業でラグビー を経験しただけで、これまで、今年ほど何試合もラグビー 観戦したことがなかった。 2週間前、ツタヤへ行って 「インビクタ [続きを読む]
  • 最低賃金にご注意ください
  •  明日、平成27年10月1日から 兵庫県内の最低賃金額が変わります。 今までは、776円 明日からは、794円 となり18円上がります。 それなのに・・・ 求人情報誌に、それ以下の金額で載せている会社が あったり、お店の前に「高校生 時給 776円」 と堂々と看板に書いてあるファミリーレストラン などもあります。 労基署の監督官が見たら・・・ 笑い話にもなりませんので、少しでも最低賃金法の こと意 [続きを読む]
  • ラグビー大金星
  •  ニュースで何度も何度も繰り返し 流れていたので、関心を持ってしまった。 英国では、歴史的快挙として 「日本はどうやって衝撃を起こしたのか」 と報じられているらしい。   はじめて知った快挙に 私もどうして?どうやって勝ったのか? とても興味が出て来た。 スポーツニュースでは、凄まじい合宿での 練習や日本代表の外国人選手のことなど 少しずつ、こじつけの理由が伝えられているが 選手のメンタルや技術、 [続きを読む]
  • 司法試験の漏えい??
  •  朝日新聞デジタルの記事を読んで驚いた。 明大法科大学院の教授が教え子に司法試験の問題を 漏洩した可能性があると、9月7日の記事で伝えた。 司法試験や税理士試験などは、人生をかけて受験して いる方も多くいる。 私たちの社労士試験も1年に1回、真夏の試験に 何万人という人が受験し、6%から9%の合格率 にしのぎを削っている。 もしも、試験問題が漏れていたならば・・・ 大問題です。  このようなことが [続きを読む]
  • 因果な商売
  •  仕事をしていて 時々しんどいなあ と感じることがある。 それは、顧客先に対して 注意しなければいけない時だ。 我々は、学校の先生ではない。  大人の経営者とお付き合いしている  そのため、あまりに理不尽なことを 言われると、なぜそういう発想になるのか?  と考えてしまう。 労基法はシンプルなのだが、奥が深い。 なんでも簡単に分かった気になれるほど 単純な法律は存在しない。 きょうも、ユニクロが変 [続きを読む]
  • 過去の記事 …