アニー さん プロフィール

  •  
アニーさん: 奈良県葛城市きてみてネット 外伝
ハンドル名アニー さん
ブログタイトル奈良県葛城市きてみてネット 外伝
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/agins0
サイト紹介文「奈良・葛城市 きてみてネット」の特選記事やデスクの趣味を紹介します。
自由文「奈良・葛城市 きてみてネット」は、奈良県葛城市在住の有志市民がボランティアで運営している、葛城市情報満載のポータルサイトです。そのサイトでデスクを務めさせて頂いています。「きてみてネット」の特選記事やデスクの趣味を書かせて頂きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供405回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2009/06/18 13:00

アニー さんのブログ記事

  • 続・鹿児島マラソン2017に参加しました
  • ☆続・鹿児島マラソン2017に参加しました 3月5日に開催された「鹿児島マラソン2017」に参加しました。 レースメモ ○受付会場へは市電を利用すると便利。 ○スタート時間が早いので注意が必要です。 ○手荷物預かり近くのトイレはかなりの混雑、逆に整列ブロック近くは空いていました。 ○今回は雨天のため景色を楽しめませんでした。○割引券が多くついているので、袋の中は要確認。○ゴール地点から鹿児島中央駅 [続きを読む]
  • 勝手に葛城遺産−葛城市公園まつり
  • ☆勝手に葛城遺産−葛城市公園まつり 葛城市公園まつりは、毎年5月3日に屋敷山公園で開催されます。 旧新庄町民に「まつり」と聞けば、ほとんどの人が「葛城市公園まつり」と答えるほど、地域では愛されているまつりです。 同まつりは、同公園に親しんでもらおうと昭和50年代より続いております。5月3日から5日にかけて開催されていましたが、写生大会だけを葛城山麓公園で行う年もあり、市町村合併後は3日のみの開催で [続きを読む]
  • 藍愛茶会
  • ☆藍愛茶会 4月22日、大阪美術倶楽部で「藍愛茶会」(二藍会主催)が開催され参加させていただきました。 同会は、従事させていただいています高田先生が、茶道裏千家淡交会奈良支部幹事長を退任されるに際し慰労を目的に開催されました。 大阪美術倶楽部 住所:大阪市中央区今橋2-4-5 電話:06-623-9626 [続きを読む]
  • 鹿児島マラソン2017に参加しました
  • ☆鹿児島マラソン2017に参加しました 3月5日に開催された「鹿児島マラソン2017」に参加しました。 初の中2週ローテーションです。暑さを心配していましたが、思わぬ土砂降りの雨に苦戦|д゚) 応援していただいた皆さんに感謝しています。記録は下記のとおり。 ネットタイム 3時間35分51秒 5km 00:26:19 (25:11) 10km 00:51:29 (25:10) 15km 01:16:25 (24:56) 20km 01:41:29 (25:04) 25km 02:06:56 (25 [続きを読む]
  • 勝手に葛城遺産−西辻新池の桜
  • ☆勝手に葛城遺産−西辻新池の桜 西辻地区では平成10年の台風被害跡地に桜を植樹、区民が団結して管理した結果、市外からも花見に来られるほどの桜に成長したことで、平成17年から桜祭りが開催されています。「みんなの森造成事業」を新庄町(現葛城市)で初めて取り組んだことで、他の地域でも桜の植樹が行われるなど大きな波及効果がありました。 見逃しがちな事業を知らせていただいたM区長(当時)に感謝! [続きを読む]
  • 勝手に葛城遺産−置恩寺の転読
  • ☆勝手に葛城遺産−置恩寺の転読 4月25日(同日が日曜日でない場合は近い日曜日)、葛城市寺口の置恩寺(ちおんじ)でお会式が営まれ、僧侶と地元住民が、読経とともに経典を広げる転読(てんどく)が行われました。 置恩寺は、奈良時代に行基が創建したとも伝えられており、同日は国の重要文化財に指定されている十一面観音立像の開帳日でもあります。 十一面観音立像を拝めるだけではなく、僧侶以外にも地元住民が転読す [続きを読む]
  • 県内の史跡、再発見 - 「いかす・なら」で検索を/県が初のウェブサイト
  • ☆県内の史跡、再発見 - 「いかす・なら」で検索を/県が初のウェブサイト世界遺産の法隆寺(斑鳩町)といった有名どころから、あまり知られず地域で大切にされている史跡まで―。奈良に数多くある文化財などをデータベース化し、検索できるウェブサイトを県が初めて作った。(平成29年5月11日(木)奈良新聞朝刊<一部抜粋>)葛城市は、當麻寺、竹内街道が掲載されていました。各市町村に紹介をかけてとりまとめたのでしょう [続きを読む]
  • 葛城・相撲館 解説アプリ
  • ☆葛城・相撲館 解説アプリ 葛城市は、外国人観光客らに「相撲発祥の地」をアピールしようと、市相撲館けはや座の展示品を、日本語のほか英仏中韓の4か国語でも音声解説するアプリを開発した。アプリを使用できるタブレット型端末も5台用意。来館者に無料で貸し出し、展示や体験イベントを楽しんでもらう。 (5月4日(木)読売新聞朝刊<一部抜粋>) 葛城市相撲館:0745-48-4611 [続きを読む]
  • 勝手に葛城遺産−地光寺跡
  • ☆勝手に葛城遺産−地光寺跡 脇田神社境内には、葛城市脇田・笛吹に位置する「地(慈)光寺跡」の東塔の心礎(塔の基壇の中心にある大きな礎石)が残っています。 同寺は、奈良時代の寺院と推定され、鬼面文という特異な文様をもつ軒丸瓦が出土したことで知られています。 同瓦は、葛城市博物館のシンボルマークの図柄として使用されています。 [続きを読む]
  • 勝手に葛城遺産−ちんぽんかんぽん祭
  • ☆勝手に葛城遺産−ちんぽんかんぽん祭 4月18日、影現寺と柿本神社では、例祭のちんぽんかんぽん祭が営まれます。同日は、万葉の歌聖といわれた柿本人麻呂の命日といわれており、毎年豊作を願って実施される会式です。 「ちんぽんかんぽん」。 どんな奇祭か期待を膨らみますが、寺と神社で祭事が営まれ、最後に御供まきが行われ、期待を見事に裏切ってくれます。 奈良三大がっかり祭があれば、必ずランクインされるでし [続きを読む]
  • 勝手に葛城遺産−春陽堂の「姫餅」
  • ☆勝手に葛城遺産−春陽堂の「姫餅」 葛城市當麻の當麻寺参道の市相撲館前にある菓子店「春陽堂」で、ヨモギをふんだんに使った「姫餅」が人気を集めています。3代目の店主、春木孝祐さんの祖父が85年前に考案され、毎年、ヨモギ摘みの春が来る4月中旬〜5月15日に限定販売されています。 もち米も自家製のため、約3週間の限定販売。 主要キー局で取り上げられたことで人気が上昇。近年は、取材を受けておられません [続きを読む]
  • 奈良の3市が「相撲観光」で実行委 10月に巡業、イベント企画
  • ☆奈良の3市が「相撲観光」で実行委 10月に巡業、イベント企画 奈良県香芝市、葛城市、桜井市は2日、相撲人気を観光振興などに生かす実行委員会を共同で設立した。このほど大相撲秋巡業が10月、香芝市で開かれることが決まった。相撲発祥の地とされる3市そろい踏みでイベントやツアーを企画する。 (5月3日(水)産経新聞朝刊<一部抜粋>) 西岩親方(元関脇若の里)が担当されるので、二重の喜びです(#^^#) [続きを読む]
  • 薩摩思無邪 鹿児島中央駅西口店
  • ☆薩摩思無邪 鹿児島中央駅西口店 3月5日に開催された「鹿児島マラソン2017」の前日、「薩摩思無邪 鹿児島中央駅西口」で薩摩ラーメンをいただきました。 薩摩ラーメンを食べようと駅付近を散策し発見しました! 同店は、器を含めて丸ごと鹿児島が凝縮されています。スープには地元鹿児島産の鰹節をはじめとした魚介類の出汁と鹿児島産黒豚の豚骨が使用されています。ラーメンにトッピングされているチャーシューには同 [続きを読む]
  • 本番の「練供養」を前に営まれた練り初め
  • ☆本番の「練供養」を前に営まれた練り初め5月14日に葛城市當麻の當麻寺で営まれる「練供養」を前に、護念院(葛本雅崇住職)で29日、「二十五菩薩」の配役決めと「練り初め」が行われました。 地元の当麻をはじめとして、葛城市や御所市など各地から菩薩講の講員が参集。法要ののち、どの講がどの菩薩面を被るか、昔ながらのくじ引きで決められました。 今年の観音菩薩役と勢至菩薩役が同院本堂内で練り初め。中将姫を極楽浄土に [続きを読む]
  • 市電・市バス・カゴシマシティビュー1日乗車券
  • ☆市電・市バス・カゴシマシティビュー1日乗車券3月5日に開催された「鹿児島マラソン2017」の当日、翌日に「市電・市バス・カゴシマシティビュー1日乗車券」を利用しました。 市電、市バス、観光電車、カゴシマシティビュー全区間が1日乗り放題! 価格は、大人600円、こども300円。 当日は、ホテル〜スタート地点の往復、翌日は、観光名所巡りに活用させていただきました(^^♪ 販売窓口:市電・市バスの [続きを読む]
  • 勝手に葛城遺産−袖の松
  • ☆勝手に葛城遺産−袖の松 「袖の松」は、中将姫が當麻曼陀羅を織るための蓮糸を神様に祈願したところ、願いか叶ったことに感謝し松を植えたとされ、地元、南新町では歯の神様としても信仰されています。 同松は、江戸時代の観光本「西国三十三所名所図会」に記載されています。 場所は、国道24号線を東へ進みJR和歌山線踏切手前です。 [続きを読む]
  • 鹿児島市の路面電車
  • ☆鹿児島市の路面電車3月5日に開催された「鹿児島マラソン2017」の会場移動などで、路面電車を利用しました。 同電車は、通称「市電」と呼ばれており、鹿児島市交通局が運営されています。100年の歴史と日本最南端の路面電車を楽しみました(^^)/ [続きを読む]